英語のディクテーションとは?効果的なやり方とコツ、注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ディクテーションとは

「ディクテーション」は、英語の音声を聞き取ったまま書き起こすトレーニングです。

英語のプロが指導する英会話スクールでも取り入れられている、効果的な英語学習法の一つとして有名です。

今回はディクテーションの効果を高める方法ややり方のポイント、注意点をお伝えします。

英語のディクテーションとは?

Dictation(ディクテーション)とは、「口述の書き取り」という意味の英単語です。

その名の通り、耳で聞き取った内容をそのまま文字に書き起こしていくことを指しています。

慣れない英語を集中して聞き取り、同時に1文字ずつ書き起こしていくので、非常に高い集中力が問われるトレーニング法です。

英単語のスペルを正確に覚えておかないと正しく書き起こせないため、ライティングスキルも求められます

 

初心者の方には少し難しい英語トレーニング法ですが、学習効果は高く、数々の英会話スクールでも取り入れられている英語学習法の一つです。

ディクテーションのメリットとデメリット

ディクテーション とは

リスニング力が上がる

まず、ディクテーションのメリットとしてリスニング力の向上が挙げられます。

通常のリスニングでは、聞き取れなかった部分を聞き流してしまったり、聞き取れた部分からなんとなく推測して内容を理解しようとします。

しかし、ディクテーションでは一字一句書き起こしていくので正確なリスニング力が求められます。

“誤魔化しのきかない”リスニングとなり、高い集中力が身につき、今まで聞き流していた細部まで聞き取ることのできる「英語耳」を養えます

語彙力が身につく

ディクテーションでは聞き取った英語を文字に書き起こしていくので、英語の正しいスペルを覚えておく必要があります。

音で覚えてしまっていた英語も、単語のつづりと意味をセットで覚える機会になり、自然と語彙力が身についていきます

 

ディクテーションは一つ一つ丁寧に英語と向き合っていくトレーニングです。

今までなんとなくしか理解できていなかった弱点が浮き彫りになります。

トレーニングの負荷が高く初心者の方には難しい

ディクテーションはリスニング力や語彙力が身につく効果的なトレーニングである一方、その負荷は大きく英語初心者の方には難しい訓練法とされています。

高い集中力が求められるので、短い英文のディクテーションでも慣れるまでは相当疲れを感じてしまいます。

なかなか細部まで聞きとることができずに、途中で挫折してしまう人もいらっしゃるくらいです。

 

筋トレやダイエットも同じことが言えますが、効果のあるトレーニングは負荷が高いのが常です。

最初のうちはキツイと感じたトレーニングも自身のレベルが上がるにつれて慣れていき、いずれはその負荷が自然なものになります。

ディクテーションも最初は簡単なレベルの英文から挑戦して、徐々に難易度をあげていくことをおすすめします。

ディクテーションの効果的なやり方

ディクテーションの効果的なやり方を、5つのステップでご紹介します。

 

1、まずは音声を数回聞く

いきなり初めて聞いた音声でディクテーションをするのは正直難しいものです。

まずは、事前に何回かディクテーションを行う音声を聞き、英語に耳を鳴らしておきましょう。

 

2、音声を流して書き取る

耳が英語に慣れた頃に、本番のディクテーションを開始します。

1回で全ての英文を書き起こせない場合は、音声を止めたり巻き戻したりしながら進めていきましょう。

 

3、テキスト(台本)を見て聞き取れなかった部分・間違いを確認する

全ての音声を書き終えたら、テキストと自分の英文を見比べます。

間違っている部分は単語の意味やつづりなどを調べて、しっかりと覚えるようにしましょう。

 

4、自分でも英文を読み上げて練習する

リスニング力をより高めるために、自分で英文を読み上げることも有効です。

「英語を話せれば聞き取れる」とも言われているので、苦手な部分を何回も読み上げていきましょう。

 

5、数日後に同じディクテーションを行なって復習する

最後に、復習です。

数日後に同じディクテーションに挑戦して、ちゃんと聞き取れるかチェックしてみましょう。

反復練習で英語が定着していきます。

ディクテーションに初挑戦する時のコツ、注意点

効果的なディクテーションの方法

ディクテーションは英語初心者の方には難しいトレーニングと言われますが、やり方のコツを抑えられれば難易度は下がります。

ここで、ディクテーションに初めて取り組む方向けのコツ・注意点を3つご紹介します。

 

1、難しい教材は選ばない、興味のある教材だと続けやすい

真面目な方であればあるほど、気合いを入れて長文で堅苦しいテキストを選んでしまいがちです。

しかし、ディクテーションは難しいトレーニング法なので、はじめは簡単な教材からスタートされることをおすすめします。

リーディングとリスニングは難易度が異なるので、読んで簡単な英文だと思っても聞き取れるかと言ったら簡単にはいきません。

また、ビジネスや時事ニュースを題材にしたテキストは勉強になりますが、興味関心を抱けないテーマの場合は挫折してしまうケースがあります。

好きなテーマや小説などをディクテーションすることで、楽しく続けることができます。

 

2、再生速度を遅くしても大丈夫です

ネイティブが日常的に会話をするスピードで最初から聞き取ることは難しいです。

もしも聞き取れないときは、音声アプリなどを活用して0.5倍速から始めてみることをおすすめします。

ゆっくりのスピードで聞き取れたらやる気も出てきますし、徐々にスピードを速めていくことで通常スピードでも聞き取れるように成長していきます。

 

3、はじめは短い文章を細かく書き取っていきましょう

いきなり長文を書き起こすことは、おすすめできません。

ディクテーションは高い集中力を必要とするので、何時間も続けることは困難です。

最初のうちは、長文を細切れにして少しづつ進めていくことを意識しましょう。

10分程度でも集中して取り組めば、高い学習効果を発揮します。

ディクテーションの効果を高める英語教材・アプリ

ディクテーションにおすすめの英語学習アプリ

独学のディクテーション効果を高める方法として、英語学習アプリの活用をおすすめします。

今回は、有名な「スタディサプリENGLISH」と「ディクトレ」をご紹介します。

 

スタディサプリENGLISH

リクルート社が運営している英語学習アプリで、日常英会話やTOEIC対策などのコースが用意されています。

英会話フレーズを学べたり、TOEICに出題される文法の講義などを受けられたりするコンテンツの他に、聞き取った英語をタイピングして正誤を判断してくれるディクテーション機能もついています。

ディクテーションも含めて、総合的な英語学習をしたい方におすすめのアプリです。

 

≫公式サイト:スタディサプリENGLISH 新日常英会話コース

≫公式サイト:スタディサプリENGLISH ビジネス英語コース

 

ディクトレ

累計68万人以上が利用している英語学習サービスをアプリ化したディクテーション特化型の英語学習アプリです。

聞き取った英語を入力することで正誤を判断してくれるシンプルな機能です。

シチュエーション別の英会話や国営ニュース、TOEIC形式のリスニング問題など様々な英語音声を収録しています。

ハイクオリティなのに無料で利用できます。

試しにディクテーションに挑戦してみたい方におすすめのアプリです。

 

≫公式サイト:ディクトレ

ディクテーションで英語が学べる英会話スクール

独学でディクテーションに取り組むよりも、プロの英語講師から指導を受けながらディクテーションを行う方が効果的です。

ディクテーションを用いて英語学習をサポートする英会話スクール「プログリット」と「ENGLISH COMPANY」をご紹介します。

 

プログリット

専属コンサルタントが必要な英語学習を分析し、具体的な計画に落とし込んで目標達成を支援してくれる英語スクールです。

英会話レッスンは行わず、自学自習を効率的に行うサポートに徹しています。

自学自習ではディクテーションも含めて様々なトレーニングを行い、オンラインで専属コンサルタントがアドバイスを行います。

 

体験談や受講の様子をご紹介しています

 

≫公式サイト:プログリット

 

ENGLISH COMPANY

第二言語習得研究に基づく専門性の高い英語学習メソッドで指導する、人気の英語スクールです。

専門的知見からオリジナルカリキュラムを作成し、ジムのように英語脳に鍛えていきます。

ときには数百名の入校待ちを出した指導力と実績は本物で、幅広い英語力の方の短期間での英語力向上・TOEICスコアアップを実現します。

トレーニングメニューの中にディクテーションが組み込まれており、自分では気づけなかった本当の課題点にアプローチできます。

 

体験談や受講の様子をご紹介しています

 

≫公式サイト:ENGLISH COMPANY

ディクテーションについてのまとめ

今回は、ディクテーションの正しいやり方やメリット・デメリット、初心者の方の注意点などをお伝えしました。

 

ディクテーションは英語初心者の方にとっては難しいトレーニングかもしれません。

しかし、コツをつかむことができればリスニング力アップや語彙力強化などの結果が得られ、非常に効果的な英語学習法になります。

今回ご紹介した注意点を意識しながらぜひディクテーションに挑戦してみてください。

The following two tabs change content below.

英語学校しらべ編集長

編集長・ライター
大手英会話スクールや市販教材では結果が出ず、TOEIC500点、英検3級の取得で挫折。縁あって英語事業者様への取材(数十社)やレッスン体験談をレビューする仕事に就き、英語習得における方法と学習量の重要性を知る。私生活でもフィリピン留学を経て海外移住を計画中の父から語学学校の英語漬け生活や効率的な勉強法、英会話を教わる。TOEIC再受験に向けて独学中。≫記事編集方針のご紹介
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

あなたにおすすめの関連記事

インタビュー

Liberty English Academy代表インタビュー

 

NLPE英語コーチングスクールインタビュー

 

ブラスト英語学院インタビュー

SNSでお気に入り登録♪

このエントリーをはてなブックマークに追加