正しい『英語漬け』とは?本当に有意義な毎日を送る方法

英語漬け

英語を覚えたいのならば、英語漬けになってしまうのが手っ取り早いです。

日常で意識しないとなかなか難しいですが、今回は英語漬けになる方法とそのための環境づくりのコツを紹介します。

英語漬けの第一歩!毎日続けられる英語学習法

英語漬けになる習慣

英語に触れている時間が少ないなら、ハードルの低い方法から徐々に英語に触れる時間を増やすことをおすすめします。

たとえば、気軽に始められるのは海外ドラマや映画で、DVD一枚で大体2時間程度なので、内容を変えながら飽きずに好きなだけ英語に触れられます

書籍や新聞、ニュース、など難易度が高い英語に触れる時間も徐々に作っていくと、インプットのレベルを上げることができます。

毎日、簡単な英語に触れるメリットは、効率よい蓄積、つまり英語漬け状態になれることです。

時間がたてば忘れてしまいがちな英単語やフレーズを一日のうちに複数回違う場面で目にすると、記憶に残りやすくなります。少しずつ、自分の中の蓄積を増やしていきましょう。

有意義な英語漬けは「英語力を鍛える環境づくり」から

ある程度の蓄積が出来たら、次はアウトプットすることが必要です。

アウトプットすることによって英語を自分のものとして使いこなすことができるようになります。

例えば、英会話などでは、会話の中で反復練習をすると反射的にすらすら英単語やフレーズが出てきます。

留学や独学でもつくることが可能ですが、アウトプットできる英語漬けの環境は、費用面の現実性や継続のしやすさなどを考えると、英語学校の活用がおすすめです。

英語学校を活用すればネイティブ講師との会話、そこに通う仲間との練習、課題などアウトプットする場が多く与えられます。

さらに、資格取得の勉強などもサポートしてくれるので、自分でどんどんチャレンジすることができます。

社会人であればビジネス英語を磨くためにTOEIC(トイック)などを目標にしてみると良いかもしれません。

正しい英語漬けでスキルアップに導いてくれる英語学校3選

今では、英語学校はたくさん存在し、様々なターゲットに向けて多様なコースが用意してあります。

今回はその中でもビジネス英語に特化した学校の特徴を比較しながらご紹介します。

英会話イーオン

ビジネス英語に特化したコースがありTOEIC(トイック)対策から、メールの読み書き、ビジネスでよく使われるフレーズ、ロジックが伝わる英会話方法まで実戦を見据えた指導を行っています。

さらに高度な英語を業務に必要とする生徒向けにはリサーチライティングや報告書の書き方など難易度の高い英語学習も取り入れています。

短期集中の総合英語学校【アルプロス】

短期集中に特化した1カ月、3カ月コースが存在し、今すぐに仕事で英語が必要な方におすすめです。

目的達成型の学校ですので、カウンセリングの結果によるニーズに合わせて、転職での面接、履歴書の書き方など細かい指導が可能です。

明確な目的を持ったビジネスマンは、効率よい学習プランに沿って、最大限の効果を実感できます。

気になる方は、以下のアルプロスのHPより、資料請求や無料体験をしてみてはいかがでしょうか?

 

▼資料請求&無料体験はこちらから▼

短期集中の総合英語学校【アルプロス】

 

▼オンライン学習なら▼

アルプロス 【無料体験】≪

BEOカレッジ

ベルリッツ

カスタマイズレッスンでその人に必要なビジネス英語能力を強化するのが特徴です。

講師とのロールプレイを通じて、限りなく実戦に近い練習を行うことができる。

さらに、65%以上の生徒が、英語初心者からのスタートと始めやすさにも定評があります。 

気軽に英語漬け、Alpros(アルプロス)のオンライン学習

Alpros(アルプロス)のオンライン講座なら、通学せず自宅から受講できるので、簡単に英語漬けの状態をつくりだせます

留学を目的としたTOEFL(トフル)対策コースや社会人のキャリアアップのためのTOEIC(トイック)対策コースなど生徒のゴールに沿って短期間で走り抜ける短期集中が最大の特徴です。

Alpros(アルプロス)のプログラムは週6時間から25時間に設定されており、通常の英語学校の1カ月から半年かけて学習する量を1週間でやりきる圧倒的な学習密度です。

ボストン大学やカリフォルニア大学の有名校への進学実績や法人向けへのビジネス英語コースの実施などがその実績を証明しています。

気になる方は、以下のアルプロスのHPより、資料請求や無料体験をしてみてはいかがでしょうか?

 

▼資料請求&無料体験はこちらから▼

短期集中の総合英語学校【アルプロス】

 

▼オンライン学習なら▼

アルプロス 【無料体験】≪

BEOカレッジ

効率よく英語漬けになれる環境は、自身が動くことで手に入ります。

アウトプットの場は一人では難しいのでプロの手を借りる必要があるので、英語学校への入学を検討することをおすすめします。

\あなたにおすすめの関連記事/

コメントを残す

*