TOEFLライティング対策|Writing25点突破の勉強法と試験概要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
TOEFLライティング対策

TOEFLライティングセクションは語彙量・正しい文法スキル以外にも、読解や要約、自分の意見を述べる力、タイピングスキルなどが求められる難易度の高い試験です。

Writing技能で25点のハイスコア突破は、簡単なことではありませんよね。

今回は、TOEFL iBTテストで高得点につながるライティング対策法(本、塾、無料学習ツール)と、2種類の問題「Integrated task」「Independent task」について解説します。攻略のご参考になれば嬉しいです。

(記事更新日:

TOEFLライティング対策《単語帳・参考書・過去問題集》

『TOEFLテストライティング問題100 改訂版』

発売日:2014年2月25日

出版社:旺文社

著者 :Paul Wadden、Robert Hilke、早川 幸治

 

『TOEFLテストライティング問題100 改訂版』は、Writingセクションの基礎から実践までを一冊で学べるおすすめの参考書です。問題傾向や解答テクニック、文章の型など、高得点獲得のポイントが分かりやすくまとめられています。

本番形式の模擬試験2回分や実践問題がたくさん収録されており、問題集としても活用できる便利な対策本です。

長年、旺文社は資格試験系の対策本を取り扱ってきた有名な出版社なので、初心者さんにもまず手に取ってほしい一冊と言えます。

 

≫公式サイト:旺文社『TOEFLテストライティング問題100 改訂版』

 

『TOEFLテスト英単語3800CD付 4訂版』

発売日:2014年2月25日

出版社:旺文社

著者 :神部 孝

 

同じく旺文社出版の『TOEFLテスト英単語3800CD付 4訂版』は、出題されやすいアカデミックな英単語が厳選して収録された、おすすめの単語帳です。

難易度別に単語が分けられており、目標スコアに応じて効率的に語彙力を伸ばすことができます。

CD音声付きなので、見出し語や意味を耳から聞いて勉強できる便利な単語帳です。また、別冊で「分野別英単語」というTOEFLテスト特有のアカデミックな英単語がまとめられています。

専門分野の知識や単語、フレーズも身につけることができ、ハイスコアを十分に目指せる一冊となっています。

 

≫公式サイト:旺文社『TOEFLテスト英単語3800CD付 4訂版』

 

『スピーキング・ライティング攻略のためのTOEFL iBTテスト必修フレーズ100』

発売日:2016年3月16日

出版社:テイエス企画

著者 :鈴木 瑛子

 

『スピーキング・ライティング攻略のためのTOEFL iBTテスト必修フレーズ100』は、TOEFLテストで求められる論理的な表現を可能にする必須フレーズを収録した単語帳です。

TOEFLやIELTSなど資格試験系の対策スクールとして評判な「トフルゼミナール」も運営する会社が出版しています。

試験では、”アカデミックライティング”と呼ばれる、主張を根拠立てて論理的に展開する表現スキルが必要です。スキル習得に、この対策本を丸暗記することが役立ちます。

ロジカル的なアカデミックフレーズを身につける時に使いたいオススメの一冊です。

TOEFLライティング対策《英語塾・予備校》

TOEFLライティング対策

Liberty English Academy

リバティイングリッシュアカデミーは、TOEFL ITP・iBTで”高得点を取るテスト対策”に限らず、英語の構造・規則を深く理解する独自メソッドで本格的な英語力が身につく英語学校です。

国際的な英語指導資格「TESOL」教育の名門コロンビア大学大学院でも学習メソッドの独自性が認められ、TOEFLの文法問題やWritingはじめ4技能を包括的に学べるカリキュラムです。

受講生の多くがTOEFL iBTスコア100点以上の目標を達成し、国内外の有名・難関大学に合格する実績があります。

成果にこだわる語学学校の証「成果保証」「返金保証」「無料延長保証」がある点も魅力です。

 

実際に私もレッスンを受けましたが、目から鱗の授業で驚きの連続。学生時代に通っていたら、海外留学の夢も叶ったのでは…とさえ思いました。

《関連記事》

 

【料金】

TOEFL iBT/ITP対策コース:288,000円~(24回~)

〈入会金50,000円〉

※上記の金額は全て税抜き価格で、2019年11月24日時点のものです。

【教室】

住所:東京都港区芝5-13-14 THE GATE MITA 2F

アクセス:田町駅・三田駅より徒歩5分/赤羽橋駅より徒歩7分

 

公式サイトで詳しく見る

当サイトから申込で入会金 最大0円

TOEFL/TOEIC対策スクール【LIBERTY】

 

ブラスト英語学院

ブラスト英語学院のTOEFL対策コースは、英作文の添削が無料で受け放題なので、ライティングセクションが苦手な生徒から評判のレッスンです。

コースは目標スコア別に2種類。61〜79点を目指す「初級〜中級コース」と80〜110点を目指す「上級コース」に分かれています。

ライティング含む3技能対策は週1回のグループレッスンがメインの2か月間カリキュラムです。TOEFLスピーキング対策のみ、プライベートレッスンでの指導となります。

担当する日本人講師は英検1級・TOEIC満点などの経歴をもち、分かりやすく丁寧な指導はもちろん人柄にも定評がある先生です。

 

【料金】

TOEFL®対策コース:150,000円(12回〜)

〈入会金無料〉

※金額は全て税抜き表記で、2020年9月8日時点のものです。

【教室】

住所:東京都渋谷区渋谷2-11-1 ナガタビル 202

アクセス:表参道駅より徒歩7分/渋谷駅より徒歩8分

 

公式サイトで詳しく見る

TOEFL対策【ブラスト英語学院】

 

バークレーハウス語学センター

バークレーハウス語学センターのTOEFL対策コースは、生徒の目標や実力に合わせたカスタマイズレッスンが特徴です。

1973年創設の長い歴史がある語学学校で、過去2年間で500名以上の生徒が卒業した実績があります。

講師は日本人とネイティブスピーカーが在籍しており、日本人講師は難しい英文法をわかりやすく、ネイティブ講師は正しい発音やイントネーションで指導してくれます。

試験直前の短期集中的なTOEFL対策が可能な点もおすすめで、ライティング対策の”最後の駆け込み寺”とも言えます。

 

【料金】

通常コース(40レッスン~):360,000円

7週間TOEFL対策コース(週10時間):290,000円

〈入会金20,000円〉

3日間直前対策コース(1日5時間):64,000円

〈入会金無料〉

※上記の金額は全て税抜き表記で、2019年11月24日時点のものです。

【教室】

住所:東京都千代田区五番町5-1 第八田中ビル4F

アクセス:市ヶ谷駅よりすぐ

 

公式サイトで詳しく見る

バークレーハウス語学センター【TOEFLコース】

TOEFLライティング対策《オンライン通信講座》

mytutor

mytutorでは、4技能別にTOEFL対策コースが分かれており、ライティングセクションや苦手分野を集中的に学べるオンライン講座が人気です。

講師は担任制で、自分の弱点や習熟度合を理解している先生が最後までサポートしてくれます。講師向けの社内研修が定期的にあるので、どの講師もレベルの高い英語指導を行ってくれるのも魅力です。

また、オンライン英会話では珍しい、1日のレッスン受講回数に上限がありません。

試験直前に苦手な分野のみを対策したり、自分の予定に合わせて柔軟にレッスンを受けられることもおすすめポイントです。

 

【料金】

1レッスン25分×50回~:29,800円~

※上記の金額は全て税抜き表記で、2019年11月24日時点のものです。

 

公式サイトで詳しく見る

≫【高音質オンライン英会話 】≪

 

Best Teacher

ベストティーチャーはオンライン英会話の枠を超えた、実践的なレッスンが特徴です。

TOEFLテストのライティングとスピーキング対策に特化したプログラムで、旺文社出版のTOEFL参考書をもとにライティング・スピーキング問題を解くことで、本番試験で実力を発揮できる英語力を磨きます。

実際のレッスンでは、まず講師と対話形式で英作文を行い、5往復ほどの分量で英語を交わします。

書き終えた英文は講師が添削し、改善点をフィードバックしてくれます。そして、自分の英文を用いてスピーキングの練習をしていきます。

自分のアウトプットしたものが教材となるので、まさに実践的なTOEFL対策です。

 

【料金】

月額15,000円

※上記の金額は全て税抜き表記で、2019年11月24日時点のものです。

TOEFL iBTライティングセクション|設問例と概要

TOEFLライティングセクション概要

2種類のテスト問題と制限時間

TOEFL iBTテストのライティングセクションは、「Integrated task」と「Independent task」の2種類に分かれています。

 

【Integrated task】

ライティングに、リーディングとリスニングスキルを統合(Integrate)した総合的な英語力を測定する問題です。

まず3分間で200〜250wordsのパッセージを読み、次に、約2分間でパッセージのトピックに関するレクチャーを聞きます。最後に20分間でパッセージとレクチャーの要約を150〜225wordsでライティングします。

 

【Independent task】

ライティングスキルに独立(Independent)した英語力を測定する問題です。

教育や仕事、文化、人間関係、生活などに関するトピックに対して、賛成か反対か、自分の考えを述べます。

制限時間は30分間。300wordsほどの文章を作成します。

スコア評価基準

各taskは0〜5の6段階で評価され、30点満点でスコア付けします。以下、スコアの評価基準です。

【Integrated task】

SCORE TASK DESCRIPTION
5

A response at this level successfully selects the important information from the lecture and coherently and accurately presents this information in relation to the relevant information presented in the reading. The response is well organized, and occasional language errors that are present do not result in inaccurate or imprecise presentation of content or connections.

4

A response at this level is generally good in selecting the important information from the lecture and in coherently and accurately presenting this information in relation to the relevant information in the reading, but it may have minor omission, inaccuracy, vagueness, or imprecision of some content from the lecture or in connection to points made in the reading. A response is also scored at this level if it has more frequent or noticeable minor language errors, as long as such usage and grammatical structures do not result in anything more than an occasional lapse of clarity or in the connection of ideas.

3

A response at this level contains some important information from the lecture and conveys some relevant connection to the reading, but it is marked by one or more of the following:

  • Although the overall response is definitely oriented to the task, it conveys only vague, global, unclear, or somewhat imprecise connection of the points made in the lecture to points made in the reading.
  • The response may omit one major key point made in the lecture.
  • Some key points made in the lecture or the reading, or connections between the two, may be incomplete, inaccurate, or imprecise.
  • Errors of usage and/or grammar may be more frequent or may result in noticeably vague expressions or obscured meanings in conveying ideas and connections.
2

A response at this level contains some relevant information from the lecture, but is marked by significant language difficulties or by significant omission or inaccuracy of important ideas from the lecture or in the connections between the lecture and the reading; a response at this level is marked by one or more of the following:

  • The response significantly misrepresents or completely omits the overall connection between the lecture and the reading.
  • The response significantly omits or significantly misrepresents important points made in the lecture.
  • The response contains language errors or expressions that largely obscure connections or meaning at key junctures or that would likely o
1

A response at this level is marked by one or more of the following:

  • The response provides little or no meaningful or relevant coherent content from the lecture.
  • The language level of the response is so low that it is difficult to derive meaning.
0 A response at this level merely copies sentences from the reading, rejects the topic or is otherwise not connected to the topic, is written in a foreign language, consists of keystroke characters, or is blank.

【Independent task】

SCORE TASK DESCRIPTION
5

An essay at this level largely accomplishes all of the following:

  • Effectively addresses the topic and task
  • Is well organized and well developed, using clearly appropriate explanations, exemplifications and/or details
  • Displays unity, progression and coherence
  • Displays consistent facility in the use of language, demonstrating syntactic variety, appropriate word choice and idiomaticity, though it may have minor lexical or grammatical errors
4

An essay at this level largely accomplishes all of the following:

  • Addresses the topic and task well, though some points may not be fully elaborated
  • Is generally well organized and well developed, using appropriate and sufficient explanations, exemplifications and/or details
  • Displays unity, progression and coherence, though it may contain occasional redundancy, digression, or unclear connections
  • Displays facility in the use of language, demonstrating syntactic variety and range of vocabulary, though it will probably have occasional noticeable minor errors in structure, word form or use of idiomatic language that do not interfere with meaning
3

An essay at this level is marked by one or more of the following:

  • Addresses the topic and task using somewhat developed explanations, exemplifications and/or details
  • Displays unity, progression and coherence, though connection of ideas may be occasionally obscured
  • May demonstrate inconsistent facility in sentence formation and word choice that may result in lack of clarity and occasionally obscure meaning
  • May display accurate but limited range of syntactic structures and vocabulary
2

An essay at this level may reveal one or more of the following weaknesses:

  • Limited development in response to the topic and task
  • Inadequate organization or connection of ideas
  • Inappropriate or insufficient exemplifications, explanations or details to support or illustrate generalizations in response to the task
  • A noticeably inappropriate choice of words or word forms
  • An accumulation of errors in sentence structure and/or usage
1

An essay at this level is seriously flawed by one or more of the following weaknesses:

  • Serious disorganization or underdevelopment
  • Little or no detail, or irrelevant specifics, or questionable responsiveness to the task
  • Serious and frequent errors in sentence structure or usage
0 An essay at this level merely copies words from the topic, rejects the topic, or is otherwise not connected to the topic, is written in a foreign language, consists of keystroke characters, or is blank.

(出典:『TOEFL iBT® Test Independent Writing Rubrics』byETS

サンプル問題

TOEFL iBTテストのライティングセクション(Integrated task、Independent task)のサンプル問題は、ETS公式サイトから無料で確認できます。

初めて受験する方は試験のイメージがつきづらいと思いますので、実際の設問等をチェックしておきましょう。

 

≫公式サイト:『revised TOEFL® Paper-delivered Test: Writing Section』byETS

TOEFLライティング対策に役立つ無料勉強ツール《公式》

TOEFL iBTテストのライティン対策には、先ほどご紹介した資格試験対策スクールのご活用他、ETS公式の無料学習ツールもおすすめです。

 

1. TOEFL iBT® Test Prep Planner

テスト受験日の約8週間前からTOEFL対策や事前準備に役立つ方法を分かりやすくまとめた、ETS公式のPDF資料が無料配布されています。

試験問題の特徴や各セクションの攻略法、必須スキルの身につけ方などが詳しく解説されています。

≫公式サイト:TOEFL iBT® Test Prep Planner』byETS

 

2. TOEFL® Talks

TOEFLテストの問題概要や対策法をまとめた動画やウェビナー(ウェブセミナー)を視聴できます。

≫公式サイト:TOEFL® Talks』byETS

 

ぜひ、無料のTOEFLライティング対策ツールを積極的に活用しましょう。スコアアップのヒントが隠れています。

まとめ:TOEFLライティング対策で海外留学や大学進学へ

今回は、初めて受験される方にもおすすめしたいTOEFLテストのライティング対策法をまとめてご紹介しました。

海外大学への留学・進学に限らず、日本国内でもスコアが有利になる難関有名大学が増えています。今後も需要が高まる資格検定試験の一つです。

志望校合格の成功を勝ち取るには、自分に合ったテスト対策法と学習計画、そしてそれらを実行する力が必要となります。

結果に後悔しないためにも最適なTOEFLライティング対策を選びましょう。

あなたの夢が叶う日まで、応援しています!

 

《関連記事》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

あなたにおすすめの関連記事

SNSでお気に入り登録♪

このエントリーをはてなブックマークに追加