TOEFL攻略はコツを抑えよう!TOEFL対策に強い東京の英語学校3選

東京のTOEFL対策スクール

英語など国際的な語学試験は、ただ参考書や問題集を解くだけではスコアアップしづらいです。

TOEICより難しいとされるTOEFL対策(トーフル対策)も、コツさえ掴めれば高得点を獲得することが可能です。

今回は、気軽にできるTOEFL対策のコツと、TOEFL対策講座を開講する東京のスクールを厳選して紹介します。

スコアアップにつながるTOEFL対策のコツ

TOEFL対策のコツ

おもなTOEFL対策(トーフル対策)の方法として、独学、予備校・英会話スクールへの通学、オンライン学習の3パターンがあります。

独学だけで目標スコアを達成している人もいますし、英語学校やオンライン英会話を活用してスコアアップした人もいます。

 

では、どの勉強法がベストだと思いますか?

 

TOEFL対策で大切なのは、手段が何であれ、自分に合った英語の勉強スタイルを見つけることです。

なかなか高得点を取れない理由のひとつに、「計画性がなく、目標が不明瞭な状態での勉強」が挙げられます。

 

受験する日程を決めたら、まず目標を数値化した「定量目標」を立てましょう。たとえば、TOEFLスコア60点を取る、などです。

次に、やるべきことを可視化する作業に入ります。いつまでに何をするのかを具体的に考え、箇条書きで書き出してみましょう。

 

そして、中間的にどんな状態を目指したいのか「定性目標」を考える必要があります。苦手なリスニング分野を克服する、時間配分やケアレスミスをなくす、などです。

 

予備校や英会話スクールでは、一人ひとりに合った適切な目標設定、スケジューリングを行ってくれるため、効率的なTOEFL対策が実現します。

独学に比べて費用はかかりますが、スコアアップが期待できます。

TOEFL対策に強い東京の学校選びポイント

東京のTOEFL対策スクール選び

東京には、語学資格の対策が可能な英会話スクールや予備校が多数あります。TOEFL対策(トーフル対策)の講座も多く、どの学校を選べばいいのか迷ってしまいますよね。

TOEFL対策に強い東京の学校選びのポイントは、バイリンガルな日本人講師が担当してくれるスクールを推奨します。

資格や試験対策の場合、どうしても英語では理解しにくい部分が出てきてしまい、英会話に比べて「理解」に時間を要します。

 

そこで、日本語を交えて学習することにより理解スピードが速まります。効率的で理解度が深いTOEFL対策が実現します。

TOEFL対策に強い東京のおすすめスクール

東京のおすすめTOEFL対策スクール

TOEFL(トーフル)では「聞く、話す、読む、書く」の英語力が求められます。

今回は、英語4技能を総合的に鍛えることができる、TOEFL対策コースがある東京の英語スクールを厳選紹介します。

 

短期集中の総合英語学校【アルプロス】

短期集中型の英語学校ALPROS(アルプロス)

(出典:https://www.alpros.co.jp/)

  • 【エリア】 新宿
  • 【入会金】 0円
  • 【教材費】 要問合せ
  • 【受講料】 256,000円
  • 【期間 】 3か月
  • 【日程 】 週2回(月・水)17:30~20:20 / 19:00~21:50
  • 【講師 】 ネイティブ講師 / バイリンガル日本人講師

※上記価格はすべて税抜き表記です。

 

TOEFL iBT対策コースとTOEFL ITP対策コースがあり、1対1マンツーマン指導によるプライベートレッスンが特徴です。

以前実施されていたTOEFL PBT(Paper Based Test)にも精通した講師が担当します。

  1. 平日・土日祝日の全日で受講可能
  2. 校内模擬試験の実施
  3. 担任講師&教育コンサルタントによる進学相談・学習指導
  4. 出願大学の選定アドバイス
  5. 出願書類チェック・エッセイ添削

※内容によって一部有料となる場合があります。

 

【参考】いま注目の英語学校『ALPROS(アルプロス)』の評判とは?!

 

\資料請求&無料体験はこちらから/

短期集中の総合英語学校【アルプロス】

 

日米英語学院

日米英語学院

(出典:http://www.nichibeieigo.jp/)

  • 【エリア】 新宿 / 渋谷 / 池袋
  • 【入会金】 20,000円
  • 【教材費】 要問合せ
  • 【受講料】 70,000円
  • 【期間 】 3か月
  • 【日程 】 週1回
  • 【講師 】 ネイティブ講師 / バイリンガル日本人講師
  • 【クラス】 少人数グループレッスン
  • 【特徴 】 苦手や目標に合わせた個別カリキュラム制TOEFL対策

※上記価格はすべて税抜き表記です。

 

【参考】【体験記】100通り以上の個別プログラム!日米英語学院の評判・口コミとは

 

ECC外語学院

  • 【エリア】 東京 / 新宿 / 池袋 / 銀座 / 渋谷 / 恵比寿 / 目黒 / 新橋 / 飯田橋 / 赤羽 / 日暮里 / 上野 / 目白 / 大塚 / 錦糸町 / 自由が丘 / 二子玉川 / 下北沢 / 田町 / 北千住 / 西葛西 / 吉祥寺 / 八王子 / 国分寺 / 国立 / 立川 / 調布 / 聖蹟桜ヶ丘 / 田無 / 町田
  • 【入会金】 20,000円
  • 【教材費】 要問合せ
  • 【受講料】 要問合せ
  • 【期間 】 5か月
  • 【日程 】 週1回160分
  • 【講師 】 バイリンガル日本人講師
  • 【クラス】 少人数グループレッスン
  • 【特徴 】 長期じっくり型で習熟度を高められるTOEFL対策

※上記価格はすべて税抜き表記です。

 

【参考】【体験記】ECC外語学院の評判・口コミを社会人3年目OLが徹底調査!

そもそもTOEFL(トーフル)ってどんな試験?

TOEFLの試験内容

TOEFL(トーフル)がどのような試験なのかを紹介します。TOEFL対策をはじめる前に、試験の全体像を把握しておきましょう。

 

TOEFL(トーフル)とは

TOEFLとは

TOEFLとは「Test of English as a Foreign Language」の略称で、トーフルやトフル、トッフルと呼ばれています。

米国の非営利教育機関である「Educational Testing Service(ETS)」が開発・運営しています。

TOEFLは英語が母国語ではない人を対象に英語力を判定します。

海外留学、海外の教育機関への入学・卒業、奨学金の基準として約130か国で採用されています。日本でも、TOEFLスコアによって単位の認定や入試の優遇などを行う大学があります。

 

出題形式

TOEFLには「TOEFL® PBT」と「TOEFL® iBT」という2種類のテストがあります。

TOEFL® PBTはすでに廃止されており、現在はインターネットで受験するTOEFL® iBTのみ実施されています。

 

試験内容

Reading・Listening・Speaking・Writingの4セクション構成です。

試験は計4時間と長丁場になるので、かなりの集中力が求められます。本番に備え、自主的に、「模擬試験」として一通り問題を解き、場慣れしておくことをおすすめします。

当然ながら、体調管理も怠らないでくださいね。心身ともに、万全の状態で試験に臨みましょう!

 

「Educational Testing Service(ETS)」の公式サイトより、「TOEFL® iBT」のサンプル問題を入手できます。ぜひ、活用してください。

また、TOEFLの団体向け試験である「TOEFL® ITP」のサンプル問題も公開されています。合わせて確認してみましょう。

 

試験日程と受験料

毎月、土曜日か日曜日の計2~4回開催されています。

詳しくは国際教育交換協議会日本代表部(CIEEJ)が公開するTOEFL iBT®テスト日をご確認ください。

 

また、基本的に受験料は235ドル、日本円換算で約27,000円です。(※2017年3月15日時点)

TOEFLは大学入試英語科目の成績にも認定

2020年度から、大学入試センター試験に代わりに「大学入学共通テスト」が始まります。

TOEFLはじめTOEICや英検など、23の民間資格・検定試験が”英語科目の成績”に認められることになります。

この目的は「聞く」「読む」「話す」「書く」の英語4技能を評価し、英語教育の抜本的な見直しを行っていくためです。

受験生にとっては、早めの対策が第一志望大学への合格につながります。

 

※23の民間資格・検定試験のうち、一部条件付きで認められているものもあります。

\あなたにおすすめの関連記事/

コメントを残す

*