【リアル体験談レビュー】SEが本気でイングリード(ENGLEAD)の英語コーチングに取り組みます! ~英語コーチングとは?~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SEがイングリード(ENGLEAD)の英語コーチングに取り組みます

英語学習をしようと考えている社会人は少なくないと思います。

仕事をしながら英会話の勉強が本当にできるのか不安な気持ちの方も多いはず。

ですので、現役SE(システムエンジニア)の私が実際にイングリード(ENGLEAD)の英語コーチングに入会し、リアルな体験談レビューを数回に分けてお伝えしていければと思います!

今回の第一弾の記事では、自己紹介から英語学習を始めようと思った理由なぜイングリードの英語コーチングを選んだのかをお伝えしていきます。

実際の体験談は次回の記事からになります!

さわーず

イングリードの英語コーチングで本当に英語が話せるようになるのか……?

自腹で入会して、SE視点から率直な感想をお届けします!

今のところは3ヶ月間たっぷり受講する予定ですので、体験者だからこそ分かるメリット・デメリットをしっかりご紹介できると思います!

(記事更新日:

まずは自己紹介(現役SE 兼 Webライター)

この度、当メディアでも記事を書くこととなりました「さわーず」と申します。

これから英語コーチングについて何本か記事を上げていきますので、よろしくお願いします!

社会人としては以下のようなキャリアを積んできました。

  • 新卒で大手SIerに就職し、今年でSE歴5年目
  • 新人研修後は2年間プログラマーとして開発案件にアサイン
  • その後SAP(ERPパッケージ)部隊に所属し、チームリーダーとして活動

 

SEとして経験を積んできた一方、英語に関しては黒歴史しかありません。

  • 大学入学後、初回のテストにてTOEIC250点をたたき出す
  • 卒業旅行でNYに行くも、マックですら注文が取れず悲しい思い出となる
  • 入社直後、最後まで食らいつくもTOEIC350点をマーク
  • SAP部隊に配属が決まり、英語マニュアルの解読が必須と言われ震え上がる
  • 入社3年目、3か月間の猛特訓のうえ受験するもTOEIC500点を取り、力尽きる
  • 現在は、Google翻訳がお友達

 

のらりくらりと英語から逃げてきましたが、今年の5月から英会話の勉強を始めます!

これから英会話の勉強を始めたいと考えている方やオンライン英会話に興味があったけど一歩が踏み出せないという方に向けて、等身大の情報をお伝えしていきます。

SEの私が英語学習を始めたワケ

皆さん、様々な理由があって英語の勉強をしたいと考えていることだと思います。

私は以下の理由で英語学習しようと考えました!

  • 最後まで今の会社に居続けるか不安になった
  • SEの技術資料を英語ベースで読めるようになりたい
  • 英語を話せない自分を払しょくしたい

最後まで今の会社に居続けるか不安になった

IT企業で働いている方であれば一度は転職を検討したことがあるかと思います。

私も5年目にして、キャリアアップと年収アップのためにコンサルタントへの転職を考えました。

外資コンサルの場合だと、募集要件に「TOEIC730点以上」と記載のあるケースや選考時は問わないが昇格要件に「TOEIC650点以上」を求められることがあるようです。

SIerとして生きていくうえでは、英語学習は必須ではないと考えておりますが、長いスパンでキャリアを考えた際には英会話学習は必要な投資だと私は考えています。

SEの技術資料を英語ベースで読めるようになりたい

扱っている商材がSAPであることも大きいのですが、技術資料を読み込むにも英語力が必要となります。

ネットで情報を調べる際にも英語での検索と日本語の検索では段違いでヒット数に違いが出ます。

プログラミングやほかの商材に関しても同様のことがいえると考えており、SEとして技術力を高めていくには英語の勉強をしていかないといけません。

英語を話せない自分を払しょくしたい

つらつらと色々と書きましたがこれが一番!

かっこよく英語を話したい!!

レストランだろうがホテルだろうが、自分の言葉で伝えられるようになりたい。

NYのマクドナルドでビックマックしか頼めなかった自分を上書き保存するんだ……

この記事を読んでいる皆さんは英語をマスターしてどんなことがやりたい・成し遂げたいですか

さわーず
私は、社会の状況が落ち着いたら一人で海外旅行に行くことを目標にしています!

そもそも英語コーチングってなに?

やっと本題に入りました。英語コーチングの特徴についてまとめると以下の通りです。

  • 一人ひとりに専属のコンサルタントがつく、短期集中型の英語学習法
  • コンサルタントが受講生の生活にあったカリキュラムを提案してくれる
  • レッスン外の勉強スケジュールまで徹底的にサポートしてくれる

一人ひとりに専属のコンサルタントがつく、短期集中型の英語学習法

英会話教室とは違い、マンツーマンで専属のコンサルタントがつくことで日々の学習記録を共有し、効率的に英語力向上を目指していけます。

私は独学で勉強していると「今日は疲れたからさぼっちゃおう」となってしまうほど意志が弱めなので、コンサルタントがいることはすごくありがたいと感じています。

コンサルタントが受講者に合ったカリキュラムを提案してくれる

コンサルタントが現状のレベルやなりたい姿、どのような勉強法をとるかを日々の面談を通して決定してくれます。忙しい社会人の方でもカリキュラム通りに進めていけます。

このような進め方はSEの仕事に似ていると感じています。

現状の状態(ASIS)とあるべき姿(TOBE)を把握し、どのような方法(HOW)でいつまで(WHEN)にシステム構築するのか、クライアントに合意を得たうえでプロジェクトを進めていきます。

仕事も英語学習も同じなんだと私自身もとても納得感がありました。

英会話レッスン外の勉強スケジュールまで徹底的にサポートしてくれる

こちらもITっぽく言い換えると、個人専用のWBS(スケジュール)を引いてくれることになります!

納期通りに進めば、目的達成・ハッピーエンドとなるわけですが、そうはいかないですよね……

炎上なんて日常茶飯事、何かしらのアクシデントはつきものです。

 

ということで、私のほうでイングリードの英語コーチングを実践してレビューを上げていきますので、どのような結果になるか、あたたかく見届けてもらえればと思います!

さわーず
グループではなく自分のペースで学びたいなら、英語コーチングが良いと感じました!

なぜイングリード(ENGLEAD)なのか?

英語コーチングにはいくつか種類があります。

なぜSEの私がイングリード(ENGLEAD)の英語コーチングを選んだのか、その理由をまとめると以下の通りです。

  • なんとか払える金額だった
  • 卒業後も英語学習が自走できる仕組みになっている
  • コーチング以外にも多くのプログラムが含まれている

なんとか払える金額だった

イングリードの料金設定はとてもシンプルで、月額料金11万円(税込)です!

安いね!とはいかないですよね……

ここで、主要な英語コーチングサービスと料金を比較してみます。

イングリード、プログリッド、ライザップイングリッシュの比較表

 

こう見ると安く感じるかもしれませんが、ライザップイングリッシュとプログリッドには返金保証制度がついていたり、対面での対応が可能だったりします。

私がイングリードの良いと思った点は解約金無料のサブスク制を採用しており、1か月単位での契約更新を行っていける点です。

※サービスの解約に関する詳細は公式サイトを確認してみてくださいね。

公式サイト「利用規約」

卒業後も英語学習が自走できる仕組みになっている

私の中ではここが一番のポイントです。

勉強の習慣を身につけられる点が大きいです。

コーチングで使うテキストは市販のものなので、習慣化が一度できれば、その時のレベルに合う最適な教材を自分で選べるようになります。

さらに、受講期間を自由に設定できるため、1年後にまた数か月だけ受講するなどの臨機応変さも良い点だと感じました。

私は数か月のコーチングを経て学習習慣と勉強の仕方を学び、卒業後にはオンラインレッスンのみ受講していこうかと考えています。

コーチング以外にも多くのプログラムが含まれている

イングリードのサブスクリプションには以下のサービスが含まれます。

イングリードのサービス

 

メインとなる英語コーチングだけではなく、ウィークリーカウンセリングや日々の学習の成果を測るオリジナルテストが含まれていることが特徴です。

他にもウィークリーテストと世界基準のプログレステスト「Versant」が含まれており、定量測定がある点を高く評価しました。

また、公式サイトに応用言語学を活用した効率的な学習メソッドに関する記載があります。ご興味がある方はご覧になってみてください。

 

≫公式サイト:短期間で成果が出る英語コーチング【イングリード】

無料カウンセリングについて

イングリード(ENGLEAD)の60分間の無料カウンセリングでは、本格的な英語力診断テストを受けることができます。

カウンセリング時間内の15分程度で主に5項目を診断し、その場で技能ごとのCEFRレベル(※)がわかります。

※CEFR(セファール)とは「Common European Framework of Reference for Languages」の略称で「ヨーロッパ言語共通参照枠」を指します。英語などの言語習得レべルを示す国際基準の指標です。

テスト結果をPDFでメール送付してもらえる点も好印象でした。

私の結果については、次の記事でご紹介していますのでご参考にどうぞ!

 

無料カウンセリングのオンライン予約は、イングリード公式サイトからお申込みできます!

 

≫公式サイト:短期間で成果が出る英語コーチング【イングリード】

無料カウンセリングは土日を含め夜20時までご予約可能となっております。

まとめ

今回、記事を執筆するにあたり様々な情報を収集しましたが、同世代の方のイングリード(ENGLEAD)に関する口コミや感想はほとんど見つけられませんでした。

記事を通して等身大での英語コーチングの成果や感想をお伝えしていきたいと思いますので、続編も目を通していただける嬉しいです!

公式サイトではプログラム内容の詳細なども記載があるので、ご興味を持たれた方はぜひ確認してみてくださいね!

▽公式サイトをチェック

 

The following two tabs change content below.

さわーず

大手SIerに勤めるアラサーSE。昔から英語は大の苦手だったが、将来のキャリアを見つめる中で英語学習を開始する。英語学習にあたり情報を収集したが、同業種、同世代の口コミや感想はほとんど見つけられず、だったら自分で記事にしていこうと決心する。記事を通して、等身大での英語学習の成果や感想をお伝えしていきます。

あなたにおすすめの関連記事

講師インタビュー

Liberty English Academy藤川さんインタビュー

 

NLPE英語コーチングスクールインタビュー

 

ブラスト英語学院インタビュー