TOEIC対策

TOEIC(トーイック)は日常英会話からビジネス英語まで幅広い英語コミュニケーション能力を評価する公式の資格試験です。外資系・大手企業を中心に、就職や転職の採用、昇給、海外転勤の判断基準にも採用され、効率的なTOEIC対策が必要です。TOEIC L&RとTOEIC S&W対策におすすめの英語スクール・予備校・塾や勉強法、テスト特徴、傾向、料金などまとめました。

【必須】TOEIC対策におすすめアプリと試験傾向まとめ|初心者・社会人向け

toeic-measures-apps-matome
外資系企業はじめ、メーカーや商社、航空、自動車、インフラなど有名・大手企業では、新卒・中途の採用基準にTOEICスコアを設けている会社が多数あります。 また、楽天やユニクロでは社内で「英語公用語化」がなされており、ビジネスマンには使える英語力が求められています。 学校卒業以来、久しく英語に触れていなかった大人が独学でTOEIC対策するには、正しい勉強法と短期間で成果につながる計画性が大切です。… 続きを読む

独学でTOEIC800点突破する方法|点数アップの勉強法・対策法まとめ

独学のTOEIC点数アップ勉強法と対策法まとめ
独学でTOEIC対策するときの勉強法として、市販の参考書・問題集、単語帳、オンラインのリスニング教材など様々ですが、通学・通勤のスキマ時間を活用して本格的にセクション別強化ができるTOEIC対策アプリも人気です。 しっかりとした学習計画と正しい勉強法でTOEIC対策することで、独学でも、600点・700点・800点の壁を突破することも可能になります。 今回は、TOEICレベル400点~800点の方向けに、独学でもハイスコアを目指せるTOEIC対策におすすめの学習教材・アプリ・スクールをご紹介します。… 続きを読む

楽天が英語公用語化した理由は?入社試験で求められる社会人の英語力とは?

楽天の英語公用語化
2012年7月より、楽天株式会社は社内英語公用語化に正式に切り替わりました。 この重大な決断の裏には、どのような理由があったのでしょうか? また、英語が公用語化したことにより、楽天社員や楽天への入社を目指す就活生に求められる英語力はどのように変わったのでしょうか?… 続きを読む