英語資格試験

国際資格試験と英語能力評価試験の特徴、受験メリット、出題内容、出題傾向、料金、受験会場、おすすめの対策予備校・塾・短期集中講座・参考書・問題集と効率的な勉強法をまとめています。【対象】TOEIC/TOEFL/IELTS/TEAP/SAT/英検/国連英検/GTEC CBT/TSST/SST/GCAS/日商ビジネス英語検定/BULATS/ケンブリッジ英検/CASEC/PTEアカデミック/G-TELP

【SST対策】試験の特徴とおすすめの勉強法|英語初心者向け

アルク「SST」の試験特徴とおすすめの対策法まとめ
アルクが運営する「SST」は、15分間のインタビュー形式で語彙・文法・発音などの実践的な英語スピーキング力を測定する対面式のテストです。 初級~上級の9段階レベル分けによる評価で、英会話コミュニケーションに必要な”自分の言葉でしっかり考えを伝えるスキル”を測ります。 現状、参考書や問題集といった市販の教材が少ないため、独学での対策が難しいテストです。… 続きを読む

【GCAS対策・勉強法】試験の特徴とおすすめ問題集・スクールまとめ

GCAS(ジーキャス)の試験特徴と対策法まとめ
GCAS(ジーキャス)は、実践的なビジネス英語力を測定する、プレゼンテーションやロールプレイを通じた対面型スピーキングテストです。 試験の特徴として、「語彙力」「正確・流暢・一貫性のあるスピーキング力」に加え、ビジネスシーンを想定した「データ分析力」「意見・反論できる交渉力」も測定対象となります。 社会人向けの英語試験で一般的なのはTOEICですが、GCASもグローバルビジネスパーソンとしての英語力を測るのに最適な能力評価試験です。… 続きを読む

【BULATS対策・勉強法】試験の特徴と東京のおすすめ対策コース|4選

東京のBULATS対策スクールと試験特徴まとめ
BULATS(ブラッツ)はビジネスに必要な英語コミュニケーションスキルを計測するオンラインテストで、世界47ヶ国以上の企業や教育機関で採用されています。 出題内容は、実際のビジネスシーンを想定して構成されています。 また、国内企業の昇進・昇格や海外赴任基準にも活用されている言語能力測定の国際基準規格「CEFR(セファール)」に基づく評価なため、日本でも信用度の高さが認められている試験です。… 続きを読む

【ケンブリッジ英検対策・勉強法】試験の特徴とおすすめの予備校|4選

ケンブリッジ英検の対策と予備校まとめ
ケンブリッジ英検(Cambridge English)は、実生活のコミュニケーション能力を評価する世界基準の検定試験で、世界20,000以上の大学・企業・行政機関が認定、ビジネスやビザ申請、海外留学の入学基準などにも活用できます。 また、日本では2020年度から、大学入試センター試験に代わりに「大学入学共通テスト」が始まりますが、ケンブリッジ英検も英語科目の成績として認められることになっています。… 続きを読む

【日商ビジネス英語検定対策】試験の特徴とおすすめの参考書・問題集まとめ

日商ビジネス英語検定の対策と試験特徴まとめ
海外と関わりのある会社のビジネスマンであれば、英語ビジネスメール文章作成、電話対応、商談・取引ができれば仕事の幅が大きく広がります。 ビジネスシーンで活躍できる英語力証明の検定試験として「TOEIC」が定番ですが、他にもビジネスに特化した試験があります! それが「日商ビジネス英語検定」です。… 続きを読む

【CASEC(キャセック) 対策】試験の特徴とおすすめの勉強法|ビジネス向け

CASEC対策と勉強法まとめ
今まで仕事で英語を使う機会がなかったのに、急な部署移動や海外転勤の辞令、外国人を交えたSkype会議など、英語を話す場面に出くわすケースも少なくありません。 そこで、自分の実力を試したい方や、TOEICなど検定試験を受験する時間がない方におすすめなのがCASEC(キャセック)です。 今回は、CASEC(キャセック)対策に最適な勉強法と試験の特徴を詳しくご紹介します!… 続きを読む

【アルク|TSST対策】スピーキングテストの特徴とおすすめの勉強法

TSST対策でおすすめの勉強法まとめ
「英語力に自信がないのに、急な部署異動で、現地のネイティブスピーカーとSkype会議や海外出張をすることに…。」 外資系企業ではなくても、仕事で英語を使うシーンに直面するビジネスマンも多いのではないでしょうか? 仕事で恥をかかないために、自分の今の実力を知っておく必要があります。… 続きを読む