【GTEC CBT対策・勉強法】試験の特徴と東京のおすすめ塾・予備校|3選

GTEC CBT対策と勉強法まとめ

Benesse(ベネッセ)が運営するGTEC CBTというテストをご存知ですか?

GTEC CBTは、「聞く」「話す」「書く」「読む」の4つの技能を測定する、コンピューターを利用した新しいオンライン受検の英語力検定です。

まだそれほど馴染みのないテストではありますが、大学入学試験の形式変更を背景に、今大きく注目されています。

このテストはコンピューターを用いて行う新しいタイプの試験であり、また「話す」「聞く」の対策もしなければならないと考えると、独学ではとても時間がかかってしまうかもしれません…。

そこで今回はGTEC CBTの特徴を踏まえながら、試験対策がばっちりできるおすすめの塾や予備校をご紹介します!

受験はしてみたいけどどうやって対策をすればいいのか分からないという方や、受験経験はあるけどスコアアップをしたい!という方は是非最後まで読んでみてください!

大学入試センター試験”撤廃で注目されるGTEC CBT

英語4技能検定のGTEC CBT

(出典:https://www.benesse-gtec.com/cbt/)

2019年度で「大学入試センター試験」が撤廃され、2020年度から「大学入学共通テスト」が始まります。

大学入試センター試験に代わるテストとして平成32年度から「大学入学共通テスト」を実施すること、マークシート式問題における知識の深い理解と思考力・判断力・表現力を重視した作問への見直し、記述式問題の導入、英語4技能評価にかかる民間の資格・検定試験の活用などが示されました。

(出典:http://www.dnc.ac.jp/corporation/daigakunyugakukibousyagakuryokuhyoka_test/kentoujyunbitaiseini.html)

【変更点の一例 】

(1) 国語と数学で記述の出題形式が導入される

(2) 英語が4技能(Listening/Speaking/Reading/Writing)試験になる

 

センター試験に代わり、英語の実力を測る試験に何を採用するのか、検討されています。そこで注目を集めているのがGTEC CBTです。

GTEC CBT対策ができる塾・予備校の選び方

GTEC CBTの受検対策

まずはGTEC CBT試験の受検対策ができる塾・予備校の選び方をご紹介します。

 

【GTEC CBT対策に特化している塾・予備校かどうか】

GTEC CBTは比較的新しい英語力検定です。

「読み」「書き」だけでなく「話す」「聞く」の対策もしっかりしてくれる英語スクールを選べるかどうかがスコアを上げるのに重要なポイントになるでしょう。

また、いまはまだ実用英語技能検定やTOEICのように馴染みのある試験ではないですが、これから大学入試を控える受験生などは、早めの対策スタートと効率的な勉強法がハイスコア獲得には大切です。

試験勉強のノウハウも教えてもらえるので、GTEC CBTに特化した塾や予備校できっちりと対策がしたいですね。

 

【時間を有効に活用できるかどうか】

部活や委員会活動、習い事やアルバイトなど、毎日忙しい高校生にとっては、「スキマ時間を活用した試験対策」がハイスコア獲得の重要なポイントです!

もちろん塾や予備校に通う時間がある場合はそういったところで試験のノウハウを1から教えてもらうのがとても効率的ですが、忙しすぎて塾や予備校に通う時間がない人もいるかもしれません。

しかし独学で参考書などを用いて勉強するのはとても非効率的です…。

そういった場合はたとえばオンライン学習でGTEC CBT対策ができれば、時間を有効に使うことができますよね!

 

このように自分のライフスタイルに合わせて、無理なく学習できるかどうかという点も、塾や予備校選びで大事なポイントだと思います。

 

【参考記事】

GTEC CBT対策でおすすめ|東京の塾・予備校

それでは、GTEC CBTテストの対策におすすめの塾・予備校を紹介していきたいと思います!

 

代ゼミサテライン予備校「GTEC CBT対策講座」

代ゼミサテライン予備校では、ビデオオンデマンドを使った学習が可能です!

年間2000講座以上が開講されており、受講生の様々なニーズに沿った学習ができます。

「聞く」「話す」「読む」「書く」の英語4技能の育成に力をいれた対策講座があるので、GTEC CBT対策をすることが可能です!

 

特徴

ビデオオンデマンドを用いているので自分のペースに合わせて学習できる

コース内容・料金

【対象レベル】

GTEC CBTで800点以上(1400点満点)を目指す高校生/高卒生向け

【  料金  】

90分×7回(45分×14回) ;19000円

※2018年4月12日時点の税込み価格、教材費込みです。

【  内容  】

  • リスニング45分×4回
  • リーディング45分×4回
  • スピーキング45分×2回
  • ライティング45分×4回

レッスンタイプ

ビデオ授業

 

また、完全個別の受講ブースで学習に取り組むことができるので、集中して勉強に取り組むことができるのではないでしょうか。さらに、ビデオ授業のため早送りや早戻し、倍速受講も自由自在。

忙しい受験生も時間に余裕のある受験生も、ライフスタイルに合わせて勉強することができますね。

サテラインゼミは無料体験受講をすることができるので、興味がある方はぜひ体験してみてください。

 

ベストティーチャー「GTEC CBT対策コース」

ベストティーチャーとは、GTEC CBTで測定される英語4技能の中でも、「スピーキング」と「ライティング」に特化したオンライン英会話スクールです。

スカイプを使ったスピーキングレッスンは24時間いつでもどこでも受講できるため、部活や、他の科目の勉強で忙しい高校生にもぴったりです。

また授業料もリーズナブルなので、他の受験勉強は塾で行い、英語のスピーキング、ライティングはベストティーチャーで、ということも可能かもしれませんね。

 

特徴

自宅での学習が可能で、スピーキングとライティングの対策に特化している

コース内容・料金

【  内容  】

GTEC CBT公式問題集を用いた学習と、通常英会話コースのセット

【  料金  】

月額16200円

※2018年4月12日時点の税込み価格、通常英会話コース含む、別途経済費が必要です。

レッスンタイプ

Skypeを用いたオンライン授業

 

\無料体験レッスンはこちらから/

SpeakingとWritingが両方できる唯一のオンライン英会話スクール
「ベストティーチャー(Best Teacher)」

 

城南予備校「TEAP・GTEC CBT対策コース」

城南予備校は英語指導にとても力を入れている予備校です。

ガイダンス、対策ゼミで、どういった試験なのか概要を学び、そして問題トライアルで練習をするという3ステップで試験対策を行います!

試験の内容など、概要を学んだあとに試験対策ができるので、不安なく試験に臨むことができそうですよね!

※詳細はスクールに直接お問い合わせください。

GTEC CBTの特徴まとめ

GTEC CBTの特徴

(出典:https://www.benesse-gtec.com/cbt/)

さて、GTEC CBTについての情報をまとめてみましょう。

 

GTEC CBTとは?

GTEC CBTとは、中学3年生~高校3年生を対象にした「読む」「書く」「話す」「聞く」の英語4技能を測定する新しいテストです。

今まで英語の外部検定試験と言えば、実用英語技能検定やTOEIC、TOEFLが注目されていましたよね。ではなぜ今GTEC CBTが注目されているのでしょうか?

2020年の大学入試改革で、実はこのスコアを大学入試で採用する学校が今後増えていくと考えられています。

急激なグローバル化が進む中で、大学入試でも高い英語力が測定したいという時代背景があり、GTEC CBTは新しい時代の英語検定と言われています!

 

2020年以降、大学入試を控える高校生にとっては、GTEC CBT対策をすることがかなり重要になってきているのです。

 

GTEC CBTのテスト形式

測定技能

問題数

試験時間

満点

解答方法

Speaking

7問

約20分

350点

マイク付きイヤホンでの音声録音

Writing

6問

約65分

350点

キーボードでのタイプ入力

Listening

約40問

約35分

350点

マウスクリックによる選択

Reading

約40問

約55分

350点

マウスクリックによる選択

Total

 

約175分

1400点

※すべてコンピューターでの実施

対策のポイント

スピーキングは正しい発音やアクセントなどはもちろんですが、解答方法が音声録音ということで、はっきりと発声することも必要です。スピーキングの対策をしっかりして、自信をもって試験に挑みたいものです。

ライティングは6問と問題数自体は多くないですが、キーボードによるタイプで解答を行うため、パソコンのタイピングにも慣れておく必要があります

リスニングとリーディングではやはり語彙力が重要になってくるのではないでしょうか。GTEC CBT対策で試験の傾向なども学習して検定日当日に備えたいですね!

 

GTEC CBTの受検形態

紙ではなく、パソコンを使っての受検となります。

試験時間は約3時間となっておりますが、オンライン受検のため受検者によって異なります。また、試験開始から終了まで休憩時間は設けられておりません。

 

GTEC CBTの受験料

GTEC CBTの受験料は9,720円(税込み)です。

 

GTEC CBTの受験日と受験会場

【2018年度の検定日】

 

検定日

申込期間

第一回

2018年7月15日(日)

2018年5月8日(火)〜 6月13日(水)

第二回

2018年11月11日(日)

2018年8月24日(金)〜 10月9日(火)

第三回

2019年3月24日(日)

2019年1月8日(火)〜 2月21日(木)

試験は年度内で二回まで受けることができます。いつの試験を受けるのか決めたら、その日に向けて対策を行っていきたいですね!

GTEC CBTは全国47都道府県の公開会場で実施されます。

受験会場の詳細や、受験会場情報などについては、試験日10日前までにマイページ上の受験票にて確認ができるということなので、受験申し込みをしたらマイページをチェックするのを忘れないようにしましょう。

 

GTEC CBTを採用する大学

さて、実際のところどの大学が大学入試でGTEC CBTのスコアを採用しているのかというのは、2020年以降に大学受験を控えている高校生にとっては気になるポイントだと思います。

入試活用大学の一例をあげると筑波大学、首都大学、学習院大学、昭和女子大学などがあります。

公式サイトではGTEC CBTを入試に採用している大学を検索することができます。気になる方は是非チェックしてみてください。

 

GTEC CBTの申し込み方法

申し込みはGTECのサイトの、マイページという申込者専用画面ですることができます。申し込みの流れは次の通りです。

 

1, 顔写真データの準備

申し込み時に必要な顔写真データを準備しましょう。

2, GTEC IDの取得

詳しい方法は公式サイトで確認しましょう。

3, GTEC IDでマイページにログイン

4, 検定申し込み

5, 支払方法の選択

  • クレジットカード(JCB、VISA、MasterCard、AmericanExpress、DinersClub)
  • コンビニ払い(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップ、デイリーヤマザキ、セイコーマート)
  • その他:ゆうちょ銀行(Pay-easy)

6, 申し込み完了メールの確認

入金が確認されたらメールが送られてくるので確認しましょう。

7, 受験票確認

検定の10日前からマイページで受験票が確認できます。試験当日はこの受験票を印刷して持参しましょう。

GTEC CBTの出題内容

GTEC CBTの出題内容

(出典:https://www.benesse-gtec.com/cbt/about/sample-reading)

GTEC CBTでは具体的にどんな問題が出題されるのでしょうか。

 

出題テーマ

GTEC CBTでは「スピーキング」「ライティング」「リスニング」「リーディング」の4つの技能が測定されます。

実際の学校生活で英語を使用するシチュエーションを想定した問題が出題されます。実践的なコミュニケーション力やアカデミックな文章の読解力なども必要です。

 

問題構成

【スピーキング】

問題数は7問。制限時間は約20分。振り分けは以下の通りです。

* * * * * * * * * * * * * * * * *

  • Part1 会話での質疑応答をする問題 1問(小問6問)。2分。
  • Part2 情報を伝えたり質問をすることが求められる問題 3問。6分。
  • Part3 意見を伝えたり、質問に素早く解答することが求められる問題 3問。12分。

* * * * * * * * * * * * * * * * *

このように、質問に答えるだけでなく、自分で情報を整理してまとめてそれを言葉にし、即座に疑問を相手に投げかけられる英語力が試されます。

 

【ライティング】

問題数は6問。制限時間は約65分。

* * * * * * * * * * * * * * * * *

  • Part1 与えられた状況から条件に合った内容を記入する問題。1問(小問4問)。4分。
  • Part2 与えられた条件に沿ってEメールを作成する問題。3問。21分。
  • Part3 データなどを見て自分の意見とその理由を記入する問題。2問。40分。

* * * * * * * * * * * * * * * * *

このセクションでは自分の考えや意見を文章にして英語で書く能力がされますね。

 

【リスニング】

問題数は40問。制限時間は約35分。

大学の講義や学生生活を想定した内容が出題されます。

 

【リーディング】

問題数は40問。制限時間は約55分。

英文を読み、趣旨や様々な情報を読み取り、筆者の意図や意見を理解することが求められます。

 

サンプル問題

Readingの出題例を見る

参考に、リーディングセクションのサンプル問題を見てみましょう!

▼ 設問 ▼

GTEC CBTのリーディングセクション問題

(出典:https://www.benesse-gtec.com/cbt/about/sample-reading)

 

▼ 解答 ▼

GTEC CBTのリーディングセクション問題の解答

(出典:https://www.benesse-gtec.com/cbt/about/sample-reading)

 

まず文章の内容を理解して、その中から情報を素早く見つけ出す能力が重要になってくる問題ですね!。

 

GTEC CBT公式サイトでは各セクションのサンプル問題を見ることができます!

>>公式サイト

 

模擬試験

TEC CBTの問題形式や出題内容、難易度などを詳しく知りたい方は、GTEC CBT公式サイトで模擬試験をお試しいただけます。

下記のリンクからお好きな方をご選択してください。

 

スコアレポート

試験結果は受験日から約4週間後に届きます。こちらがスコアレポートの見本です。

GTEC CBTのスコアレポート

(出典:https://www.benesse-gtec.com/cbt/about/score)

まとめ:早めのテスト対策が志望校合格への第一歩!

GTEC CBT対策でおすすめの東京の塾・予備校まとめ

大学受験は英語はもちろん、他の科目の勉強時間が占める割合もかなり多いと思います。

だからこそGTEC CBT対策をいかに早い段階からしているかが大学受験成功に大きく関係してくるのではないでしょうか。

自分に合った塾や予備校をうまく活用して、GTEC CBT対策を行い、志望校合格を目指しましょう!

 

【参考記事】

\あなたにおすすめの関連記事/