TOEICオンライン受験は個人申込できる?テスト概要と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
TOEICオンライン受験の個人申込み

2020年4月より、TOEIC Listening & Reading Test(通称:TOEIC L&Rテスト)では一部の条件でオンライン受験が可能になりました。

TOEICテストは原則、申込み資格や受験資格を設けておりませんが、全員がオンライン方式で受験できるわけではありません。

そこで今回はオンライン受験版TOEIC L&Rテストは個人申込みができるのか、会場受験との違いや試験日程、受験料、注意点などを詳しくまとめました。

TOEIC IPテストオンライン受験は個人申込みできる?

TOEICオンライン受験の個人申込み

原則、団体申込みのみ

TOEIC L&Rテストでオンライン受験できるのは、団体申込み(団体特別受験制度)の「TOEIC L&R IPテスト」のみです。原則、個人申込みでは受け付けておりません。

「団体」とは会社や学校を指しています。

ご自身が所属している団体がTOEIC L&R IPテストを実施しない限り、現状では個人でオンライン受験をすることはできません。

TOEICオンライン受験を個人申込みする方法

個人でどうしてもTOEICをオンライン受験したい場合、唯一、可能な方法があります。

 

TOEIC L&R IPテストをプログラムに組み込んでいる英語スクールを利用することです。

学習の習熟度、英語力の成長度を測るためにTOEICスコアを用いるスクールは珍しくなく、状況に応じて受講生の方個人でもTOEIC L&R IPテストのオンライン受験方式を選択できる場合があります。

該当スクールの受講生であれば個人でもTOEICをオンライン受験できます。

 

下記、TOEIC L&R IPテストのオンライン受験ができる可能性のあるスクールの一例です。

 

スクール名 特徴 公式サイト
イングリッシュカンパニー 第二言語習得研究に基づく科学的メソッド イングリッシュカンパニー
プログリット 短期集中英語コーチングスクール プログリット
トライズ ビジネス英語のスピーキング力向上に特化 トライズ
ステージライン 受講料金が月謝制で通いやすい ステージライン

※左右上下スクロールで表全体が見られます。

 

TOEIC IPテストオンライン受験の試験概要

TOEIC IPテストとは?

TOEIC IPテストとはTOEIC Institutional Programの略称で、学校や企業などの団体単位で申し込みをする団体特別受験制度のテストです。

TOEIC IPテストは企業や学校など主催団体が各自、試験日や受験会場を自由に決められる特徴があります。

 

一方、個人申込みのTOEIC公開テストはTOEICを運営・実施する大元の団体側が指定した試験日や受験会場の中から選びます。

オンライン受験と試験会場受験の違いは?

TOEIC IPテスト、およびTOEIC L&R IPテストにはオンライン受験と試験会場で受験する2種類の方式があります。

 

比較項目 オンライン受験 試験会場
回答方式 パソコン入力 マークシート
試験時間 約1時間 約2時間
受験会場 団体指定の会場 or 自宅 団体指定の会場
受験人数 1名〜 10名〜

 

大きな違いは、試験会場での受験と比較して試験時間がおよそ半分と短く、他の英語資格試験の中でも特にスピーディーに受けられる点です。

短時間で受験できるのは受験者の英語能力に応じて試験問題を変化させていくシステムを利用した適応型のテスト形式「CAT(Computer Adaptive Test)」を採用しているからです。

 

CATでは、テスト前半では全受験者に共通の問題を出題し、後半では前半の得点を加味した最適なレベル・難易度の問題が出題される仕組みです。

CATシステムの導入により、より少ない問題数で受験者の英語力を正確に測定できるようになりました。

試験日程、時間、会場、受験料

TOEIC L&R IPテストの試験日程は学校や企業など主催団体が自由に決めることができます。

試験会場も主催団体が指定でき、自宅でのオンライン受験も可能です。

 

試験時間は約1時間と短く、受験料はオンライン受験・公開テスト共通で4,230円(税込)です。

申込み方法

TOEIC L&R IPテストのオンライン受験申込みは、主催団体の担当者が行います。

インターネット経由で申し込むことができるので手間はかかりません。専用のお問い合わせ相談窓口が設置されています。

 

【お問い合わせ相談窓口】

受付時間:平日10:00〜17:00

お問い合わせ先:一般社団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会

  • 東京:TEL 03-5521-5901
  • 名古屋:TEL 052-220-0282
  • 大阪:TEL 06-6258-0222

スコアレポート

TOEIC L&R IPテストオンライン受験とTOEIC公開テストで算出されるスコアは同等に扱われます。同じ価値のある英語資格試験ということです。

ただし、注意点としてTOEIC IPテストは運営・実施の権限がTOEIC主催団体ではなく企業・学校など各団体に委ねられているため、公式認定証を発行することはできません

 

TOEIC L&R IPテストのオンライン受験時のスコアレポートは試験終了後パソコン画面上にすぐ表示され、その場でご自身の実力を確認できます

紙のスコアレポートは郵送されませんが、オンライン上のスコアレポートはPDF形式で表示されるので必要あれば印刷しましょう。

TOEIC IPテストオンライン受験の出題内容

TOEIC L&R IPテストはリスニングセクションとリーディングセクションの2つで構成されています。

各セクションではまず全受験者共通の25問(Unit One)が出題、一旦そこで受験者の英語レベルが測定された後、前半の英語レベルに適した難易度の20問(Unit Two)が出題されます。

 

セクション Unit パート 問題数
リスニング(約25分) One 写真描写問題 3
応答問題 4
会話問題 9
説明文問題 9
Two 応答問題 5
会話問題 9
説明文問題 6
リーディング(37分) One 短文穴埋め問題 5
長文穴埋め問題 4
読解問題 16
Two 短文穴埋め問題 7
長文穴埋め問題 4
読解問題 9

※左右上下スクロールで表全体が見られます。

 

TOEIC IPテストオンライン受験の注意点

TOEIC L&R IPテストをオンライン受験する際の注意点は、3つです。

事前にやイヤホンを準備すること、Windowsのパソコンのみ受験可能なこと、公式認定証が発行されないことを是非ご確認ください。

 

1、ヘッドホンやイヤホンを準備する

オンライン受験版TOEIC L&R IPテストは受験者によって出題される問題が違うため、リスニングセクションでは各自イヤホン、ヘッドホンを使って音声を聞き取ります。

試験会場での受験では一斉にリスニング音声が流れますが、オンライン受験時は受験者が個々で必要な道具を用意する必要があるため注意しましょう。

 

2、対応しているパソコンはWindowsのみ

TOEIC L&R IPテストでオンライン受験できるパソコンはWindowsのみで、Macは非対応です。

WindowsでもWindows 8.1と10のみの対応となっているので、OSの確認も必須です。

 

3、公式認定証が発行されない

オンライン受験に限った話ではありませんが、TOEIC L&R IPテストでは公式認定証が発行されません。

基本的にTOEIC L&R IPテストのスコアはその団体内での利用が可能です。

TOEICスコアを利用した就職活動や転職、大学受験などをお考えの方は注意が必要です。

 

スコア提出先がTOEIC IPテストの主催団体であれば何ら問題はありません。例えば、社内での昇進の判断材料としてスコアを用いたり、大学授業の単位不要に使用される等のケースです。

しかし、提出先が主催団体と異なる場合はスコアを利用できない場合があります。例えば、就活や転職の採用面接でTOEICスコアが求められたり、大学受験でTOEICスコアを提出する等です。

後者の場合はTOEIC L&R IPテストではなく、公式認定証が発行されるTOEIC公開テストの受験をおすすめします。

 

まとめ

原則、TOEIC L&R IPテスト(TOEIC IPテスト)のオンライン受験は個人での申し込みができません。

個人でオンライン受験されたい場合は、TOEIC IPテストの受験がプログラムに組み込まれている英語スクールに通うといった裏技的な方法があります。

TOEICのオンライン受験は試験会場での受験といくつかの違いがあり、また、IPテストと公開テストにも違いがあるので、用途によって最適な方式を選びましょう。

 

【関連記事】

“TOEIC対策”カテゴリー記事一覧へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

あなたにおすすめの関連記事

SNSでお気に入り登録♪

このエントリーをはてなブックマークに追加