英検対策でおすすめの学習塾11選<合格実績で評判の東京校>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
英検対策でおすすめの塾・予備校まとめ

英検は4技能を測定する英語資格試験で、進学や海外留学、就職・転職、公務員試験等で優遇されるメリットがあり、近年国内での受験者が増加しています。

英語教育の一環として子供のうちから英検の勉強に取り組む方も多く、難易度の高い英検準2級や2級、準1級以上の合格実績で有名な英検塾が東京にたくさんあります。

今回は、英検準2級以上の合格実績でおすすめの英検学習塾を比較してまとめました。(東京の教室ほか、オンライン授業対応校も多数あります)

(記事更新日:

目次

英検対策の学習塾・予備校の料金相場

英検対策塾の料金相場は、講師と1対1の個別指導、マンツーマンレッスンの場合1回あたり税込7,700~11,000円程です。

集団授業のグループレッスンは受講費用がより安くなります。

英検対策塾のなかには英検の級によって料金が変わるスクールもあり、レベルが上がるにつれて金額も高額になります。

入学金は税込33,000円が一般的です。

 

教材費や月額システム管理費などが別途必要な場合がありますので、英検対策塾に事前にお問い合わせされることをおすすめします。

英検対策の学習塾・予備校の比較表<東京のおすすめ校を厳選>

塾名 対象年齢 対応級 受講方法 授業形態
アルプロス 中学生~ 準2級以上 教室通学、オンライン 個別指導
ブラスト英語学院 中学生~ 5級以上 教室通学、オンライン 個別、集団授業
4技能英語塾キャタル 小学3年生~ 5級以上 教室通学 半個別指導
日米英語学院 小学生~ 5級以上 教室通学、オンライン 個別、集団授業
ベルリッツ 小学生~ 3級以上 教室通学、オンライン 個別指導

 

英検対策塾は下級合格を目指す小学生向けの塾と、上級合格を目指す中高生以上を対象とした塾に分かれている印象を受けます。

難易度の高い級や英検二次試験の対策を目的としたコースは、個別指導のマンツーマンレッスンで受講するケースが多くなっています。

生徒一人ひとり違う苦手分野の克服に向け、最適な学習ペースで、集中的な英検対策が可能です。

 

英検塾ピックアップ!

今回おすすめ校として挙げた5校のうち、とくに「アルプロス」と「ブラスト英語学院」は英検に豊富な実績があり、評判が高い東京の英語塾として有名です。

また、「ベルリッツ」は英会話スクールの強みを生かした英検二次試験対策がおすすめです。

英検対策の学習塾・予備校のおすすめの選び方

英検対策塾・予備校の選び方

英検塾・英検予備校は講座内容で選ぶ

英検塾や英検予備校では、基本的に英検の試験内容や目指したい級に合わせたスコアアップ対策のレッスンを行います。

英検対策を通じて、英語4技能「読む・書く・話す・聞く」自体も段階的にスキルアップすることができます。

 

英検対策講座はグループレッスンをイメージされる方が多いかと思いますが、なかには生徒一人一人のレベルに合わせたマンツーマンレッスンでの個別指導に強い英語塾もあります。

 

英検塾・英検予備校は講師の質で選ぶ

英検塾・英検予備校の講師は、英会話教室の講師とは違い、英検対策を専門で教えているケースが多いです。

講師自身が英検1級を持っていたり、元英検の面接官をしていたりと英検に精通しているプロ講師が教鞭を執ります。

 

英検塾・英検予備校の料金相場で比較して選ぶ

英検塾・英検予備校の対策コースの受講料金はピンからキリです。

今回ご紹介する英語塾の例で言うと、一番安いところで月謝5,400円、一番高いところで月謝計算40,000円といった感じです。

受講費用が安ければ良いというわけではないので、レッスンの質と料金を比較してバランスの良い英検スクールを選ぶのをおすすめします。

 

英検対策は塾と独学、どっちがおすすめ?

独学とスクーリングの英検対策の違い

対策は英検塾と独学どちらが良いかは、受験者の性格や勉強スタイル、目指しているレベルなどによってどちらが良いか変わってきます。

大まかな特徴として、独学でかかる費用はテキスト代だけなので安い反面、自分で勉強しなければならないため非効率な場合が多く、合格率はあまり高くないです。

一方、英語塾や予備校での英検対策は、独学に比べ費用はかかりますが、専門のプロ講師の指導で効率良く勉強できるので、合格率が高い傾向があります。

 

【独学がおすすめな人の特徴】

  • 出来るだけ勉強費用を抑えたい
  • 一人でも継続してコツコツ勉強できる
  • 英語の実力が高く自分の勉強スタイルを確立できている

【塾・予備校がおすすめな人の特徴】

  • なんとしてでも合格させたい
  • 一人では勉強せずに遊んでしまう
  • 英語のレベルが低く、自分では勉強法すら分からない
  • 短期間で効率的に合格させたい

英検対策の学習塾・予備校でおすすめの東京校

東京の教室通学、通わずご自宅からオンライン授業で学べるおすすめの英検塾・英検予備校をおすすめ順にまとめました。

筆者自身がレッスン体験や取材、複数校の情報比較などを通して、本当におすすめできるスクールを厳選してご紹介します。

英検塾・英検予備校選びのご参考になれば幸いです。

アルプロス(英検1級~準2級対応)

ALPROS(アルプロス)の英検対策コース

対象年齢 中学生、高校生、大学生、大人
対象レベル 準2級、2級、準1級、1級
教室エリア 東京(新宿)、オンライン授業
コースと料金 英検対策プライベートレッスン(50分):1回9,900円〜
他必要料金 入会金33,000円 + 教材費

※税込価格です。

 

アルプロスは英検対策でも評判の東京の英語塾で、英検準2級以上の合格をマンツーマンレッスンの個別指導で徹底サポートします。

受講生に合わせたオーダーメイドカリキュラムと、英検を熟知したプロ講師が完全個別指導でサポート。短期集中で英検合格を目指します。

英検一次試験対策は第二言語教授法のスキルを持つ日本人講師が担任し、英検二次試験対策ではネイティブによる指導もできます。

日本人講師は有名大学での講義や大手企業研修など、経験が豊富!

専門的なテスト対策から語彙・文法、読解、英作文など英検に必要な英語基礎までしっかり身につきます。

 

資格試験対策・アカデミック英語教育にも力を入れており、国内・海外の難関大学進学(留学)の実績が多いのも特徴です。

模擬試験の実施やライティングの添削、個別相談は随時行っています。

確かな合格実績の裏には、挫折しづらい英語学習をサポートする「二人三脚」の指導力があります。

 

英検対策はプライベートレッスンでの受講ですが、英検準2級・2級・準1級以上の合格を目指している方、同じ級に何度も挑戦して悩んでいる方には「ベーシック英語4技能プログラム」もおすすめです。

ハイグレードな英検合格に必要なアカデミック英語の基礎を学ぶことができます。

 

資料請求&無料体験はこちら

短期集中の総合英語学校【アルプロス】

 

大学入試制度「英語外部検定利用入試」の準備を始める中学生・高校生向けのプログラムも続々開講しています。

難易度の高い英検1級・準1級・2級の合格、そして志望校合格を目指して、短期集中英語学校の個別指導をぜひご活用ください!

アルプロスのオンライン授業

教室通学が難しい方はオンライン受講も可能!

無料の音声通話ツールと独自システムを活用し、通学と変わらない学習環境を提供しています。

 

資料請求&無料体験はこちら

短期集中の総合英語学校【アルプロス】

 

ブラスト英語学院(英検1級~5級対応)

ブラスト英語学院

対象年齢 中学生、高校生、大学生、大人
対象レベル 英検5級、4級、3級、準2級、2級、準1級、1級
教室エリア 東京(渋谷表参道、新宿)、オンライン授業
コースと料金
  • 英検本コース(準1級、2級):全10回71,500円~(1回70分~90分)
  • 英検基礎固めコース(準1級、2級):全10回71,500円
  • プライベートレッスン(1級~5級):1回8,800円~(1回60分)
  • プライベートレッスン(2次試験対策):1回8,800円~(1回60分)
  • 夏期/冬期講習:全12回4日間66,000円

※英検本コースにはプライベートレッスン2回分含み、一次試験合格者はさらに2回分プレゼント
※プライベートレッスンでも受講8回以上で英作文受け放題無料
※直前対策価格あり

他必要料金 入会金無料・教材費別

※税込価格です。

 

ブラスト英語学院は英検1級を取得、大学で指導経験のある日本人バイリンガル講師が個別指導する東京の英検塾です。

なかでも英検準1級・英検2級の対策塾として合格実績が評判で、中学生や高校生から社会人まで幅広い年代の受講生が通っています。

初級~上級レベルの目標を持つ方まで幅広く対応しています。

 

英語4技能の基礎知識を広く浅く学ぶのではなく、英検合格、資格検定試験で満点レベルを目指す専門性の高いスクールです。

プライベートレッスンでは英検二次試験のスピーキング対策も行っています。

また、試験直前対策や多忙な方向けに、レクチャー部分に特化して学習内容を凝縮した英検の短期間講座(夏期講習、冬期講習)もあります。

本番形式の模擬演習を解き、実践的に鍛えていきます。

 

当校最大の魅力は英作文満点講師による「英作文添削の受け放題」制度で、つまずきやすいライティングテストも短期間で苦手克服が可能です。

英検直前対策をしたい方、英検準1級・英検2級に挑戦したい方、合格率の高い英検塾を探している方に是非おすすめのスクールです。

 

無料の個別相談・体験はこちら

体験レッスン参加特典あり

英検対策【ブラスト英語学院】

入会特典

コース受講でプライベートレッスン2回分無料、個別相談、英作文添削受け放題

英検一次試験合格者にはプライベートレッスン2回を無料でプレゼント!

さらに、無料体験レッスン参加者限定でブラスト英語学院「英検本コース」の受講料金が5,500円値引になります。

 

▼ご参考にどうぞ

《講師紹介:学院長 中野講師》

独学で英検1級とTOEIC990点満点を同時取得し、数々の有名トップ大学で英語試験対策の教鞭を執るなど、「日本人特有の英語の悩みが分かる講師」として高く評価される。現役で英語試験を受験し続け、最新の試験傾向を熟知。国内で唯一英検準1級の解答速報が出せる英語塾の塾長。

 

無料の個別相談はこちら

体験レッスン参加特典あり

英検対策【ブラスト英語学院】

 

英検準一級、英検二級の夏期講習

ブラスト英語学院では通常約3ヶ月の授業を6日間に凝縮した夏期限定、短期集中の英検対策講座を8月頃から開講しています。(東京教室、オンライン授業対応)

英検の問題演習を中心に各パートの解き方や英文法解説、講座終了後から本番試験までの1ケ月でやるべき自宅学習をレクチャーします。

日本人が苦手なライティングの添削も受けられます。英検一次試験合格者には二次試験の面接対策としてプライベートレッスンが無料プレゼントされます。

 

2019年第3回英検準1級合格者の声(Uさん/社会人)

ブラスト英語学院の良かった点は自分に合った解き方を提示して下さった事です。リスニングがどうしても苦手だったので,その状況を受けて,リーディングやライティングで何点取るべきかを具体的に教えて頂き「今の自分でも何とかなるのではないか」と自信を持って挑むことができました。(中略)学院では担当の先生が私の力に合わせて御指導して頂き,毎週の英単語テストやライティングの添削メールを重ねる中で褒めて頂いた事で日に日に自信が出来てきました。

 

【夏期講習の料金】

  • 英検準一級の講座:全6日間60,500円
  • 英検二級の講座:全6日間55,000円

《入会金は無料》

 

英検夏期・冬期講習の個別相談

英検対策【ブラスト英語学院】

 

4技能英語塾キャタル

英語塾キャタル

対象年齢 小学生(小学3年生~)、中学生、高校生
対象レベル 英検5級、4級、3級、準2級、2級、準1級、1級
教室エリア 東京(渋谷、自由が丘、二子玉川、池袋、吉祥寺)
コースと料金 レギュラーレッスン3時間+フォローアップ1時間(通い放題):月額52,800円
他必要料金 システム管理費 月額3,666円+入会金27,500円

※税込価格です。

 

英語塾キャタルは学校教育で重視される英語4技能「読む・聞く・書く・話す」力が身につくコーチング型の子供英語塾で、英検や受験、留学などの目標・レベルに合わせたオリジナルカリキュラムで学びます。

コーチングとは生徒一人ひとりの進捗を細かく把握し、適切な学習計画やアドバイスを行う指導法です。

 

英検対策にも効果的な、ライティングスキル向上に着目した「Rewrites」レッスンではイェール大学やハーバード大学など海外一流校の学生から直接英文指導を受けることが可能です。

試験1ヶ月前には「英検受験準備カリキュラム」で集中的に英検対策を行い、ご家庭でもオンラインの解説動画を使って問題を解く時間配分やコツをいつでも視聴できます。

 

英検1級以上の英語力を持つバイリンガル講師が楽しく実践的なレッスンで世界基準の英語を教え、成功体験の積み重ねで人間力から育てていきます。

英語を楽しく学び続けられる工夫がされ、自然と自発的に勉強するようになり、英語に触れる時間がどんどん増え、それが習慣化されていきます。

英語4技能のインプット・アウトプットを繰り返すことで、バランスの良い英語スキルが身につきます。

 

小学生のお子さんが英検2級以上に合格された実績も多数あります。

《生徒の声》

N.Yさん(中学1年)

「英語は手段。好きなことを通じて楽しく身につけています」

キャタルに入った当初は完全な英語初心者でしたが、今では長い文章も読めるようになりました。私は本が好きで、本を読んでいる時は単語の意味をちゃんと理解するということを大切にしています。最近では英英辞書の説明を読むと、その単語の意味を想像できるようになってきました。またライティングは、書けば書くほどマルがもらえる機会が増えるので、それがモチベーションに繋がっています。
英語は手段であると思っています。将来は医者になり、英語力を活かして日本の医療技術を世界へ発信できる大人になりたいです。

(出典:キャタル 

 

\ まずは無料体験レッスン! /

子供英語塾【キャタル】 

 

ベルリッツ(英検3級~1級対応)

ベルリッツの英検短期集中コース

対象年齢 小学生、中学生、高校生
対象レベル 英検3級~
教室エリア 東京(赤坂、赤羽、市ヶ谷、上野、大手町、お茶の水、表参道、吉祥寺、三軒茶屋、品川、自由が丘、新宿、池袋、成城、立川、多摩、調布、中目黒、日本橋、練馬、目黒、有楽町、六本木)
コースと料金 英検2次面接 直前対策マンツーマンコース(平日10レッスン):72,840円
他必要料金 入会金33,000円+別途、教材費

 

ベルリッツの英検マンツーマンレッスンでは、得点アップにつながる二次試験面接スキルを習得後、本番さながらの緊張感で模擬面接の練習を繰り返します

グレードの高い英検二次試験では、試験管への回答態度や積極性まで身につける必要があり、コミュニケーション面での評価点を狙っていきます。

 

また、英検試験直前でも間に合う、1日単位から受けられる短期プランも用意されています。

割引やプレゼント特典など、随時お得な入会キャンペーンを行っていますので、ぜひチェックしてみてください。

 

\ 公式サイトで無料体験! /

≫【ベルリッツ】≪

 

Z会グループ大学受験ディアロ

Z会グループの大学受験ディアロ

対象年齢 中学生、高校生
対象レベル 英検5級~
教室エリア 東京(巣鴨、亀戸、桜新町、早稲田、三軒茶屋、茗荷谷、水道橋、新小岩、三鷹)、千葉、横浜、武蔵浦和など
コースと料金 資格・検定対応コースの料金は教室により異なる
他必要料金 要問い合わせ

 

「大学受験ディアロ」はZ会グループの英語塾で、英検など「資格・検定対応コース」では、外国人講師とのオンライン英会話や英作文の添削指導などで4技能が効果的に身につきます。

ディアロは「栄光ゼミナール」と「Z会」の合資会社で、トレーナーが学習進捗や理解度を確認してアドバイスをくれる点も「大学受験専門塾」の強みです。

タブレット教材の映像授業は見放題。英検アプリでは実践的な英検対策を行えます。

2021年から始まった大学入試の新テスト形式にも対応しており、中学生・高校生のお子さんがいらっしゃる親御さんに人気です。

 

\ 公式サイトで無料体験! /

≫【“21世紀型学力育成”大学受験ディアロ、無料体験! 】≪

 

日米英語学院(英検1級~5級対応)

日米英語学院

対象年齢 小学生、中学生、高校生
対象レベル 英検5級、4級、3級、準2級、2級、準1級、1級
教室エリア 東京、大阪、京都、兵庫
コースと料金

英検短期プラン(英検1級~5級)

グループレッスン(55分週1回×3ヶ月):88,000円

英検実践プラン

  • グループレッスン(55分週1回×12ヶ月):316,800円
  • グループレッスン(55分週2回×6ヶ月):316,800円

英検プライベートレッスン

  • 40分20回~(5ヶ月~):198,000円~
他必要料金 入会金22,000円+教材費

※税込価格です。

 

日米英語学院の特徴は、『個人別カリキュラム』を作成している点です。

文法が苦手な子もいれば、リスニングが苦手な子もいます。

初回のカウンセリングでお子さんの目標や希望をヒアリングし、レベルチェックテストを行い、現状のレベルから目標達成するまでの最適なカリキュラムを提案してくれます。

一人一人に合わせたレッスンを行うことで、英検合格率も高水準です。

英検の合格率は級が上がれば上がるほど低くなり、1級・準1級は特に難関とされていますが、日米英語学院の受講生の合格率は1級で31%、準1級で33%です。

2級が49%、準2級が65%、3級が75%と高い合格率を出しています。

 

公式サイト:日米英語学院「英検コース」

 

英検アカデミー(英検2級~5級対応)

英検アカデミーの英検対策コース

対象年齢 小学生、中学生、高校生
対象レベル 英検5級、4級、3級、準2級、2級
教室エリア 東京、埼玉、神奈川、千葉、大阪、兵庫、京都、奈良、愛知
コースと料金
  • 私立小学生コース
  • 公立小学生コース
  • 私立・国立中学生コース
  • 公立中学生コース
  • 高校生コース

※料金は各教室に資料請求をすることで確認できます。

 

英検アカデミーの特徴は講師のレベルの高さです。

講師は、TOEIC満点取得者や英検1級保持者、元英検の面接員、有名進学塾・予備校の現役・元講師等、多数の実績を持つ講師がお子さんを直接指導してくれます。

また、レッスンは1対1のプライベートレッスンか、講師1人対生徒3人のセミプライベートレッスンを選ぶことが出来ます

プライベートレッスンの場合、集中して勉強ができますし、通う時間も自由なので勉強時間を確保しやすいレッスンが受けられます。

講師と二人きりだと緊張するという場合はセミプライベートレッスンがおすすめです。

 

公式サイト:英検アカデミー

 

ECC外語学院(英検1級~準2級対応)

対象年齢 中学生、高校生、大学生、大人
対象レベル 英検準2級、2級、準1級、1級
教室エリア 東京(新宿、池袋、銀座、目黒、大井町、赤羽、錦糸町、二子玉川、田町、北千住、吉祥寺、八王子、国立、立川、調布、田無、町田)、オンライン授業
コースと料金

英検直前対策コース

  • 【準2級】一次試験対策:週1回120分 全6回33,000円/二次試験対策:週1回180分全2回16,500円
  • 【2級・準1級】一次試験対策:週1回180分 全4回33,000円/二次試験対策:週1回180分全2回16,500円
他必要料金 入会金22,000円

※税込価格です。

 

ECC外語学院の英検直前対策コースでは試験の問題形式に慣れ、早く正確に問題を解くコツを身につけます

目標級の合格に特化した実践型のカリキュラムとなっており、的確な解答スキルを磨いて情報処理速度を上げていきます。

英検の最新の出題傾向を熟知するエキスパート講師による少人数制レッスンで、短期集中での英語力アップを目指します。

 

公式サイト:ECC外語学院「英検対策コース」

 

個別指導塾ベストワン (英検2級~5級対応)

対象年齢 小学生、中学生、高校生
対象レベル 英検5級、4級、3級、準2級、2級
教室エリア 東京(三ノ輪、千石、根津、田端新町、巣鴨、亀有、本所吾妻橋、平井、西葛西、清澄白河、東陽町、砂町、武蔵小山、大岡山、中野、世田谷、野方、早稲田、新宿、三鷹、武蔵小金井、西調布 等)、オンライン授業
コースと料金 英検対策コース・短期直前対策コース(受講料はコースによって異なる)
他必要料金 コースによって異なる

 

個別指導塾ベストワンは目標の級に合わせた教材とレッスン内容で合格に導きます。

英検5級~小学生から対象としたコースでは録音機能付き音声ペンを用いて、絵とストーリーで英語表現を楽しく学習し、ネイティブの発音を身につけていきます。

基本文型を取り入れた後は問題演習や実際の英検形式の問題に挑戦。個別指導塾ベストワンの英検3級対策からは二次面接対策も行います。

また、英検準2級・2級のハイグレードなクラスでは「単熟語完成BOOK」で合格に必要な語彙量を習得し、「直前対策BOOK」で英検形式の問題を解いて実践力を身につけます。

 

個別指導塾ベストワンの英検対策コースには英検塾には珍しい「英検合格保証制度」があるので、着実に英検合格を目指すことができます

 

公式サイト:個別指導塾ベストワン「英検対策コース / (短期)直前対策コース」

 

ESA英語専門塾・予備校(準1級~2級対応)

対象年齢 小学生、中学生、高校生
対象レベル 英検2級、準1級
教室エリア 東京(目白、自由が丘)
コースと料金
  • 小学生コース:24,200円
  • 中高生コース:準1級33,000円/2級26,400円
他必要料金 入会金16,500円+教室維持費月額3,300円

※税込価格です。

 

ESA英語専門塾・予備校の英検対策講座の大きな特徴として、演習問題に取り組むだけではなく、独自メソッドで根本的な英語力が伸び、難関校の入試問題も解けるようになる点です。

ESAでは英検2級、準1級の指導を小学生・中学生・高校生向けクラスで編成しています。

小学生向け英検準2級対策コースは、海外帰国後やインターナショナルスクールに通学している等の小学5~6年生対象です。

英検ほか難関校受験指導も担当する講師が指導にあたり、幼児・児童を現地の子どもと一緒にプリスクールで学ばせる短期留学を手配した経験があるので留学事情にも精通した講師です。

 

英検準1級・2級コースでは単語・熟語の効率的な覚え方や頻出英文法の習得、長文読解力や解答の仕方、英作文(エッセー形式)の指導、苦手な方が多いリスニング力が上がるコツ、さらに英検面接官から高評価をもらえるスピーキング法などを学びます。

 

公式サイト:ESA英語専門塾・予備校「英検準1級・2級コース」

 

TRAアカデミー(英検1級~準1級対応)

TRAアカデミーの英検対策コース

対象年齢 小学生、中学生、高校生、大学生、大人
対象レベル 英検準1級~1級
教室エリア 東京、大阪
コースと料金

ALL DAYコース

  • 6時間×3日間~:129,800円~

2時間コース

  • 2時間×6回~:95,700円~

1日スペシャルコース

  • 6時間×1日~:42,900円
他必要料金 入会金無料、教材費2,200円〜11,000円

※税込価格です。

 

TRAアカデミーの特徴は、英検対象レベルが1級と準1級に特化している点です。

難関レベルを目指している人を対象にレッスンを行うので、レッスンのレベルも高いですが、英検1級や準1級に特化している分、合格するために必要なレッスンをしっかりと行ってくれます。

レッスンが短期集中なので、試験前のラストスパートで利用したり、お子さんが部活や他の勉強で忙しい方にもおすすめです!

 

公式サイト:TRAアカデミー「英検1級・準1級対策特化コース」

英検塾と併用がおすすめ!二次試験対策にはオンライン英会話

オンライン家庭教師TCK Workshop

オンライン家庭教師TCK Workshop

オンライン家庭教師TCK Workshopは英検1級の合格実績が多く、当塾の英検対策コースでは個別指導で生徒の課題・目標に最適なレッスンを受けられます。

指導内容はもちろん、レッスン頻度や時間数、教材などをオーダーメイドで対応してくれます。

在籍する講師の大半が帰国子女で指導経験豊富。社会人の先生の他、東大や慶応、早稲田など難関大学卒業生が担当するのも特徴です。

TCK Workshop英検ライティング添削講座で弱点を集中的に克服できます。

 

【料金】

英検ライティング添削講座:プロ講師118,800円~+ 入会金無料

※英検2級・準1級、1級を目指す方向けです。

※運営維持管理費は別です。税込価格。

 

TCKの英検ライティング添削講座はココがすごい!

英検1級にも対応したオンライン添削講座で、英検2級・準1級の講座には小中学生にもわかりやすい書き方から学べるビデオ付きです。

プロ講師が合格ポイントをまとめたオリジナルテキストを使用。

英検の採点基準「構成/内容/語彙/文法」の4項目別に丁寧に添削します。

やりっぱなしにしない、再提出する「書き直し添削」制度によってライティングスキルが身につきます!

 

英検の英作文は「英借文」とも言われ、キレイな英文を見て表現を覚えて使えるようになることが重要です。

プロ講師直伝のサンプル答案付きで知識を定着させていきます。

また、進捗シートが提供されるので親御さんも一目でお子さんの課題提出状況が分かって安心です。

 

公式サイトで詳しく見る

TCK Workshop 英検ライティング添削講座

 

mytutor

mytutor(マイチューター)

mytutorの英検対策コースは、英検準1級~5級の一次試験対策コースと、英検1級の英作文・面接対策コースがあります。

生徒一人ひとりの苦手克服に向けて、定期的にレベルチェックテストを実施します。

また、テストの出題傾向を分析して作られた独自のテキスト、過去問などで包括的に資格検定試験対策をしていきます。

オプションとして、ボキャブラリーの習得や添削付きの英作文指導、2次試験の面悦対策、スピーキングテスト対策など実践的な練習もできます。

 

【料金】

  • 25分×50レッスン:29,800円
  • 25分×100レッスン:49,800円

※税込価格です。

 

オンラインで無料体験

≫【公認英語講師が担任制で教える 児童向けオンライン英会話 】≪

 

ベストティーチャー

ベストティーチャー

ベストティーチャーの英検対策コースは、旺文社出版の英検対策本をもとに、英作文と二次試験の面接、通常の英会話レッスンを受講できます。

英検1級・準1級・2級・準2級・3級に対応しており、実践的に予想問題を解きながら実力をつけていくことができます。

PayPalでのお支払い方法も選べるため、より手軽に苦手分野の勉強ができておすすめです!

 

【料金】

英検1級・準1級・2級・準2級・3級対策コース:各16,500円

※税込価格です。

 

ハッチリンクジュニア(小学生~中学生向け)

ハッチリンクジュニア

ハッチリンクジュニアは、日本人講師から日本語で丁寧に英検対策レッスンを受けられる、人気の子供専用オンライン英会話塾です。

お子さんのレベルに合わせて、ABCの授業、歌、英語ゲーム、本格的な英語4技能(リスニング・リーディング・ライティング・スピーキング)まで幅広く対策できます。

英検対策のオリジナル英語教材を多数用意しており、無料でPDFファイルもダウンロード可能です。予習復習にも便利ですね。

〈 対応可能な級 〉

5級(筆記試験、リスニング)/ 4級(筆記試験)/ 3級・準2級・2級 (筆記試験、面接対策)

 

【料金】

  • エンジョイコース:月4回3,146円~

※税込価格です。

 

無料体験レッスン♪

≫【オンライン英会話ならハッチリンクジュニア 】≪

 

リップルキッズパーク(小学生~中学生向け)

リップルキッズパーク

リップルキッズパークでは、「リップル英検」という独自の英語能力判定を設け、基礎知識の定着と学習成果を確認できるカリキュラムで、お子さんのモチベーションが続きやすい特徴があります。

リップル英検には1級・2級・3級があります。1級クリアで、実用英語検定5級に挑戦できるレベル(中学初級レベル)が目安です。

実際の日常生活で「見て」「聞いて」「使って」コミュニケーションが取れるよう、語彙力を伸ばせる工夫もされています。

また、直感的に英語を理解させたり、「なぜこうするべきなのか」を納得させたり、お子さんに合わせた指導が特徴です。

先生の音声をダウントードすることもでき、自習で英語の知識が定着しやすいプログラムです。

 

【料金】

  • おてがる週1プラン:3,122円/月~

※税込価格です。

 

まずは無料体験レッスン♪

≫【リップルキッズパーク 】≪

英検対策の学習塾・予備校を効果的に活用するコツを解説

英検対策はいつから始めるのが効果的?

英検対策をはじめるベストな時期

いつから英検対策を始めるのが良いのでしょうか?

目標や現在の英語力、1日の勉強時間によって変わってきますし、もちろん対策は早ければ早いほど効果的ではあります。

 

英検対策の塾や予備校に通って準備していくのであれば、だいたい半年ほど前から時間をかけて勉強するのが一般的です。

中には短期集中の3ヶ月ほどで対策するコースもありますが、その分1日の勉強量が増えたりするのでお子さんの負担も大きくなります。

ゆっくりコツコツ対策したい方は1年間かけてじっくり対策するのも効果的です。

目標や現状の英語力、勉強スタイルやペースを考えながら、いつから英検対策を始めるか考えるのが良いですね。

 

【関連記事】

英検は大学入試英語科目にも有利って本当?

従来の英検と新方式の違いまとめ

(出典:https://www.eiken.or.jp/eiken2020/)

2020年度から、大学入試センター試験に代わり「大学入学共通テスト(新テスト)」が始まりました。

目的は「聞く」「読む」「話す」「書く」の英語4技能を評価し、英語教育の抜本的な見直しを行っていくためです。

英検はじめ、TOEICやTOEFL、IELTS、TEAPなど、23の民間資格・検定試験が”英語科目の成績”に認められます。

大学受験を控える受験生にとっては、早めの対策が第一志望大学への合格につながります

 

しかし、2019年6月下旬、国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)は、TOEIC L&R・TOEIC S&Wを大学入学共通テストからの撤廃を発表しました。

大学入学共通テストで利用できる民間試験は、現在、TOEIC除く7種類となる予定です。

※詳しくは独立行政法人大学入試センターの公式ホームページでご確認ください。

※23の民間資格・検定試験のうち、一部条件付きで認められているものもあります。

 

また、大学入学者選抜における資格や検定試験の活用をサポートする仕組みとして、「大学入試英語成績提供システム」が設けられます。

大学によって、このシステムを使った入試と使わない入試が実施されることになります。

今後は多くの大学でこのシステムが使われた入試が増えると予想されるので、事前の情報収集と対策が必要です。

 

英検では、従来方式に加え、新たに3種類の新方式が登場しました。

従来の英検は大学入試の英語成績として対象外で、大学入試英語成績提供システムを使う場合は新方式のいずれかで受験が必要です。

 

英検新方式の比較表

(出典:https://www.eiken.or.jp/eiken2020/)

1、英検2020 2days S-Interview

実施方式は従来と変わらず、Reading / Listening / Writingは紙で受験し、Speakingは対面式の面接を別日程で受験します。

従来との違いは、1次試験である紙の試験の合否に関わらず全員が2次試験の対面式面接試験を受けれる点です。

また、年齢制限が設けられ、高校3年生限定の試験です。

 

2、英検2020 1day S-CBT

Reading / Listening / Writingは紙で受験し、Speakingはコンピューターを使った録音式で受験します。

これらの試験は1日で全て受験します。

また、受験年齢も高校3年生だけという制限がついている点も要注意です。

 

3、英検CBT

Reading / Listening / Writing / Speakingの4技能全ての試験をコンピューターで1日に受験します。

英検CBTは上記2つと異なり、年齢制限はありません。

 

新方式対応の英検対策まとめ

  • 高校1・2年生までは従来版 or 英検CBTを受験し、英語力を高める
  • 高校3年生からは大学入試英語成績提供システムを使う入試を受けるか決めよう
  • システムを使う場合、3種類の英検新方式のいづれかを受験しよう

 

英検とは?

日本英語検定協会

英検(実用英語技能検定)は、年間約230万人が受験している国内大規模な英語検定試験です。

「聞く・話す・読む・書く」の英語4技能を、筆記・リスニング・スピーキングのテストで測定し、合否を判定します。

試験は年に3回実施されています。

初級の5級から4級、3級、準2級、2級、準1級、1級まで7つの級に分かれており、身近な級から無理なくステップアップしていくことができるように構成されています。

近年では、英検によって学校進学や就職、公務員試験で優遇される機会が広がったことで重要性も増し、英検塾で専門的かつ本格的な対策を受ける方が増えています。

 

英検の一次試験・二次試験の出題内容と受け方

【英検4~5級】

リーディングとリスニングの1次試験のみ

【英検1級〜3級】

リーディング、リスニング、ライティングの1次試験とスピーキングの2次試験

 

各級のレベルの目安や出題目安は以下の通りです。

英検の級 レベルの目安 出題の目安
5級 中学初級程度 英語を習い始めた方の最初の目標。
家族のこと、趣味やスポーツなど身近な話題が出題されます。
英語の基礎固めに最適です。
4級 中学中級程度  出題形式や内容が、より実用的に。
身近なトピックを題材とした読解問題が加わります。
基礎力をぐんぐん伸ばしていきましょう。
3級 中学卒業程度  二次試験でスピーキングテスト。英語で考えを伝えましょう。
筆記試験の題材は、海外の文化など少し視野が広がります。
準2級 高校中級程度 教育や科学などを題材とした、長文の穴埋め問題が加わります。
センター試験の問題形式と共通点が多く、入試対策にも最適。 
2級 高校卒業程度  医療やテクノロジーなど社会性のある英文読解も出題されます。
海外留学、国内での入試優遇・単位認定など、コミュニケーション力が高く評価されます。
ビジネスシーンでも採用試験の履歴書などで英語力をアピールできます。
準1級 大学中級程度  エッセイ形式の実践的な英作文の問題が出題されます。
「実際に使える英語力」の証明として高く評価されています。
1級 大学上級程度  二次試験では2分間のスピーチと、その内容への質問がなされます。
カギは英語の知識のみでなく、相手に伝える発信力と対応力。
世界で活躍できる人材の英語力を証明します。

(出典:http://www.eiken.or.jp/eiken/exam/about/)

 

【英検二次試験の内容と受け方】

英検二次試験は約5~7分の面接試験です。スピーキング力を測定します。

60語程度のパッセージを音読、3コマ程度のイラストに関する質疑応答、あるトピック(日常生活など)に対して自分の意見を述べる、など。

自分の意見を述べるテーマとして、過去には、環境にやさしい素材、オンライン会議、屋上緑化、ペット産業、新しいエネルギー、サプリメントなどが出題されています。

面接官は応答内容や発音、語彙力、文法、語法、情報量、積極的にコミュニケーションを図ろうとする意欲や態度などを評価するので、これらのポイントを意識して英検二次試験に臨みましょう。

【主な場面・題材】

《 英検3級の場合 》

携帯電話、ラジオを聴く、読書週間、冬のスポーツ、朝市、四季

《 英検準2級の場合 》

ホームシアター、ボランティアガイド、電子辞書、食品フェア、映画祭、プリペイドカード

《 英検2級の場合 》

環境にやさしい素材、オンライン会議、屋上緑化、ペット産業、新しいエネルギー、サプリメント

 

※過去の出題例、一例です。

 

二次試験の面接のイメージは、英検公式サイトで確認できます。

音声付きアニメーションで、面接室の入室~退出まで実践的に感覚を掴むことができます。

【当日の流れ】

  1. 入室後、面接官に「面接カード」を渡す。
  2. 面接官の指示に従い、着席。
  3. 氏名・級の確認後、簡単な挨拶をする。
  4. パッセージとイラストが描かれた「問題カード」を受け取る。
  5. 問題1)20秒間パッセージの黙読後、音読。質疑応答。
  6. 問題2)20秒間イラストを見て、展開を説明。
  7. 問題3)面接官に問われたテーマに対して自分の意見を述べる。
  8. 「問題カード」を面接官に返して、退出。

※2次試験の会話は全て英語で行われます。

※2次試験のテスト中はメモや写真撮影、録音はしてはいけません。

質問を聞き取れなかった際に、自然な流れで聞き返す分には減点対象にはなりません。

ただし、繰り返し同じ質問や不自然な聞き返しの場合は、減点対象になる可能性があるので注意しましょう。

 

英検の試験日、申込み方法、受験料

【英検の試験日】

英検は年に3回、毎年決まった時期に行われています。

以下、開催時期の例です。

  第1回 第2回 第3回
1次試験 6月上旬 10月中旬 1月下旬
2次試験 7月上旬 11月上旬 2月下旬

 

【英検の申込み方法】

英検の申し込み方法には、3種類あります。

■ インターネットでの申し込み

  • クレジットカード(JCB・MASTER・NICOS・VISA)の一括払い
  • コンビニ現金支払(ローソン・ミニストップ・セイコーマート・ファミリーマート)
  • 郵便局ATM(Pay-easy)

でのお支払い方法から選ぶことが出来ます。

 

■ コンビニでの申し込み

指定のコンビニ(ローソン・ミニストップ・セブン–イレブン・ファミリーマート・サークルK・サンクス)の情報端末機から申し込みます。

店頭の情報端末にて必要情報を入力し、出力される「申込券」を持って、30分以内にレジにてお支払いください。

お申し込みは、申込締切日の23:59まで可能です。

 

■ 特約書店での申し込み

全国に4,200店の英検の申し込みが出来る特約書店があります。最寄りの特約書店は英検公式サイトで検索可能です。

特約書店で受験料を支払い、支払い後に書店から渡される「書店払込証書」と「願書」を専用封筒に入れて、協会へ郵送することで申し込みできます。

 

【英検の受検料】

英検の受験料は、会場によって異なります。

会場は2種類あります。英語塾や学校などの団体で申し込んだ場合は、その学校や塾を会場(『準会場』)として試験を行います。

それ以外の個人で申し込んだ人は『本会場』での受験になります。

 

区分  5級 4級 3級 準2級 2級 準1級 1級
団体申込 2,500円 2,900円 4,400円 5,400円 6,100円
個人申込 4,500円 4,900円 7,900円 9,900円 9,700円 10,700円 12,600円

※団体申込でも本会場と準会場などで料金が異なります。

 

英検の受験者状況

近年ますます『グローバル化』という言葉が叫ばれ、英語の重要性が高まっていることもあり、英検の受験者は年々増加しています。

たとえば、2016年度の受験者数は合計で300万人以上となっています。

 

これから先、英検の資格を持っていて損することは無いので、興味がある方はぜひ挑戦してみましょう!

 

英検の受験者の口コミ

【1】英検1級合格者の口コミ(50代会社員/男性)

53歳で英検1級に合格。

仕事で忙しい中でも通勤時間を使うことで学習時間を確保でき、着実な実力につながります。

読む・書く・聞く・話すの4技能の総合力がかなりのレベルまで達していないと合格にはたどりつきません。私も一次試験は3回不合格となりました。合格するためには、社会人の場合、学習時間をどう確保するかが課題となります。私は通勤時間が長いので、行きのバスの中で単語帳を使って単語の復習、電車内では携帯端末に録音した『English Express』や『English Journal』のCDを聴き、昼休みや帰りの電車内では洋雑誌(『TIME』や『BUSINESS WEEK』)を読んでわからない単語をチェックし、帰宅後に電子辞書で調べて単語帳に記入する、という勉強法をとりました。

(出典:http://www.eiken.or.jp/eiken/exam/voice/grade_1/detail_01.html)

【2】英検2級合格者の口コミ(中学2年生/男性)

高校卒業レベルの英検2級を中学1年生の終わりに合格。

小学1年生の時から英会話教室に通い、将来的に「英語を使って活躍できるようになりたい」という目標を掲げています。

英語との出会いは小学1年生でした。英会話教室で、外国人の先生と英語で会話して通じるのがうれしくて通っていました。5年生頃から本格的に英語と向き合うようになり、英検5級にも挑戦したところ、合格することができました。その後も英検への挑戦を続け、6年生で4級に合格し、中学に入ってからは、まず3級と準2級をダブル受験して合格。中学1年の終わりには、2級も受験して合格することができました。

(出典:http://www.eiken.or.jp/eiken/exam/voice/grade_2/detail_01.html)

【3】英検3級合格者の口コミ(中学3年生/女性)

中学2年生で英検3級に合格。

部活で忙しい中でも、過去問の単語を自分なりのオリジナル学習法で勉強。

チェコを訪れた経験から、今度海外に行ったらもっと現地の外国人と英会話を楽しめるように英語の勉強を続けたい、と話しています。

英検への挑戦は中学に入学してから始めました。1年生のときに5級に、2年生では4級と3級に合格して、徐々にステップアップしています。5級のときはリスニングテストが初めてのことで、聞き取りに苦労しましたが、過去問のCDを何度も聞いては答えていくうちに、英語に耳が慣れました。4級受験のときは、1、2年生で習った文法知識を使いながら、長文の意味を推測しながら読み、理解できるようになりました。

(出典:http://www.eiken.or.jp/eiken/exam/voice/grade_3/detail_03.html)

【4】英検4級合格者の口コミ(中学3年生/男性)

苦手だった英語を克服、今では英語が好きになって英検4級に合格。

将来は、両親のお店に外国人のお客さんが来ても自然な英会話ができるようになりたい、と話しています。

僕は中学に入学するまでまったく英語経験はありませんでした。中学1年の頃は、英語に苦手意識を持っていて、学校で補習も受けていました。英検5級にも挑戦したのですが、残念ながら不合格でした。

でも、2年生からは少人数制授業で、わからないことも質問しやすい雰囲気になったので、少しずつ英語の勉強をがんばろうという気持ちになりました。

英検対策の学習塾・予備校まとめ

一人ひとりに最適な英検対策

今回は英検対策におすすめしたい学習塾・予備校を厳選してご紹介しました。

学べる内容・講師の質・料金の3つを基準に、自分に合う英語塾を選びましょう。

 

英検は2020年度から始まった「大学入学共通テスト」に使える英語民間試験として、今後も受験者が増えることが考えられます。

大学受験を控える高校生さんにとって、早めの入試準備が第一志望校合格への近道ですね。

また、同年度から小学校・中学校・高校の英語教育も大きく変わります。

現行の中学生の英語授業が小学5年生から始まり、中学・高校の英語授業はすべて英語化される予定です。

 

日本の英語教育の変化へ柔軟に対応していくためにも、英検対策はじめ、専門的な勉強を自主的に行っていくことをおすすめします。

 

【関連記事】

The following two tabs change content below.

英語学校しらべ編集長

編集長・ライター
大手英会話スクールや市販教材では結果が出ず、TOEIC500点、英検3級の取得で挫折。縁あって英語事業者様への取材(数十社)やレッスン体験談をレビューする仕事に就き、英語習得における方法と学習量の重要性を知る。私生活でもフィリピン留学を経て海外移住を計画中の父から語学学校の英語漬け生活や効率的な勉強法、英会話を教わる。TOEIC再受験に向けて独学中。≫記事編集方針のご紹介
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

あなたにおすすめの関連記事

インタビュー

Liberty English Academy代表インタビュー

 

NLPE英語コーチングスクールインタビュー

 

ブラスト英語学院インタビュー

SNSでお気に入り登録♪

このエントリーをはてなブックマークに追加