英会話教室の正しい選び方|絶対に比較すべき「7つの必須条件」

英語初心者の英会話教室の選び方

東京都内はじめ、横浜や名古屋、大阪、福岡などの主要エリアには数多くの英会話教室があります。

実際に利用者の評判をネット上で調べてみると、良い口コミと悪い口コミに分かれており、結局どこのスクールが良いのか悩んでしまいます。

有名な大手英会話教室に通っても、誰もが必ずしも「英語が話せるようになる」とは限りません。

10校以上の英会話レッスン体験、実際にスクール側に取材した自身の経験をもとに、初めての方でも失敗しない英会話教室の選び方をまとめました!

英会話教室の選び方|比較すべき「7つの必須条件」

英語初心者の英会話教室の選び方

講師の採用基準が厳しいこと

英語学習者にとって、“勉強を続けられるか”が大きな壁です。

講師の採用率が約3~4%と大変厳しい英会話スクールでは、質の高い講師が在籍しており、受講者のモチベーション維持など精神面サポートも徹底しています。

狭き門をくぐった採用後にも定期的な研修を行い、指導の質を一定レベル以上に保つ体制を整えています。

また、英会話教室の中には国際的な英語指導資格「TESOL」や「CELTA」を有しているスクールもあり、講師の質はレッスン自体の質を大きく左右します。

 

英会話講師には、ネイティブスピーカーや日本人バイリンガル講師、フィリピン人などの外国人講師がいらっしゃいます。グローバルな経験を持っていたり、ビジネス経験者だったり、国籍はもちろん人柄や趣味も違います。

カリキュラムや教材、料金、設備も重要な選択基準ですが、講師の特色を比較することも大切です。

レッスンに品質保証制度があること

レッスン品質保証制度(レッスンクオリティ保証制度)は、万が一レッスンの質に満足できなかった場合、一定期間内の申し出で再受講できる制度です。

第三者機関から認定されていること

全国外国語教育振興協会

(出典:http://zengaikyo.jp/index.html)

「全国外国語教育振興協会」の加盟校

全国外国語教育振興協会」は文部科学省が指導のもと、外国語学習者が安心して学べる環境作りに取り組む団体です。

厳しい倫理規定を順守した学校運営を行うスクールのみ、全国外国語教育振興協会の加盟が認められます。

国際規格「ISO29990」「ISO29991」認証取得

ISO29990」とは

小・中学校など公式教育以外の教育・訓練における、学習サービス事業者向け要求事項(学習プログラム・プロセス・財務管理など)を定めた国際規格です。

ISO29991」とは

公式教育以外の語学学習サービスの要求事項(講師・教材・学習環境など)を定めた国際規格です。

クーリングオフ・中途解約できること

英会話教室の中途解約制度

英会話教室に入会した後に、何らかの事情で退学せざるを得ない事情があるかと思います。

そこで、クーリングオフは可能か、途中で解約できるかを事前に確認しましょう。

特定商取引法(特商法)の法律、または全国外国語教育振興協会のガイドラインに基づき、一定期間内・一定条件を満たすことで契約解除できます。

 

クーリングオフ」とは

受講期間が2か月以上経ち、支払総額が5万円を超える場合、契約書(申込書)を受領して8日以内なら契約を解除できる制度です。

中途解約」とは

受講期間が2か月以上経ち、支払総額が5万円を超える場合、契約書(申込書)を受領して8日以後に契約を解除できる制度です。

全額返金保証制度があること

全額返金保証制度は、万が一サービスに満足できなかった場合、一定期間内の申し出で無条件に全額返金してもらえる制度です。

開始30日以内の申告まで、適用されるケースが一般的です。

「結果が出なければお金はいりません」と公言するようなものなので、信頼できる英会話教室の一つの判断基準と言えます。

 

英会話レッスンが中心の英会話教室とは別に、”コーチング系英会話”というスクール形態の大半にも、全額返金保証があります。

コーチング系英会話は、専属コーチや講師が個別に学習カリキュラムを作成、マンツーマンで指導にあたり、学習進捗管理やオンラインサポートなどを行います。

振替レッスン・休学・他教室に転校できること

英会話教室の休学サポート制度

仕事の繁忙期や急な商談、就職活動、中間・期末試験の勉強、部活の大会練習、ご病気など、レッスンを休まなければいけない時期があるかと思います。

また、転勤や引っ越しなどで、物理的に教室に通学できなくなるケースも考えられます。

 

やむを得ない諸事情で授業を休んだ場合、高額なレッスン費用を無駄にしないためにも、レッスン振替・休学・転校の制度がある英会話教室を選びましょう。

交通機関に大きな影響を及ぼす程度の台風や豪雪、地震などの自然災害時に、迅速な対応をしてくれる英会話スクールなら、より一層信頼できます。

無料カウンセリングが丁寧すぎること

英会話教室では、入会前に無料体験レッスンや無料カウンセリングを受けられます。

公式サイトに載っているレッスン料金は一例で、目的・目標・英語レベルによって料金が変わるため、事前の参加をおすすめします。

 

当日、案内してくれる専門スタッフの対応が丁寧か?無理な勧誘がないか?はもちろん、「どうすれば英語が話せるか」「なぜ話せないのか」親身な姿勢で分析してくれる英会話スクールを選びましょう。

 

【関連記事】

【訪問取材】PROGRIT(プログリット)の英語学習効果を体験した感想

まとめ:英会話教室の正しい選び方で、留学・転職・海外旅行に自信を!

講師とスタッフと三人四脚で、英語をスラスラ話す夢を叶えませんか?

ご参考までに、英会話教室選びで重要な「7つの条件」をクリアした、本当におすすめできる英会話スクールを厳選してまとめています。

ぜひこの機会に、英語学習への第一歩を踏み出しましょう。

 

▽ おすすめの英会話スクール ▽

 

≫「東京|社会人やり直し英語・基礎文法におすすめの大人向け英語塾12選

≫「東京|仕事英語が必要な社会人におすすめビジネス英会話スクール12選

≫「大手8校の英会話教室の料金を徹底比較!最もコスパ良いのはどのスクール?

お申込が多い人気スクール

【最新】2018年 - 2019年度版


皆さんが選ぶスクールランキング


【 1位 】 PROGRIT


PROGRIT(プログリット)


マッキンゼー出身の代表が運営する短期集中ビジネス英語コーチング。2ヶ月でTOEIC300点上がった受講生も。科学的根拠と独自ノウハウで英語力の伸びを最大サポート。サッカー選手の本田圭佑氏も受講中。



【 2位 】 トライズ


TORAIZ(トライズ)


年間1,000時間の英語学習を選任コンサルタントがコーチング。外資企業導入のVersantで点数アップ実績あり。全額返金保証付き。



【 3位 】 スパルタ英会話


スパルタ英会話


メディアで話題の「話す」に特化した特訓型の短期集中プログラムが人気。グループレッスン通い放題で圧倒的な会話量が魅力。



詳しいランキングはこちら

あなたにおすすめの関連記事