短期で英語を上達させる『アクティブラーナー』のすすめ

短期で英語スキルアップ

日本人の国民性として、物静かでシャイだということはよく知られていますが、英語学習においては非常に損な国民性なのです・・・。

しかし、日本人は勤勉なため、少し意識を変えるだけでぐんぐん英語が上達する可能性を秘めています

短期で英語を習得、アクティブラーナーで効率的に

短期の英語学習で上達する人

アクティブスピーカー」という言葉を聞いたことはありますでしょうか?

言葉の意味の通りですが、自ら積極的に学ぼうとする学習者のことを指します。

短期の英語学習においては、トライアンドエラーのプロセスが非常に大事なので、間違わないで完璧にやろうとする生徒よりも、とにかく間違ってもいいから多くチャレンジする生徒の方が伸びる傾向にあります。

赤ちゃんの言語学習プロセスを見てもうなずけますが、とにかく言葉を口にしてそれを毎回正す、再記憶する、というごく単純な作業が大人も必要なのです。

短期で英語を伸ばす鍵は「積極的になる環境作り」

留学をすれば、知り合いも友達もすべて英語を喋る人間になりますが、日本国内ではなかなかそうはいきませんよね。

短期で英語を上達させるには、自分から英語へアクティブになれる環境を作り出さなければなりません

例えば、英会話を学んでいる友人たちのコミュニティに属したり、外国人との交流を持ったりです。

しかし、人によってはそういった環境に身を置くことが難しい場合もあります。

そんな時は、英語学校をおすすめします。1人では実現が難しい、英語へ積極的になれる環境づくりを、プロの力を借りることで簡単に手に入れることができます

短期の英語コースがある英語学校を厳選紹介

駅前留学という言葉が以前流行ったことからわかるように、探せば英会話学校は星の数ほど存在します。

中から、今回の主題でもある「短期集中」に特化したスクールを比較しながら紹介します。

Ays English(アイズイングリッシュ)

最大の特徴はカランメソッドという独自の学習方法を採用していることです。

フレーズを会話の中で反復することによって、瞬発的に言葉が出てくるように脳に覚えさせます。

カランメソッド効果で、学習時間が従来の4分の1程度に圧縮。また、“スパルタコース”が用意されており、1日4時間以上の受講で一気に英語を学ぶことが可能です。

Best Teacher(ベストティーチャー)

ライティングで自分で英文を考えて、リスニングでネイティブの発音を確認、そしてそれを実際に講師とのスピーキングで生かすプロセスが人気の学校です。

1カ月で10レッスン、10カ月で100の英文を掲げており、かなりの高密度で英会話を上達させることができます。

 

\無料体験レッスンはこちらから/

SpeakingとWritingが両方できる唯一のオンライン英会話スクール
「ベストティーチャー(Best Teacher)」
 

Berliz(ベルリッツ)

「集中特訓コース」では急な海外出張や英語でのプレゼンテーション対応を目的としたコースで実用的です。

また、TOEIC(トイック)、TOFUL(トフル)のスコアアップを狙った短期コースも人気です。

短期の英語学習ならAlpros(アルプロス)のオンライン講座

Alpros(アルプロス)のオンライン講座なら自宅から受講できるので、通学の無駄な時間を省き、短期で英語を上達できる可能性を高くします。

  • 留学目的のTOEFL(トフル)対策コース
  • 社会人のキャリアアップ目的のTOEIC(トイック)対策コース

など、それぞれのゴールに合わせ、短期で上達できる英語学習プログラムが最大の強みです。

Alpros(アルプロス)のプログラムは週6時間から25時間に設定されており、通常の英語学校の1カ月から半年かけて学習する量を1週間でやりきる圧倒的な学習密度です。

ボストン大学やカリフォルニア大学の有名校への進学実績や法人向けへのビジネス英語コースの実施などがその実績を証明しています。

気になる方は、以下のアルプロスのHPより、資料請求や無料体験をしてみてはいかがでしょうか?

 

▼資料請求&無料体験はこちらから▼

短期集中の総合英語学校【アルプロス】

 

▼オンライン学習なら▼

アルプロス 【無料体験】≪

 

英語学習は、「短期間でトライアンドエラーの結果からどれだけ多くのことを学べたか」が上達のカギとなります。

苦手意識をもたず積極的になることは、英語力を伸ばすことにおいて非常に大切なことです。

自分から積極的になれる環境が身近にあるかどうかに左右されるので、Alpros(アルプロス)や他の英語学校の力を借りることもひとつの方法としてお勧めします。

\あなたにおすすめの関連記事/

コメントを残す

*