IELTS対策(アイエルツ)の勉強法は?大学留学の準備で失敗しないコツ

IELTS(アイエルツ)対策まとめ

イギリスやカナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどの大学に留学したいなら、IELTS(アイエルツ)対策が必須です。

ただ、独学ではスピーキングやライティングなどの専門的な英語対策を徹底していくのは簡単ではないかもしれません。

そこで今回は、海外大学留学への大切な事前準備として、おすすめのIELTS対策方法をご紹介します!

この機会に、希望の大学進学への第一歩を踏み出しましょう♪

IELTS(アイエルツ)とは?

IELTS(アイエルツ)

(出典:http://www.eiken.or.jp/ielts/)

まずは、IELTS(アイエルツ)の試験概要をしっかりと理解しておきましょう!

IELTSの特徴

IELTSは、International English Language Testing Systemの略語で、海外留学・研修などで英語力を証明する必要のある方、イギリス・オーストラリア・カナダ・ニュージーランドなどへの海外移住申請をしたい方に必須の英語試験です。

イギリス・カナダ・オーストラリア・ニュージーランドのほぼ全ての高等教育機関で認められており、アメリカでもTOEFLに代わる入学試験として3,000以上の教育機関がIELTSを採用しています。

現在では、英語力を証明するためのグローバルスタンダードテストとして認知されています。

IELTSのテスト形式

【1】アカデミック・モジュール

アカデミック・モジュールは、主にイギリス・カナダ・オーストラリア・ニュージーランドの大学や大学院に進学を希望する人が受験する形式です。

テスト内容は、英語圏の高等教育機関に入学できるだけの英語力があるかを評価するものです。なので、アカデミック・モジュールで高スコアを取ることで海外の大学へ進学できる確率がグッと高まります。

 

【2】ジェネラル・トレーニング・モジュール

ジェネラル・トレーニング・モジュールは、主にオーストラリア・ニュージーランド・カナダへの海外移住を考えている人が受験する形式です。

ジェネラル・トレーニング・モジュールのテスト内容は、英語圏で生活が出来るかどうか評価されるものになっています。

IELTSのメリット

IELTSの他に英語力を証明できる試験では、TOEFLが有名です。

2つのどちらを受験すべきか迷われている方もいるのではないでしょうか?

今回は、TOEFLと比較したIELTSのメリットを2つご紹介します。

 

【1】イギリス留学に必要

イギリスの大学や大学院に留学しようとした場合には、TOEFLのスコアを利用することはほとんど出来ません。

ですので、IELTSを受験して、高スコアを獲得する必要があります。

 

【2】テスト時間が短い

TOEFLのテスト時間は4〜5時間と長丁場ですが、IELTSは3時間ほどと短いです。

試験時間が短いので、集中力が続きやすいメリットがあります。

人によっては、IELTSの方が得意というケースもあるかもしれませんね。

IELTSの受験料

要項 費用
消費税8%込み

受験料

25,380円

追加成績証明書の発行手数料

  • 成績証明書発行日から30日以内の場合:5通まで無料
  • 6通以上、または発行日から31日以上経過している場合:1通につき1,100円

1,100円

追加成績証明書の郵送料

  • 普通郵便を選択する場合:無料
  • 追跡番号付き郵便を選択する場合:1,600円

1,600円

※2017年11月28日時点の価格です。

IELTSの受験日と受験会場

IELTSの試験は、全国14の都市でほぼ毎週行われています。

 

札幌・仙台・埼玉・東京・横浜・松本・金沢・名古屋・京都・大阪・神戸・岡山・広島・福岡

※詳しくは公式サイトをご覧ください。 

IELTSの申し込みの流れ

IELTSの受験を申し込む手順は、7ステップです。

 

1. IELTS IDの登録

  ※公式サイトにて、あなた専用のTEAP IDを発行します。詳しい方法は公式サイトで確認しましょう。

2. IELTS IDでログイン

3. 「新規受験登録」をクリックし、受験者情報を入力

4. 試験会場、モジュール(テストタイプ)、試験日程の選択

5. 支払い方法の選択

  • クレジットカード:JCB・NICOS・VISA・MASTER
  • コンビニ現金払い:ローソン・ミニストップ・セイコーマート・ファミリーマート
  • 郵便局ATM     :Pay-easy(ペイジー)

6. パスポートのコピー/画像データの提出

7. 申し込み完了

 

           【注意事項】           

IELTSの受験には試験日時点で有効なパスポートが必要です。

パスポートを取得してから受験しましょう。

                            

IELTS(アイエルツ)の出題内容

では、IELTS(アイエルツ)の具体的な出題問題を確認しましょう。

IELTSの出題分野

リスニング・リーディング・ライティング・スピーキングの4分野から出題されます。

リーディングとライティングに関しては、アカデミック・モジュールとジェネラル・トレーニング・モジュールで出題内容が異なります。

IELTSの問題構成

問題構成やテスト時間は以下の通りです。

 

1、リスニング:40分/40問

IELTSのリスニング問題は1回しか聞くことが出来ないので、聞き逃しの無いように集中して臨むようにしましょう!

  • Section 1: 日常的な会話(登場人物 2~3人)
  • Section 2: 日常生活を扱った説明(登場人物 1人)
  • Section 3: 学術的な会話(登場人物 2~3人)
  • Section 4: 学術的な講義(登場人物1人)

 

2、リーディング:60分/40問

長文読解問題が出題されます。

文章は3種類(合計2,000~2,750語)用意されており、それらに対する設問が40題出されます。

大学・大学院生が読めなければならないレベルの文章が、社会科学・人文学・自然科学など幅広い分野から選ばれ、その内少なくとも1つは論理的な議論を扱ったもので、その他、図表を使用した文章が出題される場合もあります。

 

3、ライティング:60分/2問

2種類のライティング問題が出題されます。

  1. 図や表、グラフから情報を読み取り、それを説明する内容
  2. 与えられたテーマに対して、論理的に自分の考えをまとめて伝える内容

 

4、スピーキング:11~14分

3種類のスピーキング問題が出題されます。

  1. 自己紹介(趣味や家族などについて)
  2. 与えられたテーマについてのスピーチ(1分間で考えをまとめて1〜2分ほど話します。)
  3. 試験管とのディスカッション(2つ目のスピーチに関して、試験管からの質問に答えます。)

IELTSの受験が必要な人

IELTSの受験が必要な人は、主に2パターンあります。

 

【1】イギリス・カナダ・オーストラリア・ニュージーランドの大学や大学院に留学

これらの大学や大学院の入学試験では、IELTSが導入されています。

 

/////////////////////// POINT ///////////////////////

<アメリカの大学や大学院に留学したい場合>

IELTSよりTOEFLを採用する学校が多い!TOEFLを推奨。

どの英語試験が必要か、公式HPで確認しておきましょう。

/////////////////////////////////////////////////////////

 

【2】オーストラリア・カナダ・ニュージーランドに移住

これらの国に移住したい場合は、IELTSスコアが必要な場合があります。

また、現地で働こうと思った時に、就職の条件や応募要項にIELTSスコアが必要な場合もあります。

IELTSは大学入試英語科目の成績にも認定

2020年度から、「大学入試センター試験」に代わりに「大学入学共通テスト」が始まります。

 

そこで、TOEICや英検など、23の民間資格・検定試験が”英語科目の成績”に認められることになります。IELTSもその一つです。

目的は「聞く」「読む」「話す」「書く」の英語4技能を評価し、英語教育の抜本的な見直しを行っていくためです。

受験生にとっては、早めの対策が第一志望大学への合格につながります!

※23の民間資格・検定試験のうち、一部条件付きで認められているものもあります。

IELTS対策でおすすめの単語帳・問題集

スクリーンショット 2017-12-31 14.50.24

(出典:https://www.obunsha.co.jp)

独学でIELTS対策をするためには、単語帳や問題集などの参考書が必要不可欠です。

数ある参考書を見てきましたが、中でもおすすめなのは、旺文社から出版されているIELTS対策シリーズです。

単語帳はIELTS試験によく出る3500単語を網羅しており、問題集は4技能の完全対策+模擬試験の構成でバッチリ対策ができます!

同じ出版社で作られているので2冊の相性も抜群なので、2つを併用することで効率的に勉強できますね♪

IELTS対策でおすすめの塾・予備校

学校で習える受験英語とは違う能力が必要とされ、独学でスピーキング力を鍛えるのは難しいため、IELTS対策は塾や予備校がおすすめです!

 

ALPROS英語学校の「IELTS対策コース」

塾や予備校の中でも、短期集中型の英語学校『ALPROS(アルプロス)』では、英語4技能「読む・書く・聞く・話す」を総合的に伸ばせるので評判です。

 

ALPROS(アルプロス)のIELTS対策コース

(出典:https://www.alpros.co.jp/program01/ielts.php)

ALPROSのIELTS対策コースの特徴は、生徒のレベルや弱点、課題に合わせたマンツーマン指導を受けられる点です。

グループレッスンでは生徒全員に平均的に授業を行うので、自分が分かっている内容でもその話を聞かなくてはいけなかったり、逆に自分の分からないところをしっかりと解説してもらえない場合もあります。

また、他の生徒がいる前で質問をするのが恥ずかしい人もいると思うので、疑問があったとしてもなかなか聞けないこともあります…。

マンツーマンレッスンであれば、必要な物を必要なだけ取り入れることができます。

時間も効率的で、ALPROSのレッスン料は50分〜8,000円〜となっています。

※2018年09月10日時点の価格です。

 

\資料請求&無料体験はこちらから/

短期集中の総合英語学校【アルプロス】

 

【終了】ALPROS英語学校の8日間「夏期講習会」

アルプロスのSAT・SSAT・ACT・IELTS・TOEFL対策の夏期講習

(出典:https://www.alpros.co.jp/campaign/koshu/)

中学生・高校生・大学生向けに、夏期休暇中の8日間を活用した少人数制(2~8名)のスコアアップ講座「夏期講習会」を実施しています。

Writing/Reading/Listening/Speakingの科目毎にスコアを上げるコツや面接対策など、包括的に対策できます。

もっと集中的に強化したい人向けのマンツーマンレッスンでは、IELTSの他、TOEFL/SAT/SSAT/ACT/TOEIC/英検も試験対策が可能です。

 

■ 少人数制レッスンの場合

【  対象期間  】 2018年6月19日~8月30日の8日間

【  開講時間  】 14:00〜16:50

【対象レベル】 IELTS 5.5以上もしくは同等の英語力がある人

【 受講料 】 84,000円(税抜)

【 入学金 】 15,000円(税抜)

※2018年9月10日時点の価格表示です。教材費は別途必要です。

→こちらの夏期講習会はすでに終了してしまいましたが、冬季講習会のページが近日中に公開される予定です。

夏期講習会に間に合わなかった人や、これから対策強化をしたい!という方は、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください!

 

\資料請求&無料体験はこちらから/

短期集中の総合英語学校【アルプロス】

まとめ:海外留学や海外移住にはIELTS対策!

IELTS(アイエルツ)対策方法

IELTS(アイエルツ)の点数が1点足りなかったことが理由で、ずっと行きたかった大学への留学の夢が途絶えてしまったら、きっと一生後悔してしまうでしょう。

高得点を狙うなら、「読む・書く・聞く・話す」の英語4技能を総合的に鍛えておく必要があります。

学校で習う受験英語では「書く・話す」能力を鍛えづらいので、何も対策しないままIELTSを受けると、失敗してしまう可能性も。

IELTS対策を本気でしたいという場合には、ぜひ専門の塾や予備校に通うことをおすすめします!

 

あなたが希望の大学に進学できるよう、応援しています。

まずは、夢への第一歩。ALPROSの無料体験に参加してみませんか?

 

\資料請求&無料体験はこちらから/

短期集中の総合英語学校【アルプロス】

\あなたにおすすめの関連記事/