TOEFL対策塾・予備校|失敗しない選び方と短期集中スクール9選

eyecatch-of-toefl-countermeasure-in-prep-school

英語能力の証明試験「TOEFL(トーフル)」は、アメリカやイギリス、カナダなど海外の大学・大学院に留学を考える学生に必須のテストです。

有名・難関大学はじめ、高いTOEFLスコアを求める教育機関も多く、英語を母国語としない非ネイティブが留学する際の第一難関です。

TOEFLは英語4技能「ライティング・リーディング・スピーキング・リスニング」の総合的な英語力を測る検定試験で、独学は難しく、自分に合った『塾・予備校』で英語学習をする勉強法がおすすめです!

そこで、TOEFL対策コースのある塾・予備校選びのポイントと、本当におすすめの英語スクールだけを厳選してご紹介します。

今回は東京・横浜・名古屋・大阪・福岡などアクセスしやすい駅チカに教室があり、料金が安い塾・予備校だけをまとめましたので、ぜひご参考になさってくださいね。

目次

 TOEFL対策(トーフル対策)塾・予備校の正しい選び方

TOEFL対策の予備校選び

TOEFL対策(トーフル対策)に力を入れている学校はたくさんあります。選択肢が多く、スクール選びは一苦労ですよね。

ですが、プログラムおよびコース内容・講師・価格・実績の4つのポイントを押さえることで、皆さんに合った予備校が見つかります。

 

TOEFL対策コースの内容・特徴で選ぶ

一般的には、点数を指標にした学習コース自分の苦手な個所を徹底的に強化するコースがあります。

前者は全般的にレベルアップが必要な生徒、後者はある程度点数はとれるが更なるスコアアップのために弱点を克服したい生徒が受講しますので、自分のレベルによって受講するコースが変わります。

 

TOEFL対策スクールの講師で選ぶ

学習プログラムやコース(講座)の内容と同等に重要なポイントが、どんな予備校講師が在籍しているか?という点です。

 

英語の予備校や英会話スクールには、ネイティブ講師だけが在籍している場合と、バイリンガル日本人講師も在籍している場合があります。

TOEFL対策などの語学系ではバイリンガル日本人講師が在籍する学校がおすすめです。

英語を英語で習うよりも、日本語で学んだ方がグッと理解度が深まるからです。また、日本人の学習プロセスに合わせた授業を行ってもらえます。

TOEFLはあくまでも点数を取るためのテストなので、テストテーキングのテクニックも教えてもらえます。

 

TOEFL対策スクールの受講料金で選ぶ

価格はピンからキリまで存在しますが、レッスンの質とのバランスで考えると良いでしょう。

英語力を上げることが目的なので、体験入学などを利用して質を確かめた上で価格の検討に入り、その中から予算に合う学校を探すことをおすすめします。

 

TOEFL対策スクールの実績・評判で選ぶ

実績が多いことはその講師陣や学校のノウハウの多さを表します。

特に有名大学を目指す場合は、強力なサポートがあれば有利になりますので、実績の多い学校を選ぶことが安心です。

TOEFL対策の塾・予備校とオンライン英会話の違い

TOEFL対策予備校とオンライン講座の違い

TOEFL対策(トーフル対策)の予備校に通いたいけれど、通学の時間や場所に制限がある場合は『オンライン学習』を選ぶといいでしょう。

オンラインでは講師と直接対面して授業を受けることができないため、授業後に質問しづらかったり、オンラインという環境に慣れるまで若干ストレスを感じたりする場合があります。

 

ただ、予備校とオンライン学習はどちらが良くて、どちらかが悪いということはありません。

成果を出すためには、どちらも自主的な学習が必須ですが、特にオンライン学習では自分で学習のモチベーションを保つことが大切になってきます。

今の予備校は通学型、オンライン学習両方のプランを提供していることが多いので、この2つを目的に組み合わせて使い分けることも可能です。

TOEFL対策の塾・予備校でおすすめの短期集中講座

TOEFL対策の予備校入門

TOEFL対策予備校では、おもにスコアアップを目的とした集中講座が開講されています。

今回は、試験で高得点を目指すことができるTOEFL対策講座の予備校を比較しました。評判の高い予備校のうち、本当におすすめできる学校のみを厳選してご紹介します。

5校とも都内や東京近郊エリアの主要駅からアクセスが良く、人気のスクールです。

この機会に、ぜひお気に入りを見つけてみてください。

 

日米英語学院

日米英語学院

(出典:http://www.nichibeieigo.jp/)

日米英語学院のTOEFL対策プログラムは「個別カリキュラム」が大きな特徴で、きめ細かいテスト対策が高い効果を発揮します。

スピーキングを強化する目的のカリキュラムも存在するので、多くの日本人が点数を落とす“弱点”を集中的に補強することができます。

 

【開講時間 】 平日11:00~21:30 / 土曜10:00~19:30 / 日曜12:00~17:00

【教室エリア】 新宿 / 渋谷 / 池袋 / 梅田 / なんば / 天王寺 / 四条 / 三宮 / 川西

【 コース 】 日常英会話、ビジネス英語、TOEIC対策、TOEFL対策、英検対策、留学準備

【 受講料 】 1レッスン3,400円~

【 入会金 】 20,000円

※税抜き表記です。2017年3月7日時点の情報です。

【評判口コミ】

 

beoカレッジ

beoカレッジ

(出典:http://beocollege.jp/)

beoカレッジには短期間でTOEFLスコアアップが期待できる講座と根本的に英語力を向上させるアカデミック英語の講座があります。

講師は英語教授法(TESOL)の修士課程を卒業しており、大学院レベルの英語力まで指導が可能です。

リスニング時のメモの取り方や長文読解の速読方法など、テストの際の効率的な時間の使い方といった「勉強」以外の部分もアドバイスがもらえます。

高い点数を取るためのテクニックを学ぶことができます。

 

【開講時間 】 平日9:00~20:00 / 土日9:00~18:00

【教室エリア】 新宿

【 コース 】 留学準備、アカデミック英語

【 受講料 】 要問い合わせ

【 入会金 】 要問い合わせ

【評判口コミ】

 

ALPROS

短期集中型の英語学校ALPROS(アルプロス)

(出典:https://www.alpros.co.jp/)

ALPROS(アルプロス)の海外留学トータルサポートが特徴のTOEFL対策コースがおすすめです。

TOEFL iBTとTOEFL ITPの2つの対策コースがあり、1対1マンツーマン指導によるプライベートレッスンです。以前実施されていた、TOEFL PBT(Paper Based Test)にも精通した講師が担当します。

進学相談や学習指導、留学先の大学選び、出願書類チェック、願書のエッセイ添削、三者面談など、入学までをステップバイステップで徹底サポートしてくれます。

また、校内模擬試験を実施してくれるため、実践的な練習もできます。

TOEFL以外にも検定試験(英語力診断テスト)関連の対策講座が多く、それらに強い英語スクールとして人気です。

気になる方は、資料請求&無料体験レッスンに参加してみてはいかがでしょうか?

 

【開講時間 】 平日10:00~20:00 / 土日10:00~18:00

【教室エリア】 新宿

【 コース 】 基礎英語、ビジネス英語、アカデミック英語、TOEIC対策、TOEFL対策、SAT対策、IELTS対策、英検対策など

【 受講料 】 1レッスン3,300円~

【 入会金 】 30,000円

※税抜き表記です。2017年3月7日時点の情報です。

【評判口コミ】

【関連記事】

ALPROS(アルプロス)評判・口コミまとめ|注目の短期集中英語学校

 

\資料請求&無料体験はこちらから/

短期集中の総合英語学校【アルプロス】

 

短期集中8日間の夏期講習もおすすめ

アルプロスのSAT・SSAT・ACT・IELTS・TOEFL対策の夏期講習

(出典:https://www.alpros.co.jp/campaign/koshu/)

ALPROS(アルプロス)では、中学生・高校生・大学生向けに、少人数制レッスン(2~8名)で短期間でのTOEFLスコアアップを目指す「夏期講習会」を実施しています。

もっと集中的に対策したい人向けのマンツーマンレッスンでは、TOEFLの他、SAT/SSAT/ACT/IELTS/TOEIC/英検も試験対策が可能です。

 

■ 少人数制レッスンの場合

【  対象期間  】 2018年6月19日~8月30日の8日間

【  開講時間  】 14:00〜16:50

【対象レベル】 Regular:目標iBT TOEFL 61点以上/Advanced:目標iBT TOEFL 80点以上

【 受講料 】 84,000円(税抜)

【 入学金 】 15,000円(税抜)

※2018年5月21日時点の価格表示です。教材費は別途必要です。

 

\資料請求&無料体験はこちらから/

短期集中の総合英語学校【アルプロス】

 

バークレーハウス語学センター

バークレーハウス語学センター

(出典:https://berkeleyhouse.co.jp/toefla8)

バークレーハウス語学センターは、1973年に創業した累計4,000人以上の留学実績を誇るTOEFL対策専門の語学学校です。

多くの講師がTOEFLハイスコア取得者で、大手企業・官公庁・有名大学等からTOEFLセミナーを依頼される「高い指導力」に定評があります。

バイリンガル講師による全パート(Reading,Listening,Speaking,Writing)の指導が受けられます。

海外留学に向けたTOEFL対策や海外転勤、外資系企業への転職でアピールできる語学力を習得したい人におすすめの専門スクールです!

 

【開講時間 】 平日9:00~21:00 / 土9:00~18:00 

【教室エリア】 東京・市ヶ谷

【 コース 】 TOEFL対策(100点突破/80点突破)、オンライン、短期集中、S/W、L/R

【 受講料 】 55分×40レッスン:学生286,400円、社会人294,000円

【 入会金 】 20,000円(上記の40レッスン契約キャンペーンで無料)

※税込み表記です。2018年11月2日時点の情報です。

 

\人気の無料体験レッスン受け付け中!/

TOEFL対策【バークレーハウス】

 

ECC外語学院

ECC外語学院のTOEFL対策コース

(出典:https://www.ecc.jp/cinfo/toefl/)

ECC外語学院のTOEFL対策コースは、担任制のレッスンなので目標達成を最初から最後まで一貫してサポートしてくれる特徴があります。

講師はTOEFLの傾向と対策を熟知しているので、正確な英会話や文章作成、速読のコツを効率的に指導してくれます!

結果的に、英語のリーディング・リスニング・ライティング・スピーキングの4技能をまんべんなく伸ばすことが出来ます。

熟練のプロ講師に最初から最後までしっかりと指導してほしい方は、ECC外語学院がおすすめです♪

 

【開講時間 】 平日10:30~21:00 / 土日祝10:30~18:00 

【教室エリア】 関東・関西・東海地方、岡山、広島、福岡、宮崎、鹿児島、福島

【 コース 】 日常英会話、ビジネス英会話、TOEIC対策、TOEFL対策、英検対策

【 受講料 】 1レッスン4,000円~

【 入会金 】 20,000円

※税抜き表記です。2017年12月1日時点の情報です。

 

トフルゼミナール

TOEFL対策で人気のトフルゼミナール

(出典:http://tofl.jp/abroad/index.php)

トフルゼミナールは、TOEFLやTEAP(ティープ)などの英語試験や大学入試の英語試験対策に特化している塾です。

早稲田大学や慶應義塾大学、上智大学など国内の受験難関校を始め、コロンビア大学やボストン大学など海外の有名大学への合格者を多数排出している実績があります。

教材や講師の質も高く、日本人が理解しやすいように考えられた授業を行うように心がけているのも特徴です。

2〜4週間の短期集中対策講座も行っている場合があるので、短期間でスコアアップしたい方は短期集中講座もおすすめです!

留学や大学入試に利用する目的でTOEFL対策をしようと考えている方は、留学サポートや大学入試対策も出来るトフルゼミナールがおすすめです。

 

【開講時間 】 平日9:30~21:00 / 土曜9:30~20:00 / 日曜9:00〜17:00

【教室エリア】 東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、岐阜、大阪、兵庫、京都、奈良、福岡

【 コース 】 大学入試対策、海外留学サポート、TOEIC対策、TOEFL対策、英検対策、IELTS対策

【 受講料 】 要問い合わせ

【 入会金 】 要問い合わせ

 

アゴス・ジャパン

アゴス・ジャパンは、TOEFLやIELTS、SATなど国際資格試験の対策を中心に、海外大学留学やMBAサポートを行う人気の英語スクールです。

TOEFL対策コースでは、現在の実力やスコア、目標スコアに応じて様々なパッケージを選べます。

留学やMBAを見据えてTOEFL対策を考えている方は、アゴス・ジャパンでまとめて対策を行うのがおすすめですね。

 

【開講時間 】 不明

【教室エリア】 渋谷・大阪

【 コース 】 TOEFL対策80点・100点・105点、その他英語試験対策コース

【 受講料 】 要問い合わせ

【 入会金 】 要問い合わせ

※2018年9月25日時点の情報です。

 

プレゼンス

プレゼンスは、短期集中2ヶ月で結果につなげる、人気のコーチング系英会話スクールです。

コーチングメソッドを使って目的や目標を明確にすることで効果的な学習が出来ますし、PDCAサイクルを回す習慣作りもするので、効率的に実力を伸ばしていくことが可能になります。

また、最大15名のクラスメイトと共に目標達成へと歩んでいきます。

その過程でお互いを刺激しあい切磋琢磨することで、一人で勉強するよりもモチベーション高くTOEFL対策に取り組むことが出来ます。

 

【開講時間 】 土曜日16:30〜19:00 日曜日17:00〜19:30

【教室エリア】 表参道

【 コース 】 英会話、発音矯正、TOEIC対策、TOEFL対策、中国語

【 受講料 】 1レッスン150分:14,750円~

【 入会金 】 無料

※税抜き表記です。2018年9月25日時点の情報です。

 

濱口塾

濱口塾はMBA取得をトータルサポートしてくれる総合塾です。

濱口塾に集まる受講生や卒業生はMBAを取得し、今後の日本を率いていく優秀なリーダー候補の方達ばかりです。

そんな方達とのネットワークも形成できるので、TOEFL対策やMBA取得対策後も大きなメリットがあります。

 

【開講時間 】 日曜日10:30~17:50 

【教室エリア】 兵庫県

【 コース 】 MBA対策、TOEFL対策、GMAT対策

【 受講料 】 約4ヶ月間、約60レッスン:250,000円

【 入会金 】 不明

※税抜き表記です。2018年9月25日時点の情報です。

TOEFL対策のスコア成果は勉強方法で決まる!?

TOEFL対策予備校の活用がおすすめ

英語圏への海外留学や大学進学には、ひとつの合格判断基準として、試験以外にも書類や小論文などの提出を求められます。

「初めてのことにどうしていいかわからない」なんて方も多いのではないでしょうか?

 

TOEFL対策は短期集中の塾・予備校がおすすめな理由

TOEFL(トーフル)対策では「何で」「何を」「どれくらい」勉強するかを決める必要があります。

独学か、予備校か、留学か。どの参考書で、どんなことを勉強すれば良いのか。

また、スコアは何点を目標にすべきなのか…。

 

TOEFLを攻略する最善の方法としておすすめなのが、予備校の活用です。

 

TOEFL対策塾・予備校に通うメリット

TOEFL(トーフル)対策予備校には、実績と経験豊富な実力派講師が揃っています。予備校や英語スクールを活用しない手はありません。

学習面のほか、試験時間の効率的な使い方や問題の解き方なども丁寧に教えてくれます。独学では得られないメリットです。

不安や時間のロスから勉強に支障をきたしてしまっては元も子もありませんし、TOEFL(トーフル)対策では予備校を頼ることが最善の策です。

 

夢や就職など将来のための留学や進学を目指すなら、予備校の力を借りてみませんか?

「最大限活用してやろう」という前向きな気持ちが、成功のコツです。

【予備知識】TOEFL(トーフル)ってどんな検定試験?

TOEFL試験の種類

実は、TOEFLには試験の種類が複数あります。

定期的に試験内容が改訂されていますので、出題範囲の変更や問題など、最新の傾向も把握するようにしましょう。

 

TOEFLとは

TOEFLとは

TOEFLとは「Test Of English as a Foreign Language」の略称です。

母語が英語以外の人の語学能力を測定するために、アメリカの非営利教育団体「Educational Testing Service(ETS)」が運営・実施しているテストになります。

トーフルやトフル、トッフルと呼ばれています。

世界100か国以上で受験されており、海外の大学進学や留学において、合否判断の基準になる重要なテストです。

当然ながら、難関大学への進学を目指す場合はハイスコアが求められます。ひとつの指標として、大学なら60点以上をスコア目標にしましょう。

 

TOEFLテスト対象者

TOEFLは世界で約3,500万人が受験している国際基準のテストです。スコアの平均レベルは、中級~上級レベルです。

次に該当する方は、TOEFLテストを受ける必要があります。

  • 海外の大学・大学院に留学を考えている受験生
  • 英語学習プログラムに入学したい方
  • 奨学金や証書授与の候補者になりたい学生
  • ビザを申請する学生や社会人

 

TOEFL試験内容

TOEFL対策の試験内容まとめ

TOEFLでは「リスニング・リーディング・スピーキング・ライティング」の4分野から問題が出題されます。

この試験は英語圏の大学講義についていける力があるかを見定める目的があり、数学や生物、化学、文学などの学術的な内容を題材にした問題が出題されます。

よりハイスコアな高得点を取るには、アカデミックな専門的用語の語彙を増やしていく必要があります。

制限時間の時間配分に気を付け効率良く問題を解いていくことも重要です。速読力や即答力などが求められます。

【関連記事】

TOEICとTOEFLの違いとは?本当に必要な資格を選ぶ【初心者入門編】

 

Listeningセクション

構内での日常的な会話のやり取りと講義に関する問題が出題されます。

メモは自由に取ることができるので、聞き取ったことを忘れそうな場合はメモを取りましょう。

  • 各3分の2個~3個の会話、各会話にあたり5つの設問、60分~90分
  • 3分~5分間の4個~6個の講義、各講義にあたり6つの設問、60分~90分

Readingセクション

3〜4つの長文で構成され、各文章に12~14つの設問が出されます。

長文テーマは多様な分野ですが、しっかりと長文読解できれば背景知識がなくても推測可能ですので、英語の読解力を高めておきましょう。

解答時間は60〜80分です。

Speakingセクション

全6題で約20分間のスピーキング試験です。

最初の2問は、自分の考えや体験に基づくスピーチで「Speaingの個別課題」と呼ばれています。

後半6問は聞き取った内容について話したり、文章を読んで話したりと英語のスキルを組み合わせることが求められるため「Speakingの総合課題」と呼ばれています。

Writingセクション

総合課題と個別課題の全2題で50分間の試験です。

総合課題:短い文章の読解と講義を聞き、読み聞きした内容について質問されたことに解答します。

個別課題:指定されたトピックについてのエッセイを記述します。

 

TOEFL種類

「TOEFL PBT」というペーパーテストが廃止され、現在はオンラインで受講できるWebテスト「TOEFL iBT」が主流です。

インターネット接続ができる環境さえあれば日本国内でも受験可能です。

大学や企業などの団体単位で申し込み可能な「TOEFL iTP」は受験料が1万円以下と比較的低価格なため、TOEFL iBTを受験する前の力試しとして受けてみるといいかもしれません。

 

TOEFLを受けるべき時期

TOEFL試験は、教育機関への出願期限(スコア送付期限)に合わせて、目標スコアに到達させる必要があります。

※出願期限は各スコア受領者のウェブサイトで確認できます。

最も早い出願期間の2〜3ヶ月前にTOEFL試験を受験されるのをおすすめします。

 

TOEFLスコアの有効期限

テスト日から2年間は獲得スコアが有効です。

 

TOEFL試験日

基本的に、TOEFL試験は毎月土曜日と日曜日に複数回開催されます。

月3~4回受験のチャンスがあります。

ただし、申し込みは7日前までに行う必要があり、受験日の翌日から12日間は連続して試験が受けられないので注意してください。

主催するEducational Testing Service(ETS)によって変更される可能性がありますので、TOEFL® テスト日本事務局より最新情報を確認しましょう。

 

TOEFL料金

TOEFLの受験料は235ドル~、日本円で約27,011円~です。

試験4日前までのオンライン申し込みや前営業日までの電話申し込みの場合、別途費用が発生します。

また、日程や試験会場の変更には手数料がかかるので、スケジュールは事前確認が必要です。

※上記料金は2017年3月13日14時 時点の情報です。

TOEFL高得点を取る&スコアを上げる方法はセクション別対策!

Readingセクションの勉強法

Readingセクションでハイスコア獲得を狙うには、精読力と速読力を身につけることが有効です。

一般的にTOEICより難易度が高いTOEFLでは、リーディングセクションの長文を”何となく読める”程度では高得点が難しくなっています。

点数アップにつなげるには、正確に読み進める「精読力」・理解しながらスピーディーに流し読む「速読力」を養いましょう。

また、生物学・地質学・考古学・社会科学など幅広い分野のトピックを扱うので、アカデミックな専門知識もあると読み進めやすくなります。

より高得点を狙うために、出題傾向にある分野の専用教材を読んでおくのをおすすめします。

 

Listeningセクションの勉強法

Listeningセクションでも幅広い分野から出題されるため、基礎的な教養があると聞き取りやすくなります。

リスニング音声の後に真似して発音する「シャドーイング」の勉強法は、「正確に聞き取る力」を高めることに有効ですので、ぜひ実践してみてください。

 

Speakingセクションの勉強法

Speakingセクションは、単に日常英会話ができればハイスコアが取れる、という訳ではありません。

考えや意見を「論理的に話す力」・読み聞きした「情報を要約する力」・相手に「分かりやすく伝える力」なども問われるので、TOEFL用スピーキング対策教材で専門的に勉強するのがおすすめです。

 

Writingセクションの勉強法

Writingセクションでは、「英文作成力」に加え「文章構成を考え・論理立てて伝える力」が必要とされます。

与えられた情報を組み合わせ、整理して文章としてまとめる「Integrated Writing」問題はTOEFL独特の試験です。

専門の参考書や問題集で、個別に対策するのがおすすめの勉強法です。

 

\人気の塾・予備校で無料体験レッスン!/

TOEFL対策【バークレーハウス】 

TOEFL対策向けリスニング・スピーキング学習教材

リーディングやライティングは得意だけど、リスニングやスピーキングになんとなく苦手意識がある人も多いですよね…。

TOEFLでハイスコアを獲得するには、苦手分野を克服することも重要です。

とくにリスニングやスピーキング分野では、英語への理解スピードやレスポンスの速さなどが問われます。ぜひ、専用の英語教材であなたの耳を英語に慣らし、TOEFLでさらなる高得点を狙いましょう!

 

\おすすめの英語学習教材BEST 3 !!/

【第3位】YouCanSpeak

YouCanSpeak英語教材

(出典:http://www.youcanspeak.net/ah/)

英語を話すための基本論理が自然に身に付く! ドクター木下の英語スピーキングプログラム。

 

【第2位】プライムイングリッシュ

プライムイングリッシュ英語学習教材

(出典:http://www.prime-english.jp/lp/)

1日目から効果を実感!話題の英会話教材【プライムイングリッシュ】

 

【第1位】7+English(七田式)

七田式英語学習教材 7+English

(出典:https://7plus-en.com/)

たった60日で英語が話せる!?楽天3部門1位の英会話!<七田式>

TOEFLは大学入試英語科目の成績にも認定

大学入試の英語科目

2020年度から、大学入試センター試験に代わりに「大学入学共通テスト」が始まります。

TOEFLはじめ、TOEIC・英検・IELTS・TEAPなど、23の民間資格・検定試験が”英語科目の成績”に認められることになります。

※23の民間資格・検定試験のうち、一部条件付きで認められているものもあります。

この目的は「聞く」「読む」「話す」「書く」の英語4技能を評価し、英語教育の抜本的な見直しを行っていくためです。

 

TOEFL対策まとめ

留学のために海外の大学・大学院を受験する高校生さんにとって、早めのTOEFL対策が第一志望大学への合格につながります。

今回は、東京や横浜、名古屋、大阪、福岡エリア中心に、料金が安くて通いやすいおすすめのTOEFL塾・予備校を比較してご紹介しました!

スクールの中には、レッスンを無料体験できるので、気軽に足を運んでみましょう。

TOEFLの勉強以外にも大切なことがあります。

米国や英国などの教育機関に留学するためには、TOEFLスコア以外にも、高校の成績や社会貢献活動など「自分をアピールする」実績も重要です。

ぜひ今から準備をはじめて、留学の夢を叶えてください!応援しています!

 

\資料請求&無料体験はこちらから/

短期集中の総合英語学校【アルプロス】

\あなたにおすすめの関連記事/