英語塾と英会話教室の違いは?受験で有利なのはどっち?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
英語塾と英会話教室の違い

お子様に学校以外で英語を習わせようと考えた時に、主に「英語塾」と「英会話教室」の2つの選択肢をイメージされる方が多いのではないでしょうか。

同じ英語を学ぶ場所でも、英語塾と英会話教室には様々な違いがあります。

今回は英語塾と英会話教室の違いを比較してみましたので、特長や学習内容、講師、授業料、サポート体制などの違い・共通点を比べてどちらが良いかお選びいただければと思います。

英語塾の特長

英語塾は小等部、中等部、高等部など学年別にクラス分けされており、”学校教育のサポート”といった位置付けで授業を行っているところが一般的です。

 

学校授業で学ぶ「読む」「書く」スキルを指導科目とする英語塾が多いですが、新しい大学入試では英語4技能を重視する背景から、近年では4技能対応の英語塾が増えています

また、中学校や高校、大学の受験対策や中間・期末テスト対策、学校授業の補習などを専門にしているユニークな英語塾もあります。

 

代表的な英語塾

 

他にも学校の長期休暇に合わせて、夏期講習や冬期講習などの短期集中講座が実施される場合も多いです。

 

代表的な短期集中講座

英会話教室の特長

英会話教室は日常英会話やビジネス英語、トラベル英会話、海外留学準備など目的別・レベル別にクラス分けがれることが多く、学年や年齢での区別は一般的ではありません(子供英語教室は除く)。

 

英会話教室での指導科目はコミュニケーションに必要な「話す」「聞く」がメインです。

語彙・英文法から丁寧に学ぶことを重視するよりも伝わる会話力を重点的に習うことができます。

教科書通りではない実戦的な英会話表現を身につけられるメリットがあります。

 

英会話教室の中にもライティングの添削指導を行っている教室もあり、指導の幅を広げているケースもあります。

英語塾と英会話教室の違いを徹底比較!

英語塾と英会話教室の違い

学習内容の違い

英語塾の学習内容は主に「読む」「書く」が中心で、学校教育で指導される内容に準じていますので、受験対策や中間・期末テスト対策などにも効果的です。

しかし、中学校から英語の授業がオールイングリッシュで行われるなど、英語教育改革が始まってからは英語4技能をすべて重視する教育に変わりつつあります。

その波を受け、英語塾でも英語4技能をまんべんなく指導してくれるスクールが増えています。

 

一方で、英会話教室の学習内容は「話す」「聞く」が中心です。

実戦的な練習の中で、自分の考えを積極的にアウトプットしたり相手の話している内容を正確に聞き取ったりする力が英会話教室では養われます。

講師、スタッフの違い

英語塾の講師やスタッフは日本人が多いのが特徴です。

英語塾で指導されることが多い「読む」「書く」などの難しい文法や表現などを理解するためには日本語の方が適しており、解説力のある日本人講師を採用しているからです。

 

一方の英会話教室の講師は、外国人講師、ネイティブ講師が多いです。

これは本場の発音や表現に触れさせることに外国人講師などが適しているからです。

しかし、普段の指導で日本語が不自由なケースもあるため、講師と生徒の橋渡しとなるスタッフは日本人が担当することが多いです。

レッスンや日々の英語学習での相談がある場合は、日本人スタッフが担当してくれます。

教室、設備の違い

総務省統計局が2014年に発表した経済センサスによると、全国の学習塾の数は約35,000箇所、外国語教室の数は約6,000箇所と、日本国内には学習塾数の方が約6倍多いデータがあります。

 

設備に関しては、英語塾には自習室があることが多く、授業の前後に自習することもできます。

一方で、英会話教室にはカフェスペースなど生徒同士で談笑できるエリアが設けられていることが多いです。

授業料の違い

授業料については、英語塾でも英会話教室でもレッスン参加人数によって変わります。

 

授業料が安い順に、集団レッスン→少人数レッスン→マンツーマンレッスンという順です。

目安としては、大手英会話教室の週1回グループレッスンの場合は月2万円〜3万円ほどが料金相場になります。

 

ご参考にどうぞ!

サポート体制、保証制度の違い

英語塾では、学校の宿題やご家庭での自学自習法へのアドバイスなどサポート範囲が広いのが特長です。

英会話教室のサポートとしては、自学自習に適したテキストを教えるなど、英語塾に比べると充実度が物足りない可能性があります。

 

保証制度に関しては、英語塾では目標点数を取れなかったり志望校に合格できなかった場合に授業料を返金する保証などを掲げているスクールがあります。

英会話教室では、授業内容に満足できない場合の返金制度を採用しているところがあります。

 

その他、入会キャンペーンなどお得な特典は英会話教室の方が安定して定期実施している印象です。

中学~高校~大学受験対策なら英語塾がおすすめ

英語塾と英会話

進学や資格、留学、就職に有利な英語4技能が身につく

近年の大規模な教育改革以降、学校教育でも英語4技能を重視しつつあることから、英語塾でも「読む」「書く」に加え「話す」「聞く」技能もカバーするスクールが増えています。

 

ご参考にどうぞ!

 

大学入試でも英語4技能が求められる時代です。

海外留学をするためには海外現地の授業を英語のまま理解する力が必要で、就職の際も企業によっては英語力が重視されます。

社会人になってからも英語スキルが活躍する場面、日頃の業務がたくさんあります。

時代の流れの中で、学生のうちから英語4技能を学んでおくことは非常に価値があることです。

 

中学・高校・大学受験対策のみならず、今後、長く使える英語力を身につけるためには英語4技能を学べる英語塾がおすすめです。

個別指導で苦手分野を克服できる

英語塾には苦手分野に集中してマンツーマンでの個別指導が受けられるスクールが多くあります。

集団授業で基礎的な内容を学び、個別指導でピンポイントに対策する、といった掛け合わせもおすすめです。

 

英語塾の個別指導における効率的な指導によって、実際に、短期間で実力を伸ばす生徒が多くいらっしゃいます。

大学入学共通テストの英語入試を早く・正確に準備できる

大学入学共通テストは開始されたばかりの試験制度で、過去問や参考書による傾向分析、データが乏しいためになかなか対策が難しいと言われています。

そんな中でもいち早く受験情報を収集し、試験制度の特徴を正確に捉えて対策を実行できる英語塾は、受験対策の大きな味方になります。

やるべきことを分かりやすく示してくれれば、大変な受験期でも迷うことなく勉強に打ち込むことができます。

 

志望校が決まっていて受験に絶対合格したい場合は、英語塾をうまく活用することが重要です。

 

ご参考にどうぞ!

英語塾と英会話教室はお子さんの目的に応じて選ぶのが大切

ここまで英語塾と英会話教室の特徴や違いなどをお伝えしてきましたが、どちらも長所が異なるので、お子さんの英語学習の目的に応じて決めるのが重要です。

 

英語塾をおすすめする場合は、以下のケースです。

  • 受験対策をしたい
  • 学校の英語の成績が悪い
  • 学校の勉強に付いていかせたい
  • 小学生で、中学校以降の英語学習を先取りさせたい
  • 英語4技能を身につけさせたい など

一方、英会話教室をおすすめする場合は、以下のケースです。

  • 実戦的な英会話スキルを身につけさせたい
  • 綺麗な発音を習得させたい
  • 外国人の方と物怖じせず話せるようにさせたい
  • 外国の異文化や価値観などを学ばせたい

 

また英語塾をおすすめしない場合は、以下のケースです。

  • ネイティブの発音を身につけさせたい
  • 会話力を重点的に伸ばさせたい

英会話教室をおすすめしない場合は、以下のケースです。

  • 正しい文法を学ばせたい
  • 受験期のお子さんで志望校合格が第一目標である

 

上記の例をご参考にされながら、お子さんとしっかり話し合い、学習目的に合う選択肢を選びましょう。

The following two tabs change content below.

英語学校しらべ編集長

編集長・ライター
大手英会話スクールや市販教材では結果が出ず、TOEIC500点、英検3級の取得で挫折。縁あって英語事業者様への取材(数十社)やレッスン体験談をレビューする仕事に就き、英語習得における方法と学習量の重要性を知る。私生活でもフィリピン留学を経て海外移住を計画中の父から語学学校の英語漬け生活や効率的な勉強法、英会話を教わる。TOEIC再受験に向けて独学中。≫記事編集方針のご紹介
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

あなたにおすすめの関連記事

インタビュー

Liberty English Academy代表インタビュー

 

NLPE英語コーチングスクールインタビュー

 

ブラスト英語学院インタビュー

SNSでお気に入り登録♪

このエントリーをはてなブックマークに追加