短期間で基礎が身に付く!忙しい大人のための英語やり直し方法

英語のやり直し方法

大人になってから英語の必要性を感じ、やり直したいと考えるケースは少なくありません。

自己流のやり直し方法では、なかなか暗記できなかったり、英語力が上達している実感がなかったり、結果が出ていない人も多いのが現状ではないでしょうか。

今回は、初心者でも短期間で基礎が身につきやすい、正しい英語のやり直し方法をご紹介します!

社会人の英語やり直しは中学レベルの英語からスタート

中学校レベルの英語学習

近年、英会話の重要性が注目されるようになっています。

たとえば、小学校の授業でもリスニングなどの授業を取り入れる学年が低くなりつつありますよね。

 

社会人からの英語のやり直しは、そう簡単なことではありません。

ですが、日常的な英会話の場合、中学校レベルの英語力があればネイティブスピーカーとのコミュニケーションも可能になります。

相手の意図を理解して自分の考えを伝え、基本的な文章の読み書きもできるため、専門的な会話を要求されるわけでなければ、学生時代に学んだことを復習すれば良いのです。

 

とはいえ、発音やイントネーションなどは一昔前の授業ではほとんど重要視されておらず、前置詞の使い分けや動詞の時制などもうろ覚えという人は少なくありません。

逆に言えば、このような状況の人がいきなり英会話を流暢にできるようになるわけがありませんので、英語のやり直し方法としては、まず中学レベルを問題なく使いこなせるようにすることが第一のステップといえます。

英語のやり直し方法:独学・通学・留学の良い点悪い点

基礎から英語を学ぶ

中学校レベルから英語をやり直すとしても、やり直し方法はいくつかあります。

学び方によってメリットもデメリットもありますので、自分のライフスタイルや語学力に合わせた方法を選ぶことが大切です。

独学のメリットとデメリット

独学の方法は、費用が安く済み、時間の自由があるというメリットはあるものの、授業のように効率よく学ぶことができるとは限りません。

自分に合わない教材を選んだり、バランスの悪い方法で学んだりすれば、時間を無駄に費やす結果になることもあります。

スクーリングのメリットとデメリット

英語スクールに通学する場合、決まった時間に勉強ができ、講師がきちんと学習進捗を管理してくれるメリットがあります。

デメリットは自分に合っている場所を選べなければ結果につながりにくく、不規則な仕事をしている場合は足が遠のいてしまうリスクがあります。

留学のメリットとデメリット

留学はネイティブな英語を浴びられる点で最もメリットが大きいように感じますが、費用が高額で、一定期間の休暇・休学を要します。

また、その地域や環境に馴染めなかったときは、孤独感を感じ、モチベーションが低下してしまう可能性があります。

仕事と両立できる英語やり直し方法は「英語学校」の活用

英会話スクールの活用

仕事をしながら英語をやり直すとなると、自力で行うのはなかなか困難です。

モチベーション維持も難しいですし、初心者向けの基礎から始めるといってもそれがどのレベルなのかもわかりにくいです。

そのような時には、無理なく続けられる英語学校を活用することで、同じような状況の生徒と励ましあって勉強ができますし、講師からも生徒一人一人の学習能力に合わせた指導を受けられます。

 

社会人が英語のやり直しをしやすい短期集中型の英語学校として、新宿にある「ALPROS(アルプロス)」がおすすめです。

≫『いま注目の英語学校『ALPROS(アルプロス)』の評判とは?!

 

ビジネス英語を学びたい、中学校レベルの英語を学び直したい、ネイティブの人と日常会話ができるようになりたい、などの目標を設定し、皆さんに合ったプログラムで進めていきます。

少人数のグループレッスンだったり、土日にも開講されていたり、無理なく学べる環境です。社会人にとって、“通いやすく継続しやすい環境”です。

≫『最短1か月!ALPROS(アルプロス)新宿校の短期集中講座

 

\資料請求&無料体験はこちらから/

短期集中の総合英語学校【アルプロス】

基礎固めこそ英語のやり直し方法こそ必勝の鍵

基礎からやり直すべき英語

英語をやり直すときの基本は、無理のない量を効率よく、継続して学んでいくことです。

目的に合致した英語学校に通えば、社会人でも働きながら中学校レベルの英語を学び直すことは十分可能です。

 

中学校レベルだからといって侮らず、地道な積み重ねこそが語学を自分のものにする近道です。

社会人向けの基礎英語の学校は、短時間で忘れかけていた文法を学ぶのに最適なカリキュラムを用意していますので、興味のある方は体験レッスンに参加してみてはいかがでしょうか?

 

教材は英語のレベルに合わせて適切なものが用意されていますし、受講生がつまずきやすい箇所も丁寧に教えてもらえるので、独学で学ぶよりも効率的です。

\あなたにおすすめの関連記事/

コメントを残す

*