楽天が英語公用語化した理由は?入社試験で求められる社会人の英語力とは?

TSSTを受験するメリット

2012年7月より、楽天株式会社は社内英語公用語化に正式に切り替わりました。

この重大な決断の裏には、どのような理由があったのでしょうか?

また、英語が公用語化したことにより、楽天社員や楽天への入社を目指す就活生に求められる英語力はどのように変わったのでしょうか?

社会人を取り巻くグローバル化への疑問に答えるべく、楽天を含めた国内の大企業の英語に関する動向をまとめました!

楽天が実施した「社内英語公用語化」

スクリーンショット 2017-11-25 16.29.30

(出典:https://corp.rakuten.co.jp/careers/culture/)

楽天が社内英語公用語化に踏み切った背景として、「世界一のインターネットサービス企業を目指す」と標榜し、グローバルビジネスの競争に勝ち続けるためには英語が必要不可欠だった、という事実があります。

そして、2010年、社長の三木谷氏が社内英語公用語化を打ち出し、約2年間の移行期間を経て、2012年7月より社内公用語を英語に正式移行しました。 

 

楽天では、『ダイバーシティー』を重要な企業戦略の1つとして掲げています。

世界一のインターネット企業になるために、楽天は世界から優秀な人材を雇用しています。

世界中の優秀な人材が楽天に集まり、世界中のお客様の要望に応えていくためには、どうしても積極的なコミュニケーションが必要になります。

ですので、社内公用語を英語にすることで、皆が意思疎通できる環境に変えたのです。

 

楽天は、日本だけでのビジネスを考えているわけではなく、「世界一」のインターネット企業を目指しているのです。

そこで、楽天では以下のことを推進しています。

1. 世界での一体感のある経営体制の構築、

2. 世界を相手に戦い抜くための競争力、

3. 国内外のグループ社員間の円滑な情報共有、

4. 世界中の優秀で多様な人材の積極的な採用等

(出典:https://corp.rakuten.co.jp/careers/culture/)

英語が必要なのは外資系企業だけじゃない?

英語が必要な企業

一昔前までは、仕事で英語が必要な会社は外資系企業だけでした。

しかし、日本国内の会社でも当たり前のようにグローバル競争に巻き込まれ、世界の企業と戦い、競争に勝つためにダイバーシティーが必要になっています。

 

これを受け、日本国内でも外国人を正規雇用する企業が増加していたり、海外支店への海外出張や転勤によって現地のネイティブ人と対等にコミュニケーションを取らなければいけなかったり、グローバル化の波はどんどん身近なものになっています。

取引先が海外の企業というケースも珍しくなく、メールや電話のやり取りで当たり前のように英語が必要とされるようになりました。

 

よって、「英語が必要なのは外資系企業だけ」という従来の概念が消え、国内の一般的な企業に就職する場合でも英語力が求められるのです。

ビジネスマンに求められるのは”TOEICスコア”

スクリーンショット 2017-11-25 18.30.26

(出典:http://www.iibc-global.org/toeic.html)

社会人の英語力を証明する材料には、『TOEICスコア』があります。

すでに上場企業や大手企業をはじめ、日本国内の企業でTOEICの点数を一つの採用基準に導入しています。

新卒採用の募集要項にもTOEICの点数の提示が求められる企業や、転職の際にもTOEICスコアを参考にする企業もあります。また、昇格や昇給にTOEICスコアを加味する企業もあります。

ですので、新卒や中途の採用、社員(管理職など役職に関係なく)のスキルアップなど、ビジネスマンとして英語力を証明するには、TOEICでのハイスコアが有効な方法となっています。

 

TOEICスコアとレベルの目安は、以下の通りです。

TOEICスコア レベルの目安
〜395 相手にゆっくりと話してもらったとしても、簡単な会話を断片的にしか理解できない。日常会話においてもビジネスにおいても実質的には意思疎通が難しいレベル。
400〜495 会話のやりとりでは、文法や構成、語彙力に欠ける部分は多いですが、会話する相手がゆっくりと話してくれたり、繰り返してくれたりする場合には、最低限のコミュニケーションをとることが可能でしょう。
500〜595 企業が新入社員に期待するTOEICスコアは、2013年時点で565点というデータがあります。そのため、就活生の方は、このレベルを目指したいところです。 短く簡単な文章でのやりとりであれば相手と意思疎通が可能なレベルですが、長く複雑な文章の場合はついていけなくなるでしょう。
600〜695 海外旅行先で、道を尋ねる際に、相手にゆっくりと話してもらうことで目的地までの道のりを理解することや、買い物、食べ物のオーダーもできるレベル。
700〜795 最低限のビジネス英語を習得することを目標とするのであれば、このレベルがおよその目安となるでしょう。会議の案内や通達、社内文書などを読んで理解することや、自身の仕事に関わる日常業務のやり方の説明を理解することができるようになる。
800〜895 職種や企業によっても異なりますが、国際部門への配属を希望する場合、このレベルのスコアを取得しておくことが無難と言えるでしょう。 
日常会話は完全に理解でき、応答が早くスムーズにやりとりを続けることができます。流暢さには個人差がありますが、意思疎通を図る上での支障はありません。
900〜990 文法や構成、語彙を正確に把握しており、日常会話からビジネスまで、ネイティブとのやりとりを流暢にこなすことができます。 

採用の募集要項に英語を含む大手企業も

大手企業の採用の募集要項

採用の募集要項に、TOEICのスコアを含める大手企業は多いです。

TOEICで高スコアを獲得しなければ、大手企業への就活のスタート地点に立てていないということになりかねません。

自分の可能性を広げるためにも、TOEICスコアを取っておくことをおすすめします!

 

以下、有名企業のTOEICスコア一例をご紹介します。

TOEIC 企業名
TOEIC900点以上 外資系エグゼクティブサーチファーム
リソース・グローバル・プロフェッショナル・ジャパン株式会社
TOEIC850点以上 オーストラリア大使館(商務官)
TOEIC800点以上 楽天株式会社
株式会社コナミデジタルエンタテインメント(ゲームプランナー)
株式会社サテライト(海外担当)
大阪ガス株式会社(国際会計)
TOEIC750点以上 株式会社ジェイティービー
グラクソ・スミスクライン株式会社(GSK)
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 (AWS)
三菱自動車工業株式会社
ジェネシス・システムズ・グループ・ジャパン株式会社
アイデックス ラボラトリーズ 株式会社
TOEIC730点以上 武田薬品工業株式会社 日産自動車株式会社
ユニリーバ・ジャパン
TOEIC700点以上 ファーストリテイリング
日本フローサーブ株式会社
株式会社ジーシー
アークレイ株式会社経営戦略(事業開発・経営管理)
三菱電機株式会社(営業)
マツダ株式会社(SE)
TOEIC650点以上 オリックス株式会社
三菱日立パワーシステムズ株式会社
東芝機械株式会社(工作機会営業)
株式会社本田技術研究所(二輪研究開発)
矢崎総業株式会社(生産管理)
タケモトピアノ株式会社(海外営業)
TOEIC600点以上 日本アイ・ビー・エム株式会社
全日本空輸株式会社
エイヴィエルジャパン株式会社
日産トレーデイングジャパン株式会社(輸入貿易事務)
日本オラクル株式会社(セールス)
第一実業株式会社(営業)
TOEIC500点以上 株式会社日立製作所
株式会社夢テクノロジーYUME TECHNOLOGY CO.,LTD.
川崎重工業株式会社(プラント関係)
パナソニック株式会社(ソフトウェア設計)
株式会社サンリオコーポレーション(海外営業)
TOEIC470点以上 富士重工株式会社

(出典:https://souspeak.com/toeic-job/)

楽天などの大手企業で必要なTOEICスコア

スクリーンショット 2017-11-25 18.33.14

(出典:https://corp.rakuten.co.jp/)

TOEICスコアは外資系企業以外にも、楽天などの大手企業で必要とされています。つまり、TOEICは就活時の自分の強みになります。

新卒の就活で強みになるTOEICスコア

楽天公式HPによると、楽天はTOEICスコアを持っていなくても入社の採用試験を受けることができます。

ただし、入社までにTOEIC800点を取ることが義務づけられます。

 

また、こうしたTOEICスコアを新卒の入社時に必要としない企業でも、高得点を有していることは大きなアピールポイントにつながります。

昇給の判断時に加点されるTOEICスコア

新卒採用に限らず、TOEICスコアは昇給や昇格の判断時にも加点されることがあります。

以下のグラフをご覧ください。

昇格

(出典:上場企業における英語活用実態調査報告書)

上場企業のうち、61.0%がTOEICスコアを異動、昇進・昇格の要件にしている、もしくは将来要件にしようとしていると回答しています。

ビジネスマンとして活躍するために、「上のランクを目指したい!」、「希望の部署に行きたい!」、「好きな仕事をしたい!」、「もっと高い給料を欲しい!」と考えるのは当然のことです。

しかし、実力が無い人に自分の希望を通すチャンスは巡ってこないのも事実です。

ですので、6割以上の企業が昇格や昇進の要件にする可能性のあるTOEICスコアを磨いておくことで、自分の実力を証明することが出来るのではないでしょうか?

転職で有利になるTOEICスコア

TOEICスコアは転職の際にも評価の対象になります。

以下、転職の際にTOEICスコアを参考にしている企業の一部です。

TOEIC 企業名     
850点以上 日立オートモティブシステムズ株式会社(国内外担当)     
800点以上 大正製薬(海外事業)、ヨネックス株式会社、パナソニック(海外営業)、ファインドリクルート株式会社、ソニー株式会社海外マーケティング 、シチズン電子株式会社 (海外営業)
750点以上 株式会社ニコン・セル・イノベーション     
700点以上 独立行政法人 国際協力機構(JICA) 青年海外協力隊事務局、Motorimoda株式会社、スズキ株式会社(海外経理)、株式会社インターコスモス(海外事業部)、三菱自動車工業株式会社(海外営業)、本田技研工業株式会社
650点以上 セイコーインスツル株式会社(海外営業)     
600点以上 日永インターナショナル株式会社、東芝三菱電機産業システム株式会社、三和商事株式会社(貿易営業、株式会社東精エンジニアリング【海外営業】、川崎重工業株式会社(海外営業)、スリーエムジャパン株式会社(海外マーケティング

(出典:https://souspeak.com/toeic-job/)

TOEIC高得点を目指すなら、TOEIC対策スクールへ

就活

TOEICで高得点を獲得したいのなら、独学よりもTOEIC対策スクールに通うことをおすすめします!

そこそこの点数なら独学でも対応可能かもしれません。

しかし、就職試験や転職で有利になるレベルのTOEICスコアを目指そうと思ったら、時間もかかりますし、効率的に勉強できるTOEIC対策スクールがおすすめです。

おすすめのTOEIC対策予備校・塾

ALPROS(アルプロス)のTOEIC対策コース

(出典:https://www.alpros.co.jp/program01/measures/supple/)

TOEIC対策が出来る予備校や塾でおすすめなのは、『ALPROS(アルプロス)』です。

ALPROSはグローバルビジネスなど国際社会における英語シーンで対応することに特化した、「読む・書く・話す・聞く」の英語4技能を総合的に鍛えることができる英語学校です。

 

◆ TOEIC対策コースの特徴

このTOEIC対策コースには、3つの特徴があります。

  • 1ヵ月の短期集中で効率的なスコアアップを目指す
  • リスニングは英語を聞くことに慣れる為のネイティブ講師、リーディングは理解重視の日本人講師が担当
  • TOEIC頻出の演習問題を独自に研究した実践形式のトレーニング(最終日は模擬試験を実施します)

(出典:https://www.alpros.co.jp/program01/measures/supple/)

◆ TOEIC対策コースの目標達成ライン

たった1ヶ月で、以下の目標スコアを達成することを掲げています。

  • 500点以下、もしくは受験経験なし⇒600点オーバーを目指します
  • 600点付近のスコア       ⇒730点を目指します
  • 730点以上           ⇒860点以上のスコアを目指します

(出典:https://www.alpros.co.jp/program01/measures/supple/)

◆ TOEIC対策コースの受講料

  • 1回50分×16レッスン+模擬試験:59,200円(税抜)+入学金無料

 ※2017年11月29日時点の価格表記です。

◆ ALPROSの授業を体験してみよう

たった1ヶ月でこれほどまでに大幅なスコアアップをするのは、独学では難しいです。

短期集中でTOEIC対策をしたい方にはALPROSがおすすめです。

また、ALPROSでは無料体験レッスンも行っていますので、実際に授業を体験してみて自分に合うかをチェックしてみましょう。

 

\資料請求&無料体験はこちらから/

短期集中の総合英語学校【アルプロス】

TOEIC対策スクールの評判や口コミ

TOEIC対策は専門の塾や予備校に通うのをおすすめしましたが、実際に通っている方はどんな感想を持っているのでしょうか?

 

まとめ:グローバル企業への入社は英語が必須!

一昔前までは、英語が必要とされていたのは外資系企業のみでしたが、年々、企業はグローバル競争が過激になることでダイバーシティーも取り入れ、英語の重要性が高まることは目に見えています。

これから何十年もビジネスマンとして働いていく以上、もはや英語は必須のスキルといっても過言ではありません。

新卒・中途などの採用時や昇給・昇格に必要な英語対策は、早ければ早いほど有効です。

就職試験や転職で有利になるように、早めにTOEICで高得点のスコアを取れるように対策していきましょう!

\あなたにおすすめの関連記事/