【生徒取材】NLPE英語コーチングスクール「”仕事のため”の英語からの脱却」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
NLPE英語コーチングスクール受講生への取材の様子

NLPE英語コーチングスクール卒業生の方に、受講されたきっかけやコーチングへの率直な感想、実際の学習内容、受講後の変化などの体験談を取材しました。

コース卒業後も一年間継続的に受講され、習慣化できたことを今も日々の生活に取り入れられています。

仕事で急遽英語が必要になってからも様々な勉強法を試しては3日坊主な状態でしたが、NLPE英語コーチングスクールで英語学習の確固たる基盤を得たことで卒業後も英語力の伸長を実感し、モチベーション高く取り組めていると話されていました。

《話者プロフィール:M.F.さん》

製造会社の資材調達部門にて勤務、50代、女性。NLPE英語コーチングスクールのコースご卒業後も1年間継続して受講される。

NLPE英語コーチングスクールの受講目的を教えてください。

NLPE英語コーチングスクール受講生への取材の様子

3年ほど前に、仕事で急遽必要になったからです。

製造会社の資材調達部門に配属されて、ドイツやオーストリアなどの取引先から海外輸入するために英語を使わなくてはいけない状況になりました

留学経験はなく、大手英会話スクールに通ったことはありますが当時は英語への憧れや字幕なしで洋画を観たいというラフな気持ちでしたので、「まさか自分に英語が必要なときが来るとは」と焦っていました。

 

英語が話せる人は、特殊な能力のある人のようにも感じていました。

 

部署移動を通達されてからは、英会話カフェを利用してみたり短期集中の英会話合宿に参加してみたり、YouTube動画も活用してスキマ時間に勉強していました。

書籍も最初は意気込んでページを進められますが完遂する前に3日坊主に終わり、勉強本を買って満足してしまっている状態でした。

もっと楽に楽しく短期間で英語をマスターできるものを探して、片っ端から様々な英語学習法に当たっていました。

 

◆参考:【取材】NLPE英語コーチングスクール「学習法や学習量より重要な事」

 

英語学習法に迷走している時、NLPE英語コーチングスクールの代表コーチ南山さんが配信している動画に出会いました。

英語スクールなのに全く勉強法に触れておらず、他校と違う雰囲気に興味が湧きました。

お試しで体験レッスンを受けてみたら本当に面白くて、「”自分はできない”と思い込みながら行動や選択するとその結果を引き寄せる」といったマインドの話や脳機能の使い方、量子物理学など、テーマは多岐にわたりましたが、見事に私の好きな分野で、気付くと聞き入っていました。

 

-NLPという心理学についてはご存知でしたか?

以前、産業カウンセラーの勉強の一環でカウンセリングやNLPなどについて勉強していたので、NLPへのおおまかなイメージはできていました。

NLPE英語コーチングスクールの南山コーチとの出会いがきっかけでNLP理論の奥深さを知り、英語は二の次で楽しくなっていましたね。

NLPE英語コーチングスクールでどのように目標設定しましたか?

TOEIC800点到達するとか、ネイティブと1時間話せるようになるとか、本来であれば具体的な数値目標を決めて現実とのギャップを埋める学習をしていくと思いますが、私の場合はあえて目標設定を行いませんでした

 

NLPE英語コーチングスクールでは、NLP理論や思考プロセスなどの「英語学習を始める前の土台作り」がメインで、週1回のコーチとのセッションでも英語に直接関係する話をした記憶がほとんどありません。

ですが、毎回、目から鱗が落ちる学びと新しい発見ばかりで有意義でした。

 

◆参考:【取材】NLPE英語コーチングスクール「NLPと学習の相乗効果」

 

NLPE英語コーチングスクールでは本来の目的に気付けたことが一番大きかったです。

自分と向き合う機会があったことで、純粋に英語が好き、もっと学びたい、喋りたいといった気持ちも再確認できました。

海外の人のNLPに対する考え方を深く知り、現地で開催しているNLPセミナーに参加してみたいという本質に辿り着き、それから英語の動画を観るようになりました。

 

仕事のメール返信効率を上げたいとは思っていましたが、それはやりたいことではなくやらなければいけないことでした。

仕事で使う英語は周囲の人の協力を得て「できることをやるスタンスで良いんだ」と思えました。

NLPE英語コーチングスクールだから得られたことは何ですか?

NLPE英語コーチングスクール受講生

-英語習得の成功に欠かせない「瞑想」を習慣化できた

NLPE英語コーチングスクールでのワークの一つに、瞑想があります。

受講前に別の講座で瞑想に取り組んだ経験がありますが、本格的な瞑想はNLPEが初めてでした。

最初は英語習得と瞑想がつながらず半信半疑でしたが、南山コーチの理屈を聞けば聞くほど「今の自分のまま何かを選択・行動しても結果は変わらない」ことに気付き、腑に落ちていきました。

瞑想を習慣化できたことが私には大きな収穫で、英語習得以上に影響が大きかったかもしれません。

 

過去を後悔して未来を心配するのが人間なので、自分の現在地を認識できず頭の中が散らかった状態のままになってしまいます。

その状態で英語を習得しようと頑張っても集中できるはずがありません。

瞑想によって、何かが入ってきたら何かを手放す行為を繰り返すと頭の中をすっきり整理することができます

 

NLPE英語コーチングスクールの瞑想では、脳波を下げて自分の存在や環境すべてを無にした状態で自分がどういうことをしていきたいかを考えます。

私も瞑想のワークショップに月に数回参加し、1回1時間ほど取り組んでいました。

様々なコンテンツが用意されていて、はじめにNLP理論や英語学習の知識を教えてもらってから瞑想へと入る流れが多かったです。

 

英語学習との関連性にピンとこなかった瞑想も、楽しくて、卒業した今でもハマっています

 

◆参考:【取材】NLPE英語コーチングスクール「英語習得できる人格を作る」

 

-英語学習に限らず、NLP理論から数々の気付きがあった

NLPE英語コーチングスクールのオリジナル教材やコーチングの中でNLP理論を教えてもらったことで数々の気付きがありました。

例えば、「自分が視覚型・聴覚型・身体感覚型のどれに分類されるのか」という話が印象的でした。

 

「花畑のある公園の近くを歩いている」「目の前に芸能人がいる」「木々が風に吹かれている」「海辺の砂浜に足を入れている」と言われたとき、風景や音、温度等の体感、どの感覚を一番強くイメージできたかによってタイプ分けができます。

タイプ毎に効率的な勉強法がありますので、洋画を観たりオールイングリッシュの料理教室に行ったり、音楽をひたすら聴いたり、より自分に合うやり方がわかります。

 

英語とは一見無関係そうな事柄でも、NLP理論の中には英語学習に取り入れられる有効な手立てがたくさんあります

NLPE英語コーチングスクールで英語への向き合い方に変化は?

NLPE英語コーチングスクールを受講してから、”話せる”という状態に対して寛大な考えを持てるようになって積極的に英語に関われるようになりました。

 

「日本語を話せます」という外国人の方にいざやってもらうと、「Sushi」と一言だけ返ってくることが多々あります。

その方にとっては単語を言える段階から”話せる”という状態で、”英語ができる”の物差しって一体何だろう?と思う時があります。

私も、英語の発音が完璧にできなくても文法を少し間違えても英語を率先して自由に話すことに躊躇わなくなりました

楽しいと思える内容を重点的に勉強することで、英語学習も無理なく続いています。

 

日本人は謙虚な方が多いですが、皆さん中学校や高校まで英語を勉強しているわけですから本当は英語ができるはずです。

私の知人でも「英語が全然できない」と謙遜しつつも実際には流暢に英語を話せる方が多くて、「自分は話せない」という心のブロックを外すだけで変わることができると思います。

NLPE英語コーチングスクールでの学習内容を教えてください。

NLPE英語コーチングスクールのオリジナル教材

コーチングに加えて、自主的にオンライン英会話や近所の英会話カフェに参加してみたり、好きな動画を観て訳したりしていました。

基本的に私がやってみたいと思う方法で勉強をしていましたが、なぜそれをやりたいのかコーチから必ず理由を聞かれました。

NLPEのような本来のコーチングが受けられる英語スクールでは一方的なアドバイスや指導はなく、英語が本当に必要なのか掘り下げるところから始まります

 

アドバイスを受けてその通りにやるティーチングと違い、カリキュラムや学習法をコーチと二人で作り上げていくのが本来のコーチングです。

コーチングに型があるわけではありません。

私の場合は聞きたいことを聞いて話したいことを話すようなセッションが多かったですが、受講生の中には学習記録を毎日チャットで報告している方もいるそうです。

 

NLPE英語コーチングスクールを受講して、英語はコミュニケーションのツールであるという精神的な気付きが非常に大きかったです。

以前は色々な書籍を試しては途中で放置してしまい、”なんてダメな私”と思っていました。

ですが、コーチングを受けてからは、飽き性なわけではなく新しい英語学習法を知ることが好きだという本当の自分に気付くことができました。

選り取り見取り、様々な方法を試しながらも英語学習を継続していることに変わりはなくて、「そっか、それでいいんだ」と。

 

どんなやり方でも自分がワクワクするもの、感情が動くものをやろう、と改めて思えました。

 

南山コーチが言うように思考や感情、記憶は気持ちが動かないと結びつかないもので、無理矢理覚えてもすぐ忘れてしまうとNLPE英語コーチングスクールで実感しました。

NLPE英語コーチングスクールで苦労したことは何ですか?

NLPE英語コーチングスクールで苦労したことはとくになかったです。

課題を渡されてもスパルタ的に強制されることはありませんし、南山コーチの知識量が広く深くて、全く飽きなかったです。

 

苦労したことを強いて挙げるなら、最初の頃、瞑想で1時間ずっと目をつぶっている状態をキープするのは難しかったです。

苦戦した分、瞑想を1時間できた時は達成感がありました。

体験によって知識と結びつくので、かつての私のように瞑想やNLPと英語学習の相乗効果にピンとこない方は一度体験してみるといいかもしれません。

NLPEはどのような英語コーチングスクールだと思いますか?

NLPE英語コーチングスクールはピンポイントに英語学習だけではなく、物事の見方や本質の掴み方、自己探求、英語よりもっと深い部分を得られるスクールです。

「英語学習に特化したい」「英会話レッスンを受けたい」と思っている方でもそれらの理由を掘り下げていくと多くの人が到達する境地だと思います。

英語が話せるようになったら何がしたいか、どうなりたいかが重要で、ただのスキルで終わってしまったら勿体ないです。

仕事のための英語から抜け出して、その先の可能性が広がります

 

NLP理論の一つに『普遍の変化のサイクル』という考え方があります。

NLPE英語コーチングスクールに出会った頃ちょうど教材探しに明け暮れて、英語がそのサイクルで言う『カオス』状態でした。

一回全部を手放し、英語を学びたい真の理由を自己探求して再スタートを切ってからは、徐々に状況が好転していきました。

ベストなタイミングでNLPE英語コーチングスクールに出会えたと思います。

 

急遽仕事で英語が必要になったりしてやらなきゃいけない状況に追い込まれると、気持ちだけが焦り、空回りして頭がパンクしてしまいそうになりますよね。

そうなる前に、どんなに優秀な英語教材、英会話教室よりもまずNLPE英語コーチングスクールでスタートダッシュを切ることができたら、人生すべてが豊かになると思います。

 

今まで様々な英語学習法に挑戦して挫折してしまった経験のある方にもおすすめしたいです。

 

◆参考:【コーチ取材】NLPE英語コーチングスクール「英語に限らず人生好転の契機に」

最後に、今後の目標について教えてください。

海外で開催されているNLPセミナーに参加して、講師に英語で質疑応答したり参加者インタビューを英語で受け答えしたりすることが今の目標です。

NLPE英語コーチングスクールを受講してから仕事で海外に行く機会がありましたが、「ペラペラ話せなくても大丈夫なんだ」と以前より余裕が生まれて、英語を話す自信がつきました

 

日本語と同じく英語学習にもゴールはありません。

知人から「英語話せるんだね」と言われることがあっても、まだ私の中で羞恥心が残っています。

今後、思い込みや心のブロックを完全に取り除いていきたいと思っています。

 

私は英語が好きなので、一生英語と付き合っていくつもりです。

習得するために習うのではなく、その先に叶えたいものがあるから英語を学んでいます

海外の人の話を聞く手段としてたまたま目の前に英語があっただけで、英語は人生のスパイスなのだと思います。

 

ある時、「人生のシナリオに英語がずっと乗っていたんですね」と南山コーチに言われましたが、何度も英語学習を辞めてはまたやらなきゃいけない状況になったことを思い返すと、スッと腑に落ちました。

教材の中のわからない問題を飛ばしてもページを破り捨てても、何度も同じ問題に遭遇したり、仕事で英語が必要な部署に急きょ配属されたり、「英語をやりなさい」という天の思し召しな気すらしています。

NLPE英語コーチングスクールには来るべくして来たのだと思います。

不思議なくらい視野が広がりました

 

最後にお伝えしたいのは、英語学習に年齢は関係ないということです。

NLPEを卒業してからも別の英語コーチングスクールを受講して、たった数か月間でも英語力が伸びた実感があります。

根本にはNLPE英語コーチングスクールでの学びがあり、そこでしっかりと英語学習の基盤が作れたことでメンタル面でのコーチングが不要なくらいモチベーションも下がらず、コーチに驚かれたほどです。

 

NLPE英語コーチングスクールが次のステップに大いに役立っています。

NLPE英語コーチングスクールの基本情報

受講料金
  • ベーシックコース:税込121,000円(3ヶ月/コーチング3回)
  • プラクティショナーコース:税込418,000円(3ヶ月/コーチング12回)
  • マスターコース:税込638,000円(6ヶ月/コーチング20回)
入会金 無料
支払い方法 銀行振込、クレカ決済(分割払い2回まで)
保証制度 契約から8日以内のクーリングオフ可能
受講内容

毎週1時間のオンラインコーチング、毎日の自学自習とオンラインサポート、(受講状況に応じて)宿題提出や発音への添削フィードバック、(受講状況に応じて)毎日のチャット・電話サポート、受講生限定コミュニティーの参加、受講生限定セミナーの開催

※受講生によってカスタマイズ

受講形式 マンツーマンレッスン
講師 日本人講師
教室 月1回、受講生限定セミナー開催
オンライン受講 可能(テレビ電話、ビデオ通話、電話)
営業時間 9:00~22:00

 

≫公式サイト:NLPE英語コーチングスクール

The following two tabs change content below.

英語学校しらべ編集長

編集長・ライター
大手英会話スクールや市販教材では結果が出ず、TOEIC500点、英検3級の取得で挫折。縁あって英語事業者様への取材(数十社)やレッスン体験談をレビューする仕事に就き、英語習得における方法と学習量の重要性を知る。私生活でもフィリピン留学を経て海外移住を計画中の父から語学学校の英語漬け生活や効率的な勉強法、英会話を教わる。TOEIC再受験に向けて独学中。≫記事編集方針のご紹介

あなたにおすすめの関連記事

インタビュー

Liberty English Academy代表インタビュー

 

NLPE英語コーチングスクールインタビュー

 

ブラスト英語学院インタビュー

SNSでお気に入り登録♪

このエントリーをはてなブックマークに追加