SAT対策におすすめのオンライン英会話《新SAT対応の短期講座》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
SAT対策オンライン英会話

SATの難易度が高い理由の一つに、受験者は米国内の高校生(英語を母国語とするネイティブ)を想定しているためです。

豊富な語彙量や正しい文法知識、長文読解力、英作文のスキルなどが必要です。

今回は、独学では難しいSAT対策におすすめのオンライン英会話・通信講座を厳選してご紹介します。

(記事更新日:

SAT対策におすすめのオンライン英会話・通信講座

TCKワークショップ『SAT対策コース』

オンライン家庭教師TCK Workshop

(出典:https://www.tckwshop.com/)

TCKワークショップは長年、”オンライン家庭教師”としてSAT対策を個別授業で教え、米国大学進学や帰国子女の学習をサポートしてきた実績があります。

講師は、海外留学や帰国子女の経験がある英語・日本語OKのバイリンガル講師です。

 

新SATにも対応しており、Maths対策も一貫して行うことができます。

苦手分野を集中的に特訓していきたい方には、30日間の短期集中講座もおすすめです。

SAT指導経験10年以上の講師が作成したオリジナルテストを使用しており、本番に近い実践練習に取り組むことができます。

 

【料金】

基本レッスン:60分7,500円~

《入会金20,000円》

試験直前SAT Math 30日集中特訓:85,000円~

《入会金無料》

※上記の金額は2020年4月27日時点の税抜き表記価格です。

 

無料体験レッスン&個別相談

オンライン家庭教師【TCKworkshop】

 

EDUBAL『SAT対策コース』

EDUBALは講師全員が帰国子女経験者・現役大学生という特徴のオンライン英会話で、中でもSAT対策への試験知識が深い講師が教えてくれます。

講師はアメリカやカナダ、イギリスなど海外の難関有名大学に通う人も多く、海外留学の先輩として様々なことを学べる環境です。

 

SAT対策コースでは、点数が伸び悩む苦手分野に合わせてカリキュラムをカスタマイズ可能です。

短期間で効率的にハイスコア獲得を目指すことができます。

 

【料金】

60分7,400円

《入会金19,800円》

※上記の金額は2020年4月27日時点の税抜き表記価格です。

 

≫公式サイト:EDUBAL『SAT対策コース』

 

GLC『アメリカ大学進学・SAT®対策講座』

GLC(Global Learning Center)は、ベネッセが運営する海外大学進学に強い中高生向けオンライン英会話で、ハイスコアを目指すSAT対策講座がおすすめです。

「アメリカ大学進学・SAT対策講座」は、カリフォルニア大学ロサンゼルス校やマサチューセッツ工科大学などの難関大学合格を目指す方に最適です。

オンライン講座ですが、1対1の個別授業ではなく他の生徒と一緒に受ける集団授業の形式です。

 

出願大学別のエッセイ(小論文)対策や志望校選びのご相談も行うことができます。

毎年、ハーバード大学やイエール大学など数々のトップ大学合格者を輩出している実績のあるオンライン英会話です。

 

【料金】

1回2時間×月4回:28,000円

《入会金30,000円》

※上記の金額は2020年4月27日時点の税抜き表記価格です。

 

≫公式サイト:GLC『アメリカ大学進学・SAT®対策講座』

 

JN Language Lab『SAT対策コース』

JN Language Labは海外留学支援の専門スクールで、難関大学への合格実績が評判です。短期集中のSAT対策オンライン講座がおすすめ。

講師と1対1の個別授業で、5日間・10日間の短期間でSATのスコアアップを狙うことができます。

レッスン1回あたり75分とたっぷり学べる点も魅力。

本番試験直前の総仕上げや、集中的に苦手克服を目指したい方にも最適なオンライン講座です。

 

【料金】

75分×5回~:87,275円~

《入会金29,545円》

※上記の金額は2020年4月27日時点の税抜き表記価格です。

 

≫公式サイト:JN Language Lab『SAT対策コース』

 

トフルゼミナール『SAT®Test対策』

トフルゼミナールは長年、海外留学・大学進学で実績のあるスクールです。SAT Test対策オンライン講座では、Critical ReadingとWritingに特化して学びます。

新SATに対応したテキストを使用して基礎力を定着させ、高得点に欠かせない応用力を養うことができます。

 

オンライン講座の対象者はTOEFL PBT520点以上、もしくはCBT190点以上、iBT68点以上を持つ方です。

英語中・上級者以上におすすめの講座で、さらなるスコアアップに期待できます。

 

【料金】

要問い合わせ

※上記の金額は2020年4月27日時点の税抜き表記価格です。

 

≫公式サイト:トフルゼミナール『SAT®Test対策』

 

SAT対策オンライン英会話・通信講座《料金比較》

SAT対策におすすめのオンライン英会話、通信講座の料金を比較しました。価格重視で選びたい方はぜひお役立てください。

 

オンライン英会話 最小回数 受講料金 1回あたりの料金 入会金
TCKワークショップ 1回〜 7,500円〜 7,500円〜 〜20,000円
EDUBAL 1回〜 7,400円 7,400円 19,800円
GLC 4回〜 28,000円 7,000円 30,000円
JN Language Lab 5回〜 87,275円〜 17,455円 29,545円
トフルゼミナール 要問い合わせ

※上記の金額は2020年4月27日時点の税抜き表記価格です。

 

TCKワークショップとEDUBALは単体1回から受講でき、他の習い事、学業などで時間が取れない方や短期集中で対策したい方に最適です。

GLCは1レッスンあたり7,000円と、受講料金の安さが魅力的。他の生徒と同じクラスで学ぶ集団授業(グループレッスン)に抵抗がない方におすすめです。

 

JN Language Labは受講料金が若干高いですが、最短5日間~の短期集中講座で学習密度が濃い点が特徴です。

短期間で弱点克服、スコアアップ目指すSAT対策におすすめです。

 

※トフルゼミナールの料金は直接お問い合わせください。

SAT対策にオンライン英会話がおすすめな理由

SAT対策オンライン英会話

Reading・Writing・Mathsなど苦手克服の個別指導

“SAT Reasoning Test”と”SAT Subject Test”の2種類の試験があります。

「SAT」と言うと、前者を指す場合が一般的です。

 

SAT Reasoning Testの出題分野は「Reading」「Writing」「Maths(数学)」です。オプションでEssay(小論文)を提出する場合もあります。

※SAT Subject Testは科目別試験で、英語や歴史・社会学、数学、自然科学、語学の5分野から最大3つを選択します。

 

高い英語力、正確な英語力が求められるのはもちろん、新SAT形式に変更されてから論理的思考力も求められるようになりました。

ご自分の苦手分野に合わせた個別対策がハイスコアには重要です。

講師と1対1のマンツーマンで授業を受けられるオンライン英会話を活用して、目標スコア達成を目指しましょう。

オンラインなら早朝、深夜でも受講可能

学業や部活動、学習塾、習い事と両立して本格的なSAT対策に取り組むことは、非常に難しいです。

学校帰りに英語塾や対策専門スクールに通学し続けることも簡単ではありませんよね。

 

オンライン英会話を活用したSAT対策なら、通学や送り迎え不要で早朝・深夜の時間帯も開講している場合もあります。

スケジュールに融通が利きやすく、限られた時間を有効活用できます。

SATと海外大学進学を熟知した講師が教えている

SATの指導には専門的な試験知識が必要なため、他の英語資格試験と比べて指導経験豊富な講師数が少ない傾向にあります。

 

海外大学進学や帰国子女経験・知識のある講師が在籍し、難関大学への確かな合格実績、そしてSAT対策専用コースがあるオンライン英会話がおすすめです。

留学やSAT受験を経験した先生なら、同じ目線で生徒に寄り添い、将来に役立つ具体的なアドバイスをもらえます。

短期集中で学べるオンラインのSAT対策講座が多い

生徒さんの目標スコアや英語力、学習進捗などによって異なりますが、集中力やモチベーションという視点ではSAT対策の短期集中オンライン講座がおすすめです。

英語の上達には正しい英語学習法と継続が大切ですが、半年や1年間以上も学習意欲を保ち続けることは大人、社会人でも難しいことです。

長期的にゆっくり時間をかけるよりも短期間で苦手克服に向けて集中特訓した方が、効果的なケースもあります。

 

どんな学習プランがご自分に合うのか、ぜひ一度オンライン英会話サービスにご相談してみてはいかがでしょうか。

SAT対策の基礎知識【SATってどんなテスト?】

SAT(Scholastic Assessment Test)とは非営利団体「College Board」が運営する、アメリカの大学進学で合否判断にスコアが用いられる高校生対象の試験です。

TOEFLやTOEICテストと違って日本では認知度が低いですが、国内でも大学受験の帰国生入試(帰国子女枠)に利用されています。

 

SATには、”SAT Reasoning Test”と”SAT Subject Test”の2種類あります。

【出題科目】

SAT Reasoning Test:Reading、Writing&Language、数学、エッセイ

SAT Subject Test:英語、歴史・社会学、数学、自然科学、語学の5分野・20科目から選択

 

SATの難易度が高いと言われる理由に、米国内の高校生(英語を母国語とするネイティブ)を想定した試験内容であることが挙げられます。

相応の語彙力や文法知識、長文読解力・スピード、ライティングスキルが必要です。

 

年間の試験実施日が少ないものの何度でも受験可能なため、早期対策でハイスコア獲得を狙えます。

まとめ

今回は、SAT対策におすすめのオンライン英会話、通信講座をご紹介しました。

グループレッスン(集団授業)とマンツーマン(個別授業)の受講形式の違い、単体1回から受講可能なもの、最短5日間の短期集中講座など様々な特徴があります。

料金比較に限らず、ご自身に最適なSAT対策法を選ぶことが大切です。

 

【関連記事】

“英語資格試験”カテゴリーの記事一覧へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

あなたにおすすめの関連記事

SNSでお気に入り登録♪

このエントリーをはてなブックマークに追加