TOEFL iBTスピーキング対策|3つの対策法と設問例、テスト概要

TOEFL iBTスピーキング対策

TOEFL iBTスピーキングセクションは、ヘッドセットを装着しパソコンに向かって淡々と英語を話すテストですが、解答のひな形「テンプレート」を暗記すれば満点レベルを取れる簡単な試験ではありません

日本の学校教育は、英語が話せるようになる本質的な授業や実践練習が少なく、スピーキングスキルが身につきづらいのが現状ですよね。

2020年の教育改革で英語4技能を習得するきっかけが増え、”海外留学”や”英語を使った仕事に就きたい”学生さんの夢を後押ししてくれることに期待したいです。

今回は、TOEFL iBTスピーキング問題の概要とおすすめの対策法、勉強法を解説させていただきます。

TOEFLスピーキング対策《単語帳・参考書・過去問題集》

『スピーキング・ライティング攻略のためのTOEFL iBTテスト必修フレーズ100』

発売日:2016年3月16日

出版社:テイエス企画

著者 :鈴木 瑛子

 

『スピーキング・ライティング攻略のためのTOEFL iBTテスト必修フレーズ100』は、初めてTOEFL試験を受験する方におすすめの、2技能に特化したわかりやすい参考書です。

自分の主張を論理的に伝える英語フレーズが100種類収録されており、覚えることで本番でもスラスラとアウトプットできます。

練習問題も豊富で、解答例や解説も丁寧に記載されています。英語初心者の方も安心して取り組めます。

『TOEFLスピーキング問題110 改訂版』

発売日:2014年2月25日

出版社:旺文社

著者 :島崎美登里 Paul Wadden Robert Hilke

 

『TOEFLスピーキング問題110 改訂版』は、英語教材に精通する旺文社出版で、TOEFLスピーキングセクションの基礎から実践・応用までを学べる充実した一冊です。

TOEFLスピーキングの概要や基礎知識、実践的な問題演習、本番形式の模擬試験までを網羅しています。

各パートで効率的に解く「型」を学び、確実にスコアを取る方法が身につきます。

また、実際にオンラインで模擬テストが受けられます。採点はありませんが、自分の音声を録音して何度も復習できるので、弱点や苦手ポイントの対策ができます。

『TOEFL iBT(R) TEST スピーキングのエッセンス』

発売日:2015年11月

著者 :Z会編集部

 

『TOEFL iBT(R)TEST スピーキングのエッセンス』は、通信教育や塾などの教育事業を手掛けるZ会出版のTOEFLスピーキング対策本で、高得点が取れる受験テクニックを学べます。

論理的に伝えるために頭の中で自然と行っている「情報整理→発信」プロセスや、Critical Thinking(批判的思考力)、多様な表現力などが身につきます。

また、Z会グループ独自の指導ノウハウや実績から、本番試験でミスしやすいポイントを教えてくれます。語彙や文法などの基礎的な間違いではなく、自分では気付きにくい論理展開のミスや話し方を具体例を交えて解説してくれます。

48問の問題演習や2回分の模擬試験も付属されているので、実践力も養うことができます。

TOEFLスピーキング対策《英語塾・予備校》

Liberty English Academy

TOEFL iBT対策で数多くの実績がある英語学校で、難関大学合格や名門の海外大学留学を長年サポートしています。目標達成への指導に自信があるからこそ「成果保証制度」を完備しています。

短期間でTOEFLスコアアップに導く根幹には、英語教授法で有名なコロンビア大学で独自性が認めらた「グラマーテーブル」というメソッドの存在があります。

学校では教わらなかった英語の規則・構造を本質的に理解できるので、スピーキングに限らず、4技能を底上げすることが可能です。

【関連記事】

【取材】Liberty English Academyカウンセリング・授業体験の感想

実際に私も授業を受けましたが、熱心にわかりやすく教えてくれる日本人講師の人柄も魅力の一つです。

 

【料金】

TOEFL iBT対策コース:288,000円~(24回~)

〈入会金50,000円〉

※金額は全て税抜き価格で、2019年11月30日時点のものです。

【教室】

住所:東京都港区芝5-13-14 THE GATE MITA 2F

アクセス:田町駅・三田駅より徒歩5分/赤羽橋駅より徒歩7分

 

公式サイトで詳しく見る

当サイトから申込で入会金 最大0円

TOEFL/TOEIC対策スクール【LIBERTY】

 

ブラスト英語学院

ブラスト英語学院のTOEFL iBT対策では、61点〜79点を目指す初級〜中級者コースと80点〜110点を目指す上級者コースがあります。

講師はTOEIC満点・英検1級を持ち、高い英語力と丁寧で分かりやすい指導力に定評があります。

「リスニング・ライティング・リーディング」の3技能は集団レッスンで、「スピーキング」技能は個別レッスンでしっかり学べます。

また、英作文の個別添削は無料で、無制限。書くスキルに課題を感じている方にもおすすめです。

 

【料金】

初級〜中級(目標TOEFL iBT61〜79)/上級コース(目標TOEFL iBT80〜110)

  • 3技能(週1回 × 2か月):100,000円
  • 個人レッスン:1回8,000円~

〈入会金無料〉

※金額は全て税抜き表記で、2019年11月30日時点のものです。

【教室】

住所:東京都渋谷区渋谷2-11-1 ナガタビル202

アクセス:表参道駅より徒歩7分/渋谷駅より徒歩8分

 

公式サイトで詳しく見る

TOEFL対策【ブラスト英語学院】

 

バークレーハウス語学センター

日本人講師とネイティブ講師が得意分野を生かしたWサポートのTOEFL iBT対策講座で、スコアアップのための解き方ではなく、日本人が苦手とするスピーキングの弱点を根本的に克服できます。

バークレーハウス語学センターは1973年創業の歴史ある英語学校で、政府や教育機関での外部研修も担当する実績があります。

英語教授法の資格を持つ講師は信頼感があり、教室に在籍するカウンセラーもTOEFL受験経験者です。

受講形式はマンツーマン、グループ、オンライン講座の3種類から選べます。1レッスン55分と長く、自由予約制の通いやすさも魅力です。

試験直線に最適な短期集中プログラムもあり、自分の目標・目的に合わせて受講できます。

 

【料金】

TOEFL80点・100点突破/SW・LRコース:40レッスン320,000円

〈入会金20,000円〉

※2019年11月13日時点の税抜き表記価格で、コースは一例です。

【教室】

住所:東京都千代田区五番町5-1

アクセス:市ヶ谷駅すぐ

 

公式サイトで詳しく見る

TOEFL対策【バークレーハウス】 

TOEFLスピーキング対策《オンライン通信講座》

mytutor

TOEFL iBTを熟知した外国人講師によるSpeaking・Writing・Reading・Listeningの4技能別「特訓ゼミ」「模試」が、家にいながら受けられます。

オンライン英会話mytutorのレッスンは担任制で、生徒の弱点・強みを把握する講師が最後までサポートしてくれます。

1日の受講回数に上限がないため、好きな時間、ご自身の都合に合わせて集中的に勉強することも可能です。

 

【料金】

1レッスン25分×50回~:29,800円~

※上記の金額は全て税抜き表記で、2019年11月13日時点のものです。

 

公式サイトで詳しく見る

≫【高音質オンライン英会話 】≪

 

Best Teacher

TOEFL iBTスピーキングとライティング対策に特化したオンライン講座で、通学授業さながらの実践的なトレーニングが人気です。

オンライン英会話Best Teacherでは、自分で作成した英文を教材としてスピーキング練習を行います。英文は講師に添削してもらえるので、正しいライティングができるようになります。

また、旺文社出版の参考書から厳選した、スピーキング問題(30問)とライティング問題(12問)による問題演習にも取り組みます。

 

【料金】

月額15,000円

※上記の金額は全て税抜き表記で、2019年11月13日時点のものです。

TOEFL iBTスピーキングセクション|設問例と概要

TOEFL iBTスピーキング対策

(写真:ミズーリ大学/米国)

制限時間・問題数・スコア・解答形式

制限時間 問題数 スコア
17分

4問

  • Independent Task:1問
  • Integrated Task:3問
0〜30点

 

TOEFL iBTテストのスピーキングセクションでは、マイク付きヘッドセットを着用して、パソコン画面に向かって一人で英語を話します

英検の二次試験のように試験官相手と個室で面接する形式ではなく、対人とは違った緊張感があるかもしれません。

そこで録音した音声が採点対象となるので、自然体で話せるように事前練習を繰り返しましょう。

2019年8月のTOEFL iBTテスト変更点

2019年8月、TOEFL iBTテストの問題数が減り、試験時間が若干短縮されました。

スピーキングセクションでは、6タスクから4タスクに変更され、試験時間も20分から17分に短くなりました。

出題傾向などはとくに変わっていないので、これまで通り入念な対策を行いましょう。

統合型問題(Integrated Tasks)

統合型問題(Integrated Tasks)は、スピーキングに限らず、リスニングとリーディングのスキルを組み合わせて解答する必要のある問題です。

文章を読み、その内容と同じ音声を聞いて質問に答える問題と、講義や会話の一部を聞いて質問に答える問題の2パターンあります。

 

出題テーマは大学講義やキャンパスライフでの日常に関するものです。

独立型問題(Independent Task)

独立型問題(Independent Task)は、自分の考えや意見、好みについて話す問題です。

自分の意見を明確に伝え、論理的に説明するスピーキングスキルが求められます。

 

【解答テクニック】

最初に、自分の主張を簡潔に伝えましょう。次に、具体例を交えながら主張を支える理論を「理由は3つあります。1つ目は、・・・」と話すことで高得点につながりやすくなります。

サンプル問題(TOEFL iBT Reading Practice Sets)

TOEFLテストを作成・運用する非営利教育機関「ETS(Educational Testing Service)」公式サイトでは、実際に出題された過去問題を確認できます。

試験形式に慣れることを目的に無料公開されているので、雰囲気や難易度を実際に味わうことができます。

 

『TOEFL iBT® Practice Sets』by ETS

まとめ:TOEFL iBTスピーキング対策で海外大学留学へ

TOEFL対策におすすめの参考書・問題集、英語塾、オンライン講座を厳選してご紹介しました。

TOEFL iBTスピーキングで高得点を取るには、十分に耳を英語に慣らせる、テンプレートの暗記に頼らず自分の意見で話す、パスコン相手のテストに臆さない、3つのことに心掛けましょう。

早期対策は大切ですが、やみくもに始めず計画的に学習に取り組むことで周りの受験生に差を付けることができます。

自分に合う勉強法で、その先の海外大学への留学を勝ち取りましょう!

 

《関連記事》

あなたにおすすめの関連記事