インターナショナルスクールとは?学べる内容や学費、選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
インターナショナルスクール

関東近郊にもインターナショナルスクールが数多くあります。

お子さんを英語も話せるバイリンガルに育てたいとお考えになる親御さんが増え、時代に合わせて、ご両親が日本人であっても、日本人の子供も通える学校が増えています

ただし、インターナショナルスクールへの入学には気をつけなければいけない点がいくつかあります。

今回はインターナショナルスクールとはどんな学校か、学べること、選び方、学費を分かりやすくお伝えしていきます。

インターナショナルスクールとは?

インターナショナルスクールとは、元々、日本に住んでいる外国籍の子供や帰国子女の子供のために設立された教育施設です。

授業や日常会話はすべて英語でコミュニケーションが取られ、食文化や思考、価値観などもグローバル基準に合わせて形成されています。

 

現代では、日本人の子供も受け入れているインターナショナルスクールが増えています。

将来的に海外移住の予定があることに限らず、国際的な視野や完成をもつ語学堪能なバイリンガルキッズに育てたいという目的で入学させるケースもあります。

 

注意点としては、インターナショナルスクールは英語を学べる「英会話スクール」ではないという点です。

インターナショナルスクールはあくまでも英語を話す外国籍の児童向けのスクールなので、英語を一から教える授業はありません

入学してから日本人向けに英語を教えてくれるわけではないのです。

あらかじめ授業や日常会話についていける程度の英語力を身につけておく必要があり、「インターナショナルスクールに入学させれば英語が話せるようになる」と考えるのには注意が必要です。

インターナショナルスクールと混同しやすい”プリスクール”

プリスクールとは、英語を母国語としない日本人の英語習得を目的とした教育施設です。

インターナショナルスクールは英語を母国語としている外国人向けの教育施設なので、プリスクールと対象の児童に違いがあります

 

近年、プリスクールでもインターナショナルスクールと名乗る施設も多く、両者の違いは無くなってきているとも言えます。

プリスクールとインターナショナルスクール、両者の実施カリキュラムや対象児童などをしっかりと確認されることをおすすめします。

インターナショナルスクールで学べること

幼稚園、小学校のカリキュラム例

カリキュラムはスクールによっても特徴があり、多種多様な教科や科目を学ぶことができます。

基本的には、文部科学省の学習指導要領によって決められた標準学習時間に遵守したカリキュラムが作られます。

加えて、英語や算数の時間が増えたり、外国人の児童向けに社会の授業を日本語で学ぶことで、より日本の文化や歴史を教えたりもします。

 

すべての授業を英語で行いますが、国語の授業を日本語を母国語としない生徒向けに行い、日本でも生活しやすい基盤を作ってくれます。

学校生活のイメージ

インターナショナルスクールでは、一般的な小学校と同じように授業の他に行事やイベント、クラブ活動なども行なっています

 

課外活動としてスポーツや音楽、芸術、演劇、工作、ゲーム、文化活動、料理など様々なクラブ活動に取り組めます。

運動会や水泳教室、授業参観、学習発表会などのおなじみのイベントの他に、各国の料理や文化品などの出店、催し物、バザーなど多国籍の児童が集まるからこそできる行事もあります。

インターナショナルスクールの学費

インターナショナルスクールの学費は幼稚園〜高校まで同じくらいの料金相場で、年間200万円前後です。

入学金は30〜100万円ほどと幅が広く、建物の修繕費などで年間10万円ほどの費用がかかるスクールもあります。

インターナショナルスクールの選び方

インターナショナルスクール

“老舗インターが良い”って聞くけど本当?

グローバル社会化が進み、年々、インターナショナルスクールの数が増えています。

なかでも50年、100年と長い歴史を持つ”老舗インター”は安心感があります。

それだけ長く運営されてきたということは、しっかりとした教育を行ってきた証です。

もちろん新しいインターナショナルスクールでは革新的な教育カリキュラムを実施しているところもありますが、老舗ならではの安心感も捨て難いものです。

 

ぜひ、子供に合うインターナショナルスクールか見極めてあげましょう。

子供に合うカリキュラムや教育方針、学校設備がある

インターナショナルスクールのカリキュラムは実に多種多様です。

教育理念が確立され優秀な教員が揃うスクールもあれば、設備が充実しておらず教員の指導力が低い学校も0ではありません。

 

学校説明会や見学会への積極的な参加、学校関係者の話を聞くなど、子供のためにしっかりと目利きをすることが重要です。

日本人の国籍割合が低い

インターナショナルスクールに日本人の子供を入学させる目的として、英語を習得させて国際的な視野を持たせたいと考えている保護者の方は少なくありません。

日本人生徒の割合が多いスクールですと、学校内で日本人生徒同士で日本語で会話ができてしまいます

生徒同士の交流も日本人同士が多くなってしまい、異文化理解もなかなか進みません。

 

お子さんの英語脳を育てるためには、日本人の生徒比率が低いインターナショナルスクールを選ぶことをおすすめします。

国際的な評価団体の認定を受けたインター

実は、インターナショナルスクールの中には日本の学校教育法で定められたカリキュラムを実施しておらず、卒業しても大学受験資格が得られない場合があります。

一方で、国際的な評価団体の認定を受けているインターナショナルスクールであれば、日本と海外どちらの大学に進学する場合でも入試を受ける資格を得られます

 

国際的に有名な資格としては、日本の大学入学資格検定(大検)にあたる「国際バカロレア資格」です。

その他にもWASC、CIS、ACSIなどの資格があるので、これらのプログラム参加校であるかどうかもチェックしておきましょう。

学費が適切か見極める

インターナショナルスクールの学費相場は、年間200万円前後です。

 

学費の料金相場よりも明らかに高額だったり、逆に安すぎる場合には注意が必要です。

もちろん安ければいいというわけではありません。

安いなりの理由、高いなりの理由が適切であるかどうかが重要です。

学費は高いけれど実績のある教員が揃っている、学校の施設が充実しているなどの理由であれば、学費に見合った教育が受けられるでしょう。

 

インターナショナルスクールの学費と教育内容のバランスが取れているかを事前に確認することが大切です。

インターナショナルスクールや留学並の英語力を身につけるには

インターナショナルスクールはご両親が外国籍の子供向けの教育施設なので、「英語は当たり前に話せる」前提で授業や学校生活が進められていきます。

そのため、インターナショナルスクールに入学させることで英語を身につけさせようという考えは危険です。

 

現在は英語を話せないけど、一から英語を学ばせながら海外エリートの児童と同じような思考体系を身につけさせたいとお考えでしたら、国内の英語学校「Liberty English Academy」をおすすめします。

 

Liberty English Academyでは、英語教育の名門、アメリカのコロンビア大学大学院で独自性を認められた独自メソッド「グラマーテーブル」の習得で、教養のある英米人並みの英語脳を育成できます。

校舎も海外現地の語学学校を再現しており、日本にいながら海外留学の体験にもなります。

日本の学校授業では教えてもらえない英語特有のルールに基づき英文法を深く理解し、英語に一切つまずかず、不自由のない英語運用力が身につきます

 

体験の様子、取材したレポートも是非ご参考になれば幸いです。

The following two tabs change content below.

英語学校しらべ編集長

編集長・ライター
大手英会話スクールや市販教材では結果が出ず、TOEIC500点、英検3級の取得で挫折。縁あって英語事業者様への取材(数十社)やレッスン体験談をレビューする仕事に就き、英語習得における方法と学習量の重要性を知る。私生活でもフィリピン留学を経て海外移住を計画中の父から語学学校の英語漬け生活や効率的な勉強法、英会話を教わる。TOEIC再受験に向けて独学中。≫記事編集方針のご紹介
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

あなたにおすすめの関連記事

インタビュー

Liberty English Academy代表インタビュー

 

NLPE英語コーチングスクールインタビュー

 

ブラスト英語学院インタビュー

SNSでお気に入り登録♪

このエントリーをはてなブックマークに追加