【東京】大学受験の合格実績で評判のおすすめ英語塾8選|塾選びのコツ

university-entrance-exam-juku-in-tokyo

大学入試センター試験で、難関国公立・私立の第一志望校、併願校の合格を狙う受験生は多いと思います。

2020年度(2021年1月)から日本の英語教育が大きく変わります。センター試験が撤廃され、新テスト制度が始まりますが準備は万全ですか?

今回は、難関大学受験の合格実績が多く評判のいい東京都内の英語塾を厳選して徹底比較、塾費用や特徴をまとめました。

大学受験英語塾の失敗しない選び方

東京の大学受験英語塾の選び方

予備校の英語講座より英語専門塾がおすすめな理由は?

一言でいえば「より深く対策できるから」です。

一般的な予備校の英語講座は、あくまでも全教科の中の一分野という位置づけです。大人数を対象に、基本的な指導を行う傾向にあります。

一方で、英語専門塾はレベルや弱点別に数多くのカリキュラムがあったり、少人数レッスン・個別指導だったり、苦手を克服する、得意を伸ばす、より細部まで対策ができます。

4技能「聞く・読む・話す・書く」が身につく英語塾

2020年度(2021年1月実施)から大学の入試制度が変更されます。

リーディング(読む)・リスニング(聞く)に加え、スピーキング(話す)・ライティング(書く)が評価されるようになり、英語4技能の対策が必要です。

対象の受験生さんは新テストに対応した英語塾を選びましょう。

個別カリキュラムで苦手分野を克服できる英語塾

学生さん一人ひとり苦手分野が異なります。

単語の暗記が嫌いな人、長文読解が苦手な人、リスニングがなかなか聞き取れない人など。

あなたの学習状況に合わせて個別カリキュラムを作成し、効率的にアプローチできる英語塾がおすすめです。

最新の合格実績に第一志望校合格者数が多い英語塾

英語塾には独自の受験対策ノウハウがあります。

また、東大や早慶、SMART(上智・明治・青山学院・立教・東京理科大)、MARCH(中央・法政)、医学部、国立など、英語塾ごとに得意とする大学層があります。

第一志望大学の合格者数が多い英語塾か、過去3~5年分の合格実績データを比較してみましょう。

大学受験で評判が良い東京都内のおすすめ英語塾

平岡塾(渋谷)

東京渋谷の受験英語塾「平岡塾」

(出典;https://www.hiraokajuku.co.jp/)

駅チカ【×】見学・説明会【〇】授業体験【〇】駐輪場【-】自習室【-】振替え【〇】夏期講習【〇】

 

「平岡塾」は東京・渋谷の英語専門塾で、音声を聞き取る力や”英語が使える”基礎となる文法を重視した学習により、大学受験に限らず、社会で必要な幅広い知識・教養を身につけます。

文法・英作文・読解・単語熟語をバランスよく学び、リスニング・スピーキング・エッセイ・ライティングはネイティブ講師が添削指導してくれます。大学受験の過去問を大量に解くことでも有名。

東大や京大、一橋、東工大など難関国立大学はじめ、早慶上智や医学部など私立大学への合格実績も多数あります。

 

【コース料金】

  • 高3大学入試特別対策クラス:20,370円/月
  • 中1〜高2クラス:15,741円/月

入会金24,074円

※上記の金額は全て税抜き表記で、2019年6月28日時点のものです。

【教室】

住所:東京都渋谷区桜丘町5-2 

アクセス:渋谷駅より徒歩10分

 

吉田塾(池袋)

東京池袋の受験英語塾「吉田塾」

(出典:http://yoshidajyuku.com/)

駅チカ【△】見学・説明会【×】授業体験【〇】駐輪場【〇】自習室【〇】振替え【〇】夏期講習【〇】

 

「吉田塾」は東京・池袋の受験塾で、担当講師が個別・少人数クラスで卒塾まで指導、予習復習サポートや進路相談も手厚く、しっかりと志望校合格に導きます。

自学自習や学校の宿題、予習復習の正しいやり方を教えてくれるので、塾外での学習も心強い。

早慶、SMART(上智・明治・青山学院・立教・東京理科大)、MARCH(法政)、医学部、国立など、合格実績も多数。

 

【コース料金】

  • 個別指導(マンツーマン):48,000円
  • 少人数制(最大3名クラス):24,000円
  • 少人数制(最大10名クラス):12,000円

入会金20,000円

※上記の金額は全て税抜き表記で、2019年6月28日時点のものです。

【教室】

住所:東京都豊島区南池袋2-10-3齋藤ビル2階

アクセス:池袋駅より徒歩7分/東池袋駅より徒歩7分/雑司ヶ谷駅より徒歩5分

 

東京英語塾(秋葉原)

東京秋葉原の受験対策「東京英語塾」

(出典:http://tokyoeigojyuku.com/)

駅チカ【〇】見学・説明会【×】授業体験【〇】駐輪場【-】自習室【-】振替え【〇】夏期講習【〇】

 

秋葉原にある「東京英語塾」は、音読によって正しい文法定着と高い語彙力を身につけ、志望校への”現役合格”を目指す英語専門の塾です。

医学部や東大合格レベルの英単語8,000語の習得を目標に指導してくれます。

本気の生徒が集まるため、授業スピードは速め。高校2年生以上で、中堅私大・国公立・MARCH・早慶上智・難関国立大を志望する受験生が対象です。

 

【コース料金】

通常授業週1回+音読補習週2回:24,940円/月

入会金:無料

教材費:8,000円

※上記の金額は全て税抜き表記で、2019年6月28日時点のものです。

【教室】

住所:東京都千代田区神田佐久間町3-34-1 ヒロコートアキハバラ101

アクセス:秋葉原駅より徒歩4分

 

池田英語塾(吉祥寺)

東京吉祥寺の受験対策「池田英語塾」

(出典:http://reading-pro.net/)

駅チカ【〇】見学・説明会【△】授業体験【〇】駐輪場【-】自習室【-】振替え【〇】夏期講習【-】

 

東京・吉祥寺の「池田英語塾」は、予備校トップレベルの高評価を受ける塾長による完全個別授業が評判の英語専門スクールで、とくに長文読解が苦手な受験生におすすめです。

スラッシュリーディング技法を身につけ、リーディングや長文読解のスピードアップを目指します。

合格まで徹底したサポートが魅力で、24時間いつでも講師にメール相談できます。動画の講義もあり、オンライン学習が可能です。

医学部や薬学部、獣医学、理工学部など、文系・理系問わず幅広い大学入試に強い英語塾です。

 

【コース料金】

  • 1対1指導(90分×月4回):36,000円/月
  • 1対1指導(月4回未満):11,000円/回

入会金36,000円

※上記の金額は全て税抜き表記で、2019年6月28日時点のものです。

【教室】

住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1−11−30

アクセス:吉祥寺駅より徒歩3分

 

受験対策英語塾ENGLISH-X(目黒)

目黒の英語塾ENGLISH-X

(出典;https://englishx.jp/)

駅チカ【〇】見学・説明会【×】授業体験【〇】駐輪場【-】自習室【-】振替え【〇】夏期講習【〇】

 

東京・目黒の受験対策英語塾「ENGLISH-X」は、東大・早慶上智・MARCHなど志望大学別に入試対策が可能で、受験の先にある「英語で考え、発信できる力」を育成してくれます。

塾長は指導歴10年以上で、今まで1万人以上の指導経験があります。自らも数々の英語コンテスト等で受賞する実績を持ちます。

生徒に寄り添った指導が評判で、一人一人の弱点や課題に合わせた個別カリキュラムを作成してくれます。

英語4技能に加えて「考える・共有する・発言する・行動する」を組み込み、実践的な英語力を身につけます。

 

【コース料金】

  • マンスリープラン(月4回):50,000円/月
  • フリープラン(1回90分):15,000円/回

入会金50,000円

※上記の金額は全て税抜き表記で、2019年6月28日時点のものです。

【教室】

住所:東京都目黒区下目黒2-20-22

アクセス:目黒駅より徒歩7分

【関連記事】

英語塾ENGLISH-X評判・口コミ|独自調査でわかった受講効果レビュー

 

無料体験レッスンはこちら

難関大学受験対策の英語塾【ENGLISH-X】

 

日米英語学院(新宿/渋谷/池袋)

日米英語学院

(出典:http://www.nichibei-umeda.com/)

駅チカ【〇】見学・説明会【△】授業体験【〇】駐輪場【-】自習室【〇】振替え【〇】夏期講習【〇】

 

「日米英語学院」の高校生コースは、個別カリキュラムで4技能・資格検定試験の対策ができ、大学入学共通テスト(新テスト)にも対応している東京の英語塾です。

現在の英語力と志望校のレベルから70種類以上のカリキュラムを組み合わせてくれます。

レッスン形態もグループ、マンツーマンと柔軟に選ぶことができるので、スケジュールや都合に合わせやすいです。

また、日本人講師と外国人講師が在籍しており、4技能のどの分野を対策するかによって適切な講師が教えてくれます。

 

【コース料金】

  • グループレッスン(36回):180,000円
  • マンツーマン(10回)+グループ(24回):216,000円

入会金:20,000円

教材費:10,000円

※上記の金額は全て税抜き表記で、2019年6月28日時点のものです。

【教室】

新宿/渋谷/池袋

 

Triplet English School(新宿/上野/自由が丘など)

駅チカ【〇】見学・説明会【×】授業体験【〇】駐輪場【-】自習室【×】振替え【〇】夏期講習【×】

「Triplet English School」は東京都内に8校教室がある英語塾で、中学1年生レベルの基礎から大学受験レベルまで幅広いレベルの生徒を対象としています。

個別指導に力を入れており、まずは一人ひとりのレベル・弱点・課題点を分析するところからスタートします。

宿題を出さずに授業内で全て覚えさせる方針な点が英語塾の特徴です。

 

【コース料金】

週2回4時間~:33,500円/月

入会金30,000円

※上記の金額は全て税抜き表記で、2019年6月28日時点のものです。

【教室】

池袋/浅草橋/渋谷/新宿/吉祥寺/自由が丘/御徒町/蒲田

 

Z会Asteria(オンライン講座)

駅チカ【〇】見学・説明会【〇】授業体験【〇】駐輪場【-】自習室【-】振替え【〇】夏期講習【〇】

Z会Asteriaは、問題の正誤によって自分に最適な問題を出題してくれるオンライン講座です。

問題に正解すれば次の問題へ、間違った場合は復習問題へと問題をこなせばこなすほど自分に必要な勉強ができるようになっています。

英語4技能全てを勉強することができ、1回25分のオンライン英会話レッスンを月2〜6回受講可能です。

Z会の85年以上の指導ノウハウとICTを組み合わせた、新しい英語学習法です。

 

【コース料金】

オンライン英会話 月2回プラン~:5,800円/月~

※上記の金額は全て税抜き表記で、2019年6月28日時点のものです。

【教室】

オンライン受講

大学受験におすすめ東京の英語塾【合格実績・料金比較表】

今回ご紹介した、大学受験対策におすすめ東京都内の英語塾の、主な合格実績と費用を表にまとめました。

 

塾名 主な合格実績
平岡塾 東京大学理科三類、理科一類、文化一類
吉田塾 京都大学、日本医科大学医学部、慶応義塾大学、早稲田大学、上智大学、青山学院大学、明治大学、法政大学、学習院大学
東京英語塾 早稲田大学、慶応義塾大学、中央大学、明治大学、立教大学、埼玉医科大学、帝京大学医学部、千葉大学
池田英語塾 東京医科大学、早稲田大学、慶応義塾大学、千葉大学、東京理科大学、中央大学、首都大学東京、青山学院大学、津田塾大学
ENGLISH-X 早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学、学習院大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学
日米英語学院 未公開
Triplet English School 東京大学、早稲田大学、慶応義塾大学、法政大学、麻布大学獣医学部、明治薬科大学、東京工業大学、中央大学、立教大学
Z会 Asteria t東京大学、京都大学、一橋大学、東京工業大学、北海道大学、東北大学、上智大学、立教大学、津田塾大学、青山学院大学

次に、東京の大学受験英語塾を料金で比較してみましょう。

塾名 月額料金 入会金
平岡塾 20,370円 24,074円
吉田塾 12,000円〜 20,000円
東京英語塾 24,000円 無料
池田英語塾 36,000円 36,000円
ENGLISH-X 50,000円 50,000円
日米英語学院 20,000円 20,000円
Triplet English School 33,500円〜 30,000円
Z会 Asteria 5,800円〜 無料

※上記金額は税抜き表記、2019年6月28日時点の情報です。

2020年度から変わる大学入試センター試験概要

東京でおすすめ大学受験英語塾の比較

センター試験が廃止、大学入学共通テストがスタート

従来の「大学入試センター試験」が撤廃され、2020年度(2021年1月)から「大学入学共通テスト」の導入が始まります。

文部科学省の中央教育審議会が行った答申に基づくもので、「変化の予測が困難な時代の中で、新たな価値を創造する力」の育成に必要な学力を評価するために実施されます。

これまでの入試で評価されていた「知識・技能」に加え、新たに「思考力・判断力・表現力」も問われるようになります。

高校の授業内容への理解度を今まで以上に深めていく必要があります。

 

【ココがPoint!】

センター試験の撤廃による”英語科目での変更点”を簡単にまとめると、従来の「リーディング」「リスニング」に「スピーキング」「ライティング」分野の出題が足され、4技能の対策が必須となります。また、英検やGTECなど民間の資格・検定試験の結果も利用できます。

国語・数学科目で記述式問題を導入

センター試験はすべてマーク式でしたが、大学入学共通テストでは国語と数学科目の一部で記述形式の問題が出題されます。

会話文や各種資料・データを読み込んで解答する問題なので、長文読解力や思考力が問われます。

 

2024年度からは、理科と地歴・公民科目でも記述形式が採用されることが検討されています。

※最新情報は(独)大学入試センターの公式サイトでご確認ください。

英語科目は4技能評価へ、民間の資格検定試験が活用可能

大学入学共通テストでは実用的な英語スキルを評価するために、英語科目で「読む・書く・話す・聞く」の英語4技能が求められます。

センター試験では「読む・聞く」のインプットスキルを主に問われていたので、新たな対策が必要です。

また、民間の資格・検定試験を活用することができます。

民間試験の結果で、大学入学共通テストに点数加点されたり優遇されたりする大学もあるので、外部試験の併用もおすすめです。

 

【関連記事】

【大学入試を有利に】共通テストで選ぶべき英語の民間資格試験と対策法

まとめ:東京の大学受験英語塾で第一志望合格を目指そう!

2020年度(2021年1月)から、日本の英語教育改革が本格的に始まります。

大学入試の英語科目では英語4技能が評価されるようになるため、受験生の入試対策にも「変化」が求められます

早い段階から英語を得意にしたい方、苦手分野を克服したい方、浪人せず第一志望に合格したい方は新テストに対応した専門の英語塾がおすすめです。

あなたにおすすめの関連記事