マルタ留学1か月~3か月の費用内訳《食費など現地生活の節約術も解説》

マルタ留学

治安が良く海が綺麗なマルタ共和国は、ヨーロッパの中でも格安で行ける留学先で、学生から社会人に幅広く人気です。

リゾート地としても有名で、近年、短期留学と観光を兼ねて訪れる日本人が増えています。

今回は、マルタへの短期留学の費用(1か月〜3か月)と内訳(生活費や交通費、食費など)を解説。もっとお得にマルタ留学に行くコツもご紹介します!

(記事更新日:

マルタ留学1か月~3か月の費用目安

留学期間ごとのマルタ留学の費用目安は、以下の通りです。(一例)

内訳 1か月 2か月 3か月
語学学校 約10万円~ 約20万円~ 約30万円~
滞在費 約10万円~ 約20万円~ 約30万円~
生活費 約5万円 約10万円 約15万円
航空券 約10万円~ 約10万円~ 約10万円~
保険 約2万円 約4万円 約6万円
ビザ費用 0円 0円 約5千円
合計 約27万円~ 約64万円~ 約91万円~

 

【お得情報】

マルタ留学では、“3か月以内”の短期滞在であればビザの申請は不要です!料金もかかりません。

マルタ留学費用は夏の繁忙期とオフシーズンで違う

マルタ留学

(写真:ポパイ村-Popeye Village)

マルタ共和国は世界有数のリゾート地なので、繁忙期となる夏の時期は観光客や外国からの留学生が増加する傾向にあります。

語学学校の料金も比例して高くなりますし、航空券や宿泊施設の料金も割高になってしまいます。

一方で、夏以外のオフシーズン、秋から冬の時期なら留学費用を安く抑えることができます。マリンスポーツや海水浴を希望されない方は、格安マルタ留学としておすすめです。

マルタ留学の生活費・交通費

マルタはヨーロッパの中でも比較的物価の安い国です。他の国・都市より生活費を節約しやすいメリットがあります。

水2リットル:約65円/食パン1斤:約170円

日本と比べても物価に大きな違いはないです。ただし、国内で物価の上下変動があり、首都のバレッタやスリーマ、セントジュリアンなどの都市部は物価が高いので注意しましょう。

(日本と同じく、都市部を離れた田舎町は物価が安くなります。)

 

語学学校は都市部に集中しています。比較的物価が高いが便利な都市部エリアに滞在するか、交通費はかかるが生活費が安い田舎町・郊外に滞在するか、2つの選択肢が考えられますね。

 

日本-マルタ間の航空券は、安い時期で10万円前後から用意できます。

マルタ国内に電車はなく、移動手段は主にバスです。チケットを1回買うと「2時間乗り降りし放題」というお得な制度があります。

チケット料金は時期によって異なりますが200円前後が目安です。

冬:1枚あたり約190円/夏:1枚あたり約260円

マルタ留学の食費

マルタ首都バレッタの海と港町

(写真:首都バレッタの港-Valletta)

気になるのはマルタ留学にかかる食費ですよね。食材の料金は日本より少し安く、外食は若干高い傾向にあります。

  • パスタ1.8kg:約125円/じゃがいも1kg:約130円/玉ねぎ1kg:約180円
  • マクドナルドセット:約900円/高級レストラン:約3,000円

 

食費を安く抑える秘訣は、日本と同様に「自炊すること」に尽きます。

外食すると高くついてしまうので、できるだけ地元のスーパーで食材を購入して自分で料理しましょう。輸入品は関税がかかり、高い傾向にあります。

マルタ留学の滞在費・宿泊費・チップ

マルタ留学で滞在する主な場所は、ホームステイか学生寮です。

どちらも1か月あたり10万円前後で宿泊できますが、学生寮の方が安い場合が多いです。また、観光客にも人気のサマーシーズンは宿泊費が高く、純粋なマルタ留学目的の方は損してしまいます。

 

ホームステイは、シングル部屋かツイン部屋か、食事を何食作ってもらうかなどで料金が変わります。

学生寮も部屋の種類によって変わりますが、基本的に食事なしの場合が多く、その分宿泊費自体は安くなります。食事付きの場合は料金が大きく変わります。

頑張って自炊しても慣れない人は外食が増え、結果的に食費が高くなることも。食事付きのホームステイの方がトータル費用を抑えられるかもしれません。

 

さらに、マルタは日本と違って「チップ文化」である点も注意が必要です。

レストランではお会計の10%程度をチップとして渡します。サービス料が含まれている場合はチップ不要です。

タクシーでも10%程度のチップを払います。チップの計算が面倒な方は、お釣りを受け取らずそれをチップ代わりにする方法もあります。

「マルタ共和国」の基本情報

首都・面積、人口、言語、宗教、日本との時差

首都 バレッタ
面積 316平方キロメートル
人口 約43万人(2016年)
言語 マルタ語と英語が公用語
宗教 カトリック
日本との時差 8時間

(出典:外務書『マルタ基礎データ』

通貨、主な貿易品、経済成長率、失業率

通貨 ユーロ
主な貿易品 鉱物燃料、潤滑油、産業機械、加工品、薬品など
経済成長率 5.5%(2016年)
失業率 4.1%(2017年4月)

(出典:外務書『マルタ基礎データ』

マルタ留学費用は格安エージェントの活用でもっとお得!

マルタ首都バレッタの街並み

(写真:首都バレッタの街並み-Valletta)

ここまで、マルタ留学にかかる費用の目安と主な内訳をご紹介しました。

 

航空券から語学学校、現地での生活にかかる宿泊費や食費、交通費など、費用のかかる要点を押さえておかなければ割高になってしまうものばかりです。

そこで、ぜひ活用したいのがマルタ留学エージェント。

留学エージェントは、面倒な手続きや手配、最適な語学学校選びを専門的にサポートしてくれます。

 

たとえば、格安で英語圏への留学ができる「スマ留」。

語学学校の空き時間やスペースを有効活用することで従来の授業料より最大半額、料金を安く済ませることが可能です。

明朗会計もおすすめポイント。スマ留なら、人気のマルタ留学も1か月約18万円~の格安費用。学生寮の滞在費や語学学校への入学金、授業料、学習サポート、さらに日本人スタッフによる安全サポートなども含みます。

※ハイシーズン期間中(6月~8月末)は追加料金が発生します。

※海外航空券、海外留学保険、ビザは含まれません。

人気都市のセントジュリアンズ、スリーマ、バレッタの語学学校に通いながら、自由時間に観光を楽しめますね!

 

\その他おすすめポイント/

  • 国と期間が決まっていればどの語学学校でも同額!純粋に授業内容で選べる!
  • 留学前にオンライン英会話や英語学習アプリを活用できる
  • 航空券や海外旅行保険の手続き、ホームステイ先紹介などの相談サポート充実

 

マルタ現地にもサポートオフィスがあるので、留学生活で困ったことや不安なことがあってもすぐに相談ができます。

 

公式サイトで詳しく見てみる

≫【格安留学サービス「スマ留」】≪

まとめ:物価の安いマルタ留学で有意義な海外留学♪

初めての海外留学は不安がいっぱいですよね。日本から遠く離れたヨーロッパのマルタまで、一人で渡航、現地生活を送ることは大変勇気のいることだと思います。

今回はマルタ留学にかかる主な費用目安と内訳をご紹介しました。現地生活のイメージはできましたか?

そして、よりお得にマルタ留学をする節約方法として、「夏の繁忙期シーズンを避ける」「時には自炊もする」「留学エージェントも賢く活用する」という3つの作戦を解説しました。

 

楽しい充実した海外留学になるよう、応援しています!

 

【関連記事】

あなたにおすすめの関連記事