TOEFL ITP対策の完全版|3つの対策法と間違いやすい勉強ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
TOEFL ITP対策

海外大学留学の準備におすすめのTOEFL ITP対策本、オンライン英会話、短期集中講座を厳選まとめ。間違いやすいTOEFL ITP対策の勉強ポイントや出題傾向や難易度を解説します。

試験理解に役立つ公式サンプル問題もご紹介します。

一人ひとりに合う正しい学習法と計画性で、テストを攻略、そしてハイスコア獲得を目指しましょう。

(記事更新日:

TOEFL ITPテスト対策《独学におすすめ参考書・問題集》

『TOEFLテスト英単語3800CD付 4訂版』

書籍名 TOEFLテスト英単語3800CD付 4訂版
発売日 2014年2月25日
出版社 旺文社
著者 神部孝

※スクロールで表全体が見れます。

 

『TOEFLテスト英単語3800CD付 4訂版』(2014年、旺文社出版)はITP61点・80点・100点・105点突破に重要な語彙を厳選。別冊『分野別英単語帳』でアカデミック用語の背景知識まで学べます。

付属の音声CDには見出し語と語義が収録され、英語を音としても覚えることができます。

 

初めて受験する方に心強いTOEFL ITPテスト受験時の心構えとガイド、試験概要、留学準備についてもアドバイスを掲載。単語暗記に限らず、実用的な書籍です。

 

≫公式サイト:『TOEFLテスト英単語3800CD付 4訂版

『TOEFL ITP(R)テスト 公式テスト問題&学習ガイド』

書籍名 TOEFL ITP(R)テスト 公式テスト問題&学習ガイド
発売日 2012年3月
出版社 研究社
著者 金丸敏幸、Educational Testing Service(ETS)

※スクロールで表全体が見れます。

 

『TOEFL ITP(R)テスト 公式テスト問題&学習ガイド』(2012年、研究社出版)は過去問と解説、リスニング・リーディングの点数アップに役立つ文法知識が掲載された対策本です。

問題のほか、試験の案内音声や解答用紙も本番同様のものを収録しているため、試験当日を意識した実践練習になります。

大学でTOEFLを指導する教員と外国語教育研究者による、分かりやすい解説もおすすめのポイントです。

 

≫公式サイト:『TOEFL ITP(R)テスト 公式テスト問題&学習ガイド

TOEFL ITPテスト対策《資格に強い塾・予備校》

TOEFL ITP対策

 

Liberty English Academy

Liberty English Academyは、英語教授法で有名なコロンビア大学大学院で独自性が認められたメソッドが特徴の資格試験対策スクールです。

TOEFL ITP対策コースは点数アップの解き方に限らず、ネイティブ並みの英語力習得に必要な「英語構造・規則」を深く理解することを目指します。

成果保証やレッスン無料延長保証など、目標スコア達成サポートが充実している点も魅力です。

 

実際に模擬授業を体験しましたが、学校では学べなかった動詞の知識、そして日本人が英語を話せない本当の理由がわかります。

《関連記事》

 

通学不要のTOEFLオンラインレッスンも可能です。

 

【料金

TOEFL ITP対策コース:全24回288,000円~

《入会金50,000円》

※2020年3月25日時点の税抜き表記価格です。

【教室

東京(田町三田)

 

無料体験レッスンはこちら

当サイトから申込で入会金最大0円

≫【LibertyEnglishAcademy】≪

 

ブラスト英語学院

ブラスト英語学院ではTOEFL ITP演習問題を中心に、日本人講師が生徒一人ひとりの弱点に最適なReading・Listening対策を個別指導します。

講師は大学などの指導経験があり、英検1級やTOEIC満点(990点)を持つバイリンガルです。

英語2技能の基礎知識や解き方を身につけた先にある、満点レベルのテスト結果を追求する専門性の高いスクールです。

 

点数が伸び悩んでいる原因にしっかりアプローチしてくれるので、講師と二人三脚で壁を乗り越えましょう。

 

プライベートレッスン受講で英作文添削受け放題。

 

【料金

TOEFL®コース:全12回150,000円~

《入会金無料》

※2020年9月8日時点の税抜き表記価格です。

【教室

東京(渋谷表参道)

 

無料体験レッスンはこちら

TOEFL対策【ブラスト英語学院】

TOEFL ITPテスト対策《オンライン通信講座》

mytutor

mytutorのTOEFL ITP対策オンライン講座はリーディング・リスニングの技能別に分かれ、テストを熟知した外国人講師が担任制でマンツーマン指導してくれます。

講師と生徒1対1の受講形式なので、弱点や苦手分野の克服に向けた英語学習が可能です。

1日のレッスン受講回数に制限がない点も特徴です。

試験直前の短期集中的なTOEFL ITP対策にも役立ちます。

 

【料金

25分×全50回~:29,800円~

※2020年3月25日時点の税抜き表記価格です。

 

オンラインで無料体験レッスン

≫【高音質オンライン英会話 】≪

 

Best Teacher

Best Teacherのオンライン講座「TOEFL iBT対策コース」はライティングとスピーキング技能に特化し、英作文の添削や会話練習、旺文社出版の問題集を使った演習等でスコアアップを狙います。

レッスンでは、まず自分の伝えたいことをライティング。オンライン上で講師と対話形式で文章を作成し、英作文を講師が添削します。

適切な表現に修正してくれるのでミスや間違いやすいポイント、課題点を発見できます。

最後に、添削後の英作文を使ってスピーキングのトレーニングを行います。

 

旺文社出版の人気TOEFL対策本シリーズから抜粋した設問も解き、試験本番で通用する英語力を磨いていきます。

 

【料金】

月額15,000円

※2020年3月25日時点の税抜き表記価格です。

 

≫公式サイト:オンライン英会話Best Teacher「TOEFL iBT対策コース」

TOEFL ITPテスト対策で間違いやすい勉強ポイント

語彙力がないままTOEFL対策本を解き始める

国内高校・大学入試の”受験英語”とは違って、TOEFL ITPは学術的な専門用語を含むテストなので、アカデミック語彙力もスコアアップの重要な要素です。

単語や文法知識を固めてから、練習問題や過去問題を解くことが効果的です。

リスニングやリーディングなど苦手分野を後回しにする

苦手分野の勉強はモチベーションが上がりにくく、後回しにしてしまう方も多いと思います。

TOEFL ITPは大学講義で習うテーマを含む分、英検やTOEICよりも難易度が高いと感じるテストです。

万全な対策が高得点獲得に欠かせません。

 

リスニングとリーディング、どちらも早期の苦手克服で大幅なスコアアップに期待できます。

本番試験までの細かな学習計画を立てていない

TOEFL ITP攻略には、正しい英語学習法と学習計画、その実行が大切です。

計画性のない勉強では、ある一定のスコア到達時に起こり得るスランプ時期などに不安感や焦りから途中で挫折してしまうケースも考えられます。

 

「いつ・何を・どれくらい」

目標スコア達成のゴールから逆算した具体的な学習計画を立てることで、試験当日、実力を発揮しやすくなります。

TOEFL ITPテスト前日や直前に徹夜で詰め込む

TOEFL ITPに出現する単語は専門用語が多く、単純な暗記より講義の各科目に関する基礎知識を知っておくとスムーズに覚えることができます。

テスト直前に徹夜で詰め込む方法では難しいです。

 

試験前日は明日に備えて十分な睡眠を取り、心をリラックスさせましょう。

TOEFL ITPテストの試験概要と申込みの流れ

TOEFL(トーフル)

(出典:https://www.ets.org/jp/toefl)

TOEFL ITPテストとは

TOEFL ITPテストとは海外大学の講義内容を理解し、キャンパスでの日常生活を送れる英語4技能を測るペーパー形式の団体向けテストで、米国の非営利団体ETS(Educational Testing Service)が作成・提供しています。

スコアは世界各国の教育機関で利用され、日本の大学・大学院、企業などでも幅広く活用されています。

 

団体単位での受験となるため、所属組織でテストが実施されているか確認しましょう。

日本での受験はTOEFLテスト日本事務局「一般社団法人 CIEE国際教育交換協議会」が運営団体として取り扱っています。

 

スコアの有効期限は2年間です。

TOEFL ITPは世界各国で受験されているグローバルスタンダードな試験ですが、スコアは団体内でのみ有効です。

海外大学への留学などで使えるのは「TOEFL iBT」である点、注意が必要しましょう。

TOEFL ITPテストの構成と出題内容

TOEFL ITPテストはマークシート式の選択問題で、Level1とLevel2に分かれています。

Level2は、1より試験時間が短く難易度も易しい内容です。

 

リスニングとリーディング、文法問題が出題されます。

大学の講義で学ぶ内容やトピックに関するアカデミック分野から出題され、専門用語を多く含みます。

 

Level1

セクション 問題数 解答時間 スコア範囲
Listening Comprehension 50 約35分 31〜68点
Structure and Written Expression 40 25分 31〜68点
Reading Comprehension 50 55分 31〜67点
TOTAL 140 約115分  310〜677点

Level2

セクション 問題数 解答時間 スコア範囲
Listening Comprehension 30 約22分 20〜50点
Structure and Written Expression 25 17分 20〜50点
Reading Comprehension 40 31分 20〜50点
TOTAL 95 約70分 200〜500点

 

≫参考:TOEFL ITP『テストの構成』(CIEE)

TOEFL ITPテストの受験料と申込み方法

TOEFL ITPテストの受験料は運営団体やテストの規模によって異なります

ご参考まで、一例として1人あたりの費用感を掲載します。

 

人数 Level1 Level2
10名〜199名 2,960円 2,820円
200名以上 2,560円 2,430円

 

申込みは受験日の3週間前までに行う必要があります。(年末年始や大型連休を挟む場合は4週間前まで。)

受験人数は10名以上から。申込み後に受領書が届きます。

TOEFL ITPテストの難易度と目標スコア

TOEFL ITPテストの難易度を、TOEICや英検などの英語資格試験のスコア・グレードで比較してみました。

 

TOEFL ITP TOEFL iBT TOEIC 英検 IELTS
673〜677 120 9.0
670 119 8.5
660〜667 117〜118 8.0
630〜657 109〜116 970〜990 7.5
600〜627 100〜108 870〜970 1級 7.0
577〜597 90〜99 820〜870 6.5
550〜573 80〜89 740〜820 準1級 6.0
521〜549 69〜79 600〜740 5.5
500〜520 61〜68 550〜600 2級 5.0
470〜499 52〜60 500〜550 4.5
450〜469 45〜51 450〜490 準2級 4.0
400〜449 33〜44 300〜440 3.5
391〜399 29〜32 291〜299 3級 3.0
390 20〜28 270〜290 2.5
350〜389 12〜19 260〜269 4級 2.0
100〜259 5級 1.5

※目安のスコア換算表です。

 

大学生に求められるTOEFL ITPスコアです。目標の目安にしましょう。

海外留学(学部レベル)・・・・・TOEFL PBT/ITP 500(TOEFL iBT61)以上 

国内大学院進学 ・・・・・・・・ TOEFL PBT/ITP 500(TOEFL iBT61)以上

海外留学(大学院レベル)・・・・TOEFL PBT/ITP 550(TOEFL iBT80)以上

ビジネスで「役に立つ」レベルとして目標とするレベル・・・ TOEFL PBT/ITP 550(TOEFL iBT80)以上

ビジネスの専門分野において標準となるレベル・・・・・・・・ TOEFL PBT/ITP 600(TOEFL iBT100)以上

(出典:『TOEFL ITPテストスコアの意味』(CIEE)

TOEFL ITPテストのサンプル問題

ETS公式サイトからTOEFL ITPテストのサンプル問題(Level1、2のセクション1~3)を閲覧できます。

 

≫公式サイト:『Sample Test Questions』(ETS)

TOEFL ITPテスト対策まとめ

TOEFL ITPは世界50か国、2,500以上の団体で実施されている世界基準の英語能力評価テストです。

アカデミックな専門テーマから出題されるため難易度が高く、「読む・聞く」の英語2技能を正確に測定します。

海外留学や国内の大学受験などではスコアを利用できませんが、比較的安い料金で受験でき、積極的に活用したいテストの一つです。

 

【関連記事】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

あなたにおすすめの関連記事

SNSでお気に入り登録♪

このエントリーをはてなブックマークに追加