【訪問取材】PROGRIT(プログリット)の英語学習効果を体験した感想

コーチング系英会話スクールPROGRIT(プログリット)訪問インタビューの感想

株式会社GRITが運営する「PROGRIT(プログリット)」は、東京(神田・新橋・有楽町・池袋・新宿)・横浜・大阪梅田に7校展開する、ビジネス英語に特化した人気のコーチング系英会話スクールです。

卒業生約2,000名の指導ノウハウや独自テスト、応用言語学・第二言語習得理論に基づく英語学習プログラムと専属コンサルタントによる徹底サポートで、本格的なビジネス英会話、TOEICスコアアップを目指します。

今回は、短期集中2か月間で「なぜ英語力が確実に伸びるのか」取材すべく、神田校に訪問。無料カウンセリングを体験し、コンサルタントにインタビューさせていただきました。

目次

PROGRIT(プログリット)無料カウンセリングの流れ

PROGRIT(プログリット)神田校のエントランス写真

(写真:PROGRIT神田校のエントランス)

今回、取材で訪問した校舎は「PROGRIT神田校」です。

最寄りの神田駅/淡路町駅/小川町駅/秋葉原駅よりアクセスしやすく、オフィス街の綺麗な建物6階にあります。

コンサルタントの方にインタビューさせていただく前に、実際の無料カウンセリング約60分間を体験してみました。

 

無料カウンセリングの予約方法

専用のWEB予約フォームより簡単に予約できます。

仕事帰りに立ち寄りやすい21時までの時間帯が選択可能です。

 

無料カウンセリング予約はこちら

>>ビジネス英語特化スクール【PROGRIT】

現状ヒアリング

まず、落ち着いた雰囲気の専用個室で、カウンセラーと1対1でカウンセリングを受けます。

今までの英語学習状況、現状の英語聞き取り・理解度レベル、体感的に伝えたい事の何%言語化できているか、2~3か月後の明確なゴールについて質問されました

英語力診断テスト

次に、一人ひとりの課題を分析するため、同じカウンセリングルームでリスニングとスピーキングの独自テストを受けます。

内容は英語力によって異なります。

 

私の場合、1分間の音源(スピーカー:アメリカ人女性)を聞き、日本語で要約するものと、日本語の文章を英訳する2種類のテストでした。

いくつかの単語は聞き取れ、該当の文法を習ったことは覚えていても、数年間まともに英語に触れていないだけで、中学校レベルの語彙・文法の大半が抜け落ちてしまう現実に衝撃を受けました

結果フィードバック・学習アドバイス

最後に、ヒアリングと英語力診断テスト結果をもとに、個々の課題を発見し、課題解決への英語学習を提案してもらえます。

約10分間と短いテストでしたが、5つの課題があるとカウンセラーから指摘されました。

その課題発見力と丁寧で明瞭な説明に、英語学習意欲・モチベーションの向上と信頼感を抱きました。

PROGRIT(プログリット)で英語学習効果が出やすい理由

オンラインチャットサポート

(写真:オンラインチャットサポート)

無料カウンセリングを受けて分かった、短期間で結果につながりやすいPROGRIT(プログリット)の英語学習メソッドの特徴をまとめました。

 

英語学習はスポーツと同じ!?

曜日によって英語学習量に波をつくったり、やらない日を設けてしまったりすると、人間は怠けてしまいます。それはスポーツと同様です。

 

コンサルタント曰く、平日は仕事だから手を付けず休みの土日に英語学習を固める、といったパターンは典型的な失敗例だそうです。

安定的に、毎日3時間の英語学習をやりきるのが非常に大切です。

英語を話すための5つのステップ

英会話ができるようになるまで、リスニングには「音声知覚」と「意味理解」、スピーキングには「概念化」「文章化」「音声化」の計5つのステップがあるそうです。

また、脳には「知識データベース」があり、「単語(音・意味)」「文法」「例文」が収納されています。

 

リスニング

「音声知覚」:音が聞こえたときに何の単語かを認識する

「意味理解」:聞こえた単語の意味を理解する

耳で音声信号をキャッチすると、単語を聞き取るために「知識データベース」にアクセスします。

データベースの「単語」、とくに単語ごとの検知に必要な「音」データを取ってくることで、英単語を認識していきます。

 

ほとんどの日本人は「音声知覚」に脳のキャパシティを使い過ぎています

脳のキャパシティを使う割合を「音声知覚」と「意味理解」に最適に割り当て、理想の英語脳にするためには2つの方法が有効です。

  1. 「知識データベース」をつくる
  2. シャドーイングで「音声知覚」を自動化する

 

「知識データベース」は、単語帳や文法書で語彙力を鍛えていきます。

「音声知覚」を自動化するには、日本語訳せずに英語の語順で英文を理解する”シャドーイング”で鍛え、「意味理解」は英語の本を大量に読みスピードを鍛える”多読”によって鍛えることができます。

 

スピーキング

英語を話すプロセスには、「概念化⇒文章化⇒音声化」があります。

「概念化」

言いたいことをぼんやりと頭の中でイメージすることです。

日本語と英語の話の組み立て方は異なります。日本語は結論を最後に伝えますが、英語は結論ファーストです。

オンライン英会話でトレーニングをしていきます。

 

「文章化」

「知識データベース」にある「単語(意味)」と「文法」を用いて、文章を作成していきます。

多くの人は、見たり聞いたりする分には英語がわかりますが、文章の作成は出来なかったり、時間がかかったりする文法がたくさんあります。

例えば、関係代名詞です。

日本人に”英語を話してください”と言ってもなかなか使用されるケースはありません。

『知っているが使えない文法』を瞬時に使えるようにするトレーニングが”瞬間英作文”です。

 

「音声化」

リスニングができるようになれば相手に伝わる程度の発音はできるので、あまり問題にはならないそうです。

「連絡頻度は家族以上」課題解決コンサルティング

PROGRIT(プログリット)には、専属コンサルタントとのオンラインチャット・週1回の面談・学習管理スケジュールシート設計の、3つのサポートがあります。

 

オンラインチャット

専属コンサルタントとのチャットは、英語学習を習慣化させる機能があります。

毎日、学習の開始・終了時間を連絡する必要があり、不安点などの相談は24時間以内に返答するサポート体制が整っています。

また、シャドーイングの添削も行っており、LINEで音源を送ると発音などのフィードバックがもらえます。

連絡頻度は家族や親しい友人以上かもしれませんね。

 

週1回の面談

トレーニングレクチャーや確認テストの実施、改善点のフィードバック、卒業生データや蓄積ノウハウから導き出したタイムマネジメントが受けられます。

この面談によって、再び勉強のモチベーションを高め、翌日からの学習をより質の高いものにします。

 

学習管理スケジュールシート

分単位で1週間分をスケジューリングし、個別の計画表を作成します。

受講生さんは日次で英語学習を振り返り、それをリアルタイムに専属コンサルタントが確認します。

 

いつ・どこで・何をやるのかを明確にすることで、”後でやればいいや”という感情がなくなり、英語学習を継続できるようになります。

 

\無料カウンセリング予約はこちら/

ビジネス英語特化スクール【PROGRIT】

PROGRIT(プログリット)無料カウンセリングの感想

PROGRIT(プログリット)コンサルタントのサポート内容

(写真:コンサルタントのサポート内容説明)

英会話スクールの無料体験レッスン・無料相談会に、今まで10校ほど参加してきましたが、PROGRIT(プログリット)のカウンセリングはお金を払ってでも受ける価値のあるレベルだと感じました。

自分では気付かなかった弱点の発見や、短期間で英語力が伸びやすい英語学習法の伝授には、まさに目から鱗が落ちます。

当初の取材の目的を忘れ、「ここまでしてくれるの!?」と驚きました。

 

英語を話すには、一人ひとり違う課題を見つけて正しくアプローチし、ゴール逆算型の計画性と相応の勉強量が必要です。

一人では挫折しやすい英語学習ですが、PROGRIT(プログリット)のビジネス経験・指導ノウハウ豊富な専属コンサルタントとの二人三脚なら、目標とする英語レベルに到達できるのでは、という自信と希望が生まれました。

 

\無料カウンセリング予約はこちら/

ビジネス英語特化スクール【PROGRIT】

【取材】コンサルタントに直インタビュー

PROGRIT(プログリット)コンサルタントの奥田拓陽さん

(写真:コンサルタント奥田拓陽さん)

無料カウンセリングを受けた後、ご自身も英語学習の壁を乗り越えた一人であるコンサルタント(株式会社GRITマネージャー)奥田拓陽さんに直接インタビューさせていただきました

 

Q. 他の英語コーチングスクールとは違う、強みや特徴は何ですか?

会社員
他の英語コーチングスクールとは違う、PROGRIT(プログリット)の強みや特徴は何ですか?
コンサル
 トレーナーやコーチではなく、”コンサルタント”であることです。コンサルタントだからこそ、本質的な問題を解決し続けられる能力があると考えています。また、コーチングのノウハウ・スキルも強みとして挙げられます。
 
コンサル
 問題を”見極める力”と”解決する力”の2つが肝であり、研修から鍛え上げています。採用段階でも、英語力はもちろん、問題解決力を重視しています。つまり、”人間の質”に非常にこだわっています。必ずしもネイティブや帰国子女ではない点も特徴ですね。
 
コンサル
 カリキュラムの観点では、英語学習の根拠・理由付けにも強みがあります。応用言語学や第二言語習得理論を合わせた上で、優先度を考え、個人差はありますが約3時間の学習時間のうち、各学習を何分ずつ、1日どれくらいのペースでやるかを細かく設計します。腹落ちしてやりたい方にも合致するかと思います。

Q. 実際の受講者はどんな方が多いのでしょうか?

会社員
実際にPROGRIT(プログリット)の受講者はどんな方が多いのでしょうか?
コンサル
 中学校以降から内部進学で全く英語に手を付けていなかった方や、I・Sheなど主語レベルが何とかわかる方もいらっしゃいます。また、今まで英語を避けてきたが会社の方針で早いうちに英語学習をやっておきたい方、そして、海外旅行や海外移住などのプライベート目的もいらっしゃいますね。
 
会社員
逆に、受講時から英語力が高い受講生さんもいますか?
コンサル
そうですね、TOEIC満点近い方や帰国子女の方もいます。例えば、TOEIC980点でもまだやれることはあります。スピーキングの処理速度が遅かったり、プロフェッショナルな発音じゃなかったり、鍛え甲斐はあります。TOEICリスニングレベルには対応できても、ヒートアップしたミーティングでは英語を聞き取れないとか、自分の意見をカットインしたいけど言えない…、といった方もいらっしゃいますね。
 
コンサル
業界・職種で申しますと、海外プロジェクトにアサインされた経営コンサルタントや監査法人の方、海外駐在が決まった部署の商社の方など様々です。海外カンファレンスに参加した時に情報収集ができない等、個人事業主の方もいらっしゃいますよ。

Q. 途中で挫折してしまう受講者もいらっしゃるのでは…?

会社員
やはり、途中で挫折してしまう受講者もいらっしゃるのでしょうか?
コンサル
(挫折してしまった方は)ほとんどいらっしゃらないですね。覚悟をお持ちいただいている、ということもありますが、日々のモチベーション維持・向上には特に意識しています。私達はコンサルティングとコーチングが掛け合わせを提供していて、どうすればモチベーションが上がるかを毎週の面談で考え、コミュニケーションを取っています。「面談に来ることでまた1週間頑張れる」と話す受講生さんも多いですね。

Q. 校舎変更は可能ですか?また、最短開始はどれくらいですか?

会社員
校舎変更は可能ですか?また、最短開始はどれくらいですか?
コンサル
校舎変更は可能です。ですが、各校舎に配属されたコンサルタントが専属として付くので、変更先の校舎で再度アサインするお時間をいただいてしまいます。基本的には、おすすめいたしません。また、校舎から遠方にお住まいの受講生さんの場合は、遠隔でのオンライン面談なども対応可能です。
 
コンサル
開始時期については、ビジネスパーソンが多い神田・有楽町・新橋の校舎は人気ですので、だいたい1か月~2か月程お待ちいただいております。業界業種・時期の差はとくにありませんが、面談の曜日・時間によって違ってきます。

「正しい学習方法と環境に置けば、確実に英語力が伸びる。」

会社員
最後に、PROGRIT(プログリット)の受講を検討している方、英語学習に悩みを抱えている方にメッセージをお願いします。
コンサル
正しい学習方法を知って、しっかりやる環境に身を置けば、間違いなく英語力は伸びます。お話を聞きに一歩だけ踏み出していただければ、確実に英語力が伸び、伸ばした先に人生が大きく変わっていくはずです。
 
コンサル
 シャドーイングの方法が間違っていたり、使用する教材が同じでも十分に量をこなせていなかったりするケースがあります。たとえ英語学習に何回挫折していらっしゃっても、今までの学習を一旦忘れていただき、私たちに身を預けてもらえたらと思います。
 
会社員
貴重なお時間ありがとうございました。

 

\無料カウンセリング予約はこちら/

ビジネス英語特化スクール【PROGRIT】

PROGRIT(プログリット)に聞いた”英語力アップの秘訣”

PROGRIT(プログリット)英語学習アドバイスの様子

(写真:英語学習アドバイスの様子)

目から鱗だった今回のインタビューの中でとくに衝撃的だった、非ネイティブな日本人の英語学習に関する3つのポイントをご紹介します。

もしかすると、今までの英語学習法が間違っているかもしれません…!

 

英語力が伸びる人・伸びない人の差

短期間で爆発的に英語力を伸ばすには、大事なことが2つあります。

  1. 「自身の課題に合った正しい学習法を知っていること」
  2. 「その学習法で英語学習をやりきること」

 

そして、毎日の英語学習に対するフィードバックを次にしっかり生かしている人が、英語力が伸びやすい傾向にあります。

英会話教室・オンライン英会話の効果的な使い方

英会話教室は、日頃のインプットを試す”練習試合”です。

ネイティブスピーカーと話す機会をつくるのは、非常に良いことです。実践練習として英会話を活用する方法は、大変価値のある使い方と言えます。

ただ、週2回通っていても、残りの週5日間は何も勉強していない人も多いのではないでしょうか?

残念ながら、練習試合だけでは英語力は伸びません。

 

また、通学せず自宅やカフェなど自由な場所で気軽に受講でき、レッスン料の格安さも人気理由のオンライン英会話ですが、デメリットとして、「フィリピン人のフィリピン訛り」がよく挙げられますよね。

ここで間違ってはいけないのは、本来、オンライン英会話はリスニングを強化する目的のツールではなく、英会話スクール同様に”アウトプットの場”を提供している、という点です。

ですので、オンライン英会話の相手講師に求められるスキルは、話す能力ではなく、ネイティブレベルの聞き取り力なのです。

どうしてもフリートークレッスンの場合は話題が偏ってしまうので、討論形式での受講がおすすめです。

 

オンライン英会話で英語学習を完結させるのではなく、リスニングはシャドーイングで鍛えるのが有効です。

※シャドーイングは正しい学習が難しいトレーニングなため、プロのサポートを受けることをおすすめします。

英語力が伸びるのは自主自習

英語力を伸ばすうえで重要なのは、自主自習です。何事も日々の練習ありき。練習が大切です。

 

自主自習でインプットしたデータベースを、英会話スクールやオンライン英会話といったアウトプットの場に生かしていきましょう。

PROGRIT(プログリット)卒業生の声・口コミ

コンサルタント曰く、受講生さんから実際に以下のようなお声をいただくことが多いそうです。

 

会社員Aさん
英語力が伸びた。
 
会社員Bさん
英語が嫌いだったが、今では英語学習ができていないと1日が終わった気がしない。
 
会社員Cさん
仕事の働き方が変わった。

 

毎日約3時間もの英語学習を継続させることは、仕事と両立せざるを得ないビジネスパーソンにとって、非常に大変なタスクです。

多忙なライフスタイルの中で、英語学習を習慣化させられた結果は、普段の、仕事のタイムマネジメントができることにもつながります

 

英語学習は、生涯学習です。

いかに受講生さんの1日のルーティンに英語学習を組み込めるかが、コンサルティングで重要だとおっしゃっていました。

 

\無料カウンセリング予約はこちら/

ビジネス英語特化スクール【PROGRIT】

PROGRIT(プログリット)の特徴

PROGRIT(プログリット)

(出典:https://www.progrit.co.jp/campaign1/)

PROGRIT(プログリット:旧TOKKUN ENGLISH)は、マッキンゼー社出身の方が創業した株式会社GRITが運営するビジネス英語コーチングスクールです。

専属コンサルタントの高い質と、短期間でビジネス英会話力の上達・TOEICスコアアップを目指せるとビジネスマンに評判です。

「英語を話す練習をする」一般的な英会話教室とは異なり、一人ひとりの”英語が話せない”根本的な原因にアプローチし、「正しい英語学習方法を生涯的に継続・習慣化させる仕組みをコンサルティングする」点が特徴です。

 

ビジネス英会話コースと料金

ベーシックプラン

【 料金 】 328,000円

【  入会金  】 50,000円

【受講期間】 2か月

※2018年8月15日時点の価格表記です。

※クレジットカード決済のみ最大72回分割払い可能。回数は会社によります。

 

スタンダードプラン

【 料金 】 468,000円

【  入会金  】 50,000円

【受講期間】 3か月

※2018年8月15日時点の価格表記です。

※クレジットカード決済のみ最大72回分割払い可能。回数は会社によります。

TOEICコースと料金

ベーシックプラン

【 料金 】 328,000円

【  入会金  】 50,000円

【受講期間】 2か月

※2018年8月15日時点の価格表記です。

※クレジットカード決済のみ最大72回分割払い可能。回数は会社によります。

 

スタンダードプラン

【 料金 】 468,000円

【  入会金  】 50,000円

【受講期間】 3か月

※TOEIC® IPテスト受験料2回分が含まれています。

※クレジットカード決済のみ最大72回分割払い可能。回数は会社によります。

フォローアッププラン

PROGRIT(プログリット)の各コースでは、さらなる高い目標達成に向けた卒業後1年間の学習プランを作成して、最適な教材や学習方法のアドバイスを無料で受けられます。

 

また、延長プランは主に2種類あります。それぞれ受講期間は1か月~です。

  1. フォローアッププラン(PROGRIT NEXT)
  2. シャドーイング添削プラン

※詳細はPROGRITに直接お問い合わせください。

校舎一覧と交通アクセス

PROGRIT(プログリット)神田校の外観

(写真:PROGRIT神田校の外観)

【 住所 】 〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-14-1 MASU no SQUARE 6階

【アクセス】

  • 神田駅 徒歩4分
  • 秋葉原駅 徒歩8分
  • 淡路町駅 徒歩3分
  • 小川町駅 徒歩4分
  • 新御茶ノ水駅 徒歩10分

※その他、岩本町駅・御茶ノ水駅・新日本橋駅からも交通の便が良いです。

【開講時間】 平日12:00~21:00 土日祝9:00~19:00

【関連記事】

PROGRIT神田校|コース・料金・特徴まとめ(旧TOKKUN ENGLISH)

 

\無料カウンセリング予約はこちら/

ビジネス英語特化スクール【PROGRIT】

まとめ|PROGRIT(プログリット)無料相談は”英語課題”を発見・解決策が知れる価値ある時間だった

PROGRIT(プログリット)無料カウンセリング・取材後にもらった水

(写真:取材時に頂いたお水)

今回は、神田校で無料カウンセリングを体験し、コンサルタントの奥田さんに、「短期間で英語力が伸びるPROGRIT(プログリット)の英語学習メソッド効果」について取材させていただきました。

ご協力ありがとうございました!

 

仕事で使えるビジネス英語力やTOEICハイスコア獲得には、一人ひとり違う課題を見つけて正しい方法で個別アプローチする必要があります。

株式会社GRITが運営する「PROGRIT(プログリット)」では、卒業生約2,000名の指導実績や独自の分析テスト、応用言語学・第二言語習得理論に基づくプログラム設計と専属コンサルタントの徹底サポートにより、忙しいビジネスパーソンでも飛躍的に英語力を上達させることができます。

 

無料カウンセリングは、各校舎で随時受け付けています。

一般的な英会話スクールにはない、英語コーチングスクールの”凄さ”をぜひ体感してみてはいかがでしょうか?

※人気校舎は枠が埋まりやすいため、お早めのご予約をおすすめします。

 

無料カウンセリング予約はこちら

>>ビジネス英語特化スクール【PROGRIT】

 

インタビューした会社のご紹介

【  会社名  】 株式会社GRIT(GRIT Inc.)

【   本社住所   】 〒108-0014 東京都港区芝4-13-4 田町第16藤島ビル3階

【代表取締役社長】 岡田祥吾さん

【   事業内容   】 英語トレーニングプログラムの開発・運営

\あなたにおすすめの関連記事/

コメントを残す

*