《体験談》STRAIL(ストレイル)をオンライン受講してみた感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
STRAILを体験受講した感想

STRAIL(ストレイル)は第二言語習得研究に基づく英語学習コンサルティングで効果的な自習プログラムを提案し、短期間で本質的な英語力が身につくサービスです。

週1回の利用しやすい受講頻度と、英語コーチングスクールの料金相場のおよそ半額、月額8.5万円という価格も魅力です。

今回は、自宅で受講できるSTRAIL「オンラインコース」1回分を実際に体験し、率直な感想をまとめました。10校以上を体験、取材した中でも特に推薦したいスクールです。

(記事更新日:

自習型英語コーチング「STRAIL:ストレイル」とは

STRAIL(ストレイル)

(写真:新宿校エントランス)

「STRAIL(ストレイル)」とは専門的視点と高い指導力で自習をサポートする英語コーチングプログラムです。

2010年創業以来、累計約8,000人の受講生を輩出してきた英語ジム「ENGLISH COMPANY」や難関大学受験予備校などを運営する教育ベンチャー、株式会社スタディーハッカーのサービスです。

2020年4月より「THE CONSULTANT」という名称から変更されました。

 

STRAILは「第二言語習得研究」に精通したコンサルタントが受講生の課題を専門的に分析し、解決に向けた自習プログラムを個別作成。

専門チームが開発・運用する教材や学習アプリと様々なトレーニングを組み合わせ、受講生一人ひとり違う課題にアプローチします。

 

また、行動科学マネジメント®に基づく指導により、モチベーションに左右されず英語学習を習慣化させることが可能です。

 

※第二言語習得研究(通称:SLA)とは、人が母語以外の言語を習得するプロセスやメカニズムを研究する学問です。

※行動科学マネジメントは(株)ウィルPMインターナショナルの登録商標です。

 

STRAIL新宿校の自習室

(写真:新宿校の自習スペース)

短期集中3ヶ月で英語力を大きくブラッシュアップすることができ、TOEICなど英語資格試験のスコアアップにもつながります。

教室への通学ほか、オンライン受講(オンラインコース)が可能です。

 

≫公式サイト:スタディーハッカー STRAIL

STRAILのオンラインコースを自宅で体験受講

STRAILのサービス内容

STRAIL(ストレイル)は自習を専門家がコンサルティングするプログラムです。

週1回の面談で、言語習得の科学「第二言語習得研究」に基づき現状課題を分析し、解決に向けた学習メニューを提案します。

 

受講生の状況に合わせてシャドーイングやディクテーション、音読、多読、パターンプラクティスなど多数の英語学習法からカスタマイズ。

無駄のない、効果的で効率的な自習をデザインします。

 

《サービス内容》

  • 課題発見アセスメント
  • 対面コンサルティング
  • 学習プランニング
  • 英語学習の習慣化サポート
  • 専門チーム開発の教材とアプリ、自習室の利用

《料金》

2か月170,000円~

 

※料金は2020年4月9日時点の税抜き表記です。

※入会金は50,000円。別途、市販教材費等が必要な場合もあります。

STRAILオンラインコースの流れ

STRAILオンラインコース

(写真:オンライン受講の様子)

オンラインコースはビデオ通話(テレビ電話)で行います。教材は郵送です。

インターネット環境の整う場所でカメラ内蔵のPCやスマートフォンを用意し、会話をしながら、メモを取りながら受講します。ヘッドセットは特に必要ありません。

 

週1回、まずアセスメントテストを受けた後(初回は60分、2回目以降は30分)、対面コンサルティングセッション、学習プランニングセッションに進みます。

英語学習の動機や遍歴、英語を使うシーンなどを伝え、2~3か月後の目標をすり合わせ、アセスメントの結果をもとに具体的な学習メニュー、時間配分、使用教材を選定します。

 

課題解決に向けて大切な宿題が毎週出されるので、次回までに仕事や家事のスキマ時間を使ってやり切りましょう。

継続が英語力向上につながります。

 

日本人コンサルタントと直接顔を合わせて会話できるビデオ通話は、教室への通学が必要な対面形式の受講時と変わらず一体感があります。

遠隔でも聞き取りやすいよう発話してくれることはもちろん、表情や口の動きがはっきりと画面越しに見え、発音練習時も不便さを一切感じません

 

また、教材のスライドを画面共有しながら教えてもらえる点も大変わかりやすいです。

アセスメントテストを60分受けてみた感想

通学不要で在宅ワークの方も取り組みやすいSTRAILオンラインコース1回分を体験し、実際の受講時と同じ初回60分間のアセスメントテストを受けてみました。

 

結果、私は「音声知覚」「チャンクリーディング」「音読」に課題があることが判明。

専門的な視点から“英語が話せない・聞き取れない”ボトルネックを解決する具体的な方法について、丁寧にわかりやすく解説してもらいました。

本当に必要な学習に絞っているので、とても効率的です。

他の英語スクールでは決して得られない学びがSTRAILにはあると感じました。

 

《アセスメントテスト》

テストは3種類。速読リーディング、チャンクリーディング、音読です。

 

1)速読リーディングのテスト

数十秒間のリスニング後、流れた音声内容をコンサルタントに伝えます。

私は英文のスクリプトを見ればある程度理解できますが、音声はほとんど聞き取れない状態でした。

本来、英単語は「文字・意味・音」のセットで覚える必要があります。この”英単語を音でインプットする”過程が足りていないそうです。

受験生だった頃、単語帳と睨めっこして黙々とノートに書き連ねていた暗記法は間違っていたと十数年越しにわかり、正しい勉強法の重要性を思い知りました。

 

2)チャンクリーディングのテスト

英文を「/」で区切った塊(チャンク)ごとに読んだ後、同様に音声内容を伝えます。

 

3)音読のテスト

短い英文を読み上げます。

 

WEBで無料相談&体験

スタディーハッカー STRAIL

STRAILの体験受講で分かった英語の課題点と解決法

STRAILオンライン受講の様子

(写真:オンライン受講の様子)

音声知覚を鍛えてリスニング力を向上

「音声知覚」とは、耳から入ってきた英語の音そのものを捉える力のことです。

相手が何と言っているのかを認識する力が弱い場合、言葉の内容を理解する工程まで頭のリソースを使えず、英語を聞き取ることができません。

 

英語の音に慣れていない方がリスニング力を伸ばすためには、音声知覚を鍛えることが大切です。

チャンクリーディングで英語を語順のまま理解できる

私たちが英語を習得する難易度が高い理由の一つに、”語順の違い”が挙げられます。

2つの語順は全く異なり、正反対の言語と言われる程です。

日本人が苦戦するのと同様に、実はネイティブスピーカーにとっても日本語を身につけることは至難の業と言えます。

 

英文を英語本来の語順のままスムーズに理解するためには、「チャンクリーディング」が有効です。

文章の意味の塊(チャンク)に「/」や改行を入れて区切り、塊ごとに意味処理をするトレーニングを繰り返すことで、英文読解力やリーディングスピードの向上にもつながります。

音読の繰り返しがリーディングスピードを上げる

言語問わず、(特に第二言語の場合)人は文章を読むときに一度頭の中で文字を音声変換してから理解をすることが多いものです。

読み方や発音がわからないと第一ステップでつまずき、読解スピードが格段に落ちてしまいます。

英語を自然な速度で音読できるようになることが、リーディングスピードを上げるうえで重要です。

STRAILコンサルタントさんへの質疑応答

STRAILコンサルタント黒澤さん

(写真:コンサルタント黒澤さん)

STRAILとENGLISH COMPANYは何が違うの?

STRAIL(ストレイル)は、英語ジム「ENGLISH COMPANY」から英語学習コンサルティングを抜粋した自習支援サービスです。

 

英語学習コンサルティングは共通していますが、主に頻度と自習スタイルが違います。

※英語学習コンサルティングとは、英語学習の課題を発見(何をすれば英語力が上がるのか、コアの部分にアプローチ)することを指します。

 

STRAILは通学頻度が週1回と少なく、ENGLISH COMPANYで含まれていたパーソナルトレーニング(レッスン)をワークブックと動画コンテンツに置き換え、受講生が各自自習を行うことでサービスの質を落とさず低価格でご提供できています。

行動科学マネジメント®、行動分析学を応用した手法でコンサルタントが指導しますので、自習ベースの英語学習が続くか不安な方にもおすすめです。

 

また、コンサルタントはENGLISH COMPANYでトレーナー経験を積んだ方です。

専門性とより高い指導力を兼ね備えているところも特徴です。

 

【関連記事】

通学せず英語力が伸びるか不安。オンラインでも質は同じ?

オンラインコースの受講内容、指導方法は教室に通っていただく通常のコースと同じです。

英語力向上のスピードも全く差異ありません。

グループレッスンはコンサルタントがオンラインでしっかりフォローさせていただきます。今後は動画コンテンツに切り替えることも検討しています。

 

WEBで無料相談&体験

スタディーハッカー STRAIL

実際に何か月受講される方が多い?

STRAILが名称変更される以前の旧名「THE CONSULTANT」の時は2ヶ月コースをおすすめしていましたが、期間を1ヶ月延長される受講生様が多くいらっしゃいました。

そのような経緯から、現在は主に3ヶ月コースをおすすめしています。

 

受講生様の中には1年ほど継続されている方や、2~3ヶ月受講された後ご自身で英語学習に取り組み、期間を開けて再び利用される方もいらっしゃいます。

英語初心者でも、短期間でTOEIC何点まで伸ばせる?

STRAILはTOEIC対策の専門コースを用意しておりませんが、毎年多くの受講生様がスコアアップに成功されています。

 

テストの解き方テクニックに頼ることは英語学習において本質的ではありません。

一時的なスコアアップで終わらせず、本物の英語力を身につけることに重点を置いています。

 

― 私が3ヶ月受講した場合、TOEIC何点まで上がりますか?

先ほどのアセスメントでは、超・ビギナーというわけではなく高校授業で習った知識を忘れている部分が多いように見受けられました。

TOEICスコアに換算するなら500点前後かと思います。

STRAILを3ヶ月英語学習を続けていただけたら、最低でも150点、TOEIC650点前後まで伸びるのではないでしょうか。

 

― 目指せTOEIC800点?目標は高く設定した方が良いですか?

高みを目指されることは大いに賛同いたしますし、目標達成に向けて最大限サポートさせていただきます。

 

2~3ヶ月後の最終的な目標は決めますが、受講生様の課題は週単位で変わるため進捗を見ながらスモールゴールを設定しています。

状況に合わせて柔軟にカリキュラムを変更し、着実に、少しずつ、ステップアップを目指していきます。

無料説明会ではどこまで試せる?オンライン実施は可能?

無料説明会(無料体験会)では簡略版の「速読リーディング」を体験していただき、課題や解決へのアプローチ方法についてお伝えしています。

今までは校舎にて複数人グループで開催しておりましたが、現在、オンラインで個別に実施させていただいています。

 

WEBで無料相談&体験

スタディーハッカー STRAIL

まとめ:STRAILオンラインコースを体験してみて

実際に体験した自習型英語コーチング「STRAIL(ストレイル)」のオンラインコースは、通学の受講形式と変わらず高い専門性と指導力を実感するプログラムでした。

 

運営するスタディーハッカー社は大学受験予備校からスタートした「教育の会社」です。

創業当時から教育現場の第一線で英語学習者を指導し、長年の経験とノウハウ、なにより数多くの実績があります。

コンサルタントご自身も言語習得の科学「第二言語習得研究」に精通しており、他の英語コーチングスクールとは一線を画しています

 

在宅勤務などで自宅に滞在する時間が増えた今、確実に実力がつく英語学習に取り組んでみませんか。

現在、オンラインで一部のサービスを無料体験いただけます。

ご自身の課題点や解決法を知ることができます。ぜひご活用くださいませ。

 

WEBで無料相談&体験

スタディーハッカー STRAIL

 

【関連記事】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

あなたにおすすめの関連記事

SNSでお気に入り登録♪

このエントリーをはてなブックマークに追加