【おすすめ6選】フィリピン留学にはこの学校!|エージェントを利用した学校選び

フィリピン留学でおすすめの学校

海外留学初心者さんには、他国より圧倒的に留学費用が安く、治安も良いフィリピン・セブ島が留学先としておすすめです。

また、初心者さんだけでなく、ある程度の日常英会話ができる、英語力中級レベルの方にも人気の国となっています。

では、実際にどの語学学校で英語を学べばいいのでしょうか?

今回は、フィリピン・セブ島留学で本当におすすめしたい語学学校を厳選して、特徴や費用などを詳しくご紹介します!

目次

フィリピン・セブ島留学がおすすめな理由は?

フィリピン留学のメリット

まずは、フィリピン・セブ島の特徴から、海外留学ビギナーさん&英語初級レベルな方にこそ、おすすめできる理由を考えていきましょう!

 

物価が安く、月3万円以下で生活できる

物価が安いことで、授業料だけでなく生活費もかなり抑えることができます。

月1万円あれば十分な生活ができますし、週末にリゾート地に行ったとしても、3万円あれば思い切り遊ぶことができます。

せっかく海外にいくのなら、勉強を頑張るのはもちろんですが、オフの日は好きなように遊んで、メリハリをつけて楽しんで生活したいですよね!

 

人気観光地で政府が治安維持に積極的

海外で生活するとなると、一番不安に思うのは現地の治安ではないでしょうか?

フィリピン・セブ島は人気観光地のため、政府も治安の維持に積極的。国籍の違う日本人でも生活しやすい留学場所です。

 

日本人の滞在者が多く、万が一も安心

初めての留学や、英語初心者の方は「もし英語が全く通じなかったらどうしよう」「聞き取れなかったらどうしよう」と不安に思っているはずです。

災害時や緊急時に、現地の人と全くコミュニケーションが取れないと考えてしまうと、語学を学ぶ以前に色々な心配事が出てきてしまいますよね。

しかし、フィリピン・セブ島には日本人滞在者が多く、語学学校にも常駐しているケースがあり、万が一のトラブル時に心強いです。

 

30日間以内の滞在にはビザ不要

日本国籍であれば、パスポートだけ持っているだけで、フィリピンに30日滞在することが可能です。

もし31日を超えたとしても、現地で延長することができますので、慌ててお金を用意したりする必要はありません。

 

日本から約4時間と交通の便が良い

4時間というと、新幹線で東京から広島まで旅行に行くのとほとんど同じ時間ですよね!

フィリピンへは新幹線ではなく飛行機ですが、航空券も安い時期であれば10,000円以内で済むこともあります。

他の国と比べると、圧倒的に時間もお金も削減できるので、このアクセスの良さは大きな魅力です。

フィリピン・セブ島でおすすめの語学学校6選!

ではさっそく、フィリピンで特におすすすめの学校をピックアップしたので、それぞれ比較していきます!

桐原グローバルアカデミー

ファーストウェルネスアカデミの特徴

(出典:https://firstwellness.net/environment/premium.html)

【特徴】

  • 日本人経営。日本語対応可能なスタッフ常駐。
  • セブシティ校とセブプレミアム校が選べる。
  • セブシティ校:6時間マンツーマン+2時間グループ→1週間82,000円
  • セブプレミアム校:8時間マンツーマン→1週間98,000円
  • 留学期間中に、追加料金なしでTOEICコースに変更可能
  • 講師の変更希望に迅速に対応してくれる
  • 講師は英語講師歴5年以上、または英語講師資格取得者のみ
  • 学校施設、宿泊施設ともにホテルと併設で安全
  • 土日にもレッスンを受けられる
  • TESDA認定校

 

桐原グローバルアカデミーは、日本人経営の学校です。

フィリピン留学中、気持ちに変化が生まれて「もっと本格的に学びたい」「放課後の時間をもっと楽しみたい」と思ったら、費用に関係なくコース・講師変更に柔軟に対応してくれます。

講師は厳しい基準で採用された優秀な人材で、授業のクオリティが高く保たれています。

※旧:ファーストウェルネス・イングリッシュ・アカデミー(FEA)です。

 

ファーストウェルネスアカデミーのホテル

(出典:https://firstwellness.net/environment/premium.html)

そして、ホテル併設型の学校で、施設が他の学校よりもかなり綺麗です。

寮型の学校と比較すると、どうしても料金が高くなってしまいますが、その分、施設面での不満はほぼ生まれないでしょう。

 

校舎名 セブシティ校
場所 セブ
立地/周辺環境 レストランやショッピングモールが多く利便性、治安が良いエリア
設備

語学留学の宿泊施設として十分の設備
自習用デスク、エアコン、冷蔵庫、テレビ、ベッド、シャワールーム、トイレなど完備

費用

1人部屋料金

  • 1週間:99,000円
  • 2週間:159,000円
  • 3週間:216,000円
  • 4週間:263,000円 など

入学金:15,000円 

滞在施設 Asia Light Hotel
食事 朝食付き。昼食・夕食は1食300〜800円で注文可能

※上記の金額は全て税抜き表記で、2019年2月28日時点のものです。

 

校舎名 セブプレミアム校
場所 セブ
立地/周辺環境 レストランやショッピングモールが多く利便性、治安が良いエリア
設備

部屋の品質が高い
自習用デスク、エアコン、冷蔵庫、テレビ、ベッド、シャワールーム、トイレなど完備

費用

1人部屋料金

  • 1週間:123,000円
  • 2週間:205,000円
  • 3週間:283,000円
  • 4週間:352,000円 など

入学金:15,000円 

滞在施設 MJ Hotel(2014年オープンの清潔感のある高級ホテル)
食事 朝食付き。昼食・夕食は近隣のレストラン、デリバリー利用が多い

※上記の金額は全て税抜き表記で、2019年2月28日時点のものです。

 

QQEnglish ITパーク校

QQ Englishの特徴

(出典:https://qqenglish.jp/school/itpark/)

【特徴】

  • 講師全員がTESOLの資格保持者で、定期的に勉強会も行っている
  • 日本人スタッフ常駐
  • 1週間6時間:70,600円
  • 海の目の前でリゾート気分を味わえる校舎もある
  • 1日3回食事が提供される
  • 1週間に1日、English Onlyの日が設けられている
  • すべて英語で行われる授業では理解できない人向けに、日本人スタッフが日本語で文法を教えてくれる

 

食事は1日2食の学校が多いですが、こちらの学校は3食出ます。

たとえ1食分でも食費がプラスでかかることを考えると、物価が安いとはいえ、学校で出してもらえるほうが助かりますよね。

また、講師全員が「TESO*」資格保持者で、定期的に勉強会を行っていることや、日本人スタッフによる文法レッスンが受けられる点も、大きな特徴です。

どれだけ質の良いレッスンができるかを日々考えてくれていて、生徒の成長をサポートする体制が整っている学校といえます。

 

*母国語が英語以外の人に英語を教えるために必要な指導方法を身につける資格。 指導方法や教材作成などの講義・実習を計100時間以上受講する必要がある。

 ただ英語が話せるだけでなく、教える能力も習得している証明。

 

校舎名 シーフロント校
場所 セブ
立地/周辺環境

部屋から海が一望できるオーシャンビュー
スーパーマーケットやホテルが集中するリゾートエリアで24時間警備員が駐在

設備 シャワー、トイレ、エアコン、セキュリティボックス完備
費用

1人部屋料金:85,400円~/1週間~
入学金:15,000円

滞在施設 ドミトリーや元ホテルのスイートルーム等から選択可能
食事 3食付き(ビュッフェスタイル)

※上記の金額は全て税抜き表記で、2019年2月28日時点のものです。

 

校舎名 ITパーク校
場所 セブ
立地/周辺環境 外資系企業やIT系企業が集まるエリア
設備 テレビ、冷蔵庫、エアコン、キッチン、クローゼット、勉強机、ベッドなど完備
費用

1人部屋料金:85,400円~/1週間~
入学金:15,000円

滞在施設 新築の高級コンドミニアムやドミトリー等から選択可能
食事 3食付き(ビュッフェスタイル)

※上記の金額は全て税抜き表記で、2019年2月28日時点のものです。

 

語学学校NILS

語学学校NILSの特徴

(出典:http://www.nilsph.com/0en_ryugaku/?pos=side)

【特徴】

  • 日本人経営。日本語対応可能なスタッフ常駐
  • フィリピン教育機関 TESDA認定校
  • 最大1日10時間のマンツーマンレッスンが受けられる
  • レッスンを一人ひとりに合わせた内容にカスタマイズしてくれる
  • ビザの取得は、30日以上滞在する場合も学校スタッフが代行してくれる
  • 寮がキャンパスと併設型で安全
  • 無料のWi-Fiエリア有り!
  • 1週間8時間コース料金:74,000円~
  • TOEICスパルタコースあり ※TOEIC点数が目標に達しない場合は返金
  • 土日にもレッスンを受けられる
  • 海外で働きながら学びたい場合におすすめなプログラムも有り

 

フィリピン・セブ島留学で人気の語学学校NILS。大きな特徴は、最大で1日10時間のマンツーマンレッスンが受けられる点です。

他の学校では、グループレッスンとマンツーマンレッスンをあわせて10時間ということはあっても、マンツーマンレッスンだけを10時間できる学校はほぼありません。

1日1日の時間を大切に、徹底的に学びたいという人にはおすすめです。

料金も前述した2校より安く設定されていますので、マンツーマンレッスンを低価格かつじっくりと受講することができます!

 

セブ島で仕事と勉強を両立しながら生活してきたい方には、留学の諸費用が免除されるプログラムが用意されています。

6ヶ月以上フィリピン留学する場合、「1日4時間のレッスン料+宿泊費+平日朝夜の食費」すべてが無料に!

勉強だけでなく、仕事も経験してみたいという気持ちがあればお得に留学できておすすめです。

 

校舎名 ニューキャンパス
場所 セブ ITパーク
立地/周辺環境

セブシティ中心部で治安やアクセスが良い
カフェやレストラン、ショッピングモールも近い 

設備 学習机、シャワー、トイレ、エアコン、クローゼットなど完備
費用

1人部屋料金:77,500円~/1週間~
入学金:15,000円

滞在施設 1人部屋がメインの施設で、講師を部屋に招きレッスン
食事 食堂あり

※上記の金額は全て税抜き表記で、2019年2月28日時点のものです。

 

校舎名 クラシックキャンパス
場所 セブ ITパーク
立地/周辺環境

セブシティ近くでスーパーやショッピングセンターは徒歩圏内
1階にレストランやコンビニ、ランドリーショップあり

設備 冷蔵庫、エアコン、シャワーなど完備
費用

1人部屋料金:79,000円~/1週間~
入学金:15,000円

滞在施設 1~4人部屋構成の宿泊施設
食事 要問い合わせ

※上記の金額は全て税抜き表記で、2019年2月28日時点のものです。

 

留学生の声&資料請求はこちら

≫【フィリピン政府公式認定 語学学校NILS 】≪

 

3D ACADEMY

【特徴】

  • 思い出作りの留学ではなく、結果を出すことを重視
  • 日本人経営の語学学校
  • 実践で使える英会話スキルをマンツーマンレッスンで習得
  • 教室と寮が内部一体型の施設
  • 交通網が整備されていてアクセスが良い
  • スーパーやコンビニ、ドラッグストア、レストランなど主要施設が集まっている
  • 食事は土日祝も含め、毎日3食全て提供
  • 全館Wi-Fi完備

 

3D ACADEMYは、日本人が経営している”結果を出すこと”重視の語学学校で、フィリピン留学でも人気があります。

講師は、生徒からの評価が数値化された定量的指標とコメントによる質的指標のフィードバックを受け、常に改善を心がけている先生ばかり。厳しい採用基準をクリアした講師が、優しく、時に厳しく指導してくれます。

宿泊施設は教室と一体型で、移動時間が少なく、勉強に集中しやすい環境です。

語学学校の周辺には生活に必要な施設が集まっており、初めての留学、フィリピン・セブ島での海外生活も不自由なく過ごせます。

多様なカリキュラムに加えて、ヨガやダンスなどのアクティビティも充実しているので、楽しく実践的なスキルを身につけられます!

 

校舎名 3D ACADEMY
場所 セブ JYショッピングモール
立地/周辺環境 スーパー、レストラン、コンビニ、ドラッグストア、無料スポーツジムなど充実。交通網が整備され、アクセスも良い。
設備 学習机、シャワー、トイレ、エアコン、クローゼット、ベッド、冷蔵庫、Wi-Fiなど完備
費用 1人部屋料金:70,000円~/1週間~
入学金:15,000円
滞在施設 教室と宿泊施設が内部一体型
食事 土日祝を含め、毎日3食提供

※上記の金額は全て税抜き表記で、2019年3月8日時点のものです。

 

HELP

【特徴】

  • 創立20年以上の歴史ある語学学校
  • 生徒数700名以上、歴代卒業生5万人超え
  • 基本的に日本語禁止のスパルタ教育
  • 厳格な採用試験をクリアした優秀な講師陣
  • 周りの生徒に気を遣わないマンツーマンレッスン
  • 3つのキャンパスごとに生徒のレベルを分けている

 

語学学校HELPは、フィリピンの語学学校の中でもスパルタ教育で有名です。

平日24時間と日曜日の18時以降は日本語が禁止されていて、英語漬けの環境に身を置くことができます。平日の外出も禁止されており、本気で英語力を伸ばしたい生徒だけが集まっています。

また、3つのキャンパスそれぞれに特徴があり、生徒の英語レベルで分かれています。

マーティンス校は入学試験があり、合格者のTOEIC平均点は730点で、主にIELTSやTOEFLの試験対策コースを受講する生徒が多いです。

ロンロン校は、初心者向けのキャンパスですが、規則はスパルタ教育です。

クラーク校は、初心者向けの比較的緩めなスパルタ教育で、頑張りつつ遊びも楽しみたい人におすすめです。

 

校舎名 マーティンス校
場所 バギオの中心地
立地/周辺環境 平日の外出不可
設備 無料Wi-Fiや売店だけの必要最低限の設備
費用 1人部屋料金:168,000円~/4週間~
入学金:15,000円
滞在施設 勉強に特化したスパルタ施設
食事 給食が提供

※上記の金額は全て税抜き表記で、2019年3月8日時点のものです。

 

校舎名 ロンロン校
場所 バギオの大自然溢れる絶景地
立地/周辺環境 カフェテリアやジム、学生寮、売店など
設備 無料Wi-Fi、バスケットコート、卓球台など
費用 1人部屋料金:181,000円~/4週間~
入学金:15,000円
滞在施設 基本的に勉強に集中できる環境
食事 給食が提供

※上記の金額は全て税抜き表記で、2019年3月8日時点のものです。

 

校舎名 クラーク校
場所 クラーク経済特区
立地/周辺環境 治安が良く秩序が保たれている。ウォーターパークや民俗村、乗馬場、海などレジャースポット多数。
設備 無料Wi-Fi、25mプール、バスケットコート、バドミントンコート、卓球など
費用 1人部屋料金:181,000円~/4週間~
入学金:15,000円
滞在施設 勉強と遊びなバランスが取れたセミスパルタ環境
食事 給食を提供

※上記の金額は全て税抜き表記で、2019年3月8日時点のものです。

 

EB

【特徴】

  • 3食、宿泊代込みで4週間99,000円〜の格安語学学校
  • 2008年オープンで運営歴10年以上の実績
  • 3,000人以上の卒業生を輩出
  • 採用率 約5%の優秀な講師
  • カランメソッドを日本人向けに改良したオリジナル指導法
  • 1日6時間のマンツーマンレッスン

 

EBは、短期1ヶ月の滞在費用が99,000円〜という安さが魅力のフィリピンの語学学校です。

料金が安いだけではなく、10年以上の運営実績がある「信頼性の高さ」もおすすめポイントです。

講師は採用率 約5%の難関基準をクリアしたプロフェッショナルで、採用後も3ヶ月間ほどしっかりと研修を受けています。

 

また、ヨーロッパ人向けの英語指導法として有名な「カランメソッド」を日本人向けに改良した独自の指導法を採用しています。

日本の英語教育で間違って覚えていた”日本語英語”から脱却し、大量の会話実践を繰り返すことで本物の英語力が身につけきます。

宿泊施設は3食付き。掃除や洗濯は専門スタッフが担当するので、勉強に集中できる環境ですね。

 

校舎名 キャピタル校
場所 閑静な住宅街の中
立地/周辺環境 徒歩3分で大きなショッピングモール、徒歩10分圏内に多数の娯楽施設あり
設備 無料Wi-Fiや売店だけの必要最低限の設備
費用 1人部屋料金:31,832円~/1週間~
滞在施設 勉強に集中できるシンプルな施設
食事 毎日3食のビュッフェ形式

※上記の金額は全て税抜き表記で、2019年7月23日時点のものです。

 

校舎名 マギンハワ校
場所 ケソン市のおしゃれな通りに面している
立地/周辺環境 徒歩10分圏内に娯楽施設あり
設備 無料Wi-Fiや売店だけの必要最低限の設備
費用 1人部屋料金:31,832円~/1週間~
滞在施設 勉強に集中できるシンプルな施設だが、少し古いため清潔感のある施設を好む方はキャピタル校がおすすめ
食事 毎日3食のビュッフェ形式

※上記の金額は全て税抜き表記で、2019年7月23日時点のものです。

 

フィリピン・セブ島でおすすめの語学学校|料金比較

ご紹介したフィリピン・セブ島でおすすめの語学学校の費用を、料金表にまとめました!

学校 料金(1日8時間)
桐原グローバルアカデミー セブシティ校:82,000円
セブプレミアム校:98,000円
QQ English ITP 87,500円
語学学校NILS 74,000円
3D ACADEMY 70,000円
HELP 42,000円
EB 31,832円

※費用は2019年7月23日時点の税抜き価格表記です。

 

1日8時間コースで比較してみると、語学学校EBが最も低価格になっています。

桐原グローバルアカデミーは、校舎が2つあり、プレミアムというだけあって少し高く見えますが、その分の価値は、生活の質と講師の質にしっかりと現れているでしょう。

料金だけでは判断せず、授業内容と生徒の雰囲気や、立地などもじっくり見てみると、自分にぴったりな学校が見つけられるはずです!

フィリピン留学先の語学学校の正しい選び方

フィリピン留学の成功には、語学学校選びが重要です!以下の3ポイントを意識しましょう。

 

ポイント1)フィリピン留学の目的を明確にする

「留学後、どのような自分になっていたいか」という目的によって、最適な語学学校は違います。

  • 英語圏で困らない日常英会話を身につける
  • 現地の海外生活を通じて、学問・文化・スポーツ・アートを学び視野を広げる
  • TOEICスコア700点以上を取る(100点アップする)

など、目的で選択肢を絞っていけるので、まずは留学の目的を明確にすることをおすすめします!

 

ポイント2)学習カリキュラムを確認する

語学学校のレッスン形式、授業内容、学習カリキュラムなどを確認しましょう。

英会話が豊富にできたり、資格・検定試験対策に特化していたり、それぞれの語学学校で特色があるので比較することが大切です。

 

ポイント3)日本人スタッフ比率を確認する

慣れない海外生活は、不安やトラブルがつきものです。日本人スタッフは貴重な存在となります。

フィリピン留学をエージェントにサポートしてもらう

フィリピン留学におすすめのエージェント

語学学校を比較してきましたが、ご自身で決めて1人ですべての手続きを行うことは、なかなか大変で難しいです。

多くの留学生は「留学エージェント」と呼ばれる、語学学校選びや面倒な手続きをサポートしてくれる便利なサービスを利用しています!

ここで、フィリピン留学の成功をお手伝いしてくれるおすすめの留学エージェント(手数料も無料!)をご紹介します。

 

CEBU21

CEBU21の特徴

(出典:http://www.cebu21.jp/cebu21/company/)

設立 2005年
オフィスの場所 東京都豊島区池袋2-41-5 アーバン154 8F
営業時間 月~土 10:00~18:30
手数料 無料
ご紹介地域 セブ、マニラ、クラーク、バギオ、ダバオ、バコロドなど

※上記の情報は2019年2月28日時点のものです。

 

CEBU21はフィリピン留学を12年扱っており、生徒や学校からの信頼も厚く、豊富な経験と実績をもったエージェントです。

サポート内容が充実しており、留学前後を合わせると21種類にもなります!しかも無料です。

  1. 学校の入学手続き
  2. 海外旅行保険手続き
  3. 航空券の手配
  4. フィリピンの空港での出迎え手続き
  5. 1名の担当者が専任でサポート
  6. 留学中にメールやLINEで相談可能
  7. 出発前にオリエンテーション
  8. 出発日当日の緊急ヘルプデスク
  9. 無料オンライン英会話レッスンをプレゼント
  10. 帰国後のTOEIC公式テスト受験をプレゼント など

 

また、社員は全員フィリピン留学の経験者

定期的に現地に赴いて授業を受けたり寮に宿泊したりと、視察を繰り返し行っています。実際に現地に行かないとわからない情報までしっかりと教えてくれます。

留学中のサポートがオンライン上だけではなく現地学校にスタッフが来てくれるため、トラブルが起きた場合などに直接サポートしてもらえるます。

現地の学校のスタッフとは別にもう1人頼れる人がいると、2倍安心できますね!

 

フィリピン留学センター

フィリピン留学センターの特徴

(出典:https://www.ph-ryugaku.com/)

設立 2004年
オフィスの場所 東京、大阪、名古屋、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなど
営業時間 月~金 10:00~20:00 土日祝 10:00〜19:00
手数料 無料
ご紹介地域 セブ、マニラ、クラーク、バギオ、ダバオ、バコロドなど

※上記の情報は2019年2月28日時点のものです。

 

留学をすると決めたものの、「いきなり英語を話せる自信がない」と不安に思ってしまう人も多いと思います。

しかし、渡航前に英会話スクールに通い始めたりするのは、手続きも金銭面も厳しいですよね。

この不安を解消するべくフィリピン留学センターは、渡航前に英会話レッスンを何度でも無料で受けられるサービスを提供しています。

 

フィリピン留学をする人の中には、英会話の基礎をしっかりと固めた後に、英語圏でさらなるレベルアップをするために2か国目の留学をする人も多いです。

フィリピン留学センターでは初めからフィリピン+英語圏のプランを立て、スムーズに安く2カ国留学をすることができます。

2か国目に選べる国は、アメリカ/イギリス/オーストラリア/カナダ/ニュージーランドの5カ国です。

 

レポーターキャッシュバックや体験談キャッシュバックなど、いろいろな条件での割引も行っています。お得に留学しちゃいましょう!

 

セブイングリッシュ

フィリピン留学エージェント「セブイングリッシュ」

(出典:https://cebu-english.com/)

設立 2009年
オフィスの場所 セブ
営業時間 要問い合わせ 電話対応は日本時間 9:30〜18:30
手数料 無料
ご紹介地域 セブ、マニラ、クラーク、バギオ、バコロド、イロイロなど

※上記の情報は2019年4月25日時点のものです。

 

セブイングリッシュは、留学生が「来てよかった!」と思える留学・学校を提案することを目指して運営されている海外留学手配の代理店です。

スタッフは全員セブに住んでいて留学経験があるので、自身の体験も踏まえながら留学アドバイスをしてくれます。

紹介する学校はスタッフ達が年間300回も様々な学校に訪問し、自分たちの目で情報収集しています。

また、語学学校を目的別に探せるのも魅力です。

「英語初心者のスピーキング強化に最適な学校」「短期留学におすすめの学校」「TOEIC試験対策におすすめの学校」などそれぞれの目的に応じてカテゴライズされています。

 

留学タイムズ

設立 1999年
オフィスの場所 東京
営業時間 平日 10:00~18:00 祝休日 11:00〜17:30
手数料 無料
ご紹介地域 セブ

※上記の情報は2019年8月16日時点のものです。

 

留学タイムズは、1999年の創立以来、約3万人の留学生を支援してきた実績を持つ留学エージェントです。

フィリピンだけではなくアメリカやカナダ、オーストラリア、ニュージーランド、フィリピン、マルタなどの人気年を始め、南米やアフリカを含む世界45カ国5,000校以上の語学学校を紹介してくれます。

また大手旅行会社H.I.Sと提携しており、低価格で信頼感のある留学サポートをしてくれます。

 

料金に関しては、他社見積もりを持ってくることで最低価格を保証してくれたり、費用は全て正規価格による明朗会計をしてくれたりなど留学初心者にも優しいのも特徴です。

人気の語学学校を数多く取り扱っていますし目的別で検索もできるので、たくさんの学校から比較したい方におすすめですね。

 

Global Dive

おすすめ留学エージェント「Global Dive(グローバルダイブ)」

(出典:https://global-dive.jp/)

設立 2002年
オフィスの場所 東京、大阪、フィリピン現地
営業時間 平日 9:30~18:00 土 9:30〜17:00(日曜定休)
手数料 無料
ご紹介地域 セブ、クラーク、バギオ、バコロド、イロイロなど

※上記の情報は2019年7月31日時点のものです。

 

Global Diveは留学前と帰国後も無料サポートしてくれる留学手配代理店で、「リゾートバイト」や留学経験を生かした就活支援「旅人採用」など、特徴的なサービスも多数あります。

留学中の現地では、LINEやメール、Skypeでの相談や学校やホームステイ先とのトラブル対応等をしてくれます。

セブ島やクラーク、バギオなどフィリピンの人気都市の語学学校とも数多く提携。

東京と大阪にオフィスがあり、カウンセリング・相談は何度しても無料。納得いくまで話し合って留学を成功させましょう!

留学前から帰国後までトータルサポートしてくれるのが魅力です。

 

まずは資料請求&無料相談

留学ワーキングホリデーサポート【Global Dive】 

 

セブ島留学センター

設立 2012年
オフィスの場所 東京
営業時間 月~金 10:00~19:00
手数料 無料
ご紹介地域 セブ、マニラ、クラーク、バギオ、イロイロ、バコロドなど

※上記の情報は2019年7月31日時点のものです。

 

セブ島留学センターは、スタッフ全員がフィリピン留学経験のある留学手続き代理店で、語学学校選びから現地生活アドバイス、帰国後まで無料サポートが充実しています。

専任スタッフが1年以上の海外在住経験があるため、現地生活での注意点をより深く理解しています。

また、語学学校の料金には「最低価格保証」がついており、他の留学エージェントの方が安かった場合は交渉できます。

 

フィリピン留学ドットコム

設立 2011年
オフィスの場所 東京、大阪、福岡、フィリピン現地
営業時間 月~金 10:00~20:00 土日祝 11:00〜17:00
手数料 無料
ご紹介地域 セブ、マニラ、クラーク、バギオ、ダバオ、バコロドなど

※上記の情報は2019年7月31日時点のものです。

 

フィリピン留学ドットコムは、年間3,000名の留学生を輩出するフィリピン専門の留学エージェントです。

スタッフ全員がフィリピン留学経験者なのも特徴で、実際の体験談にもとづく実用的な留学アドバイスがもらえます。

現地でマネージャー経験があるスタッフも多く、語学学校選びなど提案の質が高いです。

もちろん、留学準備から帰国後まで無料サポートも充実。

オンライン英会話の利用ポイントももらえるので、留学前に英会話の練習もできます。

 

School With

おすすめ留学エージェント「School With」

(出典:https://schoolwith.me/)

設立 2013年
オフィスの場所 東京
営業時間 月~土 10:30~18:30(日祝定休)
手数料 無料
ご紹介地域 セブ、マニラ、クラーク、バギオ、ダバオ、バコロドなど

※上記の情報は2019年7月31日時点のものです。

 

School Withはセブ島やマニラ、クラーク、バギオ、ダバオなど人気都市・多数の語学学校と提携するおすすめの留学エージェントです。

東京オフィスでの対面相談やSkypeでのビデオ通話など、“顔が見えるカウンセリング”を心がけています。

メール相談や電話相談も可能で、些細な悩みや相談でも快く対応してくれます。留学のご相談は24時間オンラインで可能。

サイト上でもご自身で語学学校を検索しやすく、TOEICやTOEFLなど資格対策に強みのある語学学校や施設設備で評判のいい学校、ビジネス英語を身につけられる学校など目的別に見つけられます。

提携学校数も多く、先輩留学者のリアルな口コミ(体験談)を見られるのもポイント!

 

資料請求&ご相談できます

≫【世界32カ国から探せる語学留学予約サイトSchool With 】≪

 

留学情報館

設立 2010年
オフィスの場所 東京、大阪、京都、フィリピン現地
営業時間 月~金 10:00~20:00 土日祝 10:00〜19:00
手数料 無料
ご紹介地域 セブ、マニラ、クラーク、バギオ、ダバオ、バコロドなど

※上記の情報は2019年7月31日時点のものです。

 

留学情報館は、留学前・帰国後のサポートが充実している留学エージェントです。

英会話レッスンを最大1年間無料で受けられ、留学準備に練習が可能。帰国後に留学で鍛えた英語を鈍らせないトレーニングとしても活用できます。

また、英語を生かせる就職サポートや、留学生を集めた交流会も随時開催しています。

留学費用は最安値保証がされているので、安心感があります。(※留学情報館調べ)

 

Global Study

設立 1975年
オフィスの場所 東京、大阪
営業時間 月~土 10:00~19:00 日祝 定休
手数料 無料
ご紹介地域 セブ、マニラ、クラーク、バギオ、ダバオ、バコロドなど

※上記の情報は2019年4月25日時点のものです。

 

Global Studyは、フィリピンやアメリカの語学学校を中心に語学留学や大学留学などを紹介している、海外留学手続きの代行業者です。

東京と大阪にオフィスがあり、定期的に留学相談会や説明会を行っています。

実際にカウンセラーと会って話を聞いてみたい方や、フィリピン留学についての基礎知識を固めたい方におすすめです。

目的別に語学学校を調べやすいシステムで、「スパルタ校で英語漬け」「インターナショナルな環境」「施設がキレイと評判」など特徴別に検索できます。

また、お母さんと一緒にフィリピン留学といった「親子留学」も可能です!

 

留学JP

設立 2001年
オフィスの場所 東京、大阪、セブ
営業時間 要問い合わせ 電話対応は9:00〜18:00
手数料 無料
ご紹介地域 セブ、マニラ、バギオなど

※上記の情報は2019年4月25日時点のものです。

 

留学JPは2カ国留学をしたい方におすすめの海外留学の仲介会社です。

2カ国留学は、留学JPがおすすめしている留学方法で、留学費用の安いフィリピンで英語力を伸ばし、2カ国目にアメリカ・カナダ・イギリスなど比較的留学費用の高い国に留学できます。

留学費用の節約になる他、英語力の高い状態で2カ国目に留学でき、現地でアルバイト先を見つけやすい・コミュニケーションを取りやすい等のメリットがあります!

オフィスは東京と大阪、セブにあり、日本でもフィリピンでも手厚いサポートを受けることができます。

留学プランを提案してくれるカウンセラーは、全員留学経験のあるプロが対応

明るくフレンドリーで話しやすい雰囲気で接してくれるので、要望や条件を伝えやすいのも特徴です。

 

フィリピン留学エージェント比較のコツや選び方

「JAOS」「J-CROSS」などの加盟団体

フィリピン留学の手続き代行業者を選ぶ際には、「JAOS」や「J-CROSS」に加盟している会社がおすすめです。

留学サービスを適切に行うためのルールを守る業者だけに、第三者機関がその証を付与しています。

残念ながら、海外留学仲介会社の中には手数料を高く見積もるなど、留学生に親身にじゃない悪徳業者も存在するので、注意が必要です。

明朗な料金体系、約款・契約書類への親切な対応

語学学校の仲介手数料が無料の留学エージェントが多いです。

しかし、VISA申請や現地のホームステイ・宿泊先の紹介、空港の送り迎え、生活サポートなどが有料の場合もあります。

誰でもわかりやすい明朗会計な留学エージェントか、事前に確認しましょう!

 

留学手続きの書類は、複雑な内容の書類が少なくありません。内容がよくわからないままサインしてしまうのは危険です。

担当相談員が丁寧に説明してくれる留学エージェントだと親切です。

トラブル対応(現地オフィス、日本語で24時間電話サポート)

慣れないフィリピンでの現地生活では、体調を崩したり事故や事件に巻き込まれたり、予期せぬ事態に不安になると思います。

そんな時は、現地オフィスの駐在スタッフがサポートしてくれると安心です。また、日本人スタッフによる24時間の電話サポートもぜひ活用しましょう。

 

楽しい留学生活にするために、万が一の際に備えておくことが重要です。

留学前と帰国後のサポート制度

留学経験をその後の人生に最大限生かすには、留学前後の準備も大切です。

  • 必要な英会話スキルを身につけるレッスン
  • 留学費用を貯めるリゾートバイトの斡旋
  • 留学経験を評価してくれる企業を紹介する就活サポート

など、手厚いサポート制度でバックアップしてくれる留学エージェントもあります。

留学を「楽しかった」で終わりにせず、その経験をさらに有意義で価値のある経験にするためにも、最大限活用しましょう!

フィリピンだけでなく、カナダへの留学者も増加中!

カナダ留学もおすすめ

カナダ留学をする人の人数は、年々増加傾向にあります。

実際にグラフで、カナダ留学に出発した人数の統計を見てみると、2015年から2016年の間では、なんと11%も増加!

人気ランキングの1位はアメリカですが、実際に行くとなると、政情や治安面の懸念から、安全性の高いカナダにする人が増えてきています。

 

カナダ留学が人気

(出典:http://www.ryugakujournal.com/news/ada46c44e2f3266a7cba1b4b33499df9ad57884c.pdf)

フィリピン留学とカナダ留学の何が違う?

フィリピン留学とカナダ留学の違い

授業はグループレッスンが中心

ほとんどの場合、カナダの学校は15人~20人ほどのクラスでグループディスカッション形式の授業をします。

先生の話を聞くだけの授業ではないため、積極性とコミュニケーション能力が培われるでしょう。

 

世界中の留学生が集まっている

フィリピン留学生には、日本人と韓国人が多い傾向がありますが、カナダにはアジアだけでなく、南米やヨーロッパなど、世界各国から留学生が集まっています。

日本人が多く安心できる環境の方が伸びやすい人もいれば、カナダのように様々な国の生徒と関わっていく方が鍛えられる人もいるので、ここは自分の英語を学ぶ目的に合わせることをおすすめします!

 

物価は日本とほとんど同じ

フィリピンは物価がとても低く、日本の約1/3ですが、カナダは日本とほぼ同じ物価です。

そのため、必然的に生活費や授業料、家賃などが少しずつ高くなっています。

といっても、日本より高いわけではないので、日本で生活していけるくらいの貯金ができていれば、安心して生活できるでしょう。

 

ホームステイやシェアハウスでの生活

フィリピンには語学学校に、専用の寮が用意されており、学校の仲間とそのまま生活も共にすることが多いです。

反対に、カナダの語学学校には寮はなく、シェアハウスやホームステイを自分で探すことが一般的。

学校とプライベートは切り分けて、別のコミュニティも作りたい人や、海外の一般的な生活を送ってみたい人には、カナダの方がおすすめです。

カナダで留学をするメリットとは?

カナダ留学のメリット

つづいて、フィリピン留学と重なる部分もありますが、カナダ留学のメリットをあげていきます!

 

  • アメリカと同じ世界標準の北米英語でありながら、発音に癖が少ない
  • 治安がよい国として何度もNo.1になっていて、生活がしやすい
  • 留学先として人気があり、40~50ヵ国から留学生が集まる
  • 多文化主義で、あらゆる人種と文化が尊重されている
  • 広大な土地で、自然があふれる地域も最先端の都市も体験できる
  • 教育水準がG7の中で最も高く、それに伴って語学学校の質もとても高い

 

どんな場所でも通用する世界標準の英語を、アメリカ留学よりも低価格で身につけることができるのは、大きなメリットと言えます。

また、国全体が多文化主義で、移民もたくさん受け入れているため、英語だけでなく多くの国の文化や言語に触れることができます。

そして留学先として人気があることによって、さらに多くの国から留学生がやってくるため、国単位ではなく、学校の中だけでも多くの文化が入り混じっています。

 

英語を学ぶために留学することはもちろんですが、同時に世界中の文化や言葉を知ることができたら一石二鳥ですよね!

また、世界的に見て治安が良いランキングでも何度も1位をとっていますので、フィリピンと同様、安全に生活することができます。

カナダ留学でおすすめの語学学校2選!

カナダにはおすすめの都市がたくさんありますが、その中でも特におすすめの学校を厳選しました!

Canadian as a Second Language Institute(CSLI)

CSLIの特徴

(出典:http://www.euroversity.de/csli-canadian-second-language-institute.html)

【特徴】

  • 100以上の国の生徒が通っている
  • 毎週月曜日にクラス替えがあり、より多くの生徒と交流できる
  • 英語を話さずにはいられない環境の構築ができている
  • 生徒も講師もコミュニケーションを楽しむ文化が根強い
  • 1週間6時間コース:32,467円
  • テキストの教材がない
  • 毎週、お食事会や遠足などのイベントがある

 

CSLIはバンクーバーにある学校の中で2番目に古く、創立は22年。

なんと100ヵ国以上から生徒を受け入れています。

毎週クラス替えがあり、授業内容は会話を中心にしたグループワークやペアワークで、授業中に声を発さないことはまずありまえせん。

生徒も講師もみんな活気が溢れていて、コミュニケーションを通してお互いを知ることを何よりも楽しむ空気が出来ています。

テキストの教材がないため、「とにかく実践型で楽しみながら身につけていきたい」という方におすすめの学校です!

 

Inlingua Vancouver

Inlingua Vancouverの特徴

(出典:https://www.vc-ryugaku.com/)

【特徴】

  • 会話中心の授業で、生徒全体に間違いを恐れない空気が強い
  • 英語以外の言葉を話すとペナルティがある
  • 日本人の割合は約13%
  • 初心者から上級者まで、幅広くサポートしてくれる
  • まずは身体で覚えることを大切にしている

 

母国語を話してしまうとペナルティがあると聞くと、とても厳しい学校のように聞こえるかもしれません。

しかし、英語が話せるようになりたいという目的に対して、母国語から一旦離れるという行動には、非常に効果があります。

日本人が隣にいたり、日本語を話す環境では、どうしても無意識に英語ではなく日本語が出てきてしまうのです。

English Onlyのルールでいちばん大切なのは、それを必ず全員が守っていること。

それが徹底できている学校こそが、環境が整っている学校だといえます。

 

日本ではインプットするばかりの勉強が多かったと思いますが、会話でまずアウトプットをしながら、相手のレスポンスでインプットをする。

この繰り返しができるのが、Inlingua Vancouverのような会話中心の授業のメリットです。

とにかく身体で覚える!というのは無鉄砲に見えて、正しい勉強方法なのです。

カナダ留学におすすめのエージェント

続いて、カナダへの留学で頼れるエージェントをご紹介します!

マイルストーンカナダ留学センター

マイルストーンカナダ留学センターの特徴

マイルストーンカナダ留学センターは、年間350名以上のサポートを1対1で行っており、カナダ現地から、メールで手続きや学校選びを行っています。

学校手続き/ビザ申請/航空券手配/留学保険手配などの基本的なことに関しては、完全に無料でサポートをしています。

現地では、郵便物や荷物の一時預かり、TOEIC模試受け放題、高速インターネット回線完備など、かゆいところに手が届くような細かいサービスも行っています。

 

有料サービスは、ホームステイ先の手配と、現地到着後に車で滞在先まで送迎してくれるものです。

有料ではありますが、自分で手配するよりも楽で安く済むのでおすすめです!

 

カナダジャーナル

カナダジャーナルの特徴

(出典:https://canadajournal.com/)

カナダジャーナルは、年間900名以上の留学生が利用しており、すべてのサービスを無料で行ってくれます。

実際の留学生から学校の評価を聞き、毎年評価の高い順でランキングをつけて公開しているため、生の声・最新の声が反映された学校の情報を手に入れることができます。

特に、到着後1週間で必要な手続きへのサポートが手厚く、一番忙しくバタバタとしてしまう時期を落ち着いて乗り越えることができます。

 

学校のスタッフは、学校や勉強に関するサポートはしてくれるかもしれませんが、生活面のサポートまでしてくれるところは少ないでしょう。

カナダジャーナルは、現地で使用する携帯電話の契約方法の説明をしてくれたり、銀行口座の開設に同行してくれたり、生活面に対してのサポートもしっかりしてくれます。

また、現地にオフィスがあるため、留学中に「授業についていけない」「英語力がなかなか伸びない」といった悩みが発生したとしても、毎日いつでも相談に乗ってくれます。

 

学校選びのご相談・お問い合せ

日本人スタッフがきめ細かいサポートをいたします、安心な留学をするなら【カナダジャーナル】

まとめ:フィリピン留学はおすすめの語学学校で!夢を叶える成功体験

自分にあったフィリピン語学学校の見つけ方

今回は、フィリピン留学を考えている方におすすめの語学学校、おすすめのエージェントをご紹介しました。

フィリピン・セブ島には、英語初心者でも基礎を固めていくことができる語学学校が多い印象です。

目的・目標に合う留学先に出会うには、事前に、複数の国(都市)や語学学校をしっかりと比較することが大切です。

語学学校にはそれぞれ特徴があり、あなたの目的に合う留学先は必ずあるはずです!

 

この記事で紹介したすべての学校、エージェントが無料で相談を受け付けています。

まずは、留学に対しての希望や不安を、気軽に相談してみましょう!

 

無料相談&お問い合せはこちら

≫【フィリピン政府公式認定 語学学校NILS 】≪

あなたにおすすめの関連記事