『上達の基本』英語の発音スクールで身につくコミュニケーション力

英語の発音スクール

不幸にも、日本には外来語を表記するカタカナが存在するために、ほとんどの人は英語をカタカナ読みしてしまいます。

カタカナ英語が日本の英語力を下げている大きな原因のひとつです。

もし本格的に英語を習得したいのであれば、まずは、英語の発音を改善する必要があり、上達へのステップとして「英語スクールに通う」選択肢が有効です

環境を変えよう、ネイティブな英語の発音は『スクール』で

英語の発音を上達させる環境

発音の学び方は、まず、「耳から聞いて口でまねる」というプロセスが必要です。

独学で、発音を練習しようとするとCDなどの英語を真似しながらシャドーイングなどの練習があり、一定の効果は望めますが、効果的には対人練習が最も効果的です。

きちんと通じる英語を学びたいならネイティブスピーカーとの練習をおすすめします。

留学するとなるとハードルは高くなってしまいますが、国内の英会話スクールに通うことであればぐっと現実的になります。

英会話スクールでは、ほとんどの学校でネイティブスピーカーの講師が指導してくれますので、正しい発音を学ぶことができます。

英語の発音スクール選びの重要ポイント

英語の発音を上手くさせるポイント

あなたに合った英語の発音スクールを選ぶためには、自分の熟練度(スキル)と向き合うわなければなりません

スクールには大きく分けて2種類の指導方法があり、クラスでフリートークやテキストに沿った会話をグループで行う方法と完全個別のプライベートレッスンがあります。

もしあなたが、ある程度の英語力があり、自発的に発言できるようなレベルであれば複数人と受講する形式の英会話スクールに通っても問題ないでしょう。

英語に自信がなく、ひとつひとつ発音を確認しながら学習を進めたい方は、プライベートレッスンを行っている英会話スクールをおすすめします。

本気のあなたへ、英語の発音スクール【厳選3校】

英語の発音スクール3選

英会話AEON(イーオン)

大人から子ども、ビジネス向けから学生向けなど幅広い層に向けて様々なコースが用意されています。

複数人の受講とプライベートレッスンが両方受けられるようになっていますが、プライベートレッスンと複数人でのクラスを組み合わせて活用することを推奨していて、大勢の前でも喋れる英語力の習得を促進しています。

Berliz(ベルリッツ)

カスタマイズレッスンでその人に必要な英語能力を強化するのが特徴です。

講師とのロールプレイを通じて、限りなく実戦に近い練習を行うことができる。

さらに、65%以上の生徒が、英語初心者からのスタートと始めやすさにも定評があります。

短期集中の総合英語学校【アルプロス】

短期集中に特化した1カ月、3カ月コースが存在し、今すぐに英会話の向上が必要な方におすすめです。

目的達成型の学校ですので、カウンセリングの結果によるニーズに合わせて、柔軟な学習方法を提案してもらえます。

プライベートレッスンも実施しており、自分に適した頻度、内容、バランスで無駄なく受講できます。

気になる方は、以下のアルプロスのHPより、資料請求や無料体験をしてみてはいかがでしょうか?

 

\資料請求&無料体験はこちらから/

短期集中の総合英語学校【アルプロス】

英語の発音をマスター、アメリカ英語とイギリス英語の違い

ドラマや映画の影響で、普段、我々が多く耳にするのはアメリカ英語です。それに比べて、アメリカ英語に慣れている日本人からすると、イギリス英語は訛りが激しいように聞こえて、理解も難しく感じてしまいます。

発音の一番大きな違いが表れるのはRの発音です。例えば、Near(ニアー)という単語を発音するときに、アメリカ英語だとAの音は無音でRの音が強調されます。

一方、イギリス英語ではAの音が強調されて、Rの音は消えてしまい、“ニア“と単音のように聞こえます。

また、アクセントをつける場所も単語によってアメリカ英語とイギリス英語では異なってくるので、単語のどの部分にアクセントを持ってくるかでその英語が何処の国の英語かがわかります。

 

正しい英語の発音を身に着けるためには、英語の発音スクールで、ネイティブスピーカーとの実戦練習が一番効果的です。

これから、英語学習を検討している方はぜひ英会話スクールへの入学を検討してみてはいかがでしょうか。

\あなたにおすすめの関連記事/

コメントを残す

*