【コーチ取材】NLPE英語コーチングスクール「第一歩は内面を変える事」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
NLPE英語コーチングスクールコーチ保坂さんへの取材

NLPE英語コーチングスクールの現役コーチ、保坂さんに、留学経験で得られたことやコーチングで心掛けていること、受講生様とのエピソード等を取材しました。

保坂さんご本人もNLPE校の元受講生の方で、英語習得には必ず”適した状態づくり”が必要であることを体感されています。

「英語に自信がない、などの理由で時間を無駄にしてしまう前に」と、今まさに英語を学ばれている方に向けた熱いメッセージをお話ししてくれました。

《話者プロフィール:保坂 美祐さん》

NLPE英語コーチングスクール元受講生。現役コーチ。

NLPE校の受講をきっかけに「日本人に英語習得は難しい」といったネガティブなマインドや思い込みから脱却し、オーストラリア留学を経て半年でCEFRレベルをA2からB2まで上げる。

入社後も英語力とコーチング技術の向上に努め、「英語習得を妨げる根本的な原因を一緒に探り、解消していきたい」との強い思いで受講生の方と日々向き合う。

コーチご自身が英語習得された経緯を教えてください。

NLPE英語コーチングスクールコーチ保坂さんへの取材

(写真:NLPEコーチ保坂さん)

市販の教材やリスニングCD等を使って自己流で勉強したり、大手英会話スクールに通ったり、様々な勉強法を試すもしっくりこず、英語学習が続かなかった経験があります。

ようやく英語力が身についた実感を得られたのがオーストラリアへの留学でした。

 

私自身、NLPE英語コーチングスクールを半年間受講していました。

もともと洋楽や海外ドラマ鑑賞が好きで、そこに登場する場所にいつか住みたいという憧れの気持ちが大きくなり、担当コーチからの応援もあって留学を決意しました。

留学中もNLPE英語コーチングスクールの継続コースを受講して、オーストラリアからコーチングを受けていました

コーチングで学習時間・量よりも英語習得に大事なことを学ぶことができました。

 

-留学先の語学学校ではどのように英語を学びましたか?

語学学校では平日の週5日、毎日5時間ほど英語の授業がありました。

習った文法をその日のうちに使うように日々実践をしていたので、効率良くインプットとアウトプットができていたと思います。

語学学校で日本人の友人もできましたが、学習意欲の高い人が多く、日本語禁止のルールを設けて英語だけを使うように心掛けていました。

 

日常会話のフレーズやボキャブラリーは現地の友人の真似をし、相手が何を言っているのか意味を理解することを意識して生活をしていました。

帰宅した後も外国人の方が暮らすシェアハウスで、英語漬けの毎日を送りました。

 

私が通っていた語学学校には、毎週1回テストがあります。

テストの点数が良いと上のクラスに入れる仕組みで、入学当初はCEFRレベルA1~2程度の初心者クラスにいましたが、5か月の短期留学から帰国後、B2まで英語力を上げることができました。

 

英語オンリーの環境下で自然とリスニング力が上がり、現地生活の中でも英語が使えるようになった実感があったのを覚えています。

語学学校での英語漬け生活だけではなく、当時からNLPと英語学習の相乗効果も大いに体感していました。

 

-留学したのに英語力が変わらなかった話をよく耳にします。

オーストラリアのように留学先として人気の国では、キャンパスやクラス内で日本人生徒に出会う機会が多くあります。

ですが、日本人留学生が多い場所だったとしても英語漬けの環境は自分次第でいくらでもつくることができます。

英語学習に適した環境をつくるのは、自分です。

 

オーストラリアへの入国制限が解除された頃に、もう一度留学に行こうと思っています。

 

-英語力向上に現在努めていることは何ですか?

現在のCEFRレベルB2からC1-2へのレベルアップに向けて、今も英語学習を継続しています。

 

私の場合はとくにアウトプットを重視しています。

外国人の友人に協力してもらったり、複数のオンライン英会話プログラムを併用したり、1日に3~4時間は英語を話す機会を確保するようにしています。

 

≫公式サイト:NLPE英語コーチングスクール

NLPE英語コーチングスクールのコーチに就いたきっかけは何ですか?

実は、留学で新しい世界を探求したいという想いがある一方で、外国人の方と話す自信がなく、恐怖の感情の方が勝ってしまって留学に踏み切れない状況が数年間続きました。

一度、自分自身の本当の気持ちに向き合おうと、NLPE英語コーチングスクールの受講を決めました。

 

NLPE英語コーチングスクールのコーチングを受けたことで、「話せるようになるために留学に行くのだから、今自信がないのは当たり前」「起きてもない事態を勝手に予想して、恐怖心からやりたいことを先延ばしにするのは時間が勿体ない」と、ポジティブな思考に変わりました。

考え方が変わってから行動も自ずと変化した実感が大きく、「一人でも多くの方に同じような体験をしてもらいたい」と、私もコーチの職業を目指すようになりました。

 

NLPを学んでいる知人がたまたま南山コーチと知り合いだったので、紹介してもらったのが南山コーチとの出会いです。

コーチング技術はNLPE英語コーチングスクールのコーチ養成コースで身につけました。

NLP理論をどのように学びましたか?

NLPE英語コーチングスクールのコーチ養成コースで、コーチング技術やNLP理論について深く学びました。

また、先輩コーチの方々とデモンストレーションの練習を積みました。

 

たまに、ティーチングとコーチングが混同して使われることがあるかと思います。

双方には明確な違いがあって、「ティーチング」は技術や知識のない人に教えることを指し、「コーチング」は受け手の答えを引き出すことを言います。

NLPE英語コーチングスクールは、後者の、本来の正しいコーチングを受けられるスクールです。

 

ティーチングとコーチングは英語習得に重要な要素ですので、先にコーチングを受けて英語学習の習慣化やモチベーション、集中力の維持を自力でコントロールできる状態になってからティーチングを受けることで効率的にスキルアップにつながります。

NLPE英語コーチングスクールの魅力はどこでしょうか?

NLPE英語コーチングスクールコーチの保坂さん

(写真:NLPEコーチ保坂さん)

“英語を教えないスクール”ということで驚かれる方もいますが、英会話レッスンよりも重要なことに時間を割ける点がNLPE英語コーチングスクールの魅力です。

 

英語習得には相当の時間を要するとはいえ、様々な英語学習法や学ぶ場が溢れているにもかかわらず結果が出ていない方がたくさんいます。

「英語習得は自分には無理だ」「英語が苦手」「やる気が出ない」などの状態に陥っている根本的な原因を解決することが英語習得への第一歩であって、NLPE英語コーチングスクールはそこにフォーカスしています。

 

自分が今までどのような場合に成功できて、どのような時にモチベーションが下がりやる気が出ないのか。

自己分析によって自分で問題解決へ向かえるようになり、その力は自学自習にも役立ちます。

 

英語学習にはかなりのエネルギーが必要なので、負荷に耐えられる精神状態をつくることが大切です。

NLPE英語コーチングスクールでは、英語学習に適した精神状態をつくるために瞑想を取り入れています

瞑想は集中力を高め知識の定着を促す効果があるとされていて、受講生様には英語学習の後にも瞑想をおすすめしています。

“英語学習に成功する人格”をつくるためには欠かせないものです。

 

私たちコーチも、理想とするコーチ像がブレないように、今でも毎日2時間ほど続けています。

 

瞑想が英語学習に役立った元受講生インタビュー

受講生様との向き合い方で大切にしていることを教えてください。

何でも受け止める安心感を与えられるコーチングを心掛けています。

 

受講生様が抱えている課題・問題にはネガティブな内容のものも多く、人に打ち明けるには相当な勇気がいると思います。

話し方や表情、投げ掛ける言葉一つひとつの細部にも気を配り、明かしづらい内容を開示する抵抗感を少しでも緩和できるように気を付けています。

モチベーション不振期のコーチングで心掛けていることとは?

モチベーションが下がったり、英語力が伸び悩んだりする原因を丁寧に掘り下げていくようにしています。

 

たとえば、多忙な仕事によって体から”休みなさい”というサインが出ているがためにモチベーションが下がっているケースがあります。

その場合は英語学習をすべき状態ではないので、体を休息させてあげることが先決です。

 

また、しっかり勉強しているのに英語力の変化が見られない場合もあります。

原因がやる気が出ないからなのであれば、本当に英語力が伸びていないのか1か月前や1週間前と比較して、事実と対処法を受講生様と一緒に探していきます。

 

受講生様ご自身の力で課題発見・解決を繰り返し、英語学習を自走できる状態にすることを最終目標にコーチングを行っています。

 

≫公式サイト:NLPE英語コーチングスクール

 

-十人十色な状況に応じたコーチングは難しく、相当パワーがかかりそうです。

モチベーションも、すぐにご自身でコントロールできるようになる方と、時間をかけてコツを見つけられる方がいます。

大切にしているものや信念、マイナスな心理をプラスに変えていく方法などを自己探求できる方はモチベーションに悩むことが少ないように思います。

 

多くの受講生様を担当してきたなかで、ポジティブな性格の方もいればネガティブな方もいました。

ですが、その性格となった原因が必ず皆さんの過去にあるはずです。

幼少期に「あなたは勉強ができない子ね」と親御さんから言われた時の感情が子供の人格形成に影響します。

当時の記憶を思い起こし、その言葉が事実か否かを解明することもコーチングセッションで行う場合もあります。

 

受講生様の心の深層に入り込み、ネガティブな思考を生み出してしまう、長年ネックとなっている核心部分をコーチングによって払拭していきます。

印象的だった受講生様とのエピソードを教えてください。

お二人ご紹介させてください。

 

まずご紹介するのは、今まで、できないことばかりに目を向けて何事にもブレーキをかけてしまっていた方です。

できないことに目を向ける癖が英語学習にも色濃く出ていて、ご自身を過小評価する原因になっていました。

人と比べる必要はないこと、昨日より今日できることが確実に増えていることを時間をかけてお伝えしていき、結果的に自己肯定感が高まったのが印象に残っています。

 

もうお一人は、「英語が話せるようになって可能性を広げたい」と入校された方で、当初から英語習得した先の理想像を自分の言葉で語られていた姿が印象的でした。

英語力向上への強い意欲から、無理のある過密スケジュールを組んでしまっていましたが、次第にプランニングスキルが上がられていきました。

コース修了時にはスキマ時間の有効活用ができるようになり、1日5時間前後、英語学習時間を確保できていました。

 

ご卒業された現在も、英語学習の習慣が続いているとお聞きしています。

自己探求に熱心で、ポジティブな思考の方は短期間で能力が伸びる傾向にあることを証明してくださったような方でしたね。

 

≫公式サイト:NLPE英語コーチングスクール

NLPE英語コーチングスクールはどのような方にお勧めですか?

NLPE英語コーチングスクールコーチ保坂さんへの取材(写真:NLPEコーチ保坂さんへの取材)

NLPE英語コーチングスクールでは、英語学習の効率化や習慣化、集中力、モチベーションを維持する方法などもお伝えしています。

英語力を上げたい方はもちろんのこと、勉強が続くか自信がない方や外国人の方と話すことに不安がある方など、英語学習に取り組む以前に何か心配事をお持ちの方にも是非おすすめしたいです。

 

コーチングを受けたことがきっかけで、ご自身の思考や行動がガラッと変わられた受講生様がたくさんいらっしゃいます

コーチングによって英語習得を非効率にしていたものが取り払われるだけではなく、英語学習とは直接関わりのない仕事や人間関係など様々な場面でより良い結果を得ることにもつながります。

実際に、「人生全般がうまくいくようになった」と話される受講生様が非常に多いです。

また、私の他にも以前NLPE英語コーチングスクールを受講していたコーチがおり、人生が好転した経験をしています。

 

皆さんが日頃感じている課題・問題には必ず何らかの原因があります。

二人三脚で、しっかり解決に向けたサポートを行っていきたいと思っています。

NLPE英語コーチングスクールより、入会を迷っている方に一言

英語習得の第一歩として、まず英語が使えるようになる内面へとご自身で変えていくことが大切です。

NLPE英語コーチングスクールでは英語を教えることは基本いたしません。

何よりも内側を変えることを重視して、受講生様には自己探求に取り組んでいただきます。

 

以前の私のように、英語に自信がないという理由で外国人の方に話しかけることに躊躇い、時間を無駄にしてしまう前に、ぜひ一度ご相談いただけたらと思います。

英語に悩む時間を少しでも減らし、皆さんの可能性をより広げるサポートができたら幸いです。

NLPE英語コーチングスクールの基本情報

受講料金
  • ベーシックコース:税込121,000円(3ヶ月/コーチング3回)
  • プラクティショナーコース:税込418,000円(3ヶ月/コーチング12回)
  • マスターコース:税込638,000円(6ヶ月/コーチング20回)
入会金 無料
支払い方法 銀行振込、クレカ決済(分割払い2回まで)
保証制度 契約から8日以内のクーリングオフ可能
受講内容

毎週1時間のオンラインコーチング、毎日の自学自習とオンラインサポート、(受講状況に応じて)宿題提出や発音への添削フィードバック、(受講状況に応じて)毎日のチャット・電話サポート、受講生限定コミュニティーの参加、受講生限定セミナーの開催

※受講生に合わせてプログラムをカスタマイズします。

※現在、セミナーは月に数回のウェビナーとグループコーチングに代わっています。

受講形式 マンツーマンレッスン
講師 日本人講師
教室 月1回、受講生限定セミナー開催
オンライン受講 可能(テレビ電話、ビデオ通話、電話)
営業時間 9:00~22:00
The following two tabs change content below.

英語学校しらべ編集長

編集長・ライター
大手英会話スクールや市販教材では結果が出ず、TOEIC500点、英検3級の取得で挫折。縁あって英語事業者様への取材(数十社)やレッスン体験談をレビューする仕事に就き、英語習得における方法と学習量の重要性を知る。私生活でもフィリピン留学を経て海外移住を計画中の父から語学学校の英語漬け生活や効率的な勉強法、英会話を教わる。TOEIC再受験に向けて独学中。≫記事編集方針のご紹介

あなたにおすすめの関連記事

インタビュー

Liberty English Academy代表インタビュー

 

NLPE英語コーチングスクールインタビュー

 

ブラスト英語学院インタビュー

SNSでお気に入り登録♪

このエントリーをはてなブックマークに追加