【必須】TOEIC対策におすすめアプリと試験傾向まとめ|初心者・社会人向け

toeic-measures-apps-matome

外資系企業はじめ、メーカーや商社、航空、自動車、インフラなど有名・大手企業では、新卒・中途の採用基準にTOEICスコアを設けている会社が多数あります。

また、楽天やユニクロでは社内で「英語公用語化」がなされており、ビジネスマンには使える英語力が求められています。

学校卒業以来、久しく英語に触れていなかった大人が独学でTOEIC対策するには、正しい勉強法と短期間で成果につながる計画性が大切です。

今回は、英語初心者さんのTOEIC対策におすすめの英語学習アプリを厳選まとめ、高得点を狙うなら把握しておきたい試験傾向などもご紹介します!

TOEIC®対策に人気の英語学習アプリ

スタディサプリENGLISH TOEIC®L&Rテスト対策

スタディサプリ

(出典:https://eigosapuri.jp/toeic/)

リクルート社が運営する人気の英語学習アプリ『スタディサプリENGLISH』では、オンラインで本格的なTOEIC対策ができます。

動画による授業と練習問題を組み合わせて、しっかりと勉強できる構成となっています。

レッスン動画は丁寧で分かりやすく、TOEIC初心者さんでも理解しやすい解説です。

アプリには勉強時間をグラフで見れる機能があり、勉強量が可視化されて学習への達成感を感じやすく、モチベーションが続きやすい特徴があります。

 

\まずは無料体験!お申込みはこちら/

【スタディサプリ ENGLISH】 

 

TOEIC presents English Upgrader

TOEIC presents English Upgrader

(出典:https://www.iibc-global.org/toeic/support/englishupgrader/appli/01.html)

『TOEIC presents English Upgrader』は、TOEICテストを運営する国際ビジネスコミュニケーション協会が無料で提供している、公式の英語学習アプリです。

アプリ内でTOEIC試験日を確認できる等、便利な機能も揃っています。

一度ダウンロードするとオフライン環境で何度でも再生でき、いつでもどこでも自由にリスニング練習が可能です。

ビジネスシーンを想定した会話音声が豊富に用意されているので、社会人のTOEIC対策におすすめのアプリケーションです。

 

金のフレーズ2

金のフレーズ2

(出典:https://www.monokakido.jp/learning/expressgp2/)

『金のフレーズ2』は、大人気TOEIC参考書をアプリ化したもので、教材よりも料金が安いのが特徴です。(参考書は1,000円で、アプリは600円です。)

また、間違った問題にチェックを付けられたり、リスニングをアプリ上で何度でも聞けたり、より便利になっています。

英単語は目標スコア別にレベル分けされており、効率的に勉強ができます。

 

レアジョブ瞬間英単語

レアジョブ瞬間英単語

(出典:https://apps.rarejob.com/flashwords/jh/?ref=alp)

『レアジョブ瞬間英単語』は、オンライン英会話で有名なレアジョブが運営する英単語アプリで、出題される単語の意味を即答する練習を繰り返すことで語彙を定着させる勉強法です。

TOEICテストは時間との勝負でもあるので、この英単語帳を使って、素早く脳内から単語の意味を引き出すトレーニングが有効になります。

TOEIC®対策にアプリがおすすめな理由

英語学習アプリでのTOEIC対策をおすすめする理由は、3つあります。

アプリ専用の機能で効率的にTOEICが勉強できる

TOEIC対策アプリなら、よく間違う問題や曖昧な単語を自動でまとめてくれたり、英語リスニング音声を流してくれたり、便利な機能が多く、短期集中で本格的な勉強ができます。

紙ベースの参考書では自分で記述する等の手間があり、アプリなら面倒な作業を省くことができるメリットがあります。

時短の効率が良い勉強ができます!

料金が安くコスパが良い

英語4技能別の参考書や問題集、過去問題、単語帳などのテキスト教材一式を揃えるよりも、オンラインのTOEIC対策アプリの方が費用を抑えられる場合もあります。

実際にアプリ画面も見やすい・使いやすいものが多く、オンラインに慣れている方にはとくにおすすめです。

スキマ時間に勉強しやすい

通学の満員電車の中は、単語帳を開くことが難しい場合も多いですよね。

スマホを使ったTOEIC対策アプリなら場所や時間を問わず、空き時間を活用して手軽に試験勉強ができるメリットがあります。

TOEIC®対策アプリの失敗しない選び方

TOEIC対策で英語学習アプリを使って勉強したい方は、ぜひ『楽しみながら勉強を続けられるか?』を目安に選んでみましょう!

 

TOEIC対策アプリは、スマホを使った勉強法という手軽さゆえに、学習継続を自分の意志で行う必要があります。

今より100点以上点数を伸ばしたり、700点・800点等ハイスコアを狙ったり、目標のスコアを獲得するには「自習の習慣」も大切です。

アプリの搭載機能や学べる内容をしっかり比較して、ご自身が英語を学び続けられるか確認しましょう。

【関連記事】

東京|TOEIC対策スクール講座8選と点数UPの勉強法|社会人・学生向け

TOEIC®の試験特徴

TOEIC

(出典:http://www.iibc-global.org/toeic.html)

TOEIC®(トーイック)とは?

TOEICとは、「Test of English for International Communication」の略称で、非営利テスト開発機関「Educational Testing Service(ETS)」によって開発されたグローバルスタンダードな試験です。

英語コミュニケーション能力を測ることを目的に、日本では1971年に初めての試験が実施されました。

 

TOEIC®の試験は2種類

TOEICには、「TOEIC® Listening & Reading」テストと「TOEIC® Speaking & Writing」テストの2種類あります。

 

Listening & Reading|出題内容・必要スキル

■ Listeningセクション

【出題内容】

約45分間で、合計100問が出題されます。

パート1:写真描写問題6問

写真の状況を説明する4つの短文が流れ、写真の意味に最も近い英文を選択する問題です。

パート2:応答問題25問

質問や文章に対して、3つの英文が読まれます。その中から最も適切なものを選択する問題です。

パート3:会話問題39問

2~3人の会話が流れ、問題用紙に書かれた選択肢から適切なものを選びます。

また、会話内容と解答用紙の図・グラフを紐づけて、考察する問題も出題されます。

パート4:説明文問題30問

ナレーションやアナウンス音声が1度だけ放送され、正しい選択肢を選びます。

【必要スキル】

的確な英語聞き取り能力や状況把握能力、図やグラフの分析能力などが必要とされます。

 

■ Readingセクション

【出題内容】

75分間で、合計100問が出題されます。

パート1:短文穴埋め問題30問

不完全な文章を完成させるために、適切な選択肢を選ぶ問題です。

パート2:長文穴埋め問題16問

不完全な文章を完成させるために、正しい選択肢を選び、各長文に4つの問題が設けられています。

パート3:1つの文書29問、複数の文書25問

正しい選択肢を選ぶ問題で、文書内に追加で一文挿入する問題もあります。

【必要スキル】

正しい語彙や文法の知識や英文読解能力、論理的思考力などが必要とされます。

 

Speaking & Writing|出題内容・必要スキル

■ Speakingセクション

【出題内容】

約20分間で約11問が出題されます。

  • アナウンスや広告などの短い英文を音読する問題
  • 写真を見て内容を説明する問題
  • 身近な問題についてのインタビューに答える問題
  • 電話での会話についての設問に答える問題
  • 掲示された資料に基づいて設問に答える問題
  • 会議の内容を聞いて理解した上で、設問に答える問題

あるテーマについて自分の意見を述べる問題

【必要スキル】

正確な発音やイントネーション、文法、語彙力、主張の一貫性や妥当性などが求められます。

 

■ Writingセクション

【出題内容】

約60分間で8問が出題されます。

  • 与えられた2つの語句を使って写真の内容に合う一文を作成する問題
  • 25〜50語のEメールを読んで、返信文を作成する問題
  • 提示されたテーマに対する自分の意見を記述する問題

【必要スキル】

文法や語彙力、文章構成力、論理的思考力などが求められます。

4技能を網羅したTOEIC®対策なら英語スクールが最適!

TOEIC対策を自分で勉強する場合、モチベーションが続かなかったり途中で挫折してしまったり、点数が伸び悩むケースがあります。

とくにSpeaking・Writingセクションの問題には決まった正解がなく、自習での対策が正直難しいです。

点数アップ・高得点につながりやすい正しい勉強法で、本格的にTOEIC対策したい社会人には、必要な英語4技能を網羅した指導を受けられる人気の英語学校『アルプロス』がおすすめです。

 

国際資格試験に強い英語学校「アルプロス」

短期集中型の英語学校ALPROS(アルプロス)

(出典:https://www.alpros.co.jp/)

アルプロスは、英語4技能の基礎固めや社会人のやり直し英語、TOEICやTOEFL、英検など国際資格試験の対策に評判の短期集中スクールです。

講師は、有名な大学で講義を担当・大手企業の研修講師を務めている人材が多く在籍しています。

アクセスの良い東京・新宿から駅チカに教室があり、仕事帰りや学校帰りなど、通いやすい環境もおすすめポイントです。

【関連記事】

いま注目の英語学校『ALPROS(アルプロス)』の評判とは?!

 

TOEIC®TEST対策プライベートレッスン

アルプロスの「TOEIC TEST対策プライベートレッスン」は、試験によく出る頻出問題を独自分析したオリジナルカリキュラムで、担当講師によるマンツーマン指導でTOEIC高得点を目指します。

高い英語力と指導力で実績ある日本人講師が、生徒一人ひとりの弱点・得意に合わせて効果的なレッスンを行ってくれます。

また、目標スコア達成に向けた学習カウンセリングや計画の作成などサポートの他、模擬試験も実施されます。

 

\無料体験レッスンも好評受付中/

短期集中の総合英語学校【アルプロス】

まとめ|TOEIC®攻略・スコアアップにはアプリで対策がおすすめ!

独学でのTOEIC試験対策は英語学習モチベーションを維持しつつ、自身の弱点克服や昨今の試験傾向を把握して、勉強することが必要です。

ただ、間違った自己流の勉強法は点数が伸び悩み、高得点を取ることが難しいケースも少なくありません。

 

  • 自由な場所・時間に英語4技能のTOEIC対策できる英語学習アプリ
  • 効果的な集中レッスンを受けられる塾・予備校のTOEIC対策講座

などをご活用することをおすすめします。

ぜひこの機会に、ご紹介した無料体験レッスンにも参加されてみてはいかがでしょう?

※人気の講座体験は随時受け付けています。

 

\無料体験レッスンも好評受付中/

短期集中の総合英語学校【アルプロス】

【スタディサプリ ENGLISH】 

\あなたにおすすめの関連記事/