英語は『短期集中特訓』と『好きになる』ことが上達の秘訣!

英語の短期集中学習

中学や高校で嫌だった英語の勉強も、大人になって急に興味がわいたなんて人も少なくはないはずです。

インターネットの発達やグローバル化の影響で海外文化に触れる頻度は年々多くなっているので、ごく当たり前な流れなのかもしれません。

英語を短期集中で学ぶ基本は「英語に興味つ」

何かに興味を持つということは、モノゴトについて調べたり、考えたり、触れていたりする無意識的に長くなります。英語学習に応用すると、とても効率のいいことなのです。

当たり前ですが、英語を上手に喋る人とそうでない人の違いは、どれだけ学習に時間を費やしたかに現れます。

海外ドラマを見て、洋楽を聞いて、アメコミを読む人の方が、英語が上手いに決まっています。

英語を短期集中で上達したいのなら、まずは英語に関係する何かに興味を持てないか考えてみるのもいいでしょう。

英語の短期集中学習のスタート、興味が持てる環境とは

英語スキルを短期集中で磨く

人間の興味は大いに環境に左右されますので、英語に興味を持つには環境を整えることが有効です。

留学はハードルが高いかもしれませんが、日本国内でもいい環境に身を置くことは可能です。

独学であれば、英会話に興味があるコミュニティや異文化交流会などのイベントに参加できます。

1人で行動は難しいという人は、英語学校の短期集中プログラムを使うことで、半ば強制的に自分の興味を英語に向けることができます

英語の短期集中コースがある英語学校

短期集中の英語コース

駅前留学という言葉が以前流行ったことからわかるように、探せば英会話学校は星の数ほど存在します。

その中から、「短期集中」に特化したスクールを比較しながら紹介します。

Ays English

最大の特徴はカランメソッドという独自の学習方法を採用していることです。

フレーズを会話の中で反復することによって、瞬発的に言葉が出てくるように脳に覚えさせる。そして、学習時間が従来の4分の1程度に圧縮されます。

“スパルタコース”が用意されており、1日4時間以上の受講で一気に英語を学ぶことが可能です。

Best Teacher

ライティングで自分で英文を考えて、リスニングでネイティブの発音を確認、そしてそれを実際に講師とのスピーキングで生かすプロセスが人気の学校です。

1カ月で10レッスン、10カ月で100の英文を掲げており、かなりの高密度で英会話を上達させることができます。

Berliz

「集中特訓コース」では急な海外出張や英語でのプレゼンテーション対応を目的としたコースで実用的です。

その他、TOEIC(トイック)、TOFUL(トフル)のスコアアップを狙った短期コースも人気です。

もっと英語を短期集中で、Alpros(アルプロス)オンライン講座

Alpros(アルプロス)オンラインなら、通学せず自宅から受講できるので無駄な時間を使いません。

  • 留学を目的としたTOEFL(トフル)対策コース
  • 社会人のキャリアアップのためのTOEIC(トイック)対策コース

など、生徒のゴールに沿って短期間で走り抜ける短期集中が最大の特徴です。

Alpros(アルプロス)のプログラムは、まさに英語の短期集中特訓、週6時間から25時間に設定されており、通常の英語学校の1カ月から半年かけて学習する量を1週間でやりきる圧倒的な学習密度です。

ボストン大学やカリフォルニア大学の有名校への進学実績や法人向けへのビジネス英語コースの実施などがその実績を証明しています。

気になる方は、以下のアルプロスのHPより、資料請求や無料体験をしてみてはいかがでしょうか?

 

\資料請求&無料体験はこちらから/

短期集中の総合英語学校【アルプロス】

英語を短期集中で習得するコツ「資格を目標にする」

英語学習の目標として、何か資格やスキルの取得を目指すとさらに効率的に学習ができます。

カウンセリングを行ってくれる英語学校では、目標に向けて一直線にカリキュラムを組んでくれるのでより効率的な学習が可能です。

TOEFL(トフル)やTOIEC(トイック)は点数で成果が表れるので目標設定としては最適です。

また、英語でのプレゼンテーション能力の向上や電・メール対応が出来るようになるなどの実用的な目標でも良いでしょう。

苦痛に耐えながらの学習と自ら進んでの学習は、質や効率が異なります

 

せっかく学習するのであれば好きになるのが、いちばんです。

手助けとして、Alpros(アルプロス)や他の学校のように、プロの力を借りることもひとつの方法としておすすめします。

 

\資料請求&無料体験はこちらから/

短期集中の総合英語学校【アルプロス】

\あなたにおすすめの関連記事/

コメントを残す

*