短期集中で英語を効率的に習得するコツ、“どこ”が意外と大切

短期集中の英語プログラム

中学校や高校時代は英語の授業などがあり、自然と英語に触れる機会がありましたが、大人になるにつれて機会は減ってきてしまいます。

大人になってもう一度、英語を学習しようと思うと時間がなくて、苦戦している方も少なくはないはず。

でも、“あること”を変えれば短期集中で効率よく英語を学習することが可能なのです。

短期集中で英語を学ぶための最適な環境

短期集中の英語漬けな環境作り

最も効率的な英語を学ぶ環境は、ライティング、リスニング、スピーキング、リーディングを包括的に学習できる場所です。

要するに、英語漬けの状態で、同時かつ多面的に英語を学べる環境です。

どれかひとつに集中して勉強してもかまわないのですが、組み合わせて勉強をした方が効率的だといわれています。

本来、英語は言語で学問ではないので、数学の方程式や単語帳丸暗記などの方法で覚えるべきではありません。

耳で聞いたフレーズや目で見た単語を、実際にライティングやスピーキングに生かすことで、脊髄反射のように英語がすらすら出てくるようになりますし、一時的な記憶ではなく本当の理解につながります。

ですので、短期集中で英語を学びたいときは、多面的に英語に触れることができる環境を意識すると良いでしょう。

どこで学ぶ?短期集中で英語力UP『環境の大切さ』

英語力のスキルアップには留学が良いとされている理由は、意識せずとも上記の効率的な環境で毎日生活できるからですが、まとまった時間や費用が必要なのでハードルは高いです。

しかし、国内でその環境が作れ出せないわけではありません。

確かにひとりだけで英語学習する独学は、必然として会話のパートナーや講師の問題がありますので難しいかもしれませんが、短期集中プログラムのある英語学校でプロの力を借りれば、より良い英語学習環境が手に入ります

短期集中の英語学習コースがある英語学校【厳選3校】

ご存知の通り、駅前留学という言葉が以前流行ったことからわかるように、ちょっと探せば英語学校は星の数ほど存在します。

今回は、「短期集中」に特化した英語スクールを比較しながら紹介します。

Ays English(アイズイングリッシュ)

最大の特徴は、カランメソッドという独自の学習方法を採用していることです。

フレーズを会話の中で反復することによって、瞬発的に言葉が出てくるように脳に覚えさせます。

この効果で学習時間が従来の4分の1程度に圧縮できます。

“スパルタコース”が用意されており、1日4時間以上の受講で一気に英語を学ぶことが可能です。

Best Teacher(ベストティーチャー)

ライティングで自分で英文を考えて、リスニングでネイティブの発音を確認、そしてそれを実際に講師とのスピーキングで生かすプロセスが人気の学校です。

1カ月で10レッスン、10カ月で100の英文を掲げており、かなりの高密度で英会話を上達させることができます。

 

\無料体験レッスンはこちらから/

SpeakingとWritingが両方できる唯一のオンライン英会話スクール
「ベストティーチャー(Best Teacher)」
 

Berliz(ベルリッツ)

「集中特訓コース」では急な海外出張や英語でのプレゼンテーション対応を目的としたコースで実用的です。

その他、TOEIC(トイック)、TOFUL(トフル)のスコアアップを狙った短期コースも人気です。

本気の短期集中英語スクール:Alpros(アルプロス)

目標達成型のAlpros(アルプロス)のオンライン講座を利用すれば、時間を無駄にせず、目標を達成できる環境で学習に励むことができます。

  • 留学を目的としたTOEFL(トフル)対策コース
  • 社会人のキャリアアップのためのTOEIC(トイック)対策コース

など、生徒のゴールに沿って短期間で走り抜ける短期集中が最大の特徴です。

気になる方は、以下のアルプロスのHPより、資料請求や無料体験をしてみてはいかがでしょうか?

 

▼資料請求&無料体験はこちらから▼

短期集中の総合英語学校【アルプロス】

 

▼オンライン学習なら▼

アルプロス 【無料体験】≪

Alpros(アルプロス)のプログラムは短期集中の英語学習で、通常の英語学校の1カ月から半年かけて勉強する量を週6時間~25時間でやりきる圧倒的な学習密度です。

ボストン大学やカリフォルニア大学の有名校への進学実績や法人向けへのビジネス英語コースの実施などがその実績を証明しています。

 

以上のように、“どこ“で勉強するかが大切です。

Alpros(アルプロス)や他校のオンラインを検討してみるのも選択肢ですよ。通学いらずで、らくらく最適な環境が手に入ります。

\あなたにおすすめの関連記事/

コメントを残す

*