短期留学・大学留学におすすめ!評判のマルタ留学エージェント7選

マルタ留学エージェント

マルタ共和国は物価が安く、綺麗な海や異国情緒あふれる街並み、幻想的な世界遺産など数多くの観光名所があり、留学先としても人気の国です。

海外でも”治安が良い”と言われる国ですが、中には危険なエリアも存在します。

留学エージェントを活用することで、面倒な手続きや手配はもちろん、費用面・安全面で不安なく英語学習に集中できます。

今回は、筆者が自信を持っておすすめできるマルタ留学エージェントを厳選してご紹介、マルタ人気都市の特徴や留学に最適な時期、注意点などを解説します。

口コミ・評判が良いおすすめのマルタ留学エージェント

スマ留

おすすめ留学エージェント「スマ留」

(出典:https://smaryu.com/)

主な提携都市 バレッタ、セントジュリアン、スリーマなど
オフィス 東京、横浜、大阪、名古屋、札幌、福岡、マルタ
設立 2014年
留学の種類 語学留学/短期/長期/親子/ワーホリ/2カ国など

 

スマ留は、格安の留学費用と明朗会計、英会話レッスン等の英語学習支援、365日24時間の安心サポートが魅力の大手留学エージェントです。もちろん手数料無料。現地マルタを知り尽くしたスタッフが多いのも特徴。

語学学校の生徒数が少ないアフタヌーン/イブニングの時間帯に授業を受けることで、従来の半額ほどの費用で留学することができます。授業のコマ数や内容、教師の質は全く変わりません。

 

滞在期間が同じであれば、マルタ国内の都市にあるどの語学学校を選んでも”一律料金”です。

授業料や入学金、学生寮の滞在費、英語学習サポート、専門スタッフサポートなど本当に必要なものだけをパッケージ化。飛行機の航空券や海外保険などは自由選択なため、無駄な費用は一切ありません。

帰国後も、留学経験を生かした就職・転職活動の相談も可能です。英語を使った仕事に就きたい方にもおすすめです。

 

公式サイトで詳しく見てみる

≫【格安留学サービス「スマ留」】≪

 

School With

おすすめ留学エージェント「School With」

(出典:https://schoolwith.me/)

主な提携都市 バレッタ、セントジュリアン、スリーマ、ペムブローク、ゴゾなど
オフィス 東京(代官山)
設立 2013年
留学の種類 語学留学/短期/長期/ワーホリなど

 

School Withは「最低価格保証」を掲げ、語学学校に直接申込むのとほぼ同額でマルタ留学できるエージェントです。首都バレッタや人気都市セントジュリアン、スリーマなどへの留学をサポートします。

スタッフがしっかり24時間オンラインサポートしてくれるので、東京から遠方の方にもおすすめです。

Webサイト上でも自分の要望に近い語学学校を探しやすく、「TOEIC・TOEFL対策できる」「ビジネス英語が学べる」「外国人生徒が多い」などの特徴に絞って詳細条件から見つけられます。

 

また、帰国後に就職を支援する制度もあり、将来、マルタ留学の経験や英語力を生かして働く夢を応援してくれます。

 

公式サイトで詳しく見てみる

≫【世界32カ国から探せる語学留学予約サイトSchool With 】≪

 

留学タイムズ

留学タイムズ

(出典:https://ryugaku.net/)

主な提携都市 バレッタ、セントジュリアン、スリーマ、ゴゾ、グジラ、など
オフィス 東京(新宿)
設立 1999年
留学の種類 語学留学/ワーホリ/インターン/ホームステイ/長期/短期など

 

留学タイムズは、創立20年、大手旅行会社HISと提携した航空券付きの格安留学がおすすめの老舗エージェントで、首都バレッタ、ゴゾやグジラなど人気都市の語学学校を紹介してくれます。

累計3万人以上の留学生をサポートしてきた実績があります。

「最低価格保証」も魅力的で、他社の安い見積もりを持参するとより費用を抑えた留学プランで提示してくれます。

明朗会計もおすすめポイント。全て正規料金(現地通貨で価格表記)なので、仲介手数料を上乗せされている心配もありません。

 

公式サイトで詳しく見てみる

無料カウンセリング予約【留学タイムズ】

 

ネスグローバル

主な提携都市 セントジュリアン、スリーマ、ゴゾ、グジラなど
オフィス 東京、大阪、新潟
設立 2014年 
留学の種類 語学留学/短期/長期/親子/ワーホリなど

 

ネスグローバルは、留学サービス審査機構(J-CROSS)から正式認定を受ける留学エージェントで、マルタの人気都市セントジュリアンやスリーマ、ゴゾなどの語学学校と提携しています。

「紹介したい語学教育サービス部門」「グローバル人材育成企業部門」「語学教育サービス企業部門」の3部門で高評価を獲得しています。

※2019年3月時点のゼネラルリサーチ社の調査より。

留学前と帰国後に無料で英会話レッスンを受講でき、短期間で英語力向上を目指すことができます。

 

公式サイトで詳しく見てみる

≫【ネスグローバル】≪

 

Global Dive

主な提携都市 セントジュリアン、スリーマ、イムシーダなど
オフィス 東京(新宿)、大阪(大阪市)
設立 2002年
留学の種類 語学留学/短期/長期など

 

Global Diveは、「留学資金がない」「英語力が初心者…」といった方のマルタ留学を手厚くサポートしてくれる留学エージェントで、「リゾートバイト」をしながら英語力を磨くことができます。

数か月間、外国人が多く訪れる観光地でアルバイトを行い、英語を学びながらお金を貯めることができます。

リゾートバイト期間中は、毎日25分間オンライン英会話を無料で受講可能。

もちろん留学エージェントの仲介手数料もかかりません。割引などを適用することで個人手配よりも留学費用が安くなる場合もあります。

 

留学プランは、留学者一人ひとりの目的に合わせてオーダーメイドです。英語漬けの環境で有意義な現地生活を送れます。

 

公式サイトで詳しく見てみる

留学ワーキングホリデーサポート【Global Dive】 

 

マルタ留学ドットコム

主な提携都市 バレッタ、セントジュリアン、スリーマ、スイーギ、グジラなど
オフィス 神奈川、マルタ
設立 2003年
留学の種類 語学留学/短期/長期など

 

マルタ留学ドットコムは、創立約17年間で累計3,400名以上のマルタ留学者を支援してきた、歴史と実績ある留学エージェントです。

マルタ留学に特化した代理店なのでスタッフの専門知識が豊富。現地の情報を詳しく教えてくれます。また、現地にもスタッフが常駐しており、留学中でも気軽に相談が可能です。

大手旅行会社HISと提携しているため、日本から直行便のないマルタ共和国へのフライト準備も安心して任せられますね。

 

≫公式サイト:マルタ留学ドットコム

 

マルタ留学センター

主な提携都市 バレッタ、セントジュリアン、スリーマ 、セントボールズベイなど
オフィス 東京、大阪、名古屋
設立 2003年
留学の種類 語学留学/短期/長期など

 

マルタ留学センターは、J-CROSS認証を受けているマルタ留学専門のエージェントです。語学学校選びから海外旅行保険、飛行機の航空券手配など全てをサポートしてくれます。

留学前にネイティブ講師による本格的な英会話レッスンを無料受講でき、帰国後も留学期間に応じて受けられます。

一時的な英語力向上ではなく、一生涯の英語・将来に役立つスキルが身につく留学エージェントです。

 

≫公式サイト:マルタ留学センター

マルタ留学エージェントの選び方

それでは実際に、マルタ留学エージェントの失敗しない選び方とポイントを解説いたします。

 

【1】無料・有料のサポート内容の違いは?

留学エージェントによって追加費用なく受けられるサポート範囲が異なります。

無料サポート対象がどこまでなのか、事前に比較しましょう。

例えば、語学学校の提案、入学手続き、各種申請手続きの代行、航空券手配、保険の申請などが無料サポートとするエージェントが多いです。中には、英会話レッスンの無料受講、留学経験を生かした就職支援などもあります。

 

【2】現地オフィスの有無、オンラインサポート可能か?

近くにオフィスがない場合、電話やオンラインでの相談に応じているか確認しましょう。

また、マルタ現地にもオフィスがあると、慣れない海外生活で万が一アクシデントやトラブルが起こった時に頼ることができます。

 

【3】複数の留学エージェントを比較する

百聞は一見に如かず。留学エージェントで個別相談されてみることをおすすめします。

実際にスタッフから話を聞いて、自分にあった留学エージェントなのか見極めましょう。他社と比較検討してどこにするか悩んでいる旨を伝えることで、好条件の案内をしてもらえるケースもあります。

マルタ留学が学生や社会人に人気の理由

マルタ首都バレッタの街並み

(写真:首都バレッタの街並み)

物価が安く、治安も比較的良い

マルタ共和国はヨーロッパの中でも物価が安い国です。例えば、パン。ベーカリーでは100円以下、スーパーなら30円ほどの格安料金で購入できます。

さらに、人気のピザやパスタは1,000円以下で楽しめますし、量は外国サイズで多く、2人でシェアしても十分に満足できるでしょう。

食費に限らず、語学学校の授業料や現地での生活費も安く抑えられるので、格安留学を検討されている方に人気です。

 

治安が良く、女性でも安全に留学しやすい点もおすすめのポイントです。

公共交通機関だけで街を移動できます。たいていの場所では、車の運転が要りません。

世界遺産や聖堂・宮殿、洞門、古い街並みなど観光名所が多い

マルタの首都・バレッタは街全体が世界遺産に登録されている歴史的な観光名所です。ローマ時代や紀元前の遺産や建造物がそのまま残存されており、異国情緒あふれる空間は一見の価値があります。

「聖ヨハネ大聖堂」や透き通った「青の洞門」なども有名です。

他にも、マルタ島の北部・アンカーベイでは、まるでおとぎ話の世界に入ったかのようなカラフルな色の家が立ち並ぶ「ポパイ村」エリアが人気です。

 

本来の目的は英語を習得することでも、自由時間に観光名所を周って”世界の今”を自分の目で確かめることも立派な勉強ですね。

社会人になってから海外旅行や海外留学に行くハードルは大変高いです。時間のある今のうちに、世界遺産や素敵な名所を楽しみましょう!

四季があり、冬でも過ごしやすい

マルタにも四季があります。

ヨーロッパの中でも暮らしやすい気候として知られています。夏の気温は日本と同じくらいで比較的過ごしやすく、冬でも10度を切らないため、暖かいと感じるかもしれません。

海外留学では気候や生活環境の変化で体調を崩す人もいますが、マルタは日本と共通点も多い国なので、安心感がありますね。

マルタ留学で人気の都市一覧

マルタ留学

(写真:ポパイ村-Popeye Village)

【バレッタ】

マルタ共和国の首都・バレッタは、街全体が世界遺産に登録されています。

バレッタ市内には、国立考古学博物館や国立戦争博物館などのマルタの歴史を学べるスポットや、聖ヨハネ大聖堂という大迫力の聖堂、アッパーバラッカガーデンという絶景を眺めることのできる公園など、見どころ満載です。

街の建造物はマイルストーンと呼ばれるはちみつ色をした石灰岩で建てられており、非常に写真映え(インスタ映え)します。

 

【セントジュリアン】

セントジュリアンはマルタ最大級のリゾート地で、観光開発が進んでいます。

レストランやバーなどの飲食店が多く、グルメを楽しみたい方におすすめです。クラブやパブ、ディスコなどのナイトライフスポットも集まっています。

ビーチがあるわけではないですが、岩礁で日光浴したり海に入ったりすることも可能です。

 

【ポパイ村】

ポパイ村は、1980年にロビン・ウィリアムズ主演映画『Popeye』のセットが残存する人気の都市です。

カラフルで可愛らしい街並みが女性に人気で、毎年、多くの観光客が押し寄せます。映画の登場人物になりきって撮影体験するイベントも開催されています。

目の前には綺麗なビーチが広がっており、泳いだりボートで周ったり、存分に世界観を楽しめます。

 

【マルサシュロック】

マルサシュロックは伝統的な港町で、色鮮やかな小舟が数多く停まっている光景が名物です。

港に沿ってマーケットが広がっており、現地の人も多く訪れます。

港町ならではのシーフードグルメを楽しめるレストランもあります。海鮮料理を味わいたい方は、ぜひ足を運んでみましょう。

 

【ゴゾ島】

ゴゾ島はマルタで2番目に大きな島で、中央都市・ビクトリアでは綺麗な田園と海を眺められます。

巨石神殿も有名です。人類最古の巨石建造物として世界遺産に登録されています。

自然が豊かで、マルタ本島よりものどかな雰囲気が特徴です。ゆったりと大自然に囲まれた中で語学勉強したい方におすすめの都市です。

マルタ留学の注意点【初めての海外留学の基礎知識】

治安の良くないエリアもある

マルタはヨーロッパの中でも治安が良い国ですが、全エリアが安全というわけではありません。

 

【危険なエリア】

〈セントジュリアン〉

「パーチャビル」と呼ばれる、クラブの集まる繁華街は盗難やスリなどの軽犯罪が多発しています。

〈アルバートタウン〉

首都・バレッタ近くには、売春やドラックなどの犯罪が根深くマルタの中で最も治安の悪いと言われるエリアがあります。

 

自分の身は自分で守りましょう。

治安の悪いエリアには近寄らない、夜中に一人で出歩かない、などを意識して行動することが大切です。

シーズンによって語学学校の料金が異なる

マルタは海水浴やマリンスポーツが盛んなリゾート地でもあり、夏の時期には多くの観光客、留学生が入国します。

繁忙期となる夏のシーズンはどうしても語学学校の料金が高くなってしまいます。また、航空券や宿泊施設の料金も割高になる傾向です。

 

留学費用を抑えたい方は、秋・冬のオフシーズンを狙ってマルタ留学されることをオススメします。

学生ビザでの長期留学は、出席日数に注意

マルタには楽しいスポットがたくさんあるので、学業より遊びに時間を割いてしまう人も少なくありません。

しかし、語学学校をサボってしまうと学生ビザが下りない危険性があるので注意しましょう。

 

というのも、学生ビザは「語学学校に通って英語を学ぶ留学生」を対象に発行されるので、学校に出席していない学生は許可されません。

目安としては、出席率が最低75%程度は必要だと言われています。

地中海に浮かぶ美しい島「マルタ共和国」の基本情報

首都・面積、人口、言語、宗教、日本との時差

首都 バレッタ
面積 316平方キロメートル
人口 約43万人(2016年)
言語 マルタ語と英語が公用語
宗教 カトリック
日本との時差 8時間

(出典:外務省『マルタ基礎データ』

通貨、主な貿易品、経済成長率、失業率

通貨 ユーロ
主な貿易品 鉱物燃料、潤滑油、産業機械、加工品、薬品など
経済成長率 5.5%(2016年)
失業率 4.1%(2017年4月)

(出典:外務省『マルタ基礎データ』

まとめ:失敗しないマルタ留学はエージェント比較が大切!

今回は、マルタ留学におすすめの留学エージェントを厳選してご紹介しました。

自分に本当に必要なサポートを明確にしてから複数社を比較することで、不安のない充実した留学が可能です。

何事も、最初の一歩が肝心です。

当記事との出会いが、有意義なマルタ留学生活をスタートさせる少しの後押しになることを願っています!

 

【関連記事】

あなたにおすすめの関連記事