英語を短期で上達させる必勝ポイントは『シャドーイング』と『実践』

英語の短期学習

英語を短期で上達させる秘訣は、覚えた単語やフレーズをどんどんアウトプットすることです。

英語は言語ですので、基本的ですが、「口にする」ことが一番上達します。

今すぐ短期間で英語を上達させたいあなたへ、必勝ポイントを紹介します。

英語を短期習得するコツは「シャドーイング」で緊張を取り除くこと

いきなり外国人に道を尋ねられ、焦って喋れなかったという経験はありますでしょうか?

緊張すると、普段言えるはずのフレーズや知っているはずの英単語が口から出てこなくなることが多々あります。

普段あまり使う環境がないので仕方ないのですが、「シャドーイング」を取り入れることで解決します。

シャドーイングとは簡単に言うと、CDやDVDなどの英語を耳から聞いて、それを自分の口から発声する1人で出来る反復練習です。

フレーズや英単語がすらすらと口から出てくるようになります。

つまり、口癖のような原理で、科学的にも、英語を短期で上達させるにはシャドーイングが有効な方法だと明らかにされています。

英語の短期レベルアップへ、緊張が取れたら「実践」を

英語を短期間で上達させるためには、シャドーイングだけでは少し足りません。

次のステップとして、英会話の流れの中で、フレーズや英単語を使った実戦練習が必要です。

留学できれば、日常の中で、この実践がいやというほど出来るのですが、日本に住んでいるとみずから実践できる環境を整えなければいけません。

独学だと英語のパートナーを探すだけでも大変ですが、英語学校などに通うと、講師や通う生徒同士でこの実戦練習が可能です。

日本にいながら、英語を短期で上達したいという方は学校に通うことを検討すると良いでしょう。

英語の短期集中型コースがある英語学校3選

短期集中の英語学校

駅前留学という言葉が以前流行ったことからわかるように、探せば英語学校は星の数ほど存在します。

その中から、今回の主題でもある「短期集中」に特化した英語スクールを比較しながら紹介。

Ays English(アイズイングリッシュ)

最大の特徴はカランメソッドという独自の英語学習方法を採用していることです。

フレーズを会話の中で反復することによって、瞬発的に言葉が出てくるように脳に覚えさせます。

この効果で学習時間が従来の4分の1程度に圧縮できます。

“スパルタコース”が用意されており、1日4時間以上の受講で一気に英語を学ぶことが可能です。

Best Teacher(ベストティーチャー)

ライティングで自分で英文を考えて、リスニングでネイティブの発音を確認、そしてそれを実際に講師とのスピーキングで生かすプロセスが人気の学校です。

1カ月で10レッスン、10カ月で100の英文を掲げており、かなりの高密度で英語を上達させることができます。

 

\無料体験レッスンはこちらから/

SpeakingとWritingが両方できる唯一のオンライン英会話スクール
「ベストティーチャー(Best Teacher)」
 

Berliz(ベルリッツ)

「集中特訓コース」では急な海外出張や英語でのプレゼンテーション対応を目的としたコースで実用的です。

その他、TOEIC(トイック)、TOFUL(トフル)のスコアアップを狙った短期コースも人気です。

推奨:英語の短期プログラム「Alpros(アルプロス)オンライン学習」

英語の短期上達はオンライン英会話

上記3校に加え、Alpros(アルプロス)のオンライン学習なら、通学せず自宅から受講できるので無駄な時間を使いません。

Alpros(アルプロス)は、留学を目的としたTOEFL(トフル)対策コースや社会人のキャリアアップのためのTOEIC(トイック)対策コースなどを用意しており、生徒のゴールに向かって走り抜ける「英語の短期戦」が得意なスクールです。

Alpros(アルプロス)のプログラムは週6時間から25時間に設定されており、通常の英語学校の1カ月から半年かけて学習する量を1週間でやりきる圧倒的な学習密度です。

ボストン大学やカリフォルニア大学の有名校への進学実績や法人向けへのビジネス英語コースの実施などがその実績を証明しています。

気になる方は、以下のアルプロスのHPより、資料請求や無料体験をしてみてはいかがでしょうか?

 

\資料請求&無料体験はこちらから/

短期集中の総合英語学校【アルプロス】

 

シャドーイングは、英語を喋るための前準備としてとても役に立つ手法です。

加えて、英語学校などで実戦練習に移ると効果が何倍にもなって表れるので、特に、緊張してすらすら喋れない方にはおすすめです。

\あなたにおすすめの関連記事/

コメントを残す

*