英語勉強におすすめ厳選名作映画(洋画邦画|5選【社会人やり直し英語向け】

英語勉強におすすめの初心者向け映画まとめ(洋画・邦画)

社会人になってから、独学で基礎から英語を勉強し直すのは大変です。

仕事終わりや休日に英単語を覚えたり英語テキストを読んだりするのは、正直モチベーションが続かない人は少なくないと思います。

洋画・邦画の映画を活用した英語の勉強法は、英語学習がなかなか続かない方や英語初心者におすすめの学習法です。

映画で使われる英語表現は、より日常的なネイティブスピーカーの実用的英語表現ですし、ストーリーも面白いので英語学習を継続しやすいメリットがあります!

今回は、社会人のやり直し英語や日常英会話の練習、英語初心者の勉強におすすめの名作映画(洋画・邦画)を厳選してご紹介します♪

映画での英語勉強はTOEIC500-600点程度の人におすすめ

映画を利用した英語の勉強は、英語初級レベルの基礎英語力を持っている方に、とくに適しています。

ある程度の単語力や語彙力があれば俳優のセリフを聞き取れて、字幕で流れる英作文も6割ほど読解できると思います。

目安としては、TOEICスコアで500点〜600点程度のスコア実力を持っている方におすすめです。

 

TOEIC500点に到達していないスコアの方は、まず、英語の基礎固めから始めましょう。

社会人の英語学習に最適な映画の選び方

社会人の英語勉強におすすめな映画の選び方

おすすめの映画をご紹介する前に、大人の英語学習に最適な、映画の選び方について4つのポイントをお伝えします!

学生時代とは違って、仕事で英語の勉強に避ける時間が限られます。

空いた時間を有効活用できる効果的な英語の勉強のやり方がありますので、ぜひご参考になさってください♪

 

英語字幕付きが一石二鳥でおすすめ

邦画は英語訳が字幕に出てくるものを、洋画は俳優が話す言葉がテキストに出るとベストな英語学習教材となります!

日本語とは違う独特な英語表現を学べたり、リスニングと実際の内容が合っているか答え合わせができます。

実際に英語を使うシーンでは、その場で知らない単語を辞書で引くことはできませんので、会話の流れから言葉の意図や相手の感情を推測するスキルを養う必要があります。

英語表現、フレーズ、発音、訛り、ジェスチャー、流行、海外文化など、映画で幅広く英語ナレッジを学びましょう。

 

名作でも古すぎる映画は避けよう

英語を学ぶならば、古典的な名作をチョイスした方が一見よいのではないかと思う人もいるかもしれません。

しかし、実はオススメできません。

昔の映画作品だと、今では使われていない古い英語表現が使われているので、死語や通じない英会話を覚えてしまうリスクがあります。

 

例えば、1900年代中盤の日本映画を想像してみて下さい。

現在とは生活レベルも違いますし、文化も異なります。食べ物も違いますし、娯楽も洋服もほとんどのものが異なっています。

当然、使われている表現や頻出するフレーズも異なってきます。

日本人からしたらどの表現が流行っているか、廃れているかを判別するのは難しいので、最近の映画を選んでおくのが無難と言えます!

 

初心者向きはディズニー・ジブリ・SF・ラブストーリー

映画を使って英語の勉強をするのが初めてという方や、基礎的な英語力しか持っていないという方は、ディズニーやジブリ、ファンタジー、恋愛モノの映画を選ぶのがおすすめです!

映画で使われる単語や表現はシンプルで分かりやすいものが多いからです。

難しい表現が多いと意味を理解できないですし、いちいち映画を止めて辞書を引かなければいけなくなり面倒になってしまいます…。

 

洋画でも邦画でも「楽しい」ものを!

映画を使って確実に英語力を伸ばしていくには、同じ映画を何回も繰り返し見て、英語を定着させましょう。

①「楽しい」物語でなければ飽きてしまいます。

②3段階に分けて映画を見るのがおすすめです!(洋画の場合)

ステップ1、日本語字幕付きで見る

英語の音声を聞きながらも日本語の字幕を見てリスニングをすると同時に、まずは映画の内容を理解する。

ステップ2、英語の字幕つきで見る

次に、英語の音声を聞きながら自分の聞き取った英語が合っているか英語の字幕と照らし合わせながら映画を見ます。

ステップ3、字幕無しで見る

最後は字幕を無くして映画を見ます。

字幕が無くても英語を聞き取れるようになっていれば、リスニング力がかなり向上したことになります。

英語勉強にお勧めな名作映画5選|社会人・初心者向け

社会人・初心者の英語勉強に人気の名作映画集

英語初心者の勉強におすすめの「ディズニー映画、ジブリ作品、ビジネス英語、ミュージカル、ラブロマンス」と、5ジャンルの名作を一挙ご紹介します!

脚本やストーリーが面白いのはもちろんのこと、使われている英語表現がシンプルで分かりやすいのが特徴です!

社会人になってから英語を触れていないという方でも見ることの出来る作品を紹介しているので、英語初心者レベルの人も好きな作品を選んで勉強してみて下さい♪

 

「塔の上のラプンツェル」(Tangled)

塔の上に18年間閉じ込められているラプンツェルが、夢を叶えるために外の世界に足を踏み出すディズニーのプリンセス映画です!

3D映画になっており、特にラプンツェルが塔を抜け出し無数の光を目の当たりにするときの映像は非常にキレイ。

ストーリーもかなり面白く、ラストシーンは涙無くしては見ることが出来ません。

プリンセス映画を想像すると、おしとやかなお姫様をイメージする人が多いと思いますが、ラプンツェルの場合は元気で活発で行動力のあるお姫様です。

 

良い意味で元気をもらえる作品なので、ラプンツェルの大胆な行動に勇気をもらいたい方にもおすすめです!

ディズニー映画ファンの中でもかなり評価が高い作品なので、ディズニー好きの方はこの作品で英語を勉強するのがおすすめです♪

 

「魔女の宅急便」(Kiki’s Delivery Service)

魔女の修行を積むために海の向こうの町コリコに行き、奮闘する13歳の主人公キキ。

ある日突然魔法が使えなくなってしまいツラい想いをするが、あることがきっかけとなり立ち直り再度頑張り出す・・・

そんなキキのまっすぐな姿勢に心打たれる人も多いはずです。

 

ジブリ映画の中でもかなりの人気作品なので、一度は見たことがある方も多いと思います。

英語の勉強用として使う場合、1回見たことのある映画の方がストーリーを把握している分、英語の勉強に集中できるというメリットがあります!

作品で使われる英語は中学1年生レベルなので、英語初心者の方でも非常に理解しやすいストーリーとなっています。

 

「マイ・インターン」(My Intern)

ロバート・デニーロとアン・ハサウェイが主演のコメディ映画です。

ファッションの通販サイトを運営する企業の創業社長であるアン・ハサウェイと、その会社に70歳のシニアインターンとして入社してくるロバート・デニーロ。

アン・ハサウェイが仕事と家庭の両立で悩んでいるところに、ロバート・デニーロが的確なアドバイスをしていきます。

特にアン・ハサウェイがロバート・デニーロに相談しに行き、そのアドバイスをするシーンは良い意味で予想を裏切られるものなので、かなり面白いです!

しかしそれが後々の伏線にもなるので、非常に重要なシーンでもあるのです。

ストーリーが秀逸でラストの展開もなかなか予想できない面白い脚本なのも魅力です!

ビジネスの現場が英語の舞台になっているので、仕事で使える実用的なビジネス英語を勉強したい社会人には、ぜひこの映画がおすすめです。

 

「サウンド・オブ・ミュージック」(Sound of Music)

アカデミー賞を5部門も受賞したサウンド・オブ・ミュージックもおすすめです!

イキイキとした演技や音楽が好きな方でしたら、ミュージカル映画の当作品がうってつけです。

セリフのスピードも速くなくて、はっきりと話してくれるので、英語初心者でも聞き取りやすい内容になっているのも魅力です。

映画自体の魅力としては、女優ジュリー・アンドリュースのキレイな歌声、7人の子供達の可愛らしさ、耳馴染みのある名曲など心洗われる素敵な映画です!

感情と曲がリンクされていて、歌の持つエネルギーに元気をもらえること間違い無しですね!

ストーリーもシンプルで分かりやすく、しかしシンプルだからこそ無駄なものが無く、重要なメッセージがしっかりと伝わってくる。

家族愛がテーマで元気をもらいたい人にオススメの作品です。

 

「タイタニック」(Titanic)

タイタニックは1997年に大ヒットしたラブストーリー映画です!

実際に起きたイギリスの豪華客船タイタニック号の沈没事件を題材にしており、貧しい青年を演じるレオナルド・ディカプリオと上流階級の娘を演じるケイト・ウィンスレットの愛を描いた作品です。

ラブストーリーならではの愛を伝えるロマンチックな表現や告白のフレーズが出てくるので、恋愛に使える英語表現を勉強したい方にオススメの映画です!

作品も見所としては、やはりあの有名なクライマックスのシーン。

タイタニック号の先端で例のポーズを撮るシーンは時代を超えて今でも忘れ去られることはありません。

 

あまりにも有名な作品であるのですが、有名すぎて見たことが無いという方も少なくないと思うので、ぜひこの機会に1回見てみるのも良いのではないでしょうか?

世界的に大ヒットを記録した作品なので、脚本も演技も演出も音楽も全てにおいてかなりクオリティが高いので、面白いこと間違い無しです。

繰り返し見ても何回でも感動できると思うので、王道ラブストーリーで英語を勉強してみたい方は、ぜひ挑戦してみて下さい♪

まとめ|社会人のやり直し英語は映画で勉強を始めてみませんか?

英語勉強におすすめの初心者向け映画まとめ(洋画・邦画)

興味のある映画は見つかりましたか?

ディズニー、ジブリ、ビジネス英語、ミュージカル、ラブロマンスとそれぞれジャンルの異なる5種類の映画を紹介させて頂きました。

あなたが学びたい英語表現や好きな映画のジャンルを照らし合わせながら映画を選んでもらえると嬉しいです。

 

映画で英語を勉強するためには、繰り返し見ることが重要です!

慣れてきたらただ音声を聞くだけではなくて、聞いた音声を口に出すシャドーイングを取り入れるのもおすすめです!

耳だけではなく口も使って英語を学べるので、飛躍的に英語力がアップする勉強法です。

\あなたにおすすめの関連記事/