VR英語学習が熱い!VRで学べるおすすめ英会話スクール・アプリ【4選】

おすすめのVR英会話スクールとVRアプリ比較

VRにはゲームやアトラクション施設での娯楽的イメージがあると思いますが、実は数年前から、日本国内の学校教育でも導入されています。

技術の向上でリアルなシチュエーションの再現性が高く、学習テーマも豊富に。今後もっと身近な英語学習ツールになりますね。

今回は、VRで英語学習できる初心者さんにもおすすめな人気英会話スクールと、家で学べるVRアプリをまとめてご紹介します。

VRの英会話レッスンが英語初心者におすすめな理由

英語初心者におすすめのVR英会話

VRとは、「Virtual Reality(バーチャルリアリティー)」の略称で、日本語で「仮想現実」とも呼ばれています。

専用アプリをスマートフォンにダウンロードして、VRゴーグル(ヘッドセット)を装着するだけで準備完了。

対面式の英会話レッスンに品質劣らず、臨場感あふれる体験型授業を受けられます。

 

外国人講師相手でも緊張しづらく、自然と発言量が増える

英会話スクールの講師は、ネイティブスピーカーや外国人(フィリピン人など)が多く、緊張感、不安感、恥ずかしさなどでなかなか発言できないケースも多いです。

ましてや行き慣れない教室通い、個室でのマンツーマンレッスンに少しストレスを感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

 

VR英語学習なら、たとえ英単語・文法を間違えても他人の目が気にならず、思いっきり英語を話せます

英語力の上達には実践練習が欠かせません。ミスを恐れず、自信を持って声を出しましょう。

家にいながら自由な時間に学べ、楽しいから英語学習が続く

英語学習が習慣化されるまでは、英会話スクールへの通学を面倒に思ったり、通学自体が目的になってしまったり。

社会人になると仕事・勉強の両立が難しく、実際に途中で挫折してしまう方も多いです。

 

VR英会話は、自宅で好きな時間にレッスンを受けられます。対人のオンライン英会話より手軽。英会話講師があなたの家に出張しているような感覚ですね。

非日常的な体験ができるのでゲーム感覚で楽しく、英語学習が続きやすいメリットがあります。

リアルなシーンで、何度も英会話を練習・復習できる

VR英会話では、現実的な日常のシチュエーションを想定して実践的なロールプレイングが可能です。

対人相手だと何回も練習するのは気が引けますが、機械相手なら気の済むまで練習できます。

 

AIを搭載しているVRアプリですと、自分の返答に合わせてシーンが変わるアプリもあります。

VRの英語学習の注意点【デメリットを知ろう】

講師の臨機応変な対応が難しく、英語中級~上級者に不向き

当たり前ですが、VR英会話はプログラムされている内容以外には対応できず、学習にも限界があります。

臨機応変に話題を変えたり、会話を深掘ったりすることができません。

ものによっては、より柔軟性が必要な英語中級者〜上級者に不向きなプログラムもあります。

長時間の受講は疲労感や酔いやすい

VRを体験した経験のある方なら分かると思いますが、目の前に実物の人間がいる錯覚になり、世界観に没入します。

慣れるまでは距離感がつかめず映像が歪んだように見えるので、疲れや酔ってしまう場合もあります。

 

最初は、長時間の使用を避けて、無理のない範囲で利用しましょう。

VRの英会話レッスンを受けられる英語スクール

トライズ

英語コーチングスクール「TORAIZ(トライズ)」

(出典:http://toraiz.jp/)

トライズは、専属コンサルタントが個別カリキュラムを作成して学習進捗を管理。チャットや面談で目標達成をサポートします。ネイティブ講師レッスンで実践力も身につくコーチングスクールです。

【関連記事】

トライズ(TORAIZ)英語学習効果を体験した感想【コンサルタント取材】

 

2018年より、AI搭載のVRプログラム(Smart Tutor)を導入しています。

英会話の発音や流暢さなどをリアルタイムに評価分析してスコア化、また、「大勢の社員の前でプレゼンする」等のオリジナルな場面をVRに実装できます。

受講生のニーズ・語学レベルに幅広く対応した、”深みのある”英語学習が可能となっています。

 

無料カウンセリングご予約へ

1年英語マスタープログラム「トライズ」

 

ロゼッタストーン Premium Club

マンツーマン英会話ロゼッタストーン・ラーニングセンター

(出典:http://rosettastone-lc.jp/index_af.html)

ロゼッタストーン Premium Clubは東京・銀座の会員制マンツーマン英会話スクールで、完全カスタマイズレッスン。VRやEラーニングを活用して医療や法律、接客など専門英語にも対応しています。

講師は海外の大学院やMBAを卒業した実務経験豊富なトップクラスの人材です。

VR専用の自習室が設けられており、最適なシチュエーションで実践的な英会話練習ができます。は骨伝導が伝わる仕組みのヘッドセットで、自分の発音を確認できます。

 

マンツーマンレッスンは、受講生一人ひとりに最適化されています。

授業の音声は録音されており、内容も講師がノートを取ってくれているのでオンラインでいつでも復習が可能です。

【関連記事】

【体験記】ロゼッタストーン・ラーニングセンター新宿校で受けた感想レビュー

 

まずは無料体験レッスン

【ロゼッタストーン・ラーニングセンター】 

VR対応のおすすめ英語学習アプリ

英語でおもてなしガイド(英会話イーオン開発)

外国人観光客の方に日本国内を案内するというテーマで、実践的な英会話力を養える、英会話イーオンが開発したVR英語学習アプリです。

自分の受け答えによって相手の反応やストーリーが変わり、繰り返し練習できる面白さがあります。

外国人と現実世界でコミュニケーションを取っている感覚になれます。

VR英会話以外にも、単語・文法やリスニングなど英語基礎が身につく練習パートもあり、英語初心者さんにもおすすめです。

 

MondlyVR

人気の言語学習アプリ「Mondly」をVR英会話にしたもので、仮想空間で様々なキャラクターと会話できます。

Mondly自体は累計2,000万件以上もダウンロードされており、Facebookの2017年度アプリ・オブ・ザ・イヤーを獲得しています。

 

アプリでは、5つのシチュエーションで英会話を練習できます。

  1. トレイン:電車の中で新しい友達を作る
  2. レストラン:小さなビストロで食事を注文する
  3. ホテルロビー:ゴージャスなホテルにチェックインする
  4. ホテルルーム:ホテルでベルボーイと会話する
  5. タクシー:タクシーでドライバーに行き先を伝える

単なる英会話の練習だけではなく、語彙力を高めるアドバイスや発音のフィードバックもしてくれます。

シナリオを進めながら、楽しく実践的な英会話の勉強が可能です。

まとめ:VR英語学習でリスニング・スピーキング実践練習!

おすすめのVR英会話スクールとVRアプリ比較

VR英語学習でおすすめな英会話スクールとVRアプリを比較してまとめましたが、対面レッスンにも劣らず臨場感ある体験型授業が魅力です。

仮想現実とはいえ、精巧に開発されてたVRプログラムが多く、日常英会話やビジネス英会話、専門分野の英語にも対応できるほど進化し続けています。

VRは比較的安い料金で利用できて、オンライン英会話よりも手軽。

本格的な英語をゲーム感覚で学べるのもメリットです。

 

ぜひこの機会に、VRの英語教育プログラムを体験されてみてはいかがでしょうか?

あなたにおすすめの関連記事