IELTS対策(アイエルツ)で本当におすすめしたい東京の塾・予備校【10選】

東京にあるIELTS対策で評判の塾・予備校・講座まとめ

イギリス・カナダ・オーストラリアなどの大学や大学院に留学する際に欠かせない試験が、IELTS(アイエルツ)ですよね。

IELTS試験では、Reading・writing・Listening・Speakingの英語4技能の能力が問われるため、しっかりと勉強しなくては突破できません。

そこで今回は、東京でおすすめしたいIELTS対策スクールを5つに厳選してご紹介します!

IELTS対策塾・予備校の失敗しない選び方

東京のIELTS対策スクールまとめ

まずは、IELTS(アイエルツ)対策コースのある塾や予備校選びで失敗しないポイントをお伝えします!

 

IELTS対策に特化している・独自の強みがあるか

英語を学べる塾や予備校には、様々な種類があります。

IELTS対策や受験英語に特化している予備校やビジネス英語を教える学校、英会話専門の学校など多種多様なスクールが存在します。

なかでも、IELTS対策講座を設けていたり、しっかりと英語4技能「読む・書く・聞く・話す」を学習できるコースがあったり、試験対策に力を入れているスクールを選びましょう。

 

サービスと料金のバランスが取れているか

予備校や塾に通うのは、安い買い物ではありませんよね。

しかし、そのお金を払ってでも相応の対価(スコアアップや勉強効率など)が得られるのなら、必要なお金です。

コスパ(コストパフォーマンス)が良い塾や予備校を選ぶのもポイントです♪

IELTSは大学入試英語科目の成績にも認定

2020年度から、大学入試センター試験に代わりに「大学入学共通テスト」が始まります。

TOEICや英検、TOEFLの他、IELTS(アイエルツ)など23の民間資格・検定試験が”英語科目の成績”に認められることになります。

※23の民間資格・検定試験のうち、一部条件付きで認められているものもあります。

 

この目的は「聞く」「読む」「話す」「書く」の英語4技能を評価し、英語教育の抜本的な見直しを行っていくためです。

大学の受験生にとっては、早めの対策が第一志望大学への合格につながります。

IELTS対策コースがある東京の塾・予備校10選

それでは、IELTS(アイエルツ)対策コースがあるおすすめのスクールを紹介していきます!

 

トフルゼミナール

TOEFL対策で人気のトフルゼミナール

(出典:http://tofl.jp/)

特徴 TOEFLやIELTSなどの英語試験や入試対策に特化している
コース内容・料金

■通常レッスン

  • 100分×12回(6週間) :113,080円
  • 100分×24回(12週間)  :218,840円
  • 100分×48回(24週間) :337,750円
  • 100分×60回(30週間) :372,700円

■夏期特別集中コース

  • 3時間/日×10日間    :88,700円
  • 3時間/日×20日間    :151,100円
  • 土曜コース 100分×12回  :113,080円

※料金は税抜きで、入学金その他費用は全て含まれています。

レッスンタイプ グループレッスン
講師 日本人

※2017年11月28日時点の価格です。

 

トフルゼミナールは、TOEFLやTEAPなどの英語試験や大学入試の英語試験対策に特化している塾です。

早稲田大学や慶應義塾大学、上智大学など国内の受験難関校を始め、コロンビア大学やボストン大学など海外の有名大学への合格者を多数排出している実績があります。

教材や講師の質も高く、日本人が理解しやすいように考えられた授業を行うように心がけているそうです!

 

ALPROS(アルプロス)

短期集中型の英語学校ALPROS(アルプロス)

(出典:https://www.alpros.co.jp) 

特徴 「読む・書く・話す・聞く」の英語4技能教育に特化している
コース内容・料金

生徒一人一人のレベルに合わせたプライベートレッスン

1回50分〜8,000円〜(税抜)+入学金30,000円(税抜)+教材費

レッスンタイプ マンツーマンレッスン
講師 日本人

※2017年11月28日時点の価格です。

 

ALPROS(アルプロス)はグローバル・ビジネスや海外進学・留学、苦手意識の克服といった国際社会における英語シーンに対応することに特化した総合英語塾です。

国際社会で活躍するために、「聞く・話す」だけの英会話スキルだけではなく、「読む・書く」スキルも兼ね備えた英語4技能をまんべんなく高めることに注力しています。

大学の授業や課題、アルバイトなどで忙しく、なかなかIELTS対策に時間をかけられないという人も多いのではないでしょうか?

マンツーマンレッスンで、限られた時間を効率的に使いスコアアップできるALPROS(アルプロス)がおすすめです!

一人一人の弱点や課題を集中的に克服でき、効率的な勉強ができます!

ただ、マンツーマン指導では担当講師との相性も大切です。まずは、無料体験レッスンに参加してみてはいかがでしょう。

 

\資料請求&無料体験はこちらから/

短期集中の総合英語学校【アルプロス】

 

8日間の「夏期講習会」で短期集中特訓

アルプロスのSAT・SSAT・ACT・IELTS・TOEFL対策の夏期講習

(出典:https://www.alpros.co.jp/campaign/koshu/)

中学生・高校生・大学生向け(一時帰国生・インターナショナルスクール生含む)に、夏期休暇中の8日間を活用した少人数制(2~8名)のスコアアップ講座「夏期講習会」を実施しています。

Writing/Reading/Listening/Speakingの科目毎に点数を上げる方法や面接対策など、包括的に対策することができます。

より集中的に強化したい人向けのマンツーマンレッスンでは、IELTS他、TOEFL/SAT/SSAT/ACT/TOEIC/英検も試験対策が可能です。

 

■ 少人数制レッスンの場合

【  対象期間  】 2018年6月19日~8月30日の8日間

【  開講時間  】 14:00〜16:50

【対象レベル】 IELTS 5.5以上もしくは同等の英語力がある方

【 受講料 】 84,000円(税抜)

【 入学金 】 15,000円(税抜)

※2018年5月21日時点の価格表示です。教材費は別途必要です。

 

\資料請求&無料体験はこちらから/

短期集中の総合英語学校【アルプロス】

 

beoカレッジ

beoカレッジ

(出典:http://beocollege.jp/)

特徴 大学の留学サポートに特化している
コース内容・料金

■土曜コース:150,000円+教材費8,500円

  • 9:50〜17:00×6回+オンライン課題+模擬試験

■平日コース:85,938円+教材5,130円

  • 2時間30分〜3時間×10回

■12月短期集中コース

  • 6時間/日×5日間:受講料101,250円+諸費用1,620円

■プライベートレッスンコース

  • 60分×4回〜8回:15,000円/回 8回セット:120,000円

※料金は税抜き表示。別途で入学金15,000円+事務管理手数料540円/月がかかります。

レッスンタイプ グループレッスン、マンツーマンレッスン
講師 ネイティブ

※2017年11月28日時点の価格です。

 

beoカレッジは大学や大学院への留学をトータルサポートしてくれる英語塾です。

スクールの特徴は、何と言っても講師の質の高さ。

講師陣は、採用率2%未満の狭き門をくぐりぬけた英語のプロフェッショナル。海外の大学で英語教授経験を積んでいます。

大学・大学院レベルで応用言語学、英語教授法などを学び、英語教師になるための“学問”を学んでいるそうです。

中には、IELTS公式試験官、CELTA、DELTA(英語教授におけるトップレベルの資格)といった有資格者が多数所属しています。

 

アゴス・ジャパン

アゴス・ジャパン

(出典:http://www.agos.co.jp/)

特徴 MBA・LLM・大学院・大学留学を目指す人たちのためのテスト対策・出願対策に特化している
コース内容・料金

■Baseコース(対象:IELTS 5.5レベル)

IELTS英語の土台作りや基本試験テクニックを学ぶ

1日3時間×16回:50,000円

■Coreコース(対象:IELTS 6.0レベル)

試験テクニックを網羅し、ハイレベルな英語を学ぶ

1日3時間×24回:50,000円

■Advancedコース(対象:IELTS 6.5レベル)

試験テクニックと英語力をつけ、IELTS英語を完成させる

1日3時間×16回:50,000円

※料金は税抜きで、入学金25,000円が別途かかります。

レッスンタイプ グループレッスン
講師

基本的に日本人講師が担当

Speakingレッスン・Advancedコースはネイティブ講師が担当

※2017年11月28日時点の価格です。

 

アゴス・ジャパンはMBAへ勉学で海外の大学や大学院に留学するためのテスト対策に特化した英語塾です。

留学をプロセスで捉え、緻密な戦略を立てて対策を練る特徴があります。

留学を1つのプロジェクトとして考え、出願への取り組みプランを立て、行動を起こし、新たに生じる課題への対策を考え、意思決定し、すぐに次の行動に移す、という計画を立てます。

そして、合格までのロードマップを常にチェックしながらマネジメントしていくといったスタイルで指導します。

また、他の塾・予備校に比べて受講料がリーズナブルなのもポイントです!

 

TRAアカデミー

TRAアカデミー

(出典:http://tra-academy.jp/ielts/)

特徴 ILELTS対策に特化したマンツーマンレッスン塾
コース内容・料金

■ALL DAYコース

  • 6時間/日×3日間  :118,000円
  • 6時間/日×5日間  :188,000円
  • 6時間/日×10日間:365,000円
  • 6時間/日×15日間:535,000円

■2時間コース

  • 6回  :87,000円
  • 10回:140,000円
  • 20回:270,000円
  • 30回:390,000円

■1日スペシャルコース

  • 6時間×1日:39,000円
  • 6時間×2日:77,000円

※料金は税抜きで、テキスト代2,000〜10,000円が別途かかります。

レッスンタイプ マンツーマン
講師 日本人、ネイティブ

※2017年11月28日時点の価格です。

 

TRAアカデミーはIELTS対策に特化した英語予備校です。

特徴は、短期間でのマンツーマン指導で、短期集中で効率的にIELTS対策をしたい方におすすめです!

講師達はTOEICやTOEFLで満点だったりとレベルも高いので、レッスンの質の高さも保証されています。

 

イングリッシュイノベーションズ

イングリッシュイノベーションズ

(出典:https://english-innovations.com/lp13/)

特徴 点数保証制度で確実に目標スコアをクリア
コース内容・料金

■週2回コース

  • 4週間  :63,000円
  • 12週間:168,000円
  • 24週間:280,000円
  • 48週間:448,000円

■プライベートレッスンコース

  • 20時間  :165,100円
  • 40時間  :312,800円
  • 60時間  :417,100円
  • 80時間  :521,600円
  • 100時間:608,600円
レッスンタイプ グループ、マンツーマン
講師 ネイティブ

※2018年4月16日時点の価格です。

 

イングリッシュイノベーションズは点数保証があるスクールで、期間内に目標スコアを達成できなければ、目標スコアに到達するまで無料でレッスンを行ってくれます!

たった8週間で平均1.97点のスコアアップ実績があるので、短い期間でIELTS対策をしたい人にオススメです。

全ての授業を英語で行うので、英語を聞き取って話すスキルが自然と身に付くことが期待できます!

 

ブリティッシュ・カウンシル

ブリティッシュ・カウンシル

(出典:https://www.britishcouncil.jp/)

特徴 講師のレベルが高い英国の公的機関が運営するスクール
コース内容・料金

年4回開催される12週間のコース:140,400円(税抜)

1レッスン90〜180分

  • 準中級
  • 中級
  • 中級上
  • 上級
レッスンタイプ グループレッスン
講師 ネイティブ

※2018年4月16日時点の価格です。

 

ブリティッシュ・カウンシルは英国の公的機関として、『英語教育の革新』というミッションを掲げる英会話スクールです。

講師陣全員が、CELTAやDELTAといった英語教育の国際的な資格を持っていて、日本や世界各地で最低2年以上(平均10年ほど)の指導経験が無ければ、ブリティッシュ・カウンシルの講師になる権利を得ることができません。

そのため密度の濃く質の高いレッスンを受けることができるのです!

またブリティッシュ・カウンシルの受講生限定で、映画や音楽、文化を題材にした無料教材も使えるのも魅力です。

 

ベルリッツ

ベルリッツ(berlitz)

(出典:http://www.berlitz.co.jp/)

特徴 あなたの要望を叶えるマンツーマンレッスン
コース内容・料金
  • マンツーマン30レッスン:179,400円(税抜)
  • マンツーマン50レッスン:267,000円(税抜)
レッスンタイプ マンツーマン
講師 ネイティブ

※2017年4月16日時点の価格です。

 

ベルリッツはマンツーマン指導で、要望に合わせたIELTS対策ができる英会話スクールです。

レッスンカリキュラムは日本人カウンセラーが個別で相談に乗ってくれて、最適なカリキュラムを作成してくれたり、効率的な学習法をアドバイスしてくれます!

レッスンは個室で行うので、間違って恥ずかしい想いをすることもありません。

効率的に実力を付けていきたい方はベルリッツがオススメです。

 

【関連記事

【体験記】ビジネス英語に強いベルリッツ(Berlitz)の評判・口コミ

 

日米英語学院

特徴 生徒一人ひとりの英語力に最適な個別カリキュラム
コース内容・料金
  • Academic Reading 実践クラス
  • Academic Reading 入門クラス
  • Academic Listening 実践クラス
  • IELTS Writing対策 プライベートレッスン
  • Discussionクラス
  • IELTS Speaking対策 プライベートレッスン
レッスンタイプ グループレッスンorマンツーマン
講師 ネイティブ&日本人

※2018年9月25日時点の価格です。

 

日米英語学院は、東京の渋谷・新宿・池袋エリアに教室がある人気の大手英会話スクールです!

日米英語学院のIELTS対策コースは、4技能から必要な分野のみ個別カスタマイズでレッスンを受けられ、英語の課題や弱点に適した効率的な勉強が出来ます。

どのようなレッスンを組み合わせれば良いか、講師やスタッフが親身に相談に乗ってくれます。

 

バークレーハウス

特徴 40年以上の実績から、日本人に最適なIELTS対策法を指導
コース内容・料金
  • プライベートレッスン55分×40回:320,000円
レッスンタイプ マンツーマン
講師 日本人&ネイティブ

※2018年9月25日時点の価格です。

 

バークレーハウスは、世界各国の経験豊富な講師の採用を重視しており、高品質でわかりやすいレッスンが受けられると評判の英会話スクールです。

過去40年以上の指導実績から、日本人に最適なIELTS対策法を導き出し、オリジナルの教材作成や指導法を開発しています。

生徒一人一人に専任カウンセラーが付き、IELTS試験の結果や進捗などを把握し、より丁寧なサポートを目指します。

しっかりと目標達成したい方はバークレーハウスがおすすめですね。

IELTS対策は海外の語学学校でもできる!

ここまでは、日本でのIELTS対策を紹介しましたが、発想を変えて、留学したい国でIELTS対策をする方法も視野に入れてみませんか?

国内で予備校を検討している方にとっては、留学の費用やパスポートの取得などの壁が多く、なかなか踏み出しにくいかと思います。

費用面での不安がある方は、ぜひ国内で少しずつ通学する費用と、短期間で集中して留学をする費用を比較してみてください。

すると意外にも、思い切って留学をした方が費用が安くなる場合もあるのです。

また、留学をすると、今まで生活してきた日本を離れて、海外で異国の人と生活をすることができます。

その貴重な経験は、IELTSの先にある留学に必ず役立つものであり、日本にいる間は決して得られないものになるでしょう。

長期的な視点で留学プランを組み立てると、IELTS対策で事前に留学を経験することのメリットが見えてくるはずです。

 

カナダジャーナル

IELTS対策のカナダジャーナル

(出典:https://canadajournal.com/info/)

特徴

カナダ留学をしながらIELTS対策ができる学校を紹介してくれる

サポート料金

すべてのサポートが無料

レッスンタイプ

グループレッスンが主流

講師

現地のネイティブ

周りの環境をガラッと変えてみると、一気にやる気が出てくる人も多いでしょう。

そんな方には、留学の目的を1度IELTSに置いて、短期集中型で学ぶことをおすすめします。

カナダジャーナルは、数多く存在するカナダの語学学校の中から、あなたに最適な学校を紹介してくれる留学エージェントです。

もちろん、IELTS対策ができる語学学校も紹介してもらえます。

IELTSの知識が新鮮なまま、すぐにカナダの大学へ入学することが出来れば、効率的な留学になりますよね!

 

また、カナダジャーナルは学校の紹介だけでなく、留学の前後の手続き等のサポートもすべて無料で行ってくれます。

「どんな学校があるんだろう?」と気になった方は、まずは気軽に問い合わせてみましょう♪

 

\お問い合わせはこちらから/

>>手数料無料の留学手続きサービスなら【カナダジャーナル】 <<

 

語学学校NILS

IELTS対策の語学学校NILS

(出典:http://www.nilsph.com/school_info.html)

特徴

圧倒的低価格でマンツーマンレッスンが受けられる

コース内容・料金

  • 1日4時間×1週間:55,200円~
  • 1日10時間×1週間:82,000円~

スパルタコース

  • 1日10時間×12週間:530,000円~

レッスンタイプ

マンツーマン

講師

フィリピン人講師

「いきなりカナダに行くのは不安…」という方におすすめなのは、フィリピン・セブ島の語学学校

学費や航空費が安く、ほとんどの学校がマンツーマンレッスンのため、海外留学初心者の方にはもってこいの環境です。

 

IELTSに特化したコースを持つ語学学校NILSでは、1日の学習時間を、4時間から10時間まで選ぶことができます。

10時間ものマンツーマンレッスンが受けられる学校を、NILS以外に見つけようとすると大変なくらい、珍しい学校です。

1週間10時間のマンツーマンレッスンを82,000円から受けられると考えると、日本よりもコストパフォーマンスは高いのではないでしょうか?

また、IELTSの点数UPの保証がついたスパルタコースもありますので、本気で学びたい方はそのコースを特におすすめします!

 

\無料相談&資料請求はこちらから/

欧米留学の約1/3の費用で留学可能!
<初心者向け>セブ語学留学はこちら

IELTS(アイエルツ)の特徴まとめ

IELTS(アイエルツ)

(出典:http://www.eiken.or.jp/ielts/)

対策を立てるためには、相手を知ることが重要です。

ですので、IELTS(アイエルツ)の特徴をしっかりと捉えておきましょう!

 

IELTSとは?

IELTSは、International English Language Testing Systemの略語で、海外留学・研修などで英語力を証明する必要のある方、イギリス・オーストラリア・カナダ・ニュージーランドなどへの海外移住申請をしたい方に必須の英語試験です。

イギリス・カナダ・オーストラリア・ニュージーランドのほぼ全ての高等教育機関で認められており、アメリカでもTOEFLに代わる入学試験として3,000以上の教育機関がIELTSを採用しています。

現在では、英語力を証明するためのグローバルスタンダードテストとして認知されています。

 

IELTSのテスト形式

【1】アカデミック・モジュール

主にイギリスやカナダ、オーストラリア、ニュージーランドの大学や大学院に進学を希望している人が受験する形式です。

試験内容は、英語圏の高等教育機関に入学できる英語力があるかどうかを評価できるものになっています。

アカデミック・モジュールで高スコアを取ることで、海外の大学へ進学できる可能性が広がりますね!

 

【2】ジェネラル・トレーニング・モジュール

主にオーストラリアやニュージーランド、カナダへの海外移住を考えている人が受験する形式の試験です。

試験内容は、英語圏で生活が出来るかどうか評価されるものになっています。 

 

IELTSの受験料

要項 費用
消費税8%込み

受験料

25,380円

追加成績証明書の発行手数料

  • 成績証明書発行日から30日以内の場合:5通まで無料
  • 6通以上、または発行日から31日以上経過している場合:1通につき1,100円

1,100円

追加成績証明書の郵送料

  • 普通郵便を選択する場合:無料
  • 追跡番号付き郵便を選択する場合:1,600円

1,600円

※2017年11月28日時点の価格です。

 

IELTSの受験日と受験会場

IELTS(アイエルツ)の試験は全国14の都市でほぼ毎週行われています。(札幌・仙台・埼玉・東京・横浜・松本・金沢・名古屋・京都・大阪・神戸・岡山・広島・福岡)

※各会場での詳しい受験日程は公式サイトをご覧ください。

 

IELTSスコア提出が必要な国

イギリスやカナダ、オーストラリア、ニュージーランドではIELTSスコアの提出が求められます。

 

/////////////////////// POINT ///////////////////////

アメリカでもIELTSが採用され始めています。

IELTSスコアの提出が求められる場合があります。

/////////////////////////////////////////////////////////

 

IELTSの申し込み

IELTS(アイエルツ)の受験を申し込む手順は、7ステップです。

 

1. IELTS IDの登録

  ※公式サイトにて、あなた専用のTEAP IDを発行します。詳しい方法は公式サイトで確認しましょう。

2. IELTS IDでログイン

3. 「新規受験登録」をクリックし、受験者情報を入力

4. 試験会場、モジュール(テストタイプ)、試験日程の選択

5. 支払い方法の選択

  • クレジットカード:JCB・NICOS・VISA・MASTER
  • コンビニ現金払い:ローソン・ミニストップ・セイコーマート・ファミリーマート
  • 郵便局ATM     :Pay-easy(ペイジー)

6. パスポートのコピー/画像データの提出

7. 申し込み完了

 

///////////////////【注意事項】//////////////////

IELTSは試験日時点で有効なパスポートが必要です。

事前にパスポートを取得しておきましょう!

//////////////////////////////////////////////////

 

IELTSを入試に採用する世界トップ大学一覧

ランク 大学 スコア
1 United Kingdom University of Oxford 7.0-7.5
2 United States California Institute of Technology 7.0
3 United Kingdom University of Cambridge 6.5
4 United States Massachusetts Institute of Technology 6.0-7.5
5 United States Harvard University 7.0-7.5
6 United States Princeton University 7.0
7 United Kingdom Imperial College London 6.0-7.0
8 Switzerland ETH-Zurich 6.5
9 United States University of California,Berkeley  7.0 
10  United States University of Ghicago 7.0 

(出典:https://www.eiken.or.jp/ielts/pdf/ielts_hakusyo2017.pdf)

IELTSを入試に採用する日本国内の大学一覧

グローバル人材を輩出することを目的に、IELTSを入試に採用する大学も増えています。

IELTSを入試に採用している大学は以下の通りです。

 

//////////////【IELTS採用大学一覧】//////////////

北海道大学/東北大学/東京工業大学/名古屋大学

筑波大学/東京大学/愛知大学/広島大学/九州大学

東京医科歯科大学/京都大学/大阪大学/福井大学

東京外国語大学/東京芸術大学/国際教養大学

金沢大学/豊橋技術科学大学/長岡技術科学大学

奈良先端科学技術大学院大学/岡山大学/熊本大学

会津大学/国際基督教大学/芝浦工業大学/上智大学

慶應義塾大学/早稲田大学/法政大学/明治大学

東洋大学/立教大学/創価大学/千葉大学/中央大学

国際大学/立命館大学/関西学院大学/同志社大学

立命館アジア太平洋大学/東京海洋大学/新潟大学

一橋大学/埼玉大学/お茶の水女子大学/神戸大学

山口大学/長崎大学/愛知県立大学/武蔵野美術大学

神田外語大学/杏林大学/昭和女子大学/京都産業大学

※一部に留学生入試を含む。順不同。

////////////////////////////////////////////////////

 

IELTSを教員採用試験に活用する都道府県

国際社会化により、教育現場でもグローバル化が進められています。

東京オリンピックが開催予定の2020年から、小・中・高等学校の英語教育が改革されます。

たとえば、小学校5年生から英語が科目に加えられ、中学校での英語授業が全て英語で行われるようになります。

 

また、教員採用試験でもIELTSを導入する都道府県が増えています。以下、一例です。

都府県 基準スコア 活用事例
東京都教育委員会 7.0以上 英語実技試験の免除
大阪府、兵庫県教育委員会 6.0以上 一般選考に加点
広島県教育委員会 6.5以上 小学校は6.5以上で20点加点。中高は6.5以上で5点、7.0以上で20点加点。
徳島県教育委員会 6.0以上 第一次審査の総合点に加点 

(出典:https://www.eiken.or.jp/ielts/pdf/ielts_hakusyo2017.pdf)

IELTSの受験者数と受験状況

IELTS受験者数はここ8年間で約4.5倍に増え、2016年時点では、年間約37,000人が受験しています。

今後も、受験者数は増加していくことが予想されます。

 

IELTSの日本人の平均点

世界の国別順位では、日本は32位です。平均点第1位のドイツは総合点が7.3です。

2015年時点、『IELTS白書2016-2017』による日本人のIELTS平均点は以下の通りです。

  • リスニング :5.9
  • リーディング:6.1
  • ライティング:5.3
  • スピーキング:5.6
  • 総合点   :5.8

IELTS(アイエルツ)の出題内容

IELTS(アイエルツ)は具体的にどんな問題が出てくるのか、確認しておきましょう。

 

出題テーマ

IELTSのテストは、「リスニング・リーディング・ライティング・スピーキング」の4分野から出題されます。

ただし、リーディングとライティングは、アカデミック・モジュールとジェネラル・トレーニング・モジュールで出題内容が異なるので注意しましょう。

 

問題構成

IELTSの問題構成と試験時間は以下の通りです。

 

1、リスニング:40分/40問

IELTSのリスニング問題は1回しか聞くことが出来ないので、聞き逃しの無いように集中して臨むようにしましょう!

  • Section 1: 日常的な会話(登場人物 2~3人)
  • Section 2: 日常生活を扱った説明(登場人物 1人)
  • Section 3: 学術的な会話(登場人物 2~3人)
  • Section 4: 学術的な講義(登場人物1人)

 

2、リーディング:60分/40問

長文読解問題が出題されます。

文章は3種類(合計2,000~2,750語)用意されており、それらに対する設問が40題出されます。

大学・大学院生が読めなければならないレベルの文章が、社会科学・人文学・自然科学など幅広い分野から選ばれ、その内少なくとも1つは論理的な議論を扱ったもので、その他、図表を使用した文章が出題される場合もあります。

 

3、ライティング:60分/2問

2種類のライティング問題が出題されます。

  1. 図や表、グラフから情報を読み取り、それを説明する内容
  2. 与えられたテーマに対して、論理的に自分の考えをまとめて伝える内容

 

4、スピーキング:11~14分

3種類のスピーキング問題が出題されます。

  1. 自己紹介(趣味や家族などについて)
  2. 与えられたテーマについてのスピーチ(1分間で考えをまとめて1〜2分ほど話します。)
  3. 試験管とのディスカッション(2つ目のスピーチに関して、試験管からの質問に答えます。)

 

【関連記事】

IELTS対策(アイエルツ)の勉強法は?大学留学の準備で失敗しないコツ

IELTSと各種英語試験のスコア換算表

IELTS 英検 TOEIC L&R TOEFL iBT TEAP
7.0-8.0 1級 945〜 95-120 400
5.5-6.5 準1級 785〜 72-94 334-399
4.0-5.0 2級 550〜 42-71 226-333
3.0 準2級 225〜 186-225
2.0 3-5級 120〜

(出典:英語の資格・検定試験の活用促進に関する行動指針(案)別添参考)

まとめ:塾や予備校でしっかりIELTS対策!

IELTS対策で人気の塾・予備校まとめ

ピッタリのIELTS対策コースがある塾や予備校は見つかりましたか?

今回ご紹介した英語スクールの各ポイントをおさらい!

 

〈まとめ〉

【トフルゼミナール】

TOEFLやTEAPなど英語試験や大学入試の英語試験対策に特化

【ALPROS】

英語4技能「聞く・話す・読む・書く」を包括的に高め苦手克服・得意分野を伸ばす

【beoカレッジ】

採用率2%未満の狭き門をくぐり抜けたレベルの高い講師が在籍

【アゴス・ジャパン】

他スクールに比べてレッスン料がリーズナブルでお得

【TRAアカデミー】

マンツーマン指導で、短期集中かつ効率的にIELTS対策

 

あなたが希望の大学に留学できるよう応援しています!

 

\資料請求&無料体験はこちらから/

短期集中の総合英語学校【アルプロス】

\あなたにおすすめの関連記事/