【コーチ取材】NLPE英語コーチングスクール「英語に限らず人生好転の契機に」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
NLPE英語コーチングスクール認定コーチの取材の様子

NLPE英語コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチの仲村さんに、NLPとの出会いやコーチングポリシー、受講生様とのエピソード等を取材しました。

実は、仲村さんご本人もNLPEに受講生として入校し、間違った勉強法に気付いて英語習得に成功された一人です。

変わることができた自身の経験と学びを強みに、NLP理論を取り入れたコーチングで多くの方の「人生を少しでも豊かにしたい」と強い想いをお話ししてくれました。

《話者プロフィール:仲村 美保さん》

沖縄県出身、近畿大学短期大学部商経科卒業。
米国認定資格の日本NLP協会「NLPマスタープラクティショナー」保持者。
学生時代に英会話教室や英語資格スクールに数年間通うも英会話スキルの習得には至らなかった。NLPに出会い英語学習への間違った思考・行動に気付き、NLPの知識を深く学ぶ。コーチング技術習得のためNLPE英語コーチングスクールに入社し、現在はコーチやセミナー講師として活躍。

英語学習の苦労経験、今後の英語力の磨き方を教えてください。

NLPE英語コーチングスクール認定コーチの仲村さん

(写真:NLPEコーチ仲村さん)

2年間以上、英会話スクールや英語資格試験の対策スクール、英文法講座、オンライン英会話など様々な方法で英語を学びましたが、英語力の成長をあまり実感できませんでした。

当時の私には英語力が伸びない原因がわからず、「まだ努力が足りていないから」と思い込んでいました。

とにかく学習時間を増やして、量をこなす毎日でした。

 

英語力が伸び悩んでいた頃に縁あって南山コーチと出会い、今度こそ最後の英語学習にするためにNLPE英語コーチングスクールの門を潜りました。

 

コーチングを受けて初めて、今まで深く考えてこなかった英語学習目的や英語を話せるようになりたい理由が明確になり、英語学習への姿勢の変化をひしひしと感じました

私は英語の資格取得やスコアアップをしたいわけではなく、「英語でコミュニケーションを取りたい」という本心に気付くことができました。

外国人の方と意思疎通できるようになる英会話を学ぶことが好きでしたし、話すことで情報交換したり共感したり、交流を楽しみたいと思いました。

 

あの時もしNLPE英語コーチングスクールを受講していなければ、学習時間・量よりも英語習得に大事なことを知ることができませんでした。

 

子育てがひと段落する3年後、数ヶ国の海外留学を計画しています。

英語学習は生涯学習ですので、これからも継続して英語力の高みを目指していきたいです。

 

コーチングスキルについても世界各国で開催されているセミナーに参加し、本場の技術を吸収して仕事に生かしたいと思っています。

アメリカのロバート・ディルツ氏はNLPトレーナー権威の一人として有名ですが、日本に普及しているコーチングスキルとは全く違うものなので、ぜひ米国式メソッドを取り入れていきたいです。

NLPE英語コーチングスクールのコーチに就いたきっかけは?

実は、最初からコーチになることを目指していたわけではありません。

4-5年ほど前に受講生としてNLPE英語コーチングスクールに入校して、多くの方が180度変わる出来事を次々と目の当たりにしました

私は大きな衝撃を受けて、徐々にコーチングに興味が湧きました。

あまり知られていませんが、NLPと英語学習にはたしかに相乗効果があると思います。

 

自分の英語力をもっと磨きたいという想いと南山コーチの考え方に共感する部分があったので、南山コーチの下で2年間英語を学び、その後1年間コーチングの知識や技術を実践的に身につけ、今に至ります。

 

もともと、私にはNLPとの接点がありました。

南山コーチからコーチングスキルの指導を受けていた同時期に、数々のセミナーや書籍でNLPについても独学で勉強していました。

NLPを深く学ぼうと思った理由は母親との家族関係にあります。

 

私は今まで周囲の人間関係で悩む機会が多く、原因、解決のヒントが得られるかもしれないと思ったからです。

私のように家族や知人、会社での人間関係に悩んでいる方に自分の経験と学びをお伝えすることで「人生が少しでも豊かになればいいな」という想いで、NLPE英語コーチングスクールのコーチになりました。

NLP理論をどのように学ばれましたか?

日米NLP協会公認スクールの「NLP-JAPANラーニング・センター」でNLPを学びました。

上位資格『NLPマスタープラクティショナー』を保有しています。

 

NLP理論を学べる場所はたくさんありますが、当センターとNLPE英語コーチングスクールとではNLPの伝え方が大きく違います。

当センターは行動にフォーカスしている一方、NLPE英語コーチングスクールは思考や感情に焦点を当てています。

 

両者に優劣や正誤はありませんし様々な見方があって然るべきですが、私の場合は前者であったから人間関係に長年悩み続け、自分を変えることができなかったと思っています。

セミナー参加者の中には自己啓発セミナーへの参加が目的になっている方が少なからずいらっしゃいます。

豊富な知識があるにも関わらずネガティブな発言が多かったり、一向に変化が見受けられなかったり、当時その方々に対して多少の違和感を感じていました。

 

NLPE英語コーチングスクールを受講してからは、変わることができない人は「自分には無理だ」「結局変われない」と心のどこかで負の感情を抱えながら行動していることに気付けました。

 

NLPE英語コーチングスクールの受講生様はオンライン英会話や市販の教材を使って独学でも勉強されていた方が多く、一度は英語習得に失敗された経験をお持ちです。

英語を習得できない原因が”行動ではなく思考にある”ことをお伝えすると、皆様たいてい驚かれます。

NLPをご存知で来られる方もいるので、心理学に抵抗感を持たれる受講生様はほとんどいません。

むしろ、NLPの学問や技術に興味を示されるケースが多いです。

 

≫公式サイト:NLPE英語コーチングスクール

NLPE英語コーチングスクールやコーチの特色を知りたいです。

英会話レッスンがないことへの驚きや、日本にあまり普及していない米国式コーチングに魅力を感じている受講生様の声をよくお聞きします。

英語学習に限らず、人生全般に役立つ経験ができるのも他の英語コーチングスクールと違う点です。

 

NLPE英語コーチングスクールには個性的なコーチが揃っています。

海外留学で得た経験を生かしていたり、華道や茶道、武道、禅など伝統的な「道」の良さを取り入れていたり、それぞれの強みがコーチングに反映されています。

コーチ同士つねに未来を向いた会話が飛び交っていて、お互い刺激を与え合うような関係です。

受講生様との向き合い方で何を大切にされていますか?

NLPE英語コーチングスクール認定コーチの取材の様子

(写真:コーチングの様子)

受講生様にとって有意義な時間の使い方であるように、信頼関係を早く深く築くこと、自分の経験や考えを取り除いて相手の話に耳を傾けることを大事にしています。

 

すべての方が最初から本心を開示して悩みを打ち明けてくれるわけではありません。

毎週行うセッションでじっくりお話をお聞きし、ときに質問を投げかけ、傾聴します。

受講生様が何を考えているか、深掘りしていきます。

 

コーチが先に心を開かないと受講生様も開いてくれませんので、何でも受け止める雰囲気を出せるよう心掛けています。

無理強いせず相手のペースに合わせて、”もうひと押し”な場合は他の受講生様の成功談をお伝えしたりします。

 

≫公式サイト:NLPE英語コーチングスクール

受講生様の英語力が伸び悩む時期に心掛けていることは?

伸び悩まれている時期は人と比べている時です。

自分の現状レベルが分かるので比較自体は悪いことではありません。

 

1ヶ月前や3ヶ月前、半年前の自分と比べて今がどうであるかを問うようにしています。

誰しも停滞期は訪れるもので、英語習得の成功者も英語力が伸びる前に停滞期がありました。

英語学習を続けているとまた上がる時期が必ず来るので、自分を信じてやり切ることが大切です。

 

ただ、どうしても辛い時はお休みしても良いと思っています。

ストレス状態のまま停滞期を過ごすよりも、ストレス状態ではない状態に視点をズラして過ごすことをお勧めする場合もあります。

英語学習を1週間やらなかったら今までの積み重ねがすべて0にリセットされるとは思っていません。

たいていの方は2-3日休むと元気になりますし、個人差はありますが1-3ヶ月で停滞期を抜け出すことができます。

 

落ち込まれている時は共感に重きを置くようにして、”そこにいつまでも留まっていても英語力は一向に伸びない”ことに気付いてもらえるよう心掛けています。

セッション中は何度でも励まします。

受講生様の個性を大切にして、学習進捗や学習以外での状況(仕事やプライベートのこと)も考慮してセッションを行います。

 

ネガティブな内容でも考えや気付きを共有してくれる方、自分なりの意見を持っている方、受講目的が明確で能動的な方はより成果が出やすいです。

 

≫公式サイト:NLPE英語コーチングスクール

特に印象的だった受講生様とのエピソードを教えてください。

お二人いらっしゃいますね。

 

まず一人目は英語学習未経験の方で、「英語が話したい」「より条件の良い企業に転職したい」との目的で受講されました。

ただ、お話を聞くなかで本当の悩みは英語と別のところにあると気付きました。

コーチングを続けると、その方の課題は人間関係と「年齢的にこのままでいいのか」という不安であることに辿り着きました。

 

それ以来、本気で現状を変える意志をご本人から強く感じるようになり、NLPE英語コーチングスクールで開催しているウェビナーやセミナーに熱心に参加され、ときに睡眠時間を削って瞑想などに積極的に取り組まれていました。

1ヶ月後、見違えるほどに変わられたのを今でも鮮明に覚えています。

「自分が変われたから周りも変わった」と笑顔でおっしゃっていました。

 

二人目は受講開始当初すでに英語とフランス語を学ばれていたロンドン在住の方で、「もっと語学力を伸ばしたい」と入会されました。

最初は「その方法で本当に変われますか?」と疑念を抱かれ、コーチングにあまり納得されていない様子でした。

なかなか心を開いてもらえない状況が続きましたが、受講生様のお話一つひとつに耳を傾け、じっくり時間をかけてコーチングを行っていくうちに「本当は英語がやりたくない」という思いが障害になっていることがわかりました

 

徐々に心の距離が縮まるのを感じた頃、その方は少しずつ瞑想に挑戦したり自己探求を始められたり、変化が見受けられました。

「自分で自分を変えよう」という最終形態の境地に行き着くサポートができて、嬉しかったです

 

≫公式サイト:NLPE英語コーチングスクール

NLPE英語コーチングスクールをどんな方に勧めたいですか?

NLPE英語コーチングスクール認定コーチ仲村さん

(写真:NLPEコーチ仲村さんへの取材の様子)

「必ず英語習得したい」という強い思いがある方、様々な英語学習法でたくさん勉強しているのに英語力が伸びない理由が分からない方に是非お勧めしたいです。

また、”変わる”決心ができている方、英語学習に限らずNLPの理論を知りたい方にもNLPE英語コーチングスクールは最適です。

 

-NLPE英語コーチングスクールのメソッドの一つ、『瞑想』に最初は戸惑う方もいますか?

受講生の皆さん毎日やることがたくさんあって物事に優先順位を付けられていないケースが多く見受けられます。

優先順位を付けられていても頭の中が整理されていないので、実際にはその通り行動できません。

NLPE英語コーチングスクールで取り組んでいる瞑想は大きな成果を出している大手・有名企業も導入している手法です。ビジネスパーソンの頭の整理にも役立ちます

メリットを丁寧にお伝えして、やる意義を感じてもらうようにしています。

 

“英語学習に成功する人格”をつくるためには毎日1時間の瞑想を推奨していますが、英語学習への意欲が出ない時は1回3分や5分でも良いです。

瞑想してから勉強に取り組むと、気持ちが落ち着きます。

NLPE英語コーチングスクールで毎月開催しているウェビナーやセミナーで他の受講生様と感想や意見交換をできるので、自然とモチベーションにもつながります。

 

NLPE英語コーチングスクール卒業後も瞑想の習慣を英語習得に役立てている方のお話も、よく聞きます。

 

≫公式サイト:NLPE英語コーチングスクール

NLPE英語コーチングスクールへのご入会を迷っている方へ

数年前まで私は「英語は努力すればできるようになる」と思い込んでいました。

同じように、結果が出ない理由を知らず学習量・時間を非効率的に費やしてしまっている方はたくさんいらっしゃると思います。

 

受講生様にとって必ず有意義な時間の使い方であるように、まだ日本であまり普及していない本来のコーチングメソッドによって潜在的な課題を見つけ出し、科学的視点から解決に導くご支援を行っています。

英語力、そして人生全般を今以上に豊かにすることをNLPE英語コーチングスクールで実現できます。

 

英語学習に失敗していた「今までの自分を変えたい」と思われる方は是非ご相談いただければと思います。

 

≫公式サイト:NLPE英語コーチングスクール

NLPE英語コーチングスクールの基本情報

受講料金
  • ベーシックコース:税込121,000円(3ヶ月/コーチング3回)
  • プラクティショナーコース:税込418,000円(3ヶ月/コーチング12回)
  • マスターコース:税込638,000円(6ヶ月/コーチング20回)
入会金 無料
支払い方法 銀行振込、クレカ決済(分割払い2回まで)
保証制度 契約から8日以内のクーリングオフ可能
受講内容

毎週1時間のオンラインコーチング、毎日の自学自習とオンラインサポート、(受講状況に応じて)宿題提出や発音への添削フィードバック、(受講状況に応じて)毎日のチャット・電話サポート、受講生限定コミュニティーの参加、受講生限定セミナーの開催

※受講生に合わせてプログラムをカスタマイズします。

※現在、セミナーは月に数回のウェビナーとグループコーチングに代わっています。

受講形式 マンツーマンレッスン
講師 日本人講師
教室 月1回、受講生限定セミナー開催
オンライン受講 可能(テレビ電話、ビデオ通話、電話)
営業時間 9:00~22:00

あなたにおすすめの関連記事

インタビュー

Liberty English Academy代表インタビュー

 

NLPE英語コーチングスクールインタビュー

 

ブラスト英語学院インタビュー

SNSでお気に入り登録♪

このエントリーをはてなブックマークに追加