英語を集中的に学び上達するコツとは?!短期集中型の英語学校3選

英語の集中講座

世の中には英語上達のための情報がたくさんありますが、情報がありすぎて、どれを実践すればいいか迷ってしまう事もあります。

途中で自信がなくなって、英語学習を辞めてしまう・・・なんてケースも多いようです。

そんな英語学習の課題に切り込んだ英語を集中的に学び一気に力を伸ばす学習法を紹介します。

英語学習に集中するコツは『コミットメント』

学習を継続できる人とそうでない人には、「コミットメント」に違いがあります。言い換えると、「何かを得るための犠牲や覚悟」の違いです。

英語力は一朝一夕で身に付くものではありません。ある程度の時間と努力を継続出来て初めて手に入ります。

多くの英語学習者が挫折してしまう原因は、コミットメントを作り出せる状況にないからです。

もし、コミットメントが小さくなりそうになったときは、打開する秘策として、英語を集中的に学べる英語学校をフル活用した方法が最適です。

定期的にレッスンに行かなければいけない環境に身を投じれば、たいていの人は元を取ろうと努力して、より多くの時間を英語学習に時間を費やします。

こうすることによって、半ば強引に自分をコミットメントがある状況に囲い入れることができます。

英語を集中スキルアップするには?独学・留学・学校の良いところ

英語に集中

もちろん留学や独学でも、コミットメントできる状況を作り出すことは可能ですが、簡単ではありません。留学には時間的な制約があり、普通の社会人や学生であれば本業との兼ね合いが問題で、ほぼ不可能です。

ならば独学はどうでしょうか。空いた時間に自由に学習できますが、英語学校に比べればどうしても環境の質は落ちてしまいます。

講師が兼ねるモチベーターの不在や適切で効果的な学習方法の確立など、いくつもの障壁があります。その点、英語学校は入学して学習を開始してしまえば、勢いに乗って継続することが容易にできます。

よって、英語を集中的に学び、自分のものにするには「英語学校」という選択がベストではないでしょうか。

英語を短期集中で学べるコースがある人気の英語学校【3選】

短期集中の英語学校

駅前留学という言葉が以前流行ったことからわかるように、探せば英会話学校は星の数ほど存在します。

その中から、英語の「短期集中」に特化したプログラムのあるスクールを比較しながら紹介します。

Ays English(アイズイングリッシュ)

最大の特徴は、カランメソッドという独自の学習方法を採用していることです。

フレーズを会話の中で反復することによって、瞬発的に言葉が出てくるように脳に覚えさせます。学習時間が従来の4分の1程度に圧縮できます。

“スパルタコース”が用意されており、1日4時間以上の受講で一気に英語を学ぶことが可能です。

短期集中の総合英語学校【アルプロス】

経験豊富な講師陣によるトータルサポートが特徴のTOEFL(トフル)対策コースや、短期集中の1カ月、3カ月コースが存在し、今すぐに仕事や留学準備で英語が必要な方におすすめです。

学習の内容を決めるカウンセリングや面談など、ステップバイステップで手厚くサポートしてくれます。

気になる方は、以下のアルプロスのHPより、資料請求や無料体験をしてみてはいかがでしょうか?

 

\資料請求&無料体験はこちらから/

短期集中の総合英語学校【アルプロス】

Berliz(ベルリッツ)

「集中特訓コース」では急な海外出張や英語でのプレゼンテーション対応を目的としたコースで実用的です。

その他、TOEIC(トイック)、TOFUL(トフル)のスコアアップを狙った短期コースも人気です。

英語の集中学習で次こそ合格!目指せる資格やスキル

英語学習のモチベーションとして資格やスキルの習得は効果的ですので、目標として設定することをおすすめします。

上記で紹介した学校での短期集中での学習で手の届く目標を設定できます。1カ月から3カ月であれば、TOEICで700点以上の中級者ぐらいのレベルまで押し上げることができるでしょう。

その他、実用的なスキルでは英語でのプレゼンテーション、業務でのメールや電話などの基礎はある程度問題ないレベルにまで上達させることが可能です。

 

短期の勉強でも、モチベーション次第では簡単に目標を達成できてしまいます。そのためにはプロのサポートを受けると効率的に学習できます。

これから英語学習を取り組む方は、英語学校への入学や資格取得を視野に入れた学習を推奨します。

\あなたにおすすめの関連記事/

コメントを残す

*