TEAP・TEAP CBT対策におすすめのオンライン英会話4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TEAP対策オンライン英会話

TEAP対策コースを専門に設けている英会話教室や英語塾が少なく、お住まいの地域に学べる場所がないという学生の方もいらっしゃったかと思います。とはいえ、オンライン英会話レッスンに対して「安いだけでは?本当にTEAP対策になるの?」と効果に対して疑問もあるのではないでしょうか。

今回は、TEAP対策コースのあるおすすめのオンライン英会話のみを厳選し、特徴や違いについてしっかりとご説明していきます。

(記事更新日:2022年

TEAP対策におすすめのオンライン英会話比較

マイチューター

マイチューター「TEAP対策コース」

コース名

TEAP対策コース

  • Speakingレッスンカリキュラム
  • Writingレッスンカリキュラム
受講形式 マンツーマンレッスン
時間 平日15:00~24:55 土日11:00~24:00
受講料・入会金

60レッスン35,000円~

※入会金・教材費は無料

講師

外国人講師(フィリピン人)

※公認英語講師資格「LET」の有資格者が中心

My tutor(マイチューター)はTEAPの4技能対策を熟知した外国人講師(正社員)で、講師担任制度を採用しているのでオンラインレッスン品質が維持されている点がおすすめです。

予約確保サービスがあるため、好きな講師のレッスンが予約できないといった心配もありません。また、1日の受講数に制限がなく短期集中的に受講することも可能です。

オンライン英会話で本格的なTEAP対策ができるのに、他校と比較しても安い受講料で学べるところも人気の理由です。

 

公式サイトで無料体験レッスン!

【マイチューター】TEAP対策コース

 

KEdTech

オンラインスクール「KEdTech」

コース名 TEAP対策プログラム オンラインプライベートレッスン
受講形式 マンツーマンレッスン
時間 10:00~23:30(海外からも受講可能。柔軟に対応しますのでお気軽にご相談ください)
受講料・入会金

60分8,800円

※入会金16,500円、別途教材費

講師 日本人講師

オンラインスクールKEdTechのTEAP対策プログラムでは、経験豊富なプロ講師陣からマンツーマンでスコアアップ直結型のオンラインレッスンが受けられます。

受講形式は講師と1対1のプライベートレッスンで、受講生一人ひとりのレベルや目標に応じて細やかなオリジナルカリキュラムを作成します。

自由に受講スケジュールを組むことができるため部活や他の習い事との両立もしやすくなります。また、苦手分野を集中的に対策して克服を目指したり、得意分野をさらに伸ばしたり、効率的な英語学習が可能です。

授業担任制を採用している点も当オンラインスクールの特徴で、学習を継続しやすくなるので結果的に短期間でスコアアップにつながります。

 

無料体験レッスン&オンライン相談へ

【KEdTech】TEAPオンラインレッスン

 

Best Teacher

Best Teacher(ベストティーチャー)のTEAP対策

コース名 TEAP対策コース
受講形式 マンツーマンレッスン
時間 0:00~24:00
受講料・入会金

月額16,500円

※入会金・教材費は無料

講師 ネイティブ講師、外国人講師

ベストティーチャーにはアメリカやイギリス、カナダ、セルビアなど多国籍の講師が在籍し、スピーキング・ライティングを集中強化できるTEAP対策コースのオンライン英会話がおすすめです。

レッスンは「ライティング」→「添削」→「スピーキング」の流れで行っていきます。

講師による詳しい添削はベストティーチャーでとくに好評で、テストの実践問題に生きる高品質なものとなっています。なかなかTEAPでハイスコアを取れない方、初めてTEAPを受講する方など幅広い英語力の方に最適です。

 

公式サイトで無料体験レッスン!

【ベストティーチャー】TEAP対策コース

 

ブラスト英語学院

ブラスト英語学院

コース名 TEAP対策コース
受講形式 マンツーマンレッスン
時間 平日12:00~20:00 土10:00~17:00
受講料・入会金

本コース

  • スタンダードコース:80分 × 全7回 55,000円
  • アドバンスコース:80分 × 全7回 50,000円

夏期講習:全4日間50,000円

※入会金は無料

講師

日本人講師

※大学での指導経験者や英検1級・TOEIC満点者が中心

《本コース受講者には英作文添削受け放題、マンツーマンレッスン2回無料!》

ブラスト英語学院では、大学での指導経験や英検1級をもつ日本人講師が担当し、点数が伸びづらいライティングに対しては無料で添削受け放題のサポートを行っています。TEAPに強いスクールだからこそ毎年多くの受講生がTEAP高得点を取得しており、現在、通学・オンラインから受講形式を選べるので、遠方にお住まいの方も学びやすくなっています。

TEAPのマンツーマンレッスンでは4技能の英語力向上に加え、各設問に対する解き方や時間配分などテクニック要素も習得することが可能です。

こちらの記事もご参考になります

 

ブラスト英語学院は英語専門の塾・オンライン校なので、TEAPを活用した大学受験やTEAP夏期講習などの短期集中講座を検討されている学生さんにもおすすめす。

 

公式サイトで無料体験 & 個別相談!

【ブラスト英語学院】TEAP対策コース

TEAP対策にオンライン英会話を活用するメリット

専門のTEAP対策レッスンが自宅で受けられる

TEAP対策を取り扱う英語塾や予備校、英語資格対策スクールがもともと少ないという現状があります。東京など大都市にスクールが集中しており、遠方から通っているケースも耳にします。オンライン英会話も例外ではなく、なかなかTEAP対策を専門に学べるサービスを見つけるのは困難です。

今回ご紹介したオンライン英会話(オンライン受講形式)では、どれもTEAP対策の専用コースを設けています。

英語4技能をすべて伸ばすことに有効で、苦手分野になりやすいライティング・スピーキングが自宅にいながら学べる点がTEAP対策オンライン英会話のメリットです。

スクーリング時の費用よりも受講料が安い

オンライン英会話の最大のメリットとして挙げられるのは、受講料金の安さです。

英検やTOEICに比べて、TEAPは受験者数が少なく主な対象者も高校生に限られているため、他の英語資格対策コースより料金が高い場合があります。一方、オンライン英会話はTEAP対策においてもリーズナブルな価格でレッスンを受けられます。

受講料を抑えたい方、特定の技能だけを集中的に学びたい方、近くにTEAP対策塾がない方などにTEAP対策オンライン英会話はおすすめです。

パスコン受験のTEAP CBTにも抵抗がなくなる

ペーパーテスト形式のTEAPと、コンピューター形式のTEAP CBTの2種類のテストがあります。

TEAP CBTの方は試験会場のパソコンやヘッドセット等を使って試験に臨むので、日頃からパソコン操作に慣れておいた方が良いかと思います。

オンライン英会話もインターネット接続されたパソコンやタブレットの機器を用いて受講するケースが多く、TEAP CBTの本番試験で焦る場面が少なくなります。実際の試験環境に少しでも慣れるという観点からも、TEAP対策でのオンライン英会話活用はおすすめです。

TEAP対策にオンライン英会話を活用するデメリット

TEAP

勉強に集中できる環境を自宅につくる必要がある

時間や場所を問わず、ライフスタイルに合わせて受検勉強しやすいオンライン英会話にも、いくつかデメリットがあります。

まず、スクールと違って勉強場所や自習スペースを自宅につくる必要があり、また、勉強スイッチの切り替えも入りづらくなるので、自制心が求められます。受験者ご本人の周りにいらっしゃるご家族の協力も欠かせません。

オンライン英会話レッスンは教室通学時と遜色のない、同品質の学びを提供しているため、最大限吸収できる英語学習環境の整備をご自身でも心掛けることをおすすめします。

マンツーマンレッスンが多く、受験仲間ができない

TEAP対策オンライン英会話の多くは、講師と1対1体制で受講するマンツーマンレッスン(プライベートレッスン)が主流です。英語塾や予備校、英語資格対策スクールに通われる場合にはグループレッスンでのクラスメイトや他の交流の場で仲間ができますが、そういった機会がありません。

仲間と切磋琢磨することで勉強のモチベーションを維持したい方には物足りないかもしれません。

とは言え、TEAP対策オンライン英会話では英語学習意欲を保つサポート体制が整っておりますので、途中で挫折してしまう心配は少ないかと思います。

TEAP対策オンライン英会話まとめ

TEAP対策オンライン英会話

TEAPは大学受験を控える高校生の方にとって、大切な英語テストです。

毎年、数回の受験日が設けられ全国各地の会場で受けることが可能ですが、受験料が安いというわけではありません。しっかりと計画を立てて、効率的に勉強して本番試験に備えたいものですよね。

今回の記事では本当におすすめできるTEAP対策のオンライン英会話、とくにマンツーマンレッスンをご紹介しました。

ぜひ効果的な学習ツールを積極的に活用して、TEAP攻略を目指していただきたいと思います。

 

【関連記事】

The following two tabs change content below.

英語学校しらべ編集長

編集長・ライター
大手英会話スクールや市販教材では結果が出ず、TOEIC500点、英検3級の取得で挫折。縁あって英語事業者様への取材(数十社)やレッスン体験談をレビューする仕事に就き、英語習得における方法と学習量の重要性を知る。私生活でもフィリピン留学を経て海外移住を計画中の父から語学学校の英語漬け生活や効率的な勉強法、英会話を教わる。TOEIC再受験に向けて独学中。≫記事編集方針のご紹介

あなたにおすすめの関連記事

講師インタビュー

Liberty English Academy藤川さんインタビュー

 

NLPE英語コーチングスクールインタビュー

 

ブラスト英語学院インタビュー