プログリットとトライズの費用コスパと学習効果を比較《体験談》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
プログリットとトライズの比較

英語コーチングスクールはビジネス英会話力の向上、着実なTOEICスコアアップが狙えると社会人を中心に人気です。

中でも、口コミでは高評価、著名人からの評判も良く圧倒的な実績を誇る2校の英語コーチングスクールをご紹介したいと思います。

PROGRIT(プログリット)とTORAIZ(トライズ)を実際に体験受講し、特徴や違い、どんな人におすすめなのか詳しく解説いたします。

(記事更新日:

プログリットとトライズの比較《指導方法》

プログリットは毎日3時間の自習を伴走型でサポート

PROGRIT(プログリット)

(出典:https://www.progrit.co.jp/cp_top1/)

PROGRIT(プログリット)は英語の課題を明確にし、最適な解決法の提案とサポートにより“短期間で結果を出す”英語コーチングが特徴です。

 

3ヶ月の受講でTOEICは約150点、VERSANTテストでは約5点もの平均スコアアップに導く実績からもわかるように、妥協は一切ありません。

本気度がわかる指標として、平日も1日約3時間の自習が求められます。

趣味で英会話を習いたい方には不向きです。

 

英語がほとんど話せない初級者から仕事の実務で英語を使う中上級者まで。幅広いレベルの方が受講しており、目標達成に向けて専属コンサルタントが伴走してくれる英語コーチングスクールです。

 

通学不要、日本全国・海外からもオンライン受講が可能です。

トライズはできる範囲で頑張る、成功体験積み重ね式の学習

英語コーチングスクール「TORAIZ(トライズ)」

(出典:http://toraiz.jp/)

TORAIZ(トライズ)は1年間の長期的なコーチングプログラムですが、継続率は約91.7%と、大半の受講生が最後までやり切っている実績があります。

 

できる範囲で無理なく頑張り、日・週単位の学習計画達成で定量的な成果が見える「成功体験の積み重ね式」学習によって自信がつき、モチベーションが自然と維持されます。

 

途中で挫折しづらい良好なサイクルが、トライズの高い継続率を生んでいます。

 

通学不要、日本全国・海外からもオンライン受講が可能です。

プログリットとトライズの比較《講師》

プログリットのコンサルは英語力と指導力あるビジネス経験者

PROGRIT(プログリット)コンサルタントの奥田拓陽さん

(写真:コンサルタント奥田さん)

PROGRIT(プログリット)のコンサルタントは、高い英語力と”課題解決力”をもつビジネス経験者が務めています。

 

帰国子女や海外留学、英会話スクール講師等の経験よりも、現状の課題を見極め、最適な解決策を提案するコンサルティングスキルを重視しています。

さらにビジネス経験者であることで、実務で使える生きた英語を教えることができます。

 

まずは無料カウンセリング

オンライン相談・受講が可能です

ビジネス英語特化スクール【PROGRIT】

トライズは日本人コンサルタントと外国人講師がWサポート

トライズ(TORAIZ)東京新宿センターの女性コンサルタント

(写真:コンサルタント足立さん)

TORAIZ(トライズ)では日本人コンサルタントが英語学習コーチングを行い、ネイティブ講師が英会話レッスンで教えるWサポート体制です。

 

コンサルタントには帰国子女がおらず、英語習得に苦戦した一人です。同様の苦労を経験しているからこそ、受講生と同じ目線で会話することができます。

マニュアル的ではなく、一人ひとりに寄り添ったコーチングが魅力です。

 

無料カウンセリングはこちら

オンライン相談・受講が可能です

1年英語マスタープログラム「トライズ」

プログリットとトライズの比較《プログラム》

プログリットの学習量は多いが、意欲・向上心が保てる

PROGRIT(プログリット)は自習メインのプログラムで、コンサルタントが最善策の提案と目標達成サポートを徹底して行う英語コーチングです。

英語学習の伴走、終着点(ゴール)までの最短レールを敷いてくれるイメージです。

 

日本人が正反対の言語である英語を習得するには、相応の学習量が必要です。

プログリットでは毎日約3時間の自習が課されます。

 

仕事の合間、帰宅後に数時間もの学習量をこなすことはスパルタ的に思われますが、「生活習慣の見直し」×「綿密な学習計画」とオンライン進捗管理により、見事に可能となります。

また、シャドーイングの添削も受講生に好評です。

 

圧倒的に高い継続率を誇っている理由の一つに、週1回のコンサルタント面談が挙げられます。

英語力の成長がウィークリー単位で実感しやすく、学習意欲や向上心を維持し続けることができます。

トライズはディスカッション式の英会話レッスンで実践練習

TORAIZ(トライズ)もプログリット同様に自習メインですが、ディスカッション形式の英会話レッスンを取り入れている点が違います。

 

相手の意見を聞き理解するインプットスキルと、自分の意見を正しく的確に伝えるアウトプットスキルの両方を鍛えることができます。

長期的に、実際のビジネスシーンで臨機応変に対応できる英会話力が身につきます。

共通点:学習計画、進捗サポート、チャット、オンライン受講可

PROGRIT(プログリット)とTORAIZ(トライズ)どちらも、個別の学習プランニングや進捗管理、オンラインチャットで英語学習をサポートしています。

 

英語課題を解決するトレーニングメニューを組み立てることは共通点です。

また、日々の英語学習進捗は必ず確認し、内容へのフィードバック、質問・相談を受け付けています。

 

どちらの英語コーチングスクールも自宅でオンライン受講ができます。

プログリットとトライズの比較《料金、保証制度》

プログリットとトライズの比較

PROGRIT(プログリット)とTORAIZ(トライズ)はどちらの費用コスパがいいのか、料金を比較してみました。

 

比較 プログリット トライズ
最低期間 2ヶ月~ 6ヶ月~
受講料金 総額328,000円~ 総額1,117,364円~
入会金 50,000円 50,000円
分割払い 最大24回 最大48回
保証制度 全額返金保証制度 全額返金保証、途中解約保証、無料延長保証制度
一般教育訓練給付制度 あり なし

※2020年4月20日時点の税抜き表記価格です。

※スクールで表全体が見れます。

 

《保証制度について》

全額返金保証

万が一成果に満足できなかった場合、受講開始1か月以内の申請で全額返金

途中解約保証

受講開始1か月経過後に途中解約する場合、残期間の受講料から解約手数料を引いて返金

無料延長保証

12・6か月一括で支払い、万が一成果が出なかった場合、最大3か月受講期間を延長

 

「一般教育訓練給付制度」とは厚生労働省が雇用者のキャリアアップや再就職を支援する制度です。

対象のコースを修了後、最大10万円(受講費用の20%)がハローワークより支給されます。

社会人はよりお得になる制度です。

実際にレッスンを体験してわかった、効果が出そうな人

挫折経験がある、短期集中の目標達成はプログリット

PROGRIT(プログリット)英語学習アドバイスの様子

(写真:カウンセリングの様子)

PROGRIT(プログリット)はビジネス経験者によるビジネスパーソンのための英語コーチングスクールと言え、仕事と学習の両立か不安な方、短期間で英会話力・TOEICスコアアップを狙う社会人におすすめです。

外資系コンサルタント、商社、メーカー、銀行員、会計士の方など幅広い業界・職種の方が受講しています。

 

実際にプログリットの無料カウンセリングを受けてみて、率直に、お金を払ってでも受ける価値がある内容だと思いました。

【関連記事】

自分では気付かなかった英語の課題が明確になり、「だから英語が話せなかったのか」と腑に落ちました。

また、短期間で英語力が上がる具体的な英語学習法まで伝授してもらうことができます。

まさに目から鱗の連続でした。

 

まずは無料カウンセリング

オンライン相談・受講が可能です

ビジネス英語特化スクール【PROGRIT】

仕事で使える英語力を1年間で身につけるならトライズ

トライズ(TORAIZ)カウンセリング体験

(写真:カウンセリングの様子)

“英語学習は一生もの”という考えのもと、”自主的な継続”に重点を置き、できる範囲で無理なく続ける長期的視点の英語コーチングが特徴です。

1年間もの英語学習を達成した事実が受講生の自信となり、受講終了後も学習意欲をキープすることができます。

 

実際に無料カウンセリングを受けると指導メソッドやコンサルタントへの信頼感が増し、自分の英語力が上がるゴールが現実的なものに感じました。

【関連記事】

受講料は安くはありませんが、価格以上の価値があると思います。

 

TORAIZ(トライズ)は、一時的なTOEICスコアアップや実務作業をこなすのではなく、今後のキャリアアップに役立つ一生涯のビジネス英語力を磨きたい社会人におすすめです。

外資系企業への転職、海外転勤・赴任、英語会議や商談を成功に導く本物の英語力を身につけませんか。

 

無料カウンセリングはこちら

オンライン相談・受講が可能です

1年英語マスタープログラム「トライズ」

プログリットとトライズの比較まとめ

比較 プログリット トライズ
特徴 短期間で結果にこだわる、社会人向けのビスネス英語コーチング 半問~1年間で、実務の英語力を上げる社会人向けビジネス英語コーチング
講師 高い英語力と課題解決力に長けたビジネス経験者(バイリンガル日本人) 帰国子女ではなく英語を一から習得したビジネス経験者(バイリンガル日本人)
プログラム 自習がメイン 英会話レッスンあり

料金・

保証制度

2ヶ月32.8万円~

*全額返金保証、一般教育訓練給付制度あり

6ヶ月約111.7万円~

*全額返金保証、途中解約保証、無料延長保証制度

おすすめ 短期間のビジネス英会話力向上、TOEICスコアアップ 会議や商談、メール、外国人上司とのコミュニケーション、海外転勤など、現場で使うビジネス英語力向上

※料金は2020年4月20日時点の税抜き表記価格です。

※スクールで表全体が見れます。

 

PROGRIT(プログリット)とTORAIZ(トライズ)は、どちらも本当におすすめの英語コーチングスクールです。目的・目標に合わせて選ぶことが大切です。

両校とも日本全国・海外からオンライン受講できます。

 

* * *

【関連記事】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

あなたにおすすめの関連記事

SNSでお気に入り登録♪

このエントリーをはてなブックマークに追加